毎日連載! 易経や易占いに関する情報を毎日アップしています。

期間限定「現代語訳(超意訳) 呑象高島嘉右衛門著 増補 高島易斷 上下巻 占例篇」 風雷益 二

益 六三 ||・ ・・|

六三、益之用凶事。无咎。有孚中行。告公用圭。
□六三、之(これ)を益すに凶(きよう)事(じ)を用(もち)ふ。咎无し。孚有り中(ちゆう)行(こう)有り。公に告(つ)ぐるに圭(けい)を用(もち)ふ。
 六三は柔順不正で下卦震(雷動)の極点に居るので通常は益することは難しいが、非常時に六三を用いて艱難辛苦を克服すれば、咎を免れることができる。
 六三は至誠の心と中庸の德で事に中る。至誠の心が君主に伝わり、神を祭る五角形の玉を献上するように信頼される。
象曰、益用凶事、固有之也。
□益すに凶(きよう)事(じ)を用(もち)うるは、固(もと)より之(これ)を有する也。
 艱難辛苦の非常時に六三を用いる。元々六三が確乎不抜の志を抱いているからである。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての原文の一部。
(占)大利ヲ獲テ富ヲ致サンコトニ熱心シ、爲ニ艱難ニ陥ルノ時トス、然レドモ其艱難タルヤ、其心ヲ磨キ、其志ヲ固メ、異日開運ノ資ト爲ルベキ者ナルヲ以テ・・・
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての現代語訳。
(占)大きな利益を得て富を築き上げることに熱心なあまり、艱難に陥る時である。後日、開運を招き寄せる人物ゆえ、落胆せずに、心を磨いて、確乎不抜の志を抱き、正しい道を歩むべきである。
○動く性質の極点に居る。艱難や非常事態に遭遇する時である。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の原文の一部。
(占例)友人某來リテ、氣運ヲ占ハンコトヲ請フ、乃チ筮シテ、益ノ第三爻ヲ得タリ、
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の現代語訳。
(占例)ある友人がやって来て、氣運を占ってほしいと頼まれた。そこで、筮したところ益の三爻を得た。
 易斷は次のような判断であった。
 益は風雷が造化を補佐して万物が生育する時である。これを人間に当て嵌めれば、勉強に励み勤労に努め、氣運に乗って、他人を助け、結果的に利益を受け取る時である。
 今回占って三爻が出た。三爻は、利益を受け取ることを喜ぶあまり、妄進して利益を貪(むさぼ)り取ろうとする人物である。三爻は不中正で、利益を貪り取ろうとして妄進する。いつも、邪心を抱き、利益を得るためには、親族や朋友であっても、容赦なく接する。他人の場合は尚(なお)更(さら)である。お金に困った人を見れば、すっと近付いて行き、とんでもない高利でお金を貸し付ける。返済が遅れれば、滞納金を要求し、悪質な取り立てを行い、終には裁判沙汰にして、相手の資産を搾り取る。そのため、相手の家族は離散して不幸のどん底に沈む。
お金を借りた当人が破産するだけでなく、残された家族は親類に頼るしかなく、とても苦しい状況に置かれる。高齢者の場合には、病気にかかっても医者にも行けない状況に陥り、子どもの場合には、学校にも行けない状況に陥る。妻は自分の子どもを手放して他人の乳母となる。何ともやるせない話である。
 このような状況に陥ったのは、欲に目が眩んだからである。このことを「之(これ)を益すに凶(きよう)事(じ)を用(もち)ふ」と云う。それゆえ、利益を貪り取れば取るほど、周りの人々の怨みも貯まり、その怨みは子孫にまで及ぶ。貴方が、このような状況にまで陥るとは思えないが、利益を得ることに執着すれば、このような状況に陥る。逆に貴方が己の邪心を捨てて、天下国家を救済する志を抱けば、貧者を救うためにアメリカ大陸に移民のための会社を設立して、貧者に職を与え、政府からお褒めの言葉を賜る。このことを「孚有り中(ちゆう)行(こう)有り。公に告(つ)ぐるに圭(けい)を用(もち)ふ。六三は至誠の心と中庸の德で事に中る。至誠の心が君主に伝わり、神を祭る五角形の玉を献上するように信頼される」と云う。
 全ては貴方次第(利益を得ることにに執着するか、天下国家を救済する志を抱くか)であると易断した。(易占の結果は書いてない。)

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の原文の一部。
(占例二)明治二十五年四月、余ハ北海道炭礦鐵道會社長ニ就任シ、雪中鐵道礦山ヲ巡回シ、寒氣ニ冒サレタルガ爲ニ、感冒ニ罹リ、札幌ノ旅店ニ止宿シ、其夜同所病院暢獨逸人某及副院長某ノ診察ヲ受ク、發熱四十度ヲ超エタリ、翌朝ヲ待チテ入院センコトヲ約ス、適々一筮シテ、益ノ第三爻ヲ得タリ、・・・
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の現代語訳。
(占例2)明治二十五年四月、わたしは北海道炭礦鉄道会社の社長に就任した。さっそく雪の中、鉱山を巡回したが、寒さのためインフルエンザに罹ってしまい、その夜、札幌にある病院の院長と副院長の診察を受けた。発熱は四十度を超えていたので、その日は旅館に泊まり、翌朝から札幌の病院に入院することとなった。
 そこで、病気の治り具合を占い筮したところ益の三爻を得た。
 易斷は次のような判断であった。
 益は何事も増えて益する時である。病気においても同じ(すなわち、病気は悪化するの)である。それだけでなく、「之(これ)を益すに凶(きよう)事(じ)を用(もち)ふ」とあるように、思ってもいなかった凶運を招き寄せることがある。
 それゆえ、インフルエンザは直ぐには治らない。だが、翌日は四爻に当たり、「用(もつ)て依(い)を為(な)し國を遷(うつ)すに利(よろ)し」とあるので、場所を移動すれば治る。そこで、直ちに副院長を呼んで、以上の易断を理由に場所を移りたい。移らなければ病気は必ず悪化すると伝えて、移動する期間の薬を出してほしいと頼んだ。すると院長は驚いて、移動することを止めたが、わたしは承知せず、直ぐに旅館を出て、翌朝には小樽に至り、小樽から汽船に乗って函館に辿り着いた。すると、札幌の本社から電報があり、昨夜、札幌市内で大火事があり、わたしが宿泊していた旅館は全焼したと云う。わたしは、この電報を読んで「用(もつ)て依(い)を為(な)し國を遷(うつ)すに利(よろ)し」の爻辞に感謝したのである。
 北海道の新聞は、わたしの行動を見て、わたしが大火事を予測して、札幌を去ったのだと報道した。わたしの易断は、凶運を招き寄せることは予測したが、大火事を予測したわけではない。しかし、この経験から、その後風雷益の三爻が出ると、大火事が起こることを想定するようになった。易の爻辞は、シンプルだがあらゆる変化に通じている。わたしの易断が百占百中なのは、長年の研究の成果である。
 孔子もまた「我に数年加えて五十を以て(四十代半ばで)易を学べば大過無かるべし」と云っている。人間四十代半ばに到達すれば、酸いも甘いも経験する。その経験を易で学んだ原理原則に当て嵌めれば、将来を予測することができるようになる。しかし、人生経験の乏しい人がいくら易を学んでも、自分の経験を易で学んだ原理原則に当て嵌めることができないから、将来を予測することは難しい。
 易を学んで、何度も易断を重ねると、天命を確信できるようになる。論語に「学んで時に之(これ)を習う。亦(また)、説(よろ)こばしからずや」とあるが、習うという字をよくよく味わうべきである。天命を知れば、心が天と交わることの尊さがわかる。ここに至れば、大学(立派な人間になるために学ぶこと)の道は明德を明らかにすることであることを実感するのである。

益 六四 ||・ ・・|

六四。中行告公從。利用爲依遷國。
□六四。中(ちゆう)行(こう)ありて公に告げて従(したが)はる。用(もつ)て依(い)を為(な)し國を遷(うつ)すに利(よろ)し。
 天子の右腕として信頼されて、初九に感謝されている。中庸の道に則(のつと)って下を益する意見を天子に申し上げれば、天子は六四の忠言に従う。天子の命で、國の依る所(國益)を見定め、國の安泰と人民の利益を図って遷(せん)都(と)の大事業に取り組むがよい。
象曰、告公從、以益志也。
□公に告げて従(したが)はるるは、益の志を以(もつ)て也。
 天子は六四の忠言に従う。六四は己を減らして国の安泰と人民の利益のために尽くそうとする崇高な志を持っているのである。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての原文の一部。
(占)人君ノ信用ヲ得テ、國益ヲ圖リ、其計畫スル所時勢ニ合ヒ、民情ニ適シ、實功ヲ奏スルノ時トス、又目上ノ人ト其目的ヲ同ジクス、若シ大事ヲ委托セラレナバ、・・・
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての現代語訳。
(占)トップに信用され、国益に資する事業を計画する。その事業は時勢に適合し、組織の人々から支持されて大成功する。
○年上の人(上司)と目的を同じくする。もし大事業を委託されたら、素直にかつ善き心で事業を行えば成功する。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の原文の一部。
(占例)友人某來リテ、某貴顕ノ運氣ヲ占ハンコトヲ請フ、乃チ筮シテ、益ノ第四爻ヲ得タリ、・・・
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の現代語訳。
(占例)友人がやって来て、ある貴人の運氣を占ってほしいと頼まれたので、筮したところ益の四爻を得た。
 易斷は次のような判断であった。
 益は上が損して下を益する時である。上の政府は風の性質を有する。風は流れに従ってどこにでも入り込むように、民意にスッと入り込むので、人民は厳しい法律や規則に苦しむことなく、それぞれの持ち場で喜んで勤労に励む。人民は、政府のやり方を喜んで受け容れて、喜んで働くから利益を得る。すると人民は、益々働くようになるから、国中が豊かになる。だから、この卦を益と云う。
 今回、ある貴人の運氣を占って四爻が出た。四爻は上位の人に信頼される時である。すぐ上の五爻の王さまに信任され、人民のための政治を行うように命じられる。わたしの推察では、その貴人は天皇陛下のために、北海道に離宮を造営して、陛下が避暑のために行幸するように上申する。すると、陛下はそれを聞き入れてくれる。
 北海道は内地の人民が職を求めて移住するのに適している土地であることを政府はよく知っている。だから、維新以来開拓のための予算を投じてきた。しかし、内地から遠く交通の便も悪く、物産の運輸も不自由なので、移住した人はまだ少ない。だが、間もなく青森まで鉄道が開通する。また室蘭と小樽間の鉄道がもうすぐ開通する。北海道を開拓するために多額の予算を投じた結果である。このタイミングで、天皇陛下が北海道の離宮に避暑のために行幸されれば、随行する役人は勿(もち)論(ろん)のこと、内地の人々が大(おお)勢(ぜい)北海道に渡って、裕福な人は別荘を設け、職を求めている人は移住して、鉱山や漁港で働くことになって、北海道は大いに開発される。以上のことを「中(ちゆう)行(こう)ありて公に告げて従(したが)はる。用(もつ)て依(い)を為(な)し國を遷(うつ)すに利(よろ)し。 天子の右腕として信頼されて、初九に感謝されている。中庸の道に則(のつと)って下を益する意見を天子に申し上げれば、天子は六四の忠言に従う。天子の命で、國の依る所(國益)を見定め、國の安泰と人民の利益を図って遷(せん)都(と)の大事業に取り組むがよい。」と云う。このことは、ある貴人が忠臣として天皇陛下に厚く信頼されているから可能なことである。
 占いを依頼した友人は大いに喜んで、「誠に吉事の占いである。直ぐに貴人にお逢いしてこの易断を伝えよう」と、急いで帰ったのである。
(易占の結果は書いてない。)

益 九五 ||・ ・・|

九五。有孚惠心。勿問元吉。有孚惠我德。
□九五。孚(まこと)有り恵(けい)心(しん)あり。問う勿(な)くして元吉。孚(まこと)有り我が德を恵(めぐみ)とす。
 剛健中正の理想的な天子九五は、賢臣六二に慕われ誠意と慈(いつく)しみの心に満ち溢れている。大きな幸を得ること、問うまでもない。下(しも)々(じも)は天子の人德と恩恵に信服する。
象曰、有孚惠心、勿問之矣。惠我德、大得志也。
□孚有り恵心あるは、之を問ふ勿し。我が德を恵(めぐみ)とするは、大いに志を得る也。
 大きな幸を得ること、問うまでもない。下々は天子の人德と恩恵に信服する。天子として、大いに(下を益する)志を成し遂げる。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての原文の一部。
(占)此爻尊位ヲ踐ミ、孚ヲ以テ下ヲ惠ムノ時トス故ニ進退動静共ニ衆皆信從ス、何ゾ吉凶ヲ問フヲ要セン、德行息ムコトナケレバ、天道固ヨリ之ニ從ハンノミ、・・・
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての現代語訳。
(占)トップに就任して、真心で下の人々に恩恵を施す。一挙手一投足全て下の人々は信用して従う。言うまでもなく吉運である。
○善き德を積み上げ、天の道を全うして、吉運を招き寄せる。
○上の人と下の人が助け合い吉運を招き寄せる。安心するがよい。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の原文の一部。
(占例)友人某來リテ曰ク、某氏ヲ以テ養嗣トセントス、前途ノ吉凶如何ヲ筮センコトヲ請フト、乃チ筮シテ、益ノ第五爻ヲ得タリ、・・・
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の現代語訳。
(占例)ある友人がやって来て、ある人を養子としたいが、その前途の吉凶を占ってほしいと頼まれたので、筮したところ益の五爻を得た。
 易斷は次のような判断であった。
 益は自分(内卦震雷)が動けば、相手(外卦巽風)が従う時。自分がある事を成し遂げようと欲すれば、相手は自分の意志に従って支援してくれるので、事を成し遂げられる。
今回、養子をもらうことの吉凶を占って五爻が出たので、大吉である。
 その養子は、貴方の意に違わない人物で、万事において、細かいところまで気遣いして、いつも、養父である貴方の意を忖(そん)度(たく)して、真心を尽くして応対する。貴方の親族や朋友に対しても、細やかな気遣いをするので、貴方はとても安心して仕事や生活に取り組むことができる。貴方は養子に家事を任せ、やがて財産を譲って、家政を一任するようになる。
 以上のように、人間的に信頼できる養子なので、行うことは全て人德に適っており、貴方はその恩恵に心服するようになる。このことを「孚(まこと)有り恵(けい)心(しん)あり。問う勿(な)くして元吉。孚(まこと)有り我が德を恵(めぐみ)とす。剛健中正の理想的な天子九五は、賢臣六二に慕われ誠意と慈(いつく)しみの心に満ち溢れている。大きな幸を得ること、問うまでもない。下(しも)々(じも)は天子の人德と恩恵に信服する。」と云う。大吉の易斷である。
(易占の結果は書いてない。)

益 上九 ||・ ・・|

上九。莫益之。或撃之。立心勿恆。凶。
□上九。之(これ)を益す莫(な)し。或(あるい)は之(これ)を撃つ。心を立つること恆(つね)勿(な)し。凶。
 益の時が窮して、人を益する道から外れる。己を益することを貪(むさぼ)るので、誰かに討伐される。利益を求めて右往左往、一向に心が安定しない。何をやっても失敗する。
象曰、莫益之、偏辭也。或撃之、自外來也。
□之(これ)を益す莫(な)しとは、偏(へん)辞(じ)也。或(あるい)は之(これ)を撃つとは、外より来たる也。
 人を益する道から外れる。己を益することにばかりに偏(かたよ)っているのである。誰かに討伐される。周(まわ)りの人から悪(くに)まれているのである。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての原文の一部。
(占)此爻慾心盛ニシテ、人ノ怨ヲ惹ク者トス、盗賊ニ遇ヒ、或ハ亂暴者ノ爲ニ害ヲ受ルノ象アリ、故ニ此難ヲ免レンニハ、身ヲ下シテ勤勞スルカ、又ハ別ニ家業ヲ求ムルカ、・・・
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての現代語訳。
(占)私利私欲が盛んで人から怨まれる。泥棒に入られたり、乱暴者に襲われたりする。災難を免れるためには身を粉にして働くか、別に家業を求める(転職する)か、転居して家の方角を改めるよい。
○益する時の極点に居り、利益を求めて止まることを知らない。利益を貪(むさぼ)ろうとして災難を招き寄せる。
○利益を求めて抑制できなければ、利益を得られないだけでなく、人から怨まれて攻撃される。
○生命を占った場合、命が危なくなる時である。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の原文の一部。
(占例)友人某來リテ、運氣ヲ占ハンコトヲ請フ、乃チ筮シテ、益ノ上爻ヲ得タリ、
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の現代語訳。
(占例)ある友人がやって来て、運氣を占ってほしいと頼まれたので、筮したところ益の上爻を得た。
 易斷は次のような判断であった。
 益は家業が繁盛して利益を得る時、また、運氣に乗って労働する時である。だが、今回占って上爻が出た。上爻は利益を貪(むさぼ)ろうとして、只(ひた)管(すら)利益を追い求める。仮に利益を得られたとしても、人から妬(ねた)まれ、怨まれて、予想もしなかった災難を招き寄せる。このことを「之(これ)を益す莫(な)し。或(あるい)は之(これ)を撃つ。心を立つること恆(つね)勿(な)し。凶。益の時が窮して、人を益する道から外れる。己を益することを貪(むさぼ)るので、誰かに討伐される。利益を求めて右往左往、一向に心が安定しない。何をやっても失敗する。」と云う。
 非常事態を招き寄せるという易斷だから、普通に聞いてはならない。よくよく聞いて、自戒することが大切である。
 友人は以上の易斷を聞いて、ガックリと肩を落として帰って行った。
 その後、伝え聞いたところ、友人は、ある日どうしてもお金が必要となり、いつもなら直ぐにお金を貸してくれる知人を訪ねたが、この日に限って手元にお金がないということで、僅か五百円しか借りることができなかった。その五百円を懐に入れて、帰途に付くころには夜になっていた。友人Aの家に寄って、どうしても今日中に千円必要だが、五百円しか借りられなかった事情を話し、明日には返すから五百円貸してくれないかとお願いした。ところが、Aは事業に失敗して会社を倒産させた上、妻子と離散して途方に暮れていたところで、友人が五百円を持っていると聞いて、悪しき心が芽生えた。Aは友人に今日は手持ちがないと謝って友人が帰った後、そっと友人の後を付けて、友人が細い道に入ったところで、友人を襲って重症を負わせた上に、五百円を奪い去ったのである。
 その時、友人は襲った相手がまさかAとは気付かなかったが、後日Aが警察に捕まったのでそのことを知ったのである。そして、易斷の予知能力に深く驚いたのであった。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の原文の一部。
(占例二)明治二十六年某月、親友雨宮敬次郎氏ノ依頼ニ應ジ銀貨下落ノ結局ヲ占ヒ、筮シテ、益ノ上爻ヲ得タリ、・・・
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の現代語訳。
(占例2)明治二十六年、親友の雨宮敬次郎氏に依頼されて、銀貨が下落した理由を占って、筮したところ益の上爻を得た。
 易斷は次のような判断であった。
 益は内卦震は黄色で外卦巽は白色である。白色は銀で黄色は金である。今回占って「風(巽の白色→銀)雷(震の黄色→金)益」の卦が出た。金の上に銀がある。この形から推察すると、銀貨が下落したのは、銀は山から多量に産出するので、金よりも多量に流通する。希少価値の高い金に比べて、希少価値の低い銀は価格が安くなる。
 爻辞に「之(これ)を益す莫(な)し。或(あるい)は之(これ)を撃つ。心を立つること恆(つね)勿(な)し。凶。益の時が窮して、人を益する道から外れる。己を益することを貪(むさぼ)るので、誰かに討伐される。利益を求めて右往左往、一向に心が安定しない。何をやっても失敗する。」とある。「之(これ)を益す莫(な)し。或(あるい)は之(これ)を撃つ。」とは、銀は金に撃たれることを指し、「心を立つること恆(つね)勿(な)し」とは、今の相場は、あっちこっちと上下して定まらないことを指すのである。
 銀の相場は、今後六年間は、益々下落する。その理由は、初爻から上爻までを六年間とすれば、初爻から六年目には上爻に至って、上爻が変ずれば水雷屯となる。水雷屯は険難な時だから、銀貨が下落して、人民が困難な状況に直面する。
 風雷益の次の卦は沢天夬である。夬の時にダムが決壊するように小人を除去する人物が登場して、銀貨を買い占めて、流通するのは金貨ばかりになれば、沢天夬の時がひっくり返って天風姤となる。天風姤となれば、外卦の天は金、内卦の風は銀だから、銀が上に浸食していく。すなわち、銀貨の相場が再び回復するのである。
 以上のことから、銀貨の下落はずっと継続するはずもなく、六年後には必ず元に戻ると易断した。
(易占の結果は書いてない。)