毎日連載! 易経や易占いに関する情報を毎日アップしています。

期間限定「現代語訳(超意訳) 呑象高島嘉右衛門著 増補 高島易斷 上下巻 占例篇」 天風姤 二

姤 九三 ||| ||・

九三。臀无膚。其行次且。厲无大咎。
□九三。臀(とん)に膚(ふ)无(な)し。其(そ)の行くこと次(し)且(しよ)たり。厲(あやう)けれども大いなる咎(とが)无(な)し。
 初六と出遇うことを欲するが、初六は九二と親しんでいるので、お尻の皮膚が擦りむけたように落ち着いて座っていられない。進みたいけれどもぐずぐずしている。危険な状態に陥っているが、大きな過失には至らない。
象曰、其行次且、行未牽也。
□其の行くこと次(し)且(しよ)たりとは、行くこと未(いま)だ牽(ひ)かれざる也。
 ぐずぐずしている。道に反して進もうとするほど、初六に魅惑されていないのである。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての原文の一部。
(占)望事叶ハザルノ時トス、然レドモ其叶ハザル者、却テ其身ノ幸福ニシテ、大ナル迷惑ヲ受ケザルナリ、故ニ望事叶ハザレバトテ、決シテ之ヲ憂ヒズ、・・・
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての現代語訳。
(占)希望や願い事は叶わないが、叶わないことが幸運を招き寄せる。叶えば逆に災難を招き寄せる。それゆえ、希望や願い事が叶わないことを嘆いてはならない。自分の持ち場を守って慎むことを忘れてはならない。あれこれ心を動かしてはならない。
○嫉妬心から訴訟を起こしかねない時である。
○隠れ潜んでいた(隠していた)罪や悪事が発覚する時である。
○じっとしていても安心できず、行こうとしても進めない時である。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の原文の一部。
(占例)或人來リテ、事ノ成否占ハンコトヲ請フ、乃チ筮シテ、姤ノ第三爻ヲ得タリ、
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の現代語訳。
(占例)ある人がやって来て、ある事業の成否を占ってほしいと頼まれたので、筮したところ姤の三爻を得た。
 易斷は次のような判断であった。
 姤は予期せずして突然の出来事に遭遇する時である。それゆえ、貴方(ある人)は、意外な出来事に遭遇する。
 今回占って三爻を得たので、貴方は、貴方の想像を超える利益が得られる商売の情報を得る。貴方はチャンスだと思って、この商売に取り組むが、利益を得ようと焦って、心が不安定になる。このことを「臀(とん)に膚(ふ)无(な)し。初六と出遇うことを欲するが、初六は九二と親しんでいるので、お尻の皮膚が擦りむけたように、落ち着いて座っていられない」と云う。
お尻に肉がないので痛くて坐っていられない。すなわち、貴方は仕事が手に着かない。今やるべきことをやらずに、先延ばしする。このことを「其の行くこと次(し)且(しよ)たり。進みたいけれどもぐずぐずしている」と云う。
 その商売は他の人が引き受けることになる。貴方がどんなに苦労しても利益を得ることはできない。このことを「厲(あやう)けれども大いなる咎(とが)无(な)し。危険な状態に陥っているが、大きな過失には至らない」と云う。
 喩えれば、空を飛んでいる雁(かり)を見て、鍋に火を付けて待っているように、当てが外れると易断した。
(易占の結果は書いてない。)

姤 九四 ||| ||・

九四。包无魚。起凶。
□九四。包(つと)に魚(うお)无し。起(た)てば凶。
 正応初六を九二がすでに封じ込めてしまった。そこで、九四の苞(つと)には魚(初六)はいない。九二は初六の悪影響が他の君子に及ばないように封じ込めたのだ。その真意を推(お)し量(はか)れずに、九二と争えば禍(わざわい)を被(こうむ)る。
象曰、无魚之凶、遠民也。
□魚(うお)无きの凶は、民(たみ)に遠ければ也。
 九二と争えば禍を被る。君子(大臣)としての思慮に欠け、民の支持を得られない。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての原文の一部。
(占)生來福分アリテ、又利ヲ得ルノ道ニ巧ナリトス、然レドモ官途ニ就テハ利ヲ貪ルノ念ヲ絶チ、下ナル者ヨリ些少ノ贈物ナリトモ、決シテ受ク可ラズ、・・・
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての現代語訳。
(占)幸福を招き寄せ、利益を得る道に長けている。役人になったら、利益を得ようとする気持ちを抑え、部下や国民からの贈り物を決して受け取ってはならない。上司に対して、力を出し惜しんではならない。以上を守らなければ、想定外の災難を招き寄せる。
○人情を大切にしなければ、事をし損ずる時である。阿(おもね)り諂(へつら)う侫人を近付け、その言葉を取り入れてはならない。
○自分が愛する人を他人に奪われる時である。
○正当な理由があっても、急いで事を進めようとすれば争いとなる。正しくとも訴訟を起こせば凶運を招き寄せる。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の原文の一部。
(占例)或人某來リテ、運氣ヲ占ハンコトヲ請フ、乃チ筮シテ、姤ノ第四爻ヲ得タリ、
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の現代語訳。
(占例)ある人がやって来て、運氣を占ってほしいと頼まれたので、筮したところ姤の四爻を得た。
 易斷は次のような判断であった。
 姤は天の下に風が吹いている時。風は予想できない気流の変化によって生ずる現象である。これを人間社会に当て嵌めれば、予想外の出来事に遭遇する時である。
 今回占って第四爻を得た。自分が所有している物を他人に預けたら、他人に横取りされてしまう時である。あるいは、何かに備えて置いておいた物を人に奪われる時である。すなわち、何かを人に奪われる時である。注意しなければならない。
 いずれも自分の怠慢によって生ずることゆえ、髪の毛一本ほども油断してはならない。このことを「包(つと)に魚(うお)无し。起(た)てば凶。正応初六を九二がすでに封じ込めてしまった。そこで、九四の苞(つと)には魚(初六)はいない。九二は初六の悪影響が他の君子に及ばないように封じ込めたのだ。その真意を推(お)し量(はか)れずに、九二と争えば禍(わざわい)を被(こうむ)る。」と云う。
「包(つと)に魚(うお)无し」とは、薦(こも)(物を包むための藁・納豆などを包んでいるもの)で包んだおいた魚を、他人に盗まれて怒り心頭に発することである。
 貴方の会社の社員が私利私欲を貪(むさぼ)って株主に迷惑をかけると易断した。
 その後、果たして易占の通りであった。

姤 九五 ||| ||・

九五。以杞包瓜。含章。有隕自天。
□九五。杞(き)を以て瓜(うり)を包む。章(あや)を含む。天より隕(お)つる有り。
 君子を誑(たぶら)かす初六が瓜(うり)の蔓(つた)が伸びるように迫ってくる。高木の杞(き)柳(りゆう)(川柳・かわやなぎ)のような寛大さで包み込む。剛健中正の德を内に含んで泰然自若。初六は九五の度量の大きさに恐れ入って退散する。
象曰、九五含章、中正也。有隕自天、志不舍命也。
□九五、章(あや)を含むは、中正なる也。天より隕(お)つる有りとは、志、命を舍(す)てざる也。
 剛健中正の德を内に含んで泰然自若。中正備えた君主である。初六は九五の度量の大きさに恐れ入って退散する。九五が天命を捨て置くことなく貫徹するからである。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての原文の一部。
(占)高位ニ居テ、下ノ才德アル者ヲ用ヰ、誠意ヲ以テ之ニ任ズベキノ時トス、禍害ヲ微ナルニ防ギ、能ク善ヲ行ハバ、思ハザル幸福ヲ得ベシ、又國家ヲ治ルニ德ヲ以テセバ、・・・
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての現代語訳。
(占)高い位に居て、下の位に居る才德具えた人物を抜擢し、大切な仕事を任せる時。世の中に災害が及ばないように防御を固め、善行を積み上げれば、予想してもいなかった幸福を招き寄せる。
○国家・組織を治めるに中って德をもってすれば、天から吉運を賜り天下太平を維持することができる。
○商人の場合は、複数の優れた側近に恵まれ、衰運から脱出することができる。だが、侫人が陰謀を企てて、スッと入り込んでくるので、注意して侫人の陰謀を防ぐことが肝要である。
○トップ(主人)から、側近として抜擢される。
○家庭や組織を掌中に収める時。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の原文の一部。
(占例)明治二十二年、某月横濱代言人某來リテ曰ク、(中略)其勝敗ニ至リテハ、前知スルコト能ハズ、因テ一筮ヲ煩サンコトヲ請フト、乃チ筮シテ、姤ノ第五爻ヲ得タリ、
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の現代語訳。
(占例)明治二十二年のある月、横浜から、ある人の代理人がやって来て、「貿易商人と地主が横浜のある土地(共有財産)の権利について訴訟となり、長年争いが続き、未だ和解に至らない。法律を勉強したが、この争いの行方が分からないので占ってほしい」と頼まれた。
 そこで、筮したところ姤の五爻を得た。
 易斷は次のような判断であった。
 姤は下にある一陰が五陽に応対する時。一人の女性が男性五人の中に佇(たたず)んでいる。この女性(初爻)は横浜の共有財産(ある土地)である。甲(五爻)は貿易商人である。乙(二爻)は地主である。五人の男性は全員この女性を好きだから、甲乙その他の男性の間では争いが絶えない。一人の美女が色気で男性を誘惑すれば、男性は全員、この美女を自分のものにしようとする。しかし、この女性(ある土地)は甲(五爻・貿易商人)から資金的な援助をもらい別宅に囲われている。甲はこの女性の身の回りの世話を乙(二爻・地主)に任せて、なかなか別宅に来ない。乙(二爻・地主)は別宅の近くに住んでおり、遂にこの女性と関係を持つようになり、本気で好きになってしまう。
 ある時、甲(五爻・貿易商人)が久しぶりにに別宅を訪れたところ、このことに気が付いて、乙(二爻・地主)にこの女性と別れろと迫る。乙(二爻・地主)は、この女性が甲(五爻・貿易商人)に囲われている女性でも、男女の間は感情で結ばれるもので、お金で結ばれるものではないと、分かれることを拒(こば)む。
 このような経緯で甲(貿易商人)と乙(地主)は争って訴訟に及ぶ。争いが訴訟に発展して裁決に至るまでの経緯を「杞(き)を以て瓜(うり)を包む。君子を誑(たぶら)かす初六が瓜(うり)の蔓(つた)が伸びるように迫ってくる。高木の杞(き)柳(りゆう)(川柳・かわやなぎ)のような寛大さで包み込む。」と云う。「瓜(うり)」は甘美で冷たくて美味しい。暑い季節には多くの人が瓜を好んで求める。けれども、下痢を起こしやすく腹痛を与える毒物でもあるから、食べ過ぎると(求め過ぎると)危険である。色気で男性を誘惑する女性は小悪魔であり、このような女性を巡って争うことを「章(あや)を含む。高木の杞(き)柳(りゆう)(川柳・かわやなぎ)のような寛大さで包み込む」と云う。それゆえ、訴訟は示談で解決すべきである。だから「天より隕(お)つる有り。剛健中正の德を内に含んで泰然自若。初六は九五の度量の大きさに恐れ入って退散する」という。
 以上のことから、横浜の共有財産を巡る訴訟は、地主と貿易商人が話し合い財産を分割して和解すべきだと易断した。
(易占の結果は書いていない。)

姤 上九 ||| ||・

上九。姤其角。吝无咎。
□上九。其(その)角(つの)に姤(あ)ふ。吝(りん)。咎无し。
 頭のてっぺんにある角(つの)のような傲慢な態度で初六に出遇う。初六は応じるはずもなく恥をかく。初六に誘惑されることもない。結果として過失には至らない。
象曰、姤其角、上窮吝也。
□其(その)角(つの)に姤(あ)ふとは、上(かみ)窮(きわ)まりて吝(りん)なる也。
 傲慢な態度で初六に出遇う。世間を見下し世情に疎く、傲岸不遜で恥ずかしい。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての原文の一部。
(占)此爻、上位ニ在リ、人ノ親近スル者ナシ、譬ヘバ額ニ雙角ヲ戴キタルガ如ク、權威ヲ以テ人ニ接スルガ故ニ、人ノ懐クモノナキナリ、然レドモ小人進テ・・・
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての現代語訳。
(占)上の地位に居るが、親しんで近付いて来る人がいない。頭に二つの角(つの)を立てるように、権威を笠に着て人に接するので、懐(なつ)く人がいないのである。小人が上に進んで勢いを増長しようとする時に中って、権威で小人を制御しようとする。結果的に、小人の勢いを抑制することになるので過失とはならない。
○小人や女性の讒(ざん)言(げん)によって、迷惑を蒙(こうむ)る。慎むことによって、このような事態を回避すべきである。
○気が強くなって、争いを起こさないように慎む時である。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の原文の一部。
(占例)一日相識某來リテ、予ニ謂テ(中略)應接セズ、屬吏ヲシテ回答セシム、知ラズ何ノ理由アリテ然ルヤ、請フ之ヲ筮セヨト、予諾シテ之ヲ占スルニ、姤ノ上爻ヲ得タリ、
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の現代語訳。
(占例)ある日知人がやって来て、「わたしはある貴人と昔から親友で大変良好な間柄であるが、ある時貴人が欧米を訪問し帰国して以来、会いに行っても秘書を通して回答するなど、わたしを遠ざけるようになった。その理由が分からないので占ってほしい」と頼まれた。
 そこで、筮したところ、姤の上爻を得た。
 易斷は次のような判断であった。
 姤は女性の勢いが増大していく時である。強くて真っ直ぐで経験豊富な男性でも、姤の時には、女性の誘惑に陥る。上爻が変ずれば沢風大過の時となる。大過は転倒する内容である。貴人は女性(貴人の奥さん)の讒(ざん)言(げん)を信じ、自分が不在中に貴方が何か自分にとって許せないことをしたと誤解した。それゆえ「其(その)角(つの)に姤(あ)ふ。吝(りん)。咎无し。頭のてっぺんにある角(つの)のような傲慢な態度で初六に出遇う。初六は応じるはずもなく恥をかく。初六に誘惑されることもない。結果として過失には至らない。」と云う。
 貴人は奥さんの讒(ざん)言(げん)を信じて、貴方のことを憤慨するようになった。欧米から帰ると、奥さんの口角と貴方の目角に遭遇した。このことを「其(その)角(つの)に姤(あ)ふ」と云う。「吝(りん)。咎无し。」とは、貴方は思ってもいなかったことを讒(ざん)言(げん)されて、恥ずかしい思いをしているが、何の落ち度もないのだから、やがて貴人も思うところ・反省するところがでてきて、讒(ざん)言(げん)による不名誉は解消し、以前の付き合いに戻ると易断した。
 以上の易断を聞いて、知人はしばらく黙って考えていたが、手を打って大いに嘆息して次のように云った。
「モヤモヤした気持ちがスッキリした。わたしが貴人の留守中に貴人宅を訪問したところ、奥さんが貴人のことを何か疑っているようで、その様子が普通ではなかった。そのまま帰るわけにもいかず、奥さんに対して、貴人はそのような人ではないから、そのように疑ってはならないと、道徳論を説いて、間を取り持ったことがある。その時のことを貴人が帰国してから、貴人に話したのであるが、貴人が家に帰って奥さんにそのことを伝えた際に、奥さんが自分を正当化するため、わたしのことを讒(ざん)言(げん)したのだと思う。そういえば、貴人から人の家庭のことに干渉するな、と言われたことがある。あぁ何と易占は絶妙であろうか。しばらくすれば、誤解は解けて、以前よりも親しい間柄になれるだろう」と、大いに安心して帰って行った。
(易占の結果は書いてない。)