毎日連載! 易経や易占いに関する情報を毎日アップしています。

期間限定「現代語訳(超意訳) 呑象高島嘉右衛門著 増補 高島易斷 上下巻 占例篇」 山沢損 二

損 六三 |・・ ・||

六三。三人行則損一人。一人行則得其友。
□六三。三人行けば、則(すなわ)ち一人を損す。一人行けば、則ち其の友を得(う)。
 初九・九二と行動を共にしてきた「地天泰」乾の上爻が、「地天泰」坤の上爻に上り、坤の上爻が乾の上爻に下ってきた。それゆえ、六三と上九は和合一致する。
象曰、一人行、三則疑也。
□一人行くとは、三なれば則ち疑う也。
 六三は上九と和合一致する。三人(初九・九二・六三と)一緒に進み行けば、疑心暗鬼が生じて和合一致できない。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての原文の一部。
(占)己レノ志強シト雖モ、才弱キガ故ニ、上九ノ才アル人ニ應ジテ、共ニ交孚スルノ時ナリ、又目上ノ人ノ援引ヲ得テ、立身スベシ、又甲家ニ兄弟三人ノ男アリ、・・・
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての現代語訳。
(占)志は強いが、才能が足りない。才能がある上九に応じており、共に心が通じ合う。年配の人から目をかけられて身を立てる。
○男三人の兄弟と女三人の姉妹がいて、長男が長女の家に婿入りし、次女と三女が次男と三男の家に嫁入りする時。
○人と共同事業を行うにあたり、議論紛糾すれば事業は滞る。自分が口火を切れば、相手が応じて速やかに事が成る。
○多くを望めば実現しない。一つに徹すれば実現する。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の原文の一部。
(占例)明治二十五年四月、余北海道炭礦鐵道會社社長ノ命ヲ拜シ、將ニ赴カントス、因テ改正處分ノ如何ヲ占ヒ、筮シテ、損ノ第三爻ヲ得タリ、・・・
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の現代語訳。
(占例)明治二十五年、北海道炭礦鉄道会社の社長に就任した際に、改革と懲罰をどうすればよいかを筮したところ損の三爻を得た。
 易斷は次のような判断であった。
 損は上卦の山は高く、下卦の沢は低い。上下隔絶して相通じない時。下に居る人が兌の口を開いておしゃべりするが、上に居る人は山のように頑固で動かない。上下の意思が疎通しないので、物事は停滞して、様々な弊害が現れ、損失が発生する。社長に就任したわたしは、人員削減を断行しなければならない。
 北海道炭礦鉄道会社が赤字に陥ったのは、社員が役人的な発想に終始してコスト意識が欠如していたことが一つの要因である。だが、このことは、本質的な問題ではない。この会社は、北海道を開拓するために現地に赴いた男気のある役人が、職を辞して創立した。それゆえ、社員の多くは役所を退職した元役人であり、仕事における能力は優れているが、船頭多くして船山に上るという喩えのように、組織として迅速な対応ができない。これが改革を要する理由である。だが今は、下卦兌のわたしが口を開いて説得しても、上卦艮の社員は山のように頑固なので応じない。
 また、会社が損失を出している中で、改革に応じない社員は、役人によく見られる前例踏襲主義なので、まず、組織の改編を行って従来のやり方を抜本的に改め、その後、人員削減に手を付けるしかない。すなわち、山と沢の氣を通じるために、社員の三分の一を解雇して、三人で行っていた仕事を二人で行うようにする。このことを「三人行けば、則ち一人を損す」と云う。
 だが、以上のような改革だけでは、抜本的な解決策にはならない。社員の役人気質を改めて、商人気質を身に付けることは、一朝一夕にできることではない。そこで、商人気質を身に付けている人材を採用することが考えられるが、役人気質と商人気質は相容れないので、犬と猿を同居させることになり、組織内で派閥争いが起きかねない。
気質は心(形而上)の問題だから、一律に対処することはできない。わたしは商家に生まれ、自分なりの道を歩んで身を立て、今、社長の地位にある。わたしに人德があれば、自ずと社員を化育することができるはずである。自分を人德を磨かずして、どうして、社員に求めることができようか。わたしが社長として模範を示すしかない。このことを「一人行けば、則ち其の友を得(う)」と云う。
 わたしは、以上の易斷を心に秘めて、単身北海道に赴任した。
 直ちに改革を断行すべく、最初に役員を三分の一に減らしたところ、それが改革の端緒となり、改革を順調に進めることができたのである。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の原文の一部。
(占例二)明治二十五年、余北海道炭礦會社長タリシ時、石炭賣捌ノ道、不景氣ニシテ、採掘シタル石炭ハ貯蓄場ニ充滿シ、社員大ニ心痛セリ、乃チ筮シテ、損ノ第三爻ヲ得タリ、
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の現代語訳。
(占例2)明治二十五年、わたしが北海道炭礦鉄道会社の社長に就任した時は不景気だったので石炭が売れなかった。採掘した石炭は大量の在庫となって売れ残っており、社員は大変心配していた。
(そこで、会社の運勢を占って)筮したところ、損の三爻を得た。
 易斷は次のような判断であった。
 損は、わたしが兌の口先で石炭を売ろうとすれば、相手は艮の止まる性質で必要ないと断られる時である。わが国は、まだ石炭を採掘してから日が浅いので、その品質は、外国人から信頼されるに至っていない。その上、九州の炭鉱は小山が多く石炭の品質を標準化することができないので、益々信頼されにくい。そこで、外国への輸出は少なく、わが国で採掘した石炭の三分の一は余剰となっている。このことを「三人行けば、則ち一人を損す」と云う。だがやがて、誰かが発憤して石炭の品質を上げ、どんどん輸出できる石炭を採掘できるようになる。そうなれば、石炭の販路が確保されるので、今のように石炭置き場を探すようなこともなくなる。このことを「一人行けば、則ち其の友を得」と云う。
 九州で採掘した石炭が売り捌けて、その後、北海道で採掘した石炭も売り捌けるようになれば、何も心配することがなくなる。そうなれば、今、岩見沢に在庫として貯蔵してある石炭もやがて売り捌けるので何も心配することはない。
 明治二十六年になれば、四爻の時となる。石炭を売り捌く道が開けて、今のような心配はなくなる。それゆえ、四爻の爻辞に「其の疾(やまい)を損す。遄(すみや)かならしむれば喜び有り」と云う。
 明治二十七年になれば、五爻の時となる。石炭はどんどん売り捌けて大いに繁盛し利益を得ることは間違いない。それゆえ、「或(ある)いは之(これ)を益(えき)す。十(じつ)朋(ぽう)の亀(き)も違(たが)ふ克(あた)はず。元吉。六五の天子は、謙譲の心で臣民に接する。沢山の臣民が六五のために力を尽くす。高貴な亀の甲(こう)羅(ら)を用いた占いも、家臣や民の意に沿った結果となる。何事も恙(つつが)無く、大いなる幸を得る」と云う。
 明治二十八年になれば、上爻の時となる。石炭をはじめ商業活動は益々活発となり、全ての国民がその恩沢を賜るようになる。それゆえ、「損せずして之を益す。咎无なし。貞にして吉。往く攸有るに利し。臣を得て家なし。損が窮まり益に変ずる時。上六は下を減らすことなく増やすことを図り、善政を施して下々を益する。下々はこれを歓迎して、誰も上九を咎めない。道を守れば幸を得る。事を進めるがよい。下々は上六を尊崇し、自分の家よりも公を優先する気風が芽生える」と云う。
 明治二十九年になれば、風雷益の初爻となる。この段階で、わが国の石炭を外国に輸出すれば、どんどん売り捌けて、石炭は不足するようになる。そこで、新たな石炭採掘場を探すようになる。それゆえ、「用(もつ)て大(たい)作(さく)を為すに利し。元吉。咎无し。上を減らして下を益する時、初九は大臣六四に抜擢され大事業に取り組む。見事に大事業を成し遂げれば、周(まわ)りから称(しよう)讃(さん)される。咎められるはずがない」と云う。
 明治三十年になれば、風雷益の二爻となる。何一つ不足する物はなく、大きな利益を得る時である。それゆえ、「或(ある)いは之(これ)を益(えき)す。十(じつ)朋(ぽう)の亀(き)も違(たが)ふ克(あた)はず。永貞にして吉。九五を始め、色々な人から益を与えられる果報者。高貴な亀の甲(こう)羅(ら)で占っても六二に益を与える結果となる。幾久しく正しい道を守るが宜しい」と云う。この年(三十年)には、北海道に天皇陛下が行幸される可能性もある。
 明治三十一年になれば、風雷益の三爻となる。この年も利益を得る時であるが、山火事のような大事件が起こる可能性がある。石炭採掘場において、ガス爆発が起こらないように注意すべきである。このような大事件を人の力で回避することはできない。只(ひた)管(すら)神仏にお祈りするしかない。このことを「之を益すに凶事を用(もち)ふ。咎无し。非常時に六三を用いて艱難辛苦を克服すれば、咎を免れることができる」と云う。
 明治三十二年になれば、風雷益の四爻となる。東南の方角に炭脈を得て国の許可を受けて、事業を興す時である。日本は天皇の国であるから「公に告げて従(したが)はる。用(もつ)て依(い)を為(な)し國を遷(うつ)すに利し。天子の命で、國の依る所(國益)を見定め、國の安泰と人民の利益を図って遷(せん)都(と)の大事業に取り組むがよい」と云う。
 明治三十三年になれば、風雷益の五爻となる。天の恩恵により大きな利益を得る時である。それゆえ、「元吉。孚有り我が德を恵(めぐみ)とす。大きな幸を得ること、問うまでもない。下(しも)々(じも)は天子の人德と恩恵に信服する」と云う。「石炭採掘事業は、以上のような推移で、あっという間に、九年間が経過するであろう」と社員を集めて易斷を示した。
 その後は易断の通り、明治二十五年には、大量の石炭を岩見沢に貯蔵することになったが、二十六年の八月からは販路が開けて、大量に貯蔵していた石炭は、目に見えて減少していった。二十七年になると、石炭はどんどん売り捌けて大いに利益を得るようになり、その後も易斷の通りに推移した。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の原文の一部。
(占例三)友人某來リテ、成否ヲ占ハンコトヲ請フ、乃チ筮シテ、損ノ第三爻ヲ得タリ、
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の現代語訳。
(占例3)、ある友人がやって来て、ある事業の成否を占ってほしいと頼まれたので、筮して占ったところ、損の三爻を得た。
 易斷は次のような判断であった。
 損は、山は高く上に聳(そび)え立ち、沢は低く下に沈んでいる。お互いに氣が通じないので、草木は生えない。禽獣も育たない。国家に当て嵌めれば、政府は高い位で驕り高ぶり、庶民の苦労を顧みない。庶民は低い所で卑屈になり国家のことを考えない時。これを、国家の損(失)と云う。人間社会に当て嵌めれば、少女(下卦兌)と少男(上卦艮)が交わらないので子孫が途絶える時である。これを人類の損(失)と云う。
 今回占って三爻が出た。三爻が出れば、三人が共同して事業を為し遂げようとする。
しかし、それぞれ意見が異なるので共同歩調がとれない。それゆえ、貴方は他人の力を当てにせず、独力で事業を為し遂げようとする気概が必要である。独力で事業を遂行して行けば、やがて朋友を得て、事業を成し遂げることができる。このことを「三人行けば、則ち一人を損す。一人行けば、則ち其の友を得(う)」と云う。
 発憤して独力で突き進むべしと易断した。
(易占の結果は書いてない。)

損 六四 |・・ ・||

六四。損其疾。使遄有喜。无咎。
□六四。其の疾(やまい)を損す。遄(すみや)かならしむれば喜び有り。咎无し。
 柔順正位の六四は、陰爻陰位で上下も陰爻ゆえ、陰に過ぎる病気を患っている。幸い初九と応じており、初九は自分の仕事を抛(なげう)って六四の下に馳せ参ずる。初九が自らを減らして六四の病気は癒される。初九が「遄(すみや)かに」と願って、六四が「遄(すみや)かに」応じれば、喜びが得られる。誰からも咎められない。
象曰、損其疾、亦可喜也。
□其の疾(やまい)を損すとは、亦(また)、喜ぶ可(べ)き也。
 初九が自らを減らして六四を益して病気が癒される。何と喜ばしいことではないか。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての原文の一部。
(占)我身ニ患難ノ起ルアルモ、目下ノ朋友來リテ我情ヲ推察シ、之ヲ救フノ時トス、又我レニ急病ノ發ルコトアリ、而シテ醫來ルコト遅ケレバ、爲ニ死ニ至ラントス、・・・
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての現代語訳。
(占)わが身に艱難が降りかかるが、年下の朋友がやって来て、わが気持ちを察し、艱難から救い出してくれる時。
○急病にかかることがある。病院に行くのが遅れれば、死に至る危険もある。事前によい病院を探しておくことが必要である。
○心が不善なのは、心が病んでいるのと同じである。心を磨いて善き心を育むために、善き先生に親しむべき時である。
○部下(自分より下の者)に依頼して、支援してもらう時である。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の原文の一部。
(占例)工部省書記官杉實信氏ハ、品川ニ居宅アリテ、予ノ親友ナリ、明治十五年二月某日、拂曉ニ、昨夜ヨリ急病ナリトノ電報アリ、余驚キ之ヲ筮シテ、損ノ第四爻ヲ得タリ、
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の現代語訳。
(占例)ある省の書記官をしている杉氏は、わたしの親友である。
 明治十五年二月の早朝、杉氏が急病で昨夜から様態が急変したという電報があり、心配のあまり、筮して占ったところ、損の四爻を得た。
 易斷は次のような判断であった。
 杉氏の病気は、かなり重症だが、名医を見付けて速やかに治療すれば、速やかに治る。しかし、医者にかかるのが遅くなれば、名医であっても治すことはできない。
それゆえ、爻辞に「其の疾(やまい)を損す。遄(すみや)かならしむれば喜び有り。咎无し柔順正位の六四は、陰爻陰位で上下も陰爻ゆえ、陰に過ぎる病気を患っている。幸い初九と応じており、初九は自分の仕事を抛(なげう)って六四の下に馳せ参ずる。初九が自らを減らして六四の病気は癒される。初九が「遄(すみや)かに」と願って、六四が「遄(すみや)かに」応じれば、喜びが得られる。誰からも咎められない」とある。
 ところが、不幸なことに、その夜は大雪が降って道に積もり、馬車の往来もできない状況となり、翌日になると、風雪が激しくなって通行することすら困難になってしまった。
わたしは何とか杉氏の居宅に辿り着いたが、医者は到着が大幅に遅れて終に間に合わず、杉氏はその日のうちに亡くなってしまった。
 本来であれば、治るはずの病気が大雪に阻害されるとは、何と不幸なことであろうか。西洋の諺(ことわざ)に、「住居の場所を選ぶ時には名医の居る病院の近くを選ぶべきだ」とあるが、まったくその通りである。

損 六五 |・・ ・||

六五。或益之。十朋之龜弗克違。元吉。
□六五。或(ある)いは之を益す。十(じつ)朋(ぽう)の亀(き)も違(tが)ふ克(あた)はず。元吉。
 六五の天子は、謙譲(けんじょう)の心で臣民に接する。沢山の臣民が六五のために力を尽くす。高貴な亀の甲(こう)羅(ら)を用いた占いも、家臣や民の意に沿った結果となる。
 何事も恙(つつが)無く、大いなる幸を得る。
象曰、六五元吉、自上祐也。
□六五の元吉は、上(かみ)より祐(たす)くる也。
 何事も恙(つつが)無く、大いなる幸を得る。天も六五を祐(たす)けるのである。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての原文の一部。
(占)此爻、神ノ祐ケアル者トス、人和ヲ得テ益ヲ受クベシ、良民多ク、賢明ノ臣並ビ出デテ國家吉祥ノ時トス、又天命ヲ承ルノ卜者世ニ出デ、未來ノ吉凶ヲ・・・
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての現代語訳。
(占)神仏のご加護がある時。人々と和合するから利益を得られる。善き国民と賢い部下に恵まれて、国家に吉運を招き寄せる。
○天命を授かった予言者が出現して、その組織や社会(国家)の未来の姿を予言する。
○金や銀を採掘する鉱山から沢山の金や銀が採掘される時である。
○思いがけない助けがあって大吉を招き寄せる時である。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の原文の一部。
(占例)東京ノ豪商某家ノ伴當某(中略)僕今ヨリ身ヲ他ノ某會社ヘ轉ジ、其手代等ニモ相當ノ職ヲ授ケント欲ス、請フ其可否ヲ筮セヨト因テ策ヲチョウシテ、損ノ第五爻ヲ得タリ、
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の現代語訳。
(占例)東京の大商店の番頭がやって来て、次のように言った。
「わたしは本店から命じられて大蔵省を担当しており、数百人の部下を率いて仕事を任されている。ところが大蔵省の組織改正によって、来年にはその仕事がなくなってしまう。このままでは数百人の部下が失業してしまうので、部下を引き連れて、ある大会社に転職しようと思っているが、その可否を占ってほしい」。
 そこで、筮したところ損の五爻を得た。
 易斷は次のような判断であった。
 この爻は陽位で中庸の德を具えている。それゆえ「中正」と云う。「中正」とは、偏りがなく正しいことを貫くという意味であり、今の大商店を辞めて、他の大会社に転職してはならない時である。このことを「或(ある)いは之を益す。十(じつ)朋(ぽう)の亀(き)も違(tが)ふ克(あた)はず。六五の天子は、謙譲の心で臣民に接する。沢山の臣民が六五のために力を尽くす。高貴な亀の甲(こう)羅(ら)を用いた占いも、家臣や民の意に沿った結果となる」と云う。
 従来の位置に止まって動かなければ、将来は予測もしなかった幸運を招き寄せる。今の仕事がなくなっても、今貴方が担当している仕事は、全国で必要とされているので、仕事の名称は変わっても、仕事そのものは増えていく。しかも、来年は上爻の時が到来する。
 上爻には「損せずして之を益す。咎无し。貞にして吉。往く攸有るに利し。臣を得て家なし。損が窮まり益に変ずる時。上六は下を減らすことなく増やすことを図り、善政を施して下々を益する。下々はこれを歓迎して、誰も上九を咎めない。道を守れば幸を得る。事を進めるがよい。下々は上六を尊崇し、自分の家よりも公を優先する気風が芽生える」とある。
 貴方の部下は貴方が努力している姿を見て、貴方を信頼しているので、貴方の命令には喜んで従う。貴方のように部下に信頼されていれば、何をやっても吉運を招き寄せる。
したがって、今の大商店を辞めて、大会社に転職してはならない。
 大商店の番頭は大変喜んで、この易斷に従った。
 その後、果たして易斷の通りになったのである。

損 上九 |・・ ・||

上九。弗損益之。无咎。貞吉。利有攸往。得臣无家。
□上九。損せずして之を益す。咎无し。貞にして吉。往く攸有るに利し。臣を得て家无し。
 損が窮まり益に変ずる時。上六は下を減らすことなく増やすことを図り、善政を施して下々を益する。下々はこれを歓迎して、誰も上九を咎めない。
 道を守れば幸を得る。事を進めるがよい。下々は上六を尊崇し、自分の家よりも公を優先する気風が芽生える。
象曰、弗損益之、大得志也。
□損せずして之を益すとは、大いに志を得る也。
 善政を施して下々を益する。人の上に立つ者として、志を成し遂げるのである。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての原文の一部。
(占)此爻、才德ヲ併セ有スル者、他人ヲ損セズシテ己レヲ益シ、之ヲ君ニ致シ、爲メニ衆望ヲ得ルナリ、又運氣愈々盛大ニ向フノ時トス、・・・
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての現代語訳。
(占)この爻は、才能と人德を併せ持った人物である。相手に損失を与えることなく、利益を得て、社会や国家のために尽くすから、多くの人々から尊崇される。
○運氣がいよいよ盛大になる。
○大勢の人々から信頼が寄せられる(人望を得る)。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の原文の一部。
(占例)明治九年、余ノ知ル所ノ長崎ノ商人大浦阿啓、神代某ナル者來リ、(中略)之ニ拜借ノ儘譲リ渡サンカ、乞フ可否ノ如ヲ筮セヨト、乃チ筮シテ、損ノ上爻ヲ得タリ、・・・
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の現代語訳。
(占例)明治九年、知り合い(長崎の商人)がやって来て、国の機関から委託されて横浜製鉄所で船舶の修理を行ってきたが、採算が取れずに大きな損失を出している。そこで委託契約を解消すべきか、あるいは、又貸しすべきかを占ってほしいと頼まれた。
 そこで、筮したところ損の上爻を得た。
 易斷は次のような判断であった。
 この爻は損の極点に在るから、これ以上損失することはなく、これからは利益を得る時である。それゆえ、これまで大きな損害を出したことは棚上げして、委託事業を続ければ必ず大きな利益が得られると易断した。このことを「損せずして之を益す。咎无し。貞にして吉。往く攸有るに利し。上六は下を減らすことなく増やすことを図り、善政を施して下々を益する。下々はこれを歓迎して、誰も咎めない。道を守れば幸を得る。事を進めるがよい」と云う。
 知り合いは易斷を信じて、事業を持続した。翌明治十年には西南事件(事変・戦争)が起こり、船舶の修理が殺到して、大きな利益を得た。