易経の十翼と云われる文章の中から、易経の奥深さを書き表した繋辞伝について読み解いて参ります。まずは繋辞上伝から。

易経 繋辞上伝を読み解く 第十二章 三

易経 繋辞上伝を読み解く

 聖人と称される伏羲は、陽と陰が交わって八卦や六十四卦に発展していく原理を発見して、天地人の道が幽玄で奥深いことを観察した。そして、天地人の道が幽玄で奥深いこ…

易経 繋辞上伝を読み解く 第十二章 二

易経 繋辞上伝を読み解く

乾坤其易之縕耶。乾坤成列。而易立乎其中矣。乾坤毀則无以見易。易不可見。則乾坤或幾乎息矣。○乾坤は其れ易の縕(うん)か。乾坤、列を成して、易、其中に立つ。乾坤毀…

易経 繋辞上伝を読み解く 第十二章 一

易経 繋辞上伝を読み解く

易曰。自天祐之。吉无不利。子曰。祐者助也。天之所助者順也。人之所助者信也。履信思乎順。又以尚賢也。是以自天祐之。吉无不利也。○易に曰く、天より之を祐(たす)く…

易経 繋辞上伝を読み解く 第十一章 三

易経 繋辞上伝を読み解く

是故。易有太極。是生兩儀。兩儀生四象。四象生八卦。八卦定吉凶。吉凶生大業。○是(こ)の故に、易に太極有り、是れ兩(りよう)儀(ぎ)を生ず。兩儀、四(し)象(し…

易経 繋辞上伝を読み解く 第十一章 二

易経 繋辞上伝を読み解く

是以明于天之道。而察于民之故。是興神物。以前民用。聖人以此斎戒。以神明其徳夫。○是(ここ)を以て、天の道に明らかにして、民の故(こと)に察(あきら)かなり。是…

易経 繋辞上伝を読み解く 第十一章

易経 繋辞上伝を読み解く

子曰。夫易。何爲者也。夫易。開物成務。冒天下之道。如斯而已者也。是故聖人以通天下之志。以定天下之業。以斷天下之疑。〇子曰く、夫れ易は、何(なん)爲(す)る者ぞ…

易経 繋辞上伝を読み解く 第十章

易経 繋辞上伝を読み解く

易有聖人之道四焉。以言者尚其辭。以動者尚其變。以制器者尚其象。以卜筮者尚其占。〇易に聖人の道四つ有り。以て言ふ者は其(その)辭(じ)を尚(たつと)び、以て動く…

易経 繋辞上伝を読み解く 第九章

易経 繋辞上伝を読み解く

天一地二。天三地四。天五地六。天七地八。天九地十。〇天は一、地に二、天は三、地は四、天は五、地は六、天は七、地は八、天は九、地は十。 占いに用いる数の概念は天…

易経 繋辞上伝を読み解く 第八章 五

易経 繋辞上伝を読み解く

【雷水解三爻】子曰。作易者其知盗乎。易曰。負且乘。致寇至。負也者。小人之事也。乘也者。君子之器也。小人而乘君子之器。盗思奪之矣。上慢下暴。盗思伐之矣。慢藏誨盗…

易経 繋辞上伝を読み解く 第八章 四

易経 繋辞上伝を読み解く

【地山謙三爻】勞謙。君子有終。吉。子曰。勞而不伐。有功而不徳。厚之至也。語以其功下人者也。徳言盛。禮言恭。謙也者。致其恭以存其位者也。〇勞(ろう)謙(けん)す…