毎日連載! 易経や易占いに関する情報を毎日アップしています。

期間限定「現代語訳(超意訳) 呑象高島嘉右衛門著 増補 高島易斷 上下巻 占例篇」 風火家人 一

三七 風火家人 ||・ |・|

家人、利女貞。
□家(か)人(じん)は、女(おんな)の貞しきに利し。
 家人は治(ち)國(こく)平(へい)天(てん)下(か)の本(もと)たる斉(せい)家(か)の道。家を斉(ととの)えるには、一家の主が男の道で正しく家人を導くことは基(もと)より、婦人が率先して女の道を固く守ることが肝(かん)要(よう)である。
彖曰、家人、女正位乎内、男正位乎外。男女正、天地之大義也。家人有嚴君焉。父母之謂也。父父、子子、兄兄、弟弟、夫夫、婦婦、而家道正。正家而天下定矣。
□家人は、女、位(くらい)を内に正しくし、男、位を外に正しくす。
 男女正しきは、天地の大義なり。家人には厳(げん)君(くん)有り。父母の謂(いい)也。父は父たり子は子たり、兄は兄たり弟は弟たり、夫は夫たり婦(つま)は婦たり、而(しか)して家(か)道(どう)正(ただ)し。家を正しくして天下定まる。
 家人は女(六二)が内で女の道を固く守り、男(九五)が外で男の道を固く守る。各(おの)々(おの)道を守ることは天地の大義。そもそも家の中には威厳のある君主が居て、それは父母である。父は父らしく子は子らしく、兄は兄らしく弟は弟らしく、夫は夫らしく妻は妻らしく、各々その道を固く守れば、家の中は正しく治まる。先(ま)ず家の中をしっかり治めてこそ天下も治まるのである。
象曰、風自火出家人。君子以言有物、而行有恆。
□風(かぜ)、火より出(い)づるは家人なり。君子以て言(こと)物(もの)有(あ)り、而(しか)して行(おこない)恒(つね)有(あ)り。
 風(外)は火(内)から起こる。治國平天下(外)は齊家(内)に由るのが家人の形。君子は、言葉は至誠を貫き、偽(いつわ)りなく、行いは久しく※恒(つね)を守る。
※恒とは、「変易(変化)・不易(変化の法則)の道理」のこと。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての原文の一部。
(占)我レ明ニシテ彼レ從ヒ、一家睦クシテ、家事齊ヒ、安心ナル時ナリ、・・・
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての現代語訳。
(占)夫(陽的存在)は明智・明德を具えており、妻(陰的存在)は夫(陽的存在)に従う。家族(組織内の人々)仲睦まじく、家事(組織内の運営)はスムーズに運び、心安らかな時である。
○大勢の人々と交際して仲良くなり、まるで家族のような親密な関係を築き上げられる時である。
○本業を固く守れば、漸次に豊かになり、幸運を招き寄せる時である。
○家の中(組織の内部)で事を為せば成功する。家(組織)を出て事を為せば失敗する。
○物価は始め上がってその後下がる。売買が成功しやすい時。

家人 初九 ||・ |・|

初九。閑有家。悔亡。
□初九。有(ゆう)家(か)を閑(ふせ)ぐ。悔い亡(ふせ)ぶ。
 剛健正位で明德(離)備えた初九は、家を治める最初の段階に居て、邪心を制御することから始める。後悔することはない。
象曰、閑有家、志未變也。
□有(ゆう)家(か)を閑(ふせ)ぐとは、志未(いま)だ変ぜざる也。
 邪心を制御することから始める。家の人々の志が正しさを保っているのである。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての原文の一部。
(占)節儉ハ家ヲ興シ國ヲ興スノ基ニシテ、之ヲ行ヘバ、輕薄ニ流レズ、邪悪ニ陥ラザル者ト心得、總テ冗費ヲ省キ、質素ヲ行フベシ、又他ニ心ヲ移サズ、・・・
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての現代語訳。
(占)節約と倹約は家族円満と国家繁栄の基本である。何事も節約と倹約を守れば、軽薄に流れることなく、邪悪に陥ることもない。以上を心得て、何事も無駄を省き質素にすべき時である。
○目的を一つに定め、家族(組織の構成員)が協力し、規律を定めてキチンと守れば、家庭(組織)は隆盛に向かって行く。
○外部の人を招き入れる場合は、わが家風(社風)と外部の人の役割分担を丁寧に伝え理解を得てから招き入れれば、招き入れた人は、キチンとその役割を全うして、わが家(組織)に貢献する。
○何事も初心を貫けばその後栄誉を得る。途中で怠ってはならない。
○進んで行くだけで、決して退かない時である。
○自分ができないことを遺言して身内の(家人)に託す時である。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の原文の一部。
(占例)二十三年十二月、友人某來リテ、商法發令ノ成否ヲ占ハンコトヲ請フ、乃チ筮シテ、家人ノ初爻ヲ得タリ、・・・
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の現代語訳。
(占例)明治二十三年十二月、ある友人から商法が成立するか否かを占ってほしいと頼まれたので、筮したところ家人の初爻を得た。
 易斷は次のような判断であった。
 家人は太陽のエネルギーが盛んなので空気が膨張して風となり、風は上昇して循環する。風は寒暑を循環させるから、大象伝に「風(かぜ)、火より出(い)づるは家人なり。風(外)は火(内)から起こる。治國平天下(外)は齊家(内)に由るのが家人の形」と云う。家人とは家族(ある組織の構成員)であり、家族(組織)の中では老若男女が助け合って生活(活動)している。それゆえ、家人は強くて健やかな人は、弱くて病気がちな人を助け、賢い人は、愚かな人を助ける時である。
 今回占って初爻が出た。初爻は最下ゆえ人に当て嵌めれば少年である。少年はまだ家事ができない(仕事ができない)ので、家事(仕事)を習い身に付ける時。少年はできもしないことを無理してやろうとするよりも、家訓(組織の理念・基本的な教え)を守って、家族(組織)の一員としての自覚を持つことが大切である。このことを「有(ゆう)家(か)を閑(ふせ)ぐ。悔い亡(ふせ)ぶ。剛健正位で明德(離)備えた初九は、家を治める最初の段階に居て、邪心を制御することから始める。後悔することはない」と云う。
 このことを商法成立の成否に当て嵌めれば、わが国の商人は長い鎖国の慣習が染みついていて、近代化の必要性は理解しても、昔の慣習を抜け出せない。外国人が日本で自由に商売ができるようになった今、商法の必要性は高まっているが、わが国の商人は昔の慣習から抜け出せない。すなわち、まだ家事ができない少年と同じである。
 家人は、強くて健やかな人が、弱くて病気がちな人を助けるように、一家が協力して家事を営む時だから、政府(強者)は商人(弱者)の気持ちを察して商法の成立を延期すべきである。それができないようなら、法治国家の基盤を固めることはできない。強引に商法を成立させても、法律を守ることができないだけでなく、法律に押し潰されて、廃業する商人が続出するであろう。
 以上のことから、商人の九割が商法の延期を望んでいる。このことを「有(ゆう)家(か)を閑(ふせ)ぐ。悔い亡(ふせ)ぶ。剛健正位で明德(離)備えた初九は、家を治める最初の段階に居て、邪心を制御することから始める。後悔することはない」と云う。商法の成立を延期できなければ、商人を守ることはできない。よって「政府は商法の成立を延期する」と易断した。
(易占の結果は書いてないが、史実によると日本で商法が公布されたのは、明治三十二年三月、施行されたのは同年六月である。嘉右衛門の易占は的中したのである。)

家人 六二 ||・ |・|

六二。无攸遂。在中饋。貞吉。
□六二。遂(と)ぐる攸(ところ)无(な)し。中(ちゆう)饋(き)に在(あ)り。貞にして吉。
 全て九五の命令に従って、自分が先頭に立って事を成し遂げることはない。家事を任され家の中を取り仕切る。女の道に適(かな)っている。幸を得る。
象曰、六二之吉、順以巽也。
□六二の吉は、順にして以て巽(そん)なれば也。
 六二が幸運を得るのは、九五の命令に柔順に従うからである。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての原文の一部。
(占)着實ヲ旨トシ、本業ニ怠ラザレバ、漸々ニ盛運ニ赴クベシ、他物ノ爲ニ心ヲ動カシ、慾念ヲ起シ、又ハ新ニ事業ヲ企ツ可ラザルノ時トス、・・・
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての現代語訳。
(占)やるべきことを着実にやり、本業に一生懸命取り組めば、少しずつ運が開けて行く。
○本業以外に心を惹かれたり、私利私欲で動いたり、新しい事業を始めたりしてはならない。
○自分が中心になって事を為す時ではない。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の原文の一部。
(占例)縉紳某來リテ、氣運ヲ占ハンコトヲ請フ、乃チ筮シテ、家人ノ第二爻ヲ得タリ、
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の現代語訳。
(占例)貴人がやって来て、氣運を占ってほしいと頼まれた。そこで筮したところ、家人の二爻を得た。
 易斷は次のような判断であった。
 家人は一家和合して家族円満となる時。六爻の役割を見れば、五爻は陽の夫で、仕事で外に勤めている。二爻は陰の妻で、家の中を任されている。夫は外でしっかり働き、妻は家をしっかり守っているから、家庭は調和して家族円満である。
 今回占って二爻が出た。貴方は妻が家を治めるように、何事も正しく柔順に従い、一生懸命働いて仕事を守り、年長者の命令をよく聞いて、事に中ることが望ましい。
ほんの少しでも、自分の才能に頼って(買いかぶって)、事を為してはならない。何事も自分が決断して実行してはならない。自分の判断で行えば、例え、それが成功したとしても、独断でやったと非難されることは間違いない。このことを「遂(と)ぐる攸(ところ)无(な)し。中(ちゆう)饋(き)に在(あ)り。貞にして吉。全て九五の命令に従って、自分が先頭に立って事を成し遂げることはない。家事を任され家の中を取り仕切る。女の道に適(かな)っている。幸を得る」と云う。
「遂(と)ぐる攸(ところ)无(な)し」とは、人から命令されて事を行い、絶対に自分の意見を言ってはならないと云うことである。「中(ちゆう)饋(き)に在(あ)り。貞にして吉」とは、妻の役割である祖先の祭祀(組織の歴史と伝統の維持)に務め、子供(部下)をよく教育して、自分の役割を全うすることである。以上のことから、職務を怠ることなく、謙遜・謙譲の心を大切にして、真っ直ぐに(正しく)かつ柔順に仕えるべきだと易斷した。
(易占の結果は書いていない。)