毎日連載! 易経や易占いに関する情報を毎日アップしています。

期間限定「現代語訳(超意訳) 呑象高島嘉右衛門著 増補 高島易斷 上下巻 占例篇」 風火家人 二

家人 九三 ||・ |・|

九三。家人嗃嗃。悔厲吉。婦子嘻嘻。終吝。
□九三。家(か)人(じん)嗃(かく)嗃(かく)たり。悔い厲(あやう)けれども吉。婦(ふ)子(し)嘻(き)嘻(き)たり。終(つい)に吝(りん)。
 剛毅に過ぎる家(か)長(ちよう)。家人は「ひいひい」苦しむ。
 家長自身、厳し過ぎたと後悔するが、厳しくした方が家は治まる。家長が厳しさを失い、寛大に過ぎると、女子供は一日中笑ったり騒いだりと節度を失い、終には恥をかく。
象曰、家人嗃嗃、未失也。婦子嘻嘻、失家節也。
□家人嗃(かく)嗃(かく)たりとは、未(いま)だ失わざる也。婦(ふ)子(し)嘻(き)嘻(き)たりとは、家(か)節(せつ)を失う也。
 家長が厳しすぎると家人は「ひいひい」苦しむ。家の道を失ったのではない。家長が厳しさを失い寛大に過ぎると、終には節度を失い、家の道に反することになる。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての原文の一部。
(占)家道嚴確ニ過ギ、又ハ放縦ニ流レ、何レカ一方ニ偏倚スルノ時トス、但嚴確ナレバ、家内和セザルモ吉ナリ、放縦ナレバ、強制セザレバ大ニ凶ナリトス、・・・
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての現代語訳。
(占)家庭の規律が厳格に過ぎるか、逆に放縦に流れて、家風が一方に偏(かたよ)る時である。厳格に過ぎれば家族は大変だが、結果的には家の中はよく治まる。放縦に流れれば家族は節度を失って、結果的に家の中は乱れて不幸になる。
○婦人や女子の愛に溺れる時でもある。慎むべきである。
○業務を人に任せてはならない。時に中ることで幸福を招き寄せる。
○家事や家政に関する事を勉強する時である。
○肉親(家族)の関係が恩情よりも厳格に過ぎて後悔する時である。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の原文の一部。
(占例)縉紳某來リテ、氣運ヲ占ハンコトヲ請フ、乃チ筮シテ、家人ノ第三爻ヲ得タリ、
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の現代語訳。
(占例)ある紳士がやって来て、氣運を占ってほしいと頼まれたので筮したところ、家人の三爻を得た。
 易斷は次のような判断であった。
 家人は多くの人と交際するに中り、家族のように親しく付き合うべき時である。人間社会は人間の情によって成り立っている。
 今回占って三爻が出た。老婆が家長として家事を任され、少年が家事ができないことを苦々しく思って、厳しく、しかも丁寧に教え導いたところ、少年も家事を覚えて、家風が調ってきた。このことを「家(か)人(じん)嗃(かく)嗃(かく)たり。悔い厲(あやう)けれども吉。剛毅に過ぎる家(か)長(ちよう)。家人は「ひいひい」苦しむ。家長自身、厳し過ぎたと後悔するが、厳しくした方が家は治まる」と云う。少年が家事ができないことを放置し、厳しく教え導かなければ、家風は乱れて、人心が荒れ、国家は荒廃する。
 それゆえ、小象伝に「婦(ふ)子(し)嘻(き)嘻(き)たりとは、家(か)節(せつ)を失う也。家長が厳しさを失い寛大に過ぎると、終には節度を失い、家の道に反することになる」と云う。
 今、貴方は、職務を遂行するに中って、厳しく、丁寧に部下に職場の規律を教え導くべきである。部下を甘やかして、厳しく接することを怠れば、部下の規律は乱れて、人心が荒れ、組織運営に問題が生じて、貴方は責任を問われると易断した。
 このことを「婦(ふ)子(し)嘻(き)嘻(き)たりとは、家(か)節(せつ)を失う也」と云う。
 それゆえ、職務に厳しく臨むべきである。
(今回も、易占の結果は書いていない。)

家人 六四 ||・ |・|

六四。富家。大吉。
□六四。家を富(と)ます。大吉。
國に在っては國を富まし、家に在っては家を富ます。何事も大いに成就する。
象曰、富家、大吉、順在位也。
□家を富(と)ます、大吉とは、順(じゆん)にして位(くらい)に在(あ)るなり。
 何事も大いに成就する。柔(巽)順にして正しい位(くらい)に在(あ)るのである。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての原文の一部。
(占)巽ノ陰爻ハ所謂ル市ニ近ヅケバ利三倍ヲ得ル者ニシテ、廉価ノ物品ヲ買入レ、大利ヲ得ルノ時トス、又家風ヲ守リテ奢侈ニ流レズ勉強スレバ、・・・
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての現代語訳。
(占)巽の陰爻(一番下の爻)は、商売で利益を三倍に増やすことができる根っからの商人。廉価で仕入れた商品を高値で販売することに成功して、大儲けする。
○家族においては、家風を守って質素倹約に努め、よく勉強すれば、一家仲睦まじく、和合して、裕福になる。
○学者においては、先哲(先人)が打ち立てた学問をよく研究して、知識を磨き、大先生と呼ばれる(大家となる)。
○家を興(おこ)す(一家の主となる)時である。
○家を裕福にする時である。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の原文の一部。
(占例)余朋友ト共ニ一事業ヲ起スニ當リ、其事業ノ吉凶ヲ占ヒ、筮シテ、家人ノ第四爻ヲ得タリ・・・、
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の現代語訳。
(占例)わたしが、朋友と共に事業を起こすに中って、事業の吉凶を占ったところ家人の四爻を得た。
 易斷は次のような判断であった。
 家人は、火が風を起こし、風が火の勢いを強くして、共に補い合って盛んになる時である。巽の風は二つの陽爻が上に昇り、一つの陰爻が下に降る。まるで上下する相場のようであり、(商品が下がった時に購入して、上がった時に販売して、利益を得る)商売に適した時である。巽の風は、商売で三倍儲けられる(百円で仕入れた商品を三百円で販売できる)時でもある。
 上卦に巽(風)がある卦(風天小畜、風沢中孚、風火家人、風雷益、巽為風、風水渙、風山漸、風地観)は商売に適している時と考える。
 今回占って四爻が出た。四爻は巽の最下で風が入り込んで来る性質があるので、お客様のニーズを察して適切に対応できる時である。それゆえ「家を富(と)ます。大吉。國に在っては國を富まし、家に在っては家を富ます。何事も大いに成就する」と云う。
 この事業は進めても大丈夫である、と易斷して進めたところ、事業は成功して大きな利益を得ることができた。

家人 九五 ||・ |・|

九五。王假有家。勿恤吉。
□九五。王、有(ゆう)家(か)に假(いた)る。恤(うれ)ふる勿(なか)れ。吉。
自ら家長の模範となり一家をよく治める。天子の家がよく治まれば、國も治まり國運隆盛(りゅうせい)となる。心配しなくてよい。幸を得る。
象曰、王假有家、交相愛也。
□王、有(ゆう)家(か)に假(いた)るとは、交(こも)々(ごも)相愛するなり。
 天子が家長の模範となり一家をよく治める。國民は感化されて、親子、夫婦、兄弟、互いに思いやるようになる。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての原文の一部。
(占)父母ニ孝ニシテ、全家睦シク、家事整頓シテ、世ノ模範トナルノ時ナリ、又荒地ヲ開墾シ、工場或ハ學校ヲ設ケ、世ノ公益ヲ謀り、令聞九重ニ達シ、・・・
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての現代語訳。
(占)父母に孝行して家族仲睦まじく、家事・家政は調和して、社会の模範(お手本)となる。
○荒れた土地を開墾して、工場や学校を建設し、世のため人のために役立つようにと考えて、良い評判が世間に広まる。そこで天皇陛下のお褒めを賜るほどの名誉を得られる。
○家を継いで血筋(○○家)を守ることができる。
○家の主となって、家事・家政を維持繁栄することができる。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の原文の一部。
(占例)友人某來リテ、氣運ヲ占ハンコトヲ請フ、乃チ筮シテ、家人ノ第五爻ヲ得タリ、
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の現代語訳。
(占例)ある友人がやって来て、氣運を占ってほしいと頼まれたので、筮したところ家人の五爻を得た。
 易斷は次のような判断であった。
 家人は家族和合して、親族睦まじく、家事・家政が調和する時。
 今回占って五爻が出た。多くの人々と愛情を持って交際して、家族のように和合する時である。人間は、どんなに努力を重ねて、幸運を招き、億万長者になったとしても、寿命がある。手に入れた財産は子孫に譲ることになる。子孫が子孫に財産を譲るから、血筋が続いて社会は繁栄する。子孫に限らず、多くの人と家族のように接すれば、人類皆兄弟である。今は自分の資産を守る時ではない。国家に貢献することを考え、輸入に頼らず、輸出を増やす事業を企画し、国民の起業家精神に火を付ければ、多くの人々が起業家として活躍する。政府も貴方に一目置いて、貴方の評判は世間に広がる。その企画が大成功すれば、貴方の評価は益々上がる。
 今の貴方は、家庭においては、家族円満を啓蒙して、事業においては、世のため人のために尽くすべき時だと易斷した。
(易占の結果は書いていない。)

家人 上九

上九。有孚威如。終吉。
□上九。孚(まこと)有り、威(い)如(じよ)たり。終(つい)に吉。
 至誠と威厳を備えて家を治める。終(つい)に斉(せい)家(か)の道は成就する。
象曰、威如之吉、反身之謂也。
□威(い)如(じよ)の吉は、身に反(かえ)るの謂(いい)也。
 至誠と威厳を備えて家を治める。自ら反省し自ら正すのである。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての原文の一部。
(占)弱年ヨリ品行方正ニシテ、業務ニ勉勵シ、家富ミ、身老テ其産業ヲ子孫ニ譲與スルノ時トス、・・・
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての現代語訳。
(占)若い頃から品行方正で、よく仕事に努め、家を豊かにしてきた貴方も年老いた。築き上げてきた仕事や資産を子孫に譲る時である。
○コツコツ勉強し、節約や倹約に努めて長年に渡り、終に一家の主として、素晴らしい家風を幾久しく伝えることができる。
○善き德を積み上げ、家業を盛んにする。人格者としての威厳が自然に備わって、多くの人々から尊敬される。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の原文の一部。
(占例)明治二十年、某貴顕ノ氣運ヲ占ヒ、乃チ筮シテ、家人ノ上爻ヲ得タリ、
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の現代語訳。
(占例)明治二十年、ある貴人の氣運を占って、筮したところ家人の上爻を得た。
 易斷は次のような判断であった。
 家人は家族円満、家庭が調和する時ゆえ、敷衍して考えると、多くの人々と家族のように親しく交際して事を成し遂げる時である。今、貴人の氣運を占って上爻が出た。
 貴人は上の人にも下の人にも信頼されており、やるべき仕事を終えたので、そろそろ身辺を整理して、第一線から引退する時である。社会の調和は、人々に真心があることが基本であり、規律の厳しさが必要である。真心がなければ、上の人と下の人が欺き合うし、規律の厳しさがなければ、礼節に欠けた粗野な社会になる。
 上爻は家人の極点。物事が極まると上向きの流れは下向きに変わって行く。繁昌を極めれば、段々怠るようになる。怠惰な気持ちが少しでも芽生えれば、あっという間に堕落していく。慎むべきである。それゆえ「孚(まこと)有り、威(い)如(じよ)たり。終(つい)に吉。至誠と威厳を備えて家を治める。終(つい)に斉(せい)家(か)の道は成就する。」と云う。
 貴人の貴方が、大衆や役人に対して、模範となるべき時と易斷した。
(この爻も、易占の結果は書いていない。)