上巻(神様の物語)、中巻(神様と天皇の物語)、下巻(天皇の物語)から成る古事記の上巻を独自の解釈(超釈)で読み解いてみました。

海神の宮訪問 二

古事記を読み解く

〇通釈(超釈はない) 以上のような経緯で、弟の山幸彦が兄の釣り針をなくしてしまったことを心から反省して、海辺で泣き憂えていた時に、海の潮の流れを司る塩(しお)…

海神の宮訪問 一

古事記を読み解く

【書き下し文】是(ここ)に其(そ)の弟(おと)、泣き患(うれ)えて海(うみ)邊(べ)に居(お)りし時に、鹽(しほ)椎(つち)の神、來(き)たりて問いて曰(い)…

海幸彦と山幸彦

古事記を読み解く

【書き下し文】故(かれ)、火(ほ)照(でり)の命(みこと)は海(うみ)佐(さ)知(ち)毘(び)古(こ)【此の四字は音】と爲(し)て、鰭(はた)の廣(ひろ)物(…

木花之佐久夜毘賣 その二

古事記を読み解く

〇通釈(超釈はない) ある日、邇(に)邇(に)藝(ぎ)の命(みこと)は笠沙の岬で美しい女性に出逢い、一目で恋に落ちた。そこで、邇(に)邇(に)藝(ぎ)の命(み…

木花之佐久夜毘賣 その一

古事記を読み解く

【書き下し文】是(ここ)に天津日高日子番能邇邇藝能(あまつひたかひこほのににぎの)命(みこと)、笠紗(かささ)の御前(みさき)に麗(うるわ)しき美人(をとめ)…

猿女の君

古事記を読み解く

【書き下し文】故(かれ)、爾(しか)くして天宇受賣(あめのうずめ)の命(みこと)に、「此(こ)の御前(みさき)に立ちて仕(つか)え奉(まつ)りし猿田毘古(さる…