毎日連載! 易経や易占いに関する情報を毎日アップしています。

期間限定「現代語訳(超意訳) 呑象高島嘉右衛門著 増補 高島易斷 上下巻 占例篇」 山沢損 一

四一 山沢損 |・・ ・||

損、有孚。元吉无咎。可貞。利有攸往。曷之用。二簋可用亨。
□損(そん)は孚(まこと)有り。元(げん)吉(きつ)。咎无し。貞にす可(べ)し。往(ゆ)く攸(ところ)有るに利(よろ)し。曷(なに)をか之(これ)用(もち)ひん。二(に)簋(き)用(もつ)て亨(とお)す可(べ)し。
 損は下(内)を減らして上(外)を増やす時。真心あれば大いに幸を得る。咎められない。正しい道を守れば、事を進めてもよい。損の時に用いるのは、何であろう…。祭祀においては、粗末なお供え物を用いよう。真心があれば、神様はお受けくださるだろう。
彖曰、損、損下益上、其道上行。損而有孚。元吉无咎。可貞。利有攸往。曷之用。二簋可用亨。二簋應有時。損剛益柔有時。損益盈虚、與時偕行。
□損は下を損して上を益し、其の道上り行く。損して孚有り。元吉。咎无し。貞にす可し。往く攸有るに利し。曷(なに)をか之(これ)用(もち)ひん。二(に)簋(き)用(もつ)て亨(とお)す可(べ)し二(に)簋(き)は応(まさ)に時有るべし。剛を損して柔を益すには時有り。損益盈(えい)虚(きよ)、時と偕(とも)に行う。
 損は下卦兌(内)を減らして上卦艮(外)を増やす道。泰の下卦乾の上爻が上卦坤の上爻に上(のぼ)り、坤の上爻が乾の上爻に下(くだ)る。内を減らして外を増やす。真心あれば大いに幸を得る。咎められない。正しい道を守れば、事を進めてもよい。損の時に用いるのは何であろう。祭祀においては、粗末なお供え物を用いよう。真心があれば、神様はお受けくださるだろう。粗末なお供え物は、しかるべき時に用いるのである。剛陽(行き過ぎた物)を減らして、柔陰(足りない物)を増やすのも、しかるべき時にするのである。減らしたり増やしたり、充実させたり空虚にしたりするのも、すべて、しかるべき時にするのである。
象曰、山下有澤損。君子以懲忿塞欲。
□山の下に沢有るは損なり。君子以て忿(いかり)を懲(こ)らし欲を塞(ふさ)ぐ。
 山の下に沢が有るのが損の形。沢は潤いを減らして山に潤いを与え、水中の土を減らして山に土を盛り付ける。己を減らして他を益するのである。君子は、忿(ふん)怒(ど)する心を戒めて、私利私欲を塞(ふさ)ぐのである。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての原文の一部。
(占)少女、少男ニ對シテ、衷情ヲ述ル者トス、終ニ相孚シテ、澤山咸ノ婚媾アルニ至ルベシト雖モ、今ハ唯情ヲ述ルニ止リ、事成ルノ時ニ非ザルナリ、・・・
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての現代語訳。
(占)少女が少男に対して、内に秘めた心を打ち明ける時。真心が通じ合えば沢山咸の結婚に至るが、今は気持ちを打ち明ける段階であり、結婚する(事を成し遂げる)ことはできない。それゆえ、何事も今は契約は成立しない。後になれば契約は成立する。
○内心喜んでも、行動に移さなければ、何かを失うことになる。
○徐々に衰退していく時である。
○他人や社会に対して、自分の財産を提供する時。
○他人と協力して企画・実行することは成就する。
○私利私欲を抑えれば(自分が損する気持ちで他人を益すれば)、人德が益す。また、驕り高ぶることを抑えれば、財産を益す時。
○驕り高ぶらないように慎んで、人德を磨く時。
○公務員の人が占ったら、苦労しても結果が出ない。だが、粘り強く志を貫いて仕事に励めば、必ず吉兆が現れる。
○物事を深く考えない人や欲が深い人は、凶運を招き寄せる。
○一時(いつとき)の怒りによって身を焼き焦がし、欲望のまま暴走して、結局は大損する時。
○兌(口先)で依頼すると、相手は応じてくれない。だが感情を込めて依頼しても、応じてくれない。何をやってもうまくいかない時。
○損すべき時に損して、周りの人から信頼されれば、大いなる吉運を招き寄せて、何の問題も起こらない。
○一時的に損したとしても、損すべくして損した時には、最後は必ず利益が得られる時。
○物事が欠損して(傷付いて)、損害を受ける時でもある。

損 初九 |・・ ・||

初九。已事遄往。无咎。酌損之。
□初九。事(こと)を已(や)めて遄(すみや)かに往(ゆ)く。咎(とが)无(な)し。酌(く)みて之(これ)を損(へ)す。
 下を減らして上を増やす損の時に中り、六四を増やすため、自分の仕事を抛(なげう)って六四の下(もと)に馳(は)せ参ずる。咎められない。自分の立場を弁(わきま)え、事の宜しきを酌(く)み取って、六四に尽くす(己を減らす)のである。
象曰、已事遄往、尚合志也。
□事を已(や)めて遄(すみや)かに往(ゆ)くとは、尚(かみ)、志を合わする也。
 仕事を抛って六四の下に馳せ参ずる。六四と志を同じくする。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての原文の一部。
(占)朋友相知ノ人、疾病事故アリテ、我ニ救助ヲ乞フ者アリ、宜シク速ニ應援シ、又應分ノ金ヲ給シテ、其情誼ヲ盡スベシ、躊躇シテ速ニ應ゼザレバ、・・・
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての現代語訳。
(占)親しい友達や知り合いが病気になったり、事故に遭ったりして助けを求められる時である。速やかに対応すべきである。また、必要ならばお金を投じて、相手のために尽くすべきである。助けることを躊躇してグズグズしていると、相手は死んでしまうかもしれない。死なないまでも、大変な困難に陥ることは間違いない。何が起こっても、速やかに対応することが必要な時である。
○上の位の人から依頼されたら、速やかに依頼に応えるべきである。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の原文の一部。
(占例)友人某人來テ曰ク、朋友急ニ金ヲ借ラント請フ者アリ、之ニ貸シ與フルモ迷惑スルコトナキヤ否ヤ、請フ之ヲ占ハンコトヲト、乃チ筮シテ、損ノ初爻ヲ得タリ、・・・
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の現代語訳。
(占例)ある友人がやって来て、親友からお金を貸してほしいと無心されたが、貸すべきかどうかを占ってほしいと頼まれた。
 そこで筮したところ損の初爻を得た。
 易斷は次のような判断であった。
 損は内卦の兌が口を開いて、誰かに何かを依頼するという形。外卦艮は止まって応じないという形である。それゆえ、自腹を切って損失を出し、困難に陥る時。だから、損と名付ける。今回占って初爻が出た。初爻は貴方の親友。その親友が困難に陥って必死に足(あ)掻(が)いている時である。貴方は万事放り出して、速やかに助けなければならない。
 多くの人が日頃は節約して貯金するのは、このような緊急事態に対応するためである。もし貴方が損したとしても、親友を助けることは、それ以上に大切なことである。貴方が巨万の財産を持っていたとしても、子孫が善からぬ人物ならば、あっという間に財産を使い果たして家を滅ぼしてしまう。そんなに先のことまで心配する必要はない。今、目の前で困っている親友を助けることが、何よりも大事である。どうして財産を惜しんでいられようか。よって、万事放り出して、速やかに親友を助けに行き、損することを承知の上で、お金を貸してあげなさいと易断した。
(易占の結果は書いていない。)

損 九二 |・・ ・||

九二。利貞。征凶。弗損益之。
□九二。貞に利し。征(ゆ)くは凶。損せずして之(これ)を益す。
 剛健備中の九二は柔順備中の六五と正応で過不足ない。それゆえ損益すること不要。正しい道を守るがよい。己を減らして六五を増やせば、過不足が生じて歯車が狂う。自ら減らすことなく上を増やすのである。
象曰、九二利貞、中以爲志也。
□九二、貞に利しとは、中(ちゆう)以(もつ)て志と為(な)す也。
 正しい道を守るがよい。中庸の德を貫くことが九二の志である。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての原文の一部。
(占)此爻、中正ニシテ我身修リ、家齊ヒタル者トス、故ニ新ニ事ヲ醸ス可ラズ、又進ミテ事ヲ取ル可ラズ、縱ヒ國家ニ益スルノアルモ、唯建議スルニ止マリ、・・・
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての現代語訳。
(占)この爻は、中庸の德と正しい位を得ているので、修身・斉家を体現している人物である。だが、新しい事に手を出してはならない。また、進んで事を成し遂げようとしてもならない。国益に資する意見があったとしても、提案する程度に止めて、自分が進んで実践しようとしてはならない。以上のようであれば、名誉を汚す事なく、財産を損失することもなく、さらなる名誉と富を得るであろう。
○上の位の人から依頼されたとしても、応じてはならない。応じれば自分は損失を出し、相手には災難が及ぶ。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の原文の一部。
(占例)友人某來テ曰ク、余ガ實兄大阪ニ於テ、相場ニ失敗シ、爲ニ余ガ支配セル東京支店ヨリ非常ノ金策ヲ爲シテモ、送金セヨトノ電報アリ、送金シテ勝利ヲ得レバ、幸ナレドモ、若シ失敗セバ、兩店共ニ破産ニ至ラントス、因テ其成否如何ヲ占ハンコトヲ請フト、乃チ筮シテ、損ノ第二爻ヲ得タリ、・・・
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の現代語訳。
(占例)友人がやって来て、大阪店を切り盛りしている兄が、相場で大損したので取り返すために、東京店を取り仕切っているわたしに、金を送ってくれと言ってきたが、果たしてどうしたものか占ってほしいと頼まれた。そこで、筮したところ損の二爻を得た。
 易斷は次のような判断であった。
 損は下卦沢は低く、上卦山は高いので、相場が乱高下する時である。
 大阪店のお兄さんは、相場が下落すると見込んで売りに出した。だが、あっという間に相場が上がって買い戻すことができなくなった。今、現品を受け渡す時期となったが、差額を払わないと買い戻すことができない。買い戻せば大阪店は大損することになる。
大阪店としては、その大損を取り戻す算段がない。算段がない以上、東京店からお金を送ってはならない。このことを「貞に利し。損益すること不要。正しい道を守るがよい」と云う。大阪店にお金を送れば損失を出すから「征くは凶。己を減らして六五を増やせば、過不足が生じて歯車が狂う」と云う。たとえ大阪店が立ち行かなくなったとしても、東京店が存続すれば、大阪店の損失を補填しても余りある結果となる。このことを「損せずして之を益す。自ら減らすことなく上を増やすのである」と云う。
 以上のことから「大阪店に送金してはならない」と易斷した。
 その後、果たして易占の通りであった。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の原文の一部。
(占例)明治六年、貴顕某縣ノ縣令ニ任ゼアラレ、來リテ、氣運ヲ占ハンコトヲ請フ、乃チ筮シテ、損ノ第二爻ヲ得タリ、・・・
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の現代語訳。
(占例)明治六年、貴顕某が某縣の県令に任ぜられた。わたしの所にがやって来て、氣運ヲ占ってほしいと頼まれた。そこで、筮したところ損の二爻を得た。
 易斷は次のような判断であった。
 損の卦は、下が損して上を益する時である。今や我が国は維新の功業を成し遂げたので、欧米の文化を取り入れ、万事拡張するために膨大な予算が必要となっている。その時に下(国民)が損して上(政府)を益することはやむを得ないことである。それゆえ、卦辞・彖辞に「損(そん)は孚(まこと)有り。元(げん)吉(きつ)。咎无し。損は下(内)を減らして上(外)を増やす時。真心あれば大いに幸を得る。咎められない。」と云う。そして、貴方の地位を占筮して損の二爻を得た。これを象から観れば、上爻(の天皇陛下)は五爻の政府と陰陽比して、政府の方針を共感すると云う見識を有しておられる。
 爻辞の「貞に利し。征(ゆ)くは凶。剛健備中の九二は柔順備中の六五と正応で過不足ない。それゆえ損益すること不要。正しい道を守るがよい。己を減らして六五を増やせば、過不足が生じて歯車が狂う。」とは、正しい道を守って必要のない事業を興さず、租税の徴収を強制せず、他県と税収を競ったりしない。国民が富有になるまで時を待って、徐々に事業を興すべきである。それゆえ、このことを「貞に利し。征(ゆ)くは凶。」と云い、小象伝に「貞に利しとは、中(ちゆう)以(もつ)て志と為(な)す也。 正しい道を守るがよい。中庸の德を貫くことが九二の志である。」と云うのである。
(易占の結果は書いていない。)