毎日連載! 易経や易占いに関する情報を毎日アップしています。

期間限定「現代語訳(超意訳) 呑象高島嘉右衛門著 増補 高島易斷 上下巻 占例篇」 沢地萃 一

四五 沢地萃 ・|| ・・・

萃、亨。王假有廟。利見大人。亨。利貞。用大牲吉。利有攸往。
□萃(すい)は亨(とお)る。王、有(ゆう)廟(びよう)に假(いた)る。大人を見るに利し。亨る。貞しきに利し。大(たい)牲(せい)を用ひて吉。往く攸(ところ)有るに利し。
 萃(すい)は人や物が集まり栄える時。天子が先祖の宗廟(みたまや)で真心込めて神(しん)霊(れい)をお祭りする。臣民は天子を仰ぎ見て心服するがよい。天下はよく治まる。道を守るがよい。牛・羊・豕(ぶた)を供えて盛大にお祭りすれば、幸を得る。進んで事を行うがよい。
彖曰、萃、聚也。順以説、剛中而應。故聚也。王假有廟、致孝享也。利見大人、亨、聚以正也。用大牲吉、利有攸往、順天命也。觀其所聚、而天地萬物之情可見矣。
□萃は聚(あつ)まる也。順にして以て説(よろこ)び剛中にして応ず。故に聚まる也。王有(ゆう)廟(びよう)に假(いた)るとは、孝(こう)享(きよう)を致す也。大人を見るに利し亨るとは、聚まるに正を以てする也。大(たい)牲(せい)を用ひて吉、往く攸有るに利しとは、天命に順ふなり。其の聚まる所を観て、天地万物の情見る可(べ)し。
 萃は多くの人や物が集まる時。兌は悦び、坤は順う。上卦兌は下が悦(よろこ)ぶ政治を行い下卦坤はそれに順う。剛健中正の天子九五と柔順中正の賢臣六二が相応じて政治を司る。天子が先祖の宗廟(みたまや)で真心込めて神(しん)霊(れい)をお祭りする。天子が孝心を尽くして盛大なお供え物で先祖を祭れば、民はその姿を仰ぎ見て順う。臣民は天子を仰ぎ見て心服するがよい。天下はよく治まる。人の道に適(かな)っているからである。牛・羊・豕(ぶた)を供えて盛大にお祭りすれば、幸を得る。進んで事を行うがよい。天命に適(かな)っている。多くの人や物が集まる所を観察すれば、天地万物が生成化育する原理原則を識(し)ることができる。
象曰、澤上於地萃。君子以除戎器、戒不虞。
□沢、地に上(のぼ)るは萃なり。君子以て戎(じゆう)器を除(おさ)め、不(ふ)虞(ぐ)を戒(いまし)む。
 沢が地の上に在るのが萃の形。沢に水が満ちれば草木は茂り多くの人や物が集まる。水が集まれば沢が氾濫・決潰し、人が集まれば争いが、物が集まれば奪い合いが起こる。君子は、軍備を整えて不測の事態に備えるのである。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての原文の一部。
(占)國家ニ在リテハ、聖明ノ主、君位ニ在リ、賢明ノ臣、宰相タリ、然レドモ下ナル者、君ニ事フルノ順序、必ズ先ヅ宰相ニ由ルヲ以テ、權力兩分スルノ時トス、・・・
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての現代語訳。
(占)国家においては、明智を具えた聖人君子が君主の位に、賢臣が宰相の位に在る。現場で働く臣下たちは君主よりも宰相を頼っているので、権力が君主と宰相に二分する時である。
○大地の上に沢が在るので洪水の可能性もある。だが、物が集まる時なので、豊作を願って、神仏をお祭りすべきである。
○五穀豊穣で人々は富有になり社会は繁栄する。トップが祖先を大切にして、親孝行すれば、吉運を招き寄せる。自分のことより先祖のお祭りを優先して、親孝行を尽くせば、吉運は子孫にまで及ぶ。
○富者と貧者が協力して事に臨むので、吉運を招き寄せる。
○真心を持って人と接すれば、良好な人間関係を結べる時である。
○財産が集まる時。 ○人々が集まる時。
○自分と相手の損益を見れば、相手に利益が集まる時である。
○標高が低い地域は洪水を防ぐ対策を打つべきである。
○市場に商品が溢れて物価が下がる時である。

萃 初六 ・|| ・・・

初六。有孚不終。乃亂乃萃。若號一握爲笑。勿恤。往无咎。
□初六。孚(まこと)有れども終(お)へず。乃(すなわ)ち乱れ乃ち萃(あつ)まる。若(も)し號(さけ)べば一(いち)握(あく)して笑(しよう)と為(な)る。恤(うれ)ふる勿(なか)れ。往(ゆ)きて咎(とが)无(な)し。
 柔弱不中正で真心が長続きしない。正応九四に順うべきか、九五の天子に順うべきか迷いに迷う。泣き叫ぶように反省して正応九四に順えば、九四は快く受け容れ、お互い握手して笑い合える。憂えてはならない。九四に順えば、誰にも咎められない。
象曰、乃亂乃萃、其志亂也。
□乃(すなわ)ち乱れ乃ち萃(あつ)まるとは、其(その)志乱れる也。
 迷いに迷うのは、志を確立していないからである。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての原文の一部。
(占)己レ是レト思フコトヲ發言セズト雖モ、衆心區々ニシテ、其意貫キ難シ、是レ運勢未ダ來ラザルノ時トス、心ヲ勞スルモ詮ナシ、唯時ノ至ルヲ待ツベシ、・・・
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての現代語訳。
(占)自分が思っていることを発言できない。自分の意志を貫くことが難しい。運氣が未だ到来していない時。あれこれ心配しても、どうにもならない。時が到来するのを待つべきである。
○自分が仕える人(主人・トップ)を求めても会えない。その側近(右腕・ナンバーツー)に面会して世話になる時である。
○他人には不利益だが、自分には利益になることをする時である。
○名誉を得るよりも、人德を磨くことが大切な時である。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の原文の一部。
(占例)明治十五年十月、上野高崎間鐵道工事ノ央ニシテ、洪水アリ、(中略)故ニ今回ハ堤上ニ準ジテ、假橋ヲ更設センカ、或ハ從前ノ如ク、平面ノ地形ニ從ヒテ修築センカ、或ハ中ヲ取テ之ヲ架センカ、孰レヲ可トスルヤト、余ノ意見ヲ問ハル、余乃チ之ヲ筮シテ、萃ノ初爻ヲ得タリ、・・・
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の現代語訳。
(占例)明治十五年十月、上野高崎間の鉄道工事の途中で洪水があり、戸田川の橋が流された。わたしは過去この工事に関係したことがあるので、現場に駆け付けたところ、鉄道局長の井上君と会った。井上君はこの橋は鉄道工事のために架けた仮の橋なので、修復しても洪水があれば、また流されてしまう。そこで、本格的な橋を架けるか、あるいは今と同じような仮橋とするか、あるいはその中間を取るか、いずれにすればよいか悩んでいた。
 そこで、どうすべきか、筮したところ萃の初爻を得た。
 易斷は次のような判断であった。
 萃は大地の上に沢が生ずる時である。すなわち洪水が平地に溢れる時である。初爻が変ずれば、沢雷随となる。随は物に従うという意味であるから、以前と同じ仮橋を架けても大丈夫と考えられる。洪水への対処策としては、鎖を橋桁にかけて両岸を結束すれば、洪水があっても橋が流される心配はなくなる。本格的な橋をかけようとすれば工期が長くなる。工期が長くなれば、工期の途中で再び洪水に見舞われる恐れがあり、橋が完成するまでに長期間かかって鉄道工事が大幅に遅れてしまう。
 一つの可能性として、工事が長期間かかれば二爻の時となり、二爻が変ずれば沢水困の険難に陥る。もう一つの可能性として、本格的な橋をかける工事中に洪水がなければ、三爻の時となり、三爻変じて沢山咸となる。沢山咸は山の上に沢がある形なので洪水の心配はなくなる。しかし、今は鉄道工事を急ぐべき時なので以前と同じ仮橋に鎖を結束して洪水に備えるやり方がベターであると易断した。
 以上の易占を参考にして、仮橋に鎖を結束して洪水に備えるやり方を採用したところ、翌年再び洪水があったが、橋は流されることなく、鉄道工事の長期化は回避できた。

萃 六二 ・|| ・・・

六二。引吉。无咎。孚乃利用禴。
□六二。引かるれば吉。咎无し。孚あり、乃ち禴(やく)を用ふるに利し。
 天子に引き寄せられて馳せ参ずれば、幸を得る。誰にも咎められない。真心があれば外面を飾る必要はない。お供え物が少ない夏祭りのように倹約するがよい。
象曰、引吉、无咎、中未變也。
□引かるれば吉、咎无しとは、中未(いま)だ変ぜざる也。
 馳せ参ずれば幸を得て、咎められない。中庸の德が堅固で変容しないのである。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての原文の一部。
(占)此爻、温順ニシテ正シキ者トス、鬼神ニ祈リテ、感應ヲ受クベシ、・・・
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての現代語訳。
(占)温順で正しい人物が神仏をお祭りしてご加護を賜る時である。
○険難に陥るはずがないのに、険難に陥る時である。
○希望や願望が叶うことがある。しかし、そのことが逆に困難を招くことになりかねない。
○神仏に関わる人々が、至誠の心で神仏と通ずる時である。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の原文の一部。
(占例)友人某來リテ、運氣ヲ占ハンコトヲ請フ、乃チ筮シテ、萃ノ第二爻ヲ得タリ、
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の現代語訳。
(占例)ある友人がやって来て、運氣を占ってほしいと頼まれたので、筮したところ萃の二爻を得た。
 易斷は次のような判断であった。
 萃は大地の上に沢がある。流れている水を堰き止め、地上に水を貯え大地に水分を潤沢に与えて、農作物を育てる時である。上卦の兌は政府である。政府が和悦の心で、民の心にマッチする政治を行い、人々が喜んで集まる時である。
 今回占って二爻が出た。貴方は希望することがあって、上の位の人と通じ合いたいと思っているが、これを妨害する人がいて、希望を叶えることができない。だが、貴方の希望は道理に適っているので、将来は必ずその志を実現することができる。
 今は妨害する人がいるので、急いで希望を叶えようとしてはならない。強引に希望を叶えようとすれば、いつまで経っても希望を叶えることはできない。しばらくは静観して、時が至るのを待つべきである。静観している間、貴方が通じ合いたいと思っている上の位の人と貴方の間を取り持ってくれる人が現れる。このことを「引かるれば吉。咎无し。天子に引き寄せられて馳せ参ずれば、幸を得る」と云う。
 上の位の人と会うことができたら、貴方の希望を一言伝えて、相手の気持ちを動かせば、貴方の希望が実現するのは先のことではない。このことを「孚あり、乃ち禴(やく)を用ふるに利し。真心があれば外面を飾る必要はない。お供え物が少ない夏祭りのように倹約するがよい」と云う。萃の時は、神仏のご加護を賜って、真心が通じる時である。それゆえ、占筮を通して神仏のお告げに従うがよいと易断した。
(易占の結果は書いてない。)