毎日連載! 易経や易占いに関する情報を毎日アップしています。

期間限定「現代語訳(超意訳) 呑象高島嘉右衛門著 増補 高島易斷 上下巻 占例篇」 風雷益 一

四二 風雷益 ||・ ・・|

益、利有攸往。利渉大川。
□益は、往(ゆ)く攸(ところ)有るに利し。大(たい)川(せん)を渉(わた)るに利し。
 益は上を減らして下を益する時。前進するがよい。冒険することも大切である。
彖曰、益、損上益下、民説无疆。自上下下、其道大光。利有攸往、中正有慶。利渉大川、木道乃行。益動而巽、日進无疆。天施地生、其益无方。凡益之道、與時偕行。
□益は上を損して下を益し、民(たみ)説(よろこ)ぶこと疆(かぎり)无し。上より下に下り、其の道大いに光る。往く攸有るに利しとは、中正にして慶(よろこび)び有るなり。大川を渉るに利しとは、木(もく)道(どう)乃(すなわ)ち行(おこな)はるるなり。益は動きて巽(したが)ひ、日に進むこと疆(かぎり)无し。天施(ほどこ)し地生じ、其の益方(ほう)无し。凡(およ)そ益の道は、時と偕(とも)に行(おこな)はる。
 益は上を減らして下を益する時、民が喜ぶこと限りない。上の者が下の者に謙譲の心で接し、君德が遍(あまね)く行き渡る(聖賢の道が光り輝く)。前進するがよい。九五の君主と六二の賢臣が位正しく、中庸の德を発揮して善政を行い、臣民は喜びに満ち溢れている。
 冒険することも大切である。上下一体となり堅(けん)固(ご)な戦艦のように力が満ち溢れている。益の時は震が雷のように動き、巽が風のように順う。雷が風を起こし、風が雷を轟(とどろ)かすように、日々発展すること限りない。天が元氣を施し、地が萬物を生じて、限りなく生成発展する。益の道は、時に応じて行われるのである。
象曰、風雷益。君子以見善則遷、有過則改。
□風(ふう)雷(らい)は益なり。君子以(もつ)て善を見れば則(すなわ)ち遷(かえ)り、過(あやまち)有れば則(すなわ)ち改(あらた)む。
 上卦巽(風)と下卦震(雷)から成るのが益の形。上を減らして下を益する時。君子は、人の善いところを見ては速やかに学び、自分に過ちがあれば速やかに改める。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての原文の一部。
(占)盛運ニ乘ズルノ時トス、勉強シテ事ニ從フトキハ、終身ノ幸福ヲ得ベシ、故ニ氣ヲ緩ニスベカラズ、須ラク時是金ナルコトヲ知ルベシ、・・・
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての現代語訳。
(占)盛運に乗って行ける時である。よく勉強して時の流れに従えば、最初から最後まで幸運を招き寄せる。
○盛運の時だが、気を緩めてはならない。全力を尽くすからこそ幸運を招き寄せることを、よく認識すべきである。
○自分が動いて成し遂げようとすれば、相手は従って共に助け合って事を成し遂げようとする時である。
○応対すると、話がまとまる時である。
○人と共同して企画する事業が、大いに利益を得る。
○どんどん増える時、利益を得る時、上り進む時。
○家業が繁盛する時。
○人に助けられる(人の支援を得る)時。
○人より恵まれている(運がよい)時。
○貴方が志願することによって、他の人が利益を得る。
○結婚には大吉の時。
○物価は、最初は高く、その後低くなる。

益 初九 ||・ ・・|

初九。利用爲大作。元吉。无咎。
□初九。用(もつ)て大(たい)作(さく)を為(な)すに利し。元吉。咎(とが)无(な)し。
 上を減らして下を益する時、初九は大臣六四に抜擢され大事業に取り組む。見事に大事業を成し遂げれば、周(まわ)りから称(しよう)讃(さん)される。咎められるはずがない。
象曰、元吉无咎、下不厚事也。
○元吉、咎无しとは、下(した)、事(こと)を厚くせざる也。
 周りから称讃され、咎められない。本来、位の低い者が大事業に取り組むべきではないが、抜擢され大事業を成し遂げたので、誰も咎められないのだ。
 失敗すれば、六四も初九も共に責任を追及される…。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての原文の一部。
(占)土地開墾ノ事業ヲ企テ、大ニ功ヲ奏スルヲ得ベシ、又商業ニテモ、工業ニテモ、大利益ヲ受ルノ時トス、然レドモ大利益ヲ得ルトキハ、必ズ衆人ノ嫉ミヲ・・・
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての現代語訳。
(占)土地を開墾する事業を企画して、大いに成功する時である。
○商業でも工業でも大きな利益を得られる時である。
○大きな利益を得るので、人から嫉妬されないように、人と接する時には謙譲の心を忘れずに、衣食住は質素にしなければならない。
○大事業に取り組むには絶好の時である。
○力(ちから)業(わざ)で事を成し遂げられる時である。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の原文の一部。
(占例)明治二十四年ノ豐凶ヲ占ヒ、筮シテ、益ノ初爻ヲ得タリ、・・・
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の現代語訳。
(占例)明治二十四年、(お米や農産物が)豊作か凶作かを占って、筮したところ益の初爻を得た。
 易斷は次のような判断であった。
 益は下卦に雷のエネルギー(氣)が発し、上卦の風が流通する。天地は風と雷の鼓動によって、万物が生育するので益と名付けた。これを国家に当て嵌めれば、上卦の風は政府、下卦の雷は人民である。風は上下通じ合い、雷は活発に動く。すなわち、政府は人民の事情に通じており民意に従って政治を行う。それゆえ人民の支持を得ている。人民は政府の方針をよく理解しているから、苦労を厭わず仕事に務め、お国のために貢献する。
 今回、今年が豊作か凶作かを占って、この卦爻が出た。風と雷の助けによって、天から幸運を招き寄せるという易斷である。すなわち、農産物(五穀)は全て豊作である。爻辞に「用(もつ)て大(たい)作(さく)を為(な)すに利し。元吉。咎(とが)无(な)し。上を減らして下を益する時、初九は大臣六四に抜擢され大事業に取り組む。見事に大事業を成し遂げる」とある。天から幸運を招き寄せるためには、よく田畑を耕して、十分に肥料を施し、農作物の生育を促して、実りの秋を迎えなさい、と云うことである。それゆえ、「元吉。咎无し。周(まわ)りから称讃される。咎められるはずがない」と云う。
 しかし、これから毎年豊作が続くわけではない。凶作の年も必ず来る。だから、天から幸運を招き寄せて豊作となった時には、贅沢をせずに節約を心がけ、凶作に備えて蓄えておくべきである。このようにして遠くを慮(おもんぱか)れば、凶作の時が到来しても、家族が離散するような惨状にはならない。今年の豊作に安心して、怠慢にならないように、よくよく注意すべきだと易断した。このことを小象伝に「下(した)、事(こと)を厚くせざる也。失敗すれば、六四も初九も共に責任を追及される…」と云う。
(易占の結果は書いてない。)

益 六二 ||・ ・・|

六二。或益之。十朋之龜弗克違。永貞吉。王用享于帝。吉。
□六二。或(あるい)は之(これ)を益す。十朋(じつぽう)の亀(き)も違(たが)う克(あた)はず。永(えい)貞(てい)にして吉。王用(もつ)て帝に享(とお)す。吉。
 九五を始め、色々な人から益を与えられる果報者。高貴な亀の甲(こう)羅(ら)で占っても六二に益を与える結果となる。幾久しく正しい道を守るが宜しい。九五は六二を用いて天の神様をお祀(まつ)りし、神様はこれをお受けになって、幸を得る。
象曰、或益之、自外來也。
□或(あるい)は之(これ)を益すとは、外より来(く)る也。
 六二が柔順中正なので、周りの人々が喜んで益を与えるのである。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての原文の一部。
(占)同ジク下ニ在ルノ人ナリト雖モ、篤實ニシテ利慾ニ迷ハズ、色情ニ溺レズ、德ヲ積ミ、天ヲ敬スル者トス、又専ラ、公利公益ヲ圖リ、人天ノ感應ヲ得テ、・・・
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての現代語訳。
(占)社会の下層に居るが、篤実で欲がなく、人德を積み上げ、天を尊崇している人物である。いつも世のため人のために尽くすので、多くの人々から信頼されて、思いがけない幸運を招き寄せる。
○その非凡な才能を発揮して、国家に貢献する時である。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の原文の一部。
(占例)友人某來リテ、或ル大家ノ家政ヲ占ハンコトヲ請フ、乃チ筮シテ、益ノ第二爻ヲ得タリ、・・・
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の現代語訳。
(占例)ある友人がやって来て、ある著名な家の家政を占ってほしいと頼まれたので、筮したところ益の二爻を得た。
 易斷は次のような判断であった。
 益の上卦風と下卦雷は万物を鼓舞して生育する。造化の作用である。これを国家に当て嵌めれば、上卦の政府が驕り高ぶることなく、人民を思いやって減税すれば国運盛んとなる時である。上層の人々一万人が倹約すれば、下層の人々四千万人は、その恩沢を賜って感謝の気持ちを抱き、農業・工業・商業あらゆる産業が盛んになって、国民は豊かになり安心して生活できるようになる。上層の人が一人善き德を積めば、その恩沢が四千万人に及ぶ。上を減じて下を益するのである。
 今回占って二爻が出た。二爻の人民は中正の德を具えている。上層の政府は人民の事情を察して、複雑で不必要な法律を廃止する。人民が喜んで勤労に励めるようにする。これが上卦風の性質である。下層の人民は政府の計(はか)らいに感謝して、益々勤労に努める。これが下卦雷の性質である。以上のような社会のあり方は、人の道に適っており思いやりに溢れている。このような社会の姿は、天の道にも適っている。このことを「或(あるい)は之(これ)を益す。十朋(じつぽう)の亀(き)も違(たが)う克(あた)はず。色々な人から益を与えられる果報者。高貴な亀の甲(こう)羅(ら)で占っても六二に益を与える結果となる」と云う。
 下層の人々を大切にするから、人民は益々勤労となって、社会も益々豊かになる。政府はこのような政治を心がけるべきである。それゆえ「永(えい)貞(てい)にして吉。幾久しく正しい道を守るが宜しい」と云う。政府が思いやりの心で人民に接する。人民を益するのみならず、国家も益する。政府の至誠の志と万民の勤労の働きで、伊勢神宮をはじめとして八百万の神々をお祭りすれば、国家に幸運を招き寄せる。このことを「王用(もつ)て帝に享(とお)す。吉。九五は六二を用いて天の神様をお祀(まつ)りし、神様はこれをお受けになって、幸を得る」と云う。
 以上のような政治を行えば、人々は神さまを尊崇して、二爻の至誠の志が社会全体に及ぶ。何と敬服すべきことであろうか。
 以上は国家に当て嵌めた場合だが、一つの家に当て嵌めても同じ内容である。主人や親族・番頭に至るまで家を治める立場の人が倹約に努めて子どもたちやお手伝いさんを大切にする。上の立場の人々が下の立場の人々に恩沢を施せば、神仏のご加護を賜るのである。
このことを「或(あるい)は之(これ)を益す。十朋(じつぽう)の亀(き)も違(たが)う克(あた)はず。色々な人から益を与えられる果報者。高貴な亀の甲(こう)羅(ら)で占っても六二に益を与える結果となる」と云う。
 だが、いくら上の立場の人々が下の立場の人々を思いやっても、下の立場の人々がそれを逆手にとって仕事を怠れば、家運は傾いていく。上の立場の人々が、勇気を奮って善き德を積み上げ、下の立場の人々を思いやれば、善き德が子孫に引き継がれて、神仏のご加護を賜るようになる。このことを「王用(もつ)て帝に享(とお)す。吉。九五は六二を用いて天の神様をお祀(まつ)りし、神様はこれをお受けになって、幸を得る」と云う。
(易占の結果は書いてない。)