毎日連載! 易経や易占いに関する情報を毎日アップしています。

期間限定「現代語訳(超意訳) 呑象高島嘉右衛門著 増補 高島易斷 上下巻 占例篇」 沢山咸

三一 沢山咸 ・|| |・・

咸、亨。利貞。取女吉。
□咸(かん)は亨(とお)る。貞(ただ)しきに利(よろ)し。女(じよ)を取(めと)れば吉。
 咸は相感応する時。艮(少男)が止まり兌(少女)が喜んで感応する。すらっと通る。お互い正しく感応するがよい。女(じよ)を娶(めと)れば夫婦の道(和)を得る。
彖曰、咸感也。柔上而剛下、二氣感應以相與、止而説、男下女。是以亨、利貞、取女吉也。天地感而萬物化生、聖人感人心、而天下和平。觀其所感、而天地萬物之情可見矣。
□咸は感ずる也。柔(じゆう)上(のぼ)りて剛下り、二(に)氣(き)感応して以(もつ)て相(あい)与(くみ)し、止(とど)まりて説(よろこ)び、男、女に下(くだ)る。是(ここ)を以て亨(とお)り、貞(ただ)しきに利(よろ)しく、女(じよ)を取(めと)れば吉なるなり。天地感じて万(ばん)物(ぶつ)化(か)生(せい)し、聖人、人心を感じて、天下和平なり。其(そ)の感ずる所を観(み)て、天地万物の情見る可(べ)し。
 咸は感動・感応・感通の道を説く。少男(剛)が謙(へりくだ)り少女(柔)は順い、陰陽二氣感応・感通する。艮は正しく止まり兌は喜んで応じ、少女は少男を受け容れる。それゆえすらっと通る。お互い正しく感応するがよい。女(じよ)を娶(めと)れば夫婦の道(和)を得る。
 天地が感応すれば万物は生成発展する。至誠の聖人に民心感応して天下泰平となる。それらの感応の在り方を観察すれば、天地万物の情理を知ることができる。
象曰、山上有澤咸。君子以虚受人。
□山(さん)上(じよう)に沢(さわ)有るは咸なり。君子以て虚にして人を受く。
 山の上に沢が有り、沢の水が滲(し)みて山が潤(うるお)えるのが咸の形。君子は、己を虚(むな)しくして天下万民を受け容れる。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての原文の一部。
(占)我レ篤實ヲ以テスレバ、彼レ悦ビテ之ニ應ズ、故ニ相談事速ニ調フノ時ナリ、然レドモ媒妁ト稱スル世話人ヲ、中ニ加ヘテ可ナリ、・・・
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての現代語訳。
(占)自分が篤実ならば、相手も喜んで応じる。相談事や依頼事が速やかに調う時。仲介役の世話人を交えることも悪くない。使用人や目下の者と共同すれば万事うまく運ぶ。善い事も悪い事も共に共感する時なので、相手を選ぶ事が肝要である。だから「利貞」と云う。
○自然に振る舞って時の流れに順う人は、事が成就する。欲をかいて迷う人は、騙され散財して、家庭を崩壊させかねない。
○万事成就する兆しがある。お互い感じ合って成就する。
○凡人は欲望に囚われて不正を犯しかねない。
○真心に感動する時。信義の厚い人は事が成就する。
○心から喜んで満足する時。 ○男性が女性から慕われる時。
○人から良く思われる時。 ○フィーリングで誉められる時。
○男性が感じれば女性が喜んで応じる時。
○良き知らせがある。 ○幸福を神仏に祈れば通ずる。
○人から信頼されて立身出世する時である。
○相手が待ってくれている。事が成就しやすい時である。
○売買に良い時。

咸 初六 ・|| |・・

初六。咸其拇。
□初六。其(そ)の拇(おやゆび)に咸(かん)ず。
 正応九四に応じて動こうとする。感じるところがまだ浅く、足の親指がむずむずするだけで動き出すには至らない。
象曰、咸其拇、志在外也。
□其(そ)の拇(おやゆび)に咸(かん)ずとは、志外(そと)に在(あ)る也。
 動き出すには至らない。九四に応じて動こうとする志が弱い。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての原文の一部。
(占)人ト始テ接スルニ、其言語ヲ愼ムベシ、人ヲ感ゼシムル、初ノ一念ニ在リ、故ニ己レ誠ヲ以テスレバ、彼モ亦誠ヲ以テスベシ、又目上ノ人ノ引立ヲ得テ、・・・
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての現代語訳。
(占)人と初めて接する時は言葉を慎しむべきである。人を感動させるのは初対面の時の印象が肝心である。真心から接すれば、相手もまた真心で応じてくれる。
○目上の人から引き立てられて、幸福を得られる時である。
○何事も真心と慎みの心を尽くして人と接するべし。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の原文の一部。
(占例)明治二十三年、某貴顕ノ運氣ヲ占ヒ、筮シテ、咸ノ初爻ヲ得タリ、・・・
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の現代語訳。
(占例)明治二十三年、ある貴人の運氣を占って筮したところ、咸の初爻を得た。
 易斷は次のような判断であった。
 咸は山の上に沢がある。沢は海である。九三・九四・九五の互卦は乾の太陽である。太陽が海上に輝いて海の水分が蒸発する。その水分はやがて雨となって降ってくる。山と沢が感応して万物が化成する。
 咸は感と同じである。感じたり通じたりするのは、遠近に関係なく、速やかに感じ、通じるのである。
 人間社会においては、至誠の心を尽くして相手に接すれば、相手も至誠の心で応じる。
 初爻は感じる始めの段階、先ず心が感じれば、身体も感じる。身体は足から動き始める。だから「拇(おやゆび)に咸(かん)ず」と云う。
 貴人は、幕末から現在に至るまで、計り知れない苦労を重ねて国家のために尽くしてきたが、要人の心を動かすことができずに、天下泰平を自分の力で実現することができないと諦めていた。もはや年老いたので、天下泰平を実現する気力を失ってしまったが、自分のことのように天下国家の行く末を心配して、英雄が出現するのを待っている。
 だから「其(そ)の拇(おやゆび)に咸(かん)ずとは、志外(そと)に在(あ)る也。動き出すには至らない。九四に応じて動こうとする志が弱いのである」と云う。
 以上のことから、「貴人は氣力溢れる若者を集めて教え導き天下泰平の大きな志を打ち立てさせるべきである」と易断した。
(易占の結果は書いていない。)

咸 六二 ・|| |・・

六二。咸其腓。凶。居吉。
□六二。其の腓(こむら)に咸ず。凶。居(お)れば吉。
 正応九五が遠いのを疎(うと)んじて、近くの九三に従おうとする。災難を招く。九五に求められるまで、止(とど)まれば、幸を得る。
象曰、雖凶居吉、順不害也。
□凶なりと雖(いえど)も居(お)れば吉とは、順なれば害あらざる也。
 九三に従えば災難を招く。九五に求められるまで止まれば幸を得る。
 柔順中正の道を守って、軽挙妄動しなければ、災難を回避できるのである。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての原文の一部。
(占)目上ニ我ヲ引立ントスル人アリ、然レドモ速ニ事ノ運バザルノ時ナリ、然ルニ性急ニシテ待ツコト能ハズ、他人ト組合ヒ、別ニ事ヲ起ストキハ、・・・
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての現代語訳。
(占)速やかに事が運ばない時に、目上の人から引き立てられる。
しかし、自ら他人と組んで事を起こそうとすると凶運を招き寄せる。静かに目上の人から引き立てられるのを待つべし。
○現状維持に徹するべし。
○動けば凶運を招き、静かにしていれば吉運を招く。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の原文の一部。
(占例)某華族某君來リ、予ニ謂テ曰ク、頃日知己某、數年ノ刻苦ヲ經テ、一ノ新發明ヲ爲シ、之レガ専賣特許ヲ得タリ、其發明タル、實ニ國家有益ノ一事業ナリ、故ニ予某ノ依頼ヲ受ケテ、資金ヲ貸與シタリ、知ラズ、此ノ事業、廣ク世ニ行ハレンヤ、否ヤ且ツ資金ヲ貸與シタルノ損益如何、請フ之ヲ筮セヨト、予乃チ筮ヲ算シテ、咸ノ第二爻ヲ得タリ、
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の現代語訳。
(占例)ある華族の某氏がやって来て「知人が数年間苦労に苦労を重ねて、ある発明をして特許を得た。その発明は国家にも有益である。その知人から頼まれて資金を融通したが、その発明が世の中に役に立つか、融通した資金が生かされるかを占ってほしい」と頼まれた。
 そこで、筮したところ、咸の二爻を得た。
 易斷は次のような判断であった。
 咸は少男と少女が気持ちを通じ合う卦であり、二つの存在が相待って事を為し遂げる時である。資金力があるが、創造力はない。創造力があるが資金力がない。その二者が相待って、それぞれが望むことを実現するのが咸の時である。
 それゆえ、その発明事業が世の中に役立つことは間違いない。
「腓(こむら)」は足の心である。足の心は自ら動くことができない。足の動きに従って動く。足の心が動きたくても足が動かなければ動けない。足の心が動きたくなくても足が動けば動くしかない。だから、自分の意思だけでは善い事ができない。
 貴方が融通した資金も同じで、貴方の意思ではどうすることもできず、相手次第である。爻辞に「其の腓(こむら)に咸ず。凶」とあるのは、貴方が融通した資金に関することである。発明事業は世の中の役に立つが、貴方が融通した資金については、心配な事が起こると云うことである」。(だが、心配するには及ばない。)「居(お)れば吉」とは「相手を疑うことなく、知人に任せておけば損害を被ることはない」という易断である。
 その後、果たして易占の通りになった。

咸 九三 ・|| |・・

九三。咸其股。執其隨。往吝。
□九三。其の股(もも)に咸ず。其の随(したが)うを執(と)る。往(ゆ)けば吝(りん)。
 止まるべき主体が、定見なく、六二と感応する。六二を随えて軽挙妄動すれば恥をかく。
象曰、咸其股、亦不處也。志在隨人、所執下也。
□其の股に咸ずとは、亦(また)処(お)らざる也。志人に随うに在り、執(と)る所下(しも)なる也。
 六二と感応する。止まることができないのである。
 定見なく軽挙妄動する。見下されても仕方のない見識のなさである。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての原文の一部。
(占)自主自立ノ力アリト雖モ、他ニ依頼スベキノ人アルヲ以テ、我實力ヲ施スコトヲ忘レタル者トス、此爻咸ノ内卦ノ主爻ニシテ、・・・
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての現代語訳。
(占)自主・自立の力はあるが、他に頼る人がいるので、自力で切り開く意欲を忘れてしまった人物。咸の内卦の主爻で外卦に応じている。「股(もも)に咸ず」は、男女交際の隠語であり、少男が少女と親しみ、うっとりするあまりに普段の剛氣を失っている時。本来の自分の力を全く発揮できずに苦労する。猛省しなければならない。
○人の助けを借りて勢いを得る時。
○何事にも集中できない時。
○自分を守ることができない時。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の原文の一部。
(占例)友人某來リテ、氣運ヲ占ハンコトヲ請フ、乃チ筮シテ、咸ノ第三爻ヲ得タリ、
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の現代語訳。
(占例)友人の某やって来て、運氣を占ってほしいと頼まれたので、筮したところ、咸の三爻を得た。
 易斷は次のような判断であった。
 咸は山と沢が氣を通じる卦であり、艮の少男と兌の少女が情慾で感じ合う時である。感じ合うこと極まって合一になる。三爻を得たので、上爻に可愛がられて立身出世する氣運がある。しかし、血氣が盛んで女性に感じ易く、美女を見れば必ず誘惑される。男女の快楽は人間にとって最上の快楽だが、男が惑溺すると無責任となり信用を失って、世間から馬鹿にされるようになる。だから「股(もも)に咸ず」と淫らなこと甚だしい。
 貴方(友人某)が遇う女性の全てに恋するのは、人情が厚いからかもしれないが、世間には女性が限りなく存在するので、身心ともに喪失状態となる。以上のように、貴方が女性に惑溺することを「其の随(したが)うを執(と)る。往(ゆ)けば吝(りん)。六二を随えて軽挙妄動すれば恥をかく」と云う。
 三爻は本来自分が有する陽剛の德を捨てて、陰柔の二爻と感応する。男子としての定見がないからである。これではあまりにも情けない。
「今は男子としての見識を持ち、女性に惑溺することなく、自分よりも立派な人物を先生として修養すべきである」と易断した。
 友人某は以上の易占を聞いて、痛く感じ入って、言葉を失った。友人某は本来、才能があって学問にも優れている有為の人であった。その有為の人が、女性に惑溺する病気にかかってしまった。そのため仕事を怠るようになり、終には友人からは軽蔑され、世間の爪弾き者として不遇な境遇に陥っているのは、実に哀れむべきことである。

咸 九四 ・|| |・・

九四。貞吉悔亡。憧憧往来、朋從爾思。
□九四。貞(ただ)しければ吉にして悔(くい)亡(ほろ)ぶ。憧(しよう)憧(しよう)として往(おう)来(らい)すれば、朋(とも)爾(なんじ)の思いに従う。
 九三(股)と九五(脊柱)の間だから心臓(心)に喩える。咸(感応する時)の成卦主。己を虚しくして感応すれば、広く民と感応できる。後悔することもない。邪心を抱いて感応すれば、仲間内(初六)だけの感応に止まる。
象曰、貞吉悔亡、未感害也。憧憧往来、未光大也。
□貞(ただ)しければ吉にして悔(くい)亡(ほろ)ぶとは、未(いま)だ感の害あらざるなり。憧(しよう)憧(しよう)として往来するは、未(いま)だ光(こう)大(だい)ならざる也。広く民と感応する。己を虚しくすれば、感応の道を外れない。仲間内(初六)だけの感応に止まる。邪心を抱けば、広く民と感応できない。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての原文の一部。
(占)神經ノ強キ人ニシテ、尋常些々タルコトニ心ヲ勞シ、限リナキ事情ニ心ヲ配リ、君子小人ノ隔ナク、如何ナル人ニモ其氣ニ應ゼント欲スルモノノ如シ、・・・
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての現代語訳。
(占)大雑把な人が毎日細かいことに気を遣って、君子や小人の隔てなく、誰に対しても、にこやかに対応しようとする。どんな小さな事にも心を配るので、精神的に疲れ切ってしまう恐れがある。物事には大小軽重がある。それを察することなく苦労するのは、頭の悪い証拠である。目下の人を助けようとして、世話を焼く時でもある。
○憧れを抱いてウロウロするが、不正なことに手を染める。私心に従えば、同類の友達と逢うが、遠くまで行くことはできない。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の原文の一部。
(占例)明治二十二年、某縉紳來テ、某貴顕ノ氣運ヲ占ハンコトヲ請フ、乃チ筮シテ、咸ノ第四爻ヲ得タリ、
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の現代語訳。
(占例)明治二十二年ある紳士がやって来て、ある貴人の運氣を占ってほしいと頼まれたので、筮したところ、咸の四爻を得た。
 易斷は次のような判断であった。
 天地の德に山と沢の氣が感応して、万物化生するのが咸である。至誠の心を抱いて天下の物事に感通するのも咸である。咸の道は、心を磨いて至誠に至り、天地と合一して相咸ずるのである。
 今回筮して第四爻を得た。身体に当て嵌めれば心臓である。心臓は心でもある。心は自然を尊び妄想を嫌う。心正しく志を抱けば、神仏と感応し、人々とも感応する。
 このことを「貞(ただ)しければ吉にして悔(くい)亡(ほろ)ぶ。九三(股)と九五(脊柱)の間だから心臓(心)に喩える。咸(感応する時)の成卦主。己を虚しくして感応すれば、広く民と感応できる。後悔することもない」と云う。
 小賢しい智恵で心配する人は、大いに感応することができない。どうして天下国家の人々と感応することができようか。是非正邪によって心配事は変化するが、至誠の心は変わらない。小さな事に囚われることを、憧れを抱いてウロウロすると云う。あれこれと心配して、意思が定まらないのである。
 貴人は君位の側近だが、陽同士で比さない。初爻の凡人と応じている。凡人と応じても天下国家の人々と感応することはできない。貴人は君位の側近でありながら、君子と感応することができない。
 だから「朋(とも)爾(なんじ)の思いに従う。仲間内(初六)だけの感応に止まる」と云う。この貴人にして、この地位に在りながら、天下国家の人々と感応できないのは、何と惜しいことであろうか。
(易占の結果は書いていない。)

咸 九五 ・|| |・・

九五。咸其脢。无悔。
□九五。其(そ)の脢(せじし)に咸ず。悔い无し。
 上六(口)と九四(心臓、心)の間だから脢(せじし)(背中の肉)に喩える。脢(せじし)は感じる力が鈍く、君位に在るのに隠(いん)遁(とん)して世(せ)事(じ)に感応しない。それゆえ後悔することはない。
象曰、咸其脢、志末也。
□其の脢(せじし)に咸ずとは、志末(すえ)なる也。
 君位に在るのに隠遁して世事に感応しない。君主としての志があまりにも狭(きよう)小(しよう)である。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての原文の一部。
(占)忠正ヲ践ミ、志氣闊達人ヲ懐クルニ孚アリ、故ニ下ナルモノ感ジテ興起ス、是レ悔ナクシテ、大ニ志ヲ得ル所以ナリ、・・・
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての現代語訳。
(占)忠実で心正しく、志を抱いている人物。至誠の心で目下の人々に感応して立ち上がる。このようであれば、悔いることもなく、志を実現することができるのだが…。
○どんなことでも、小事はできるが、大事はできない時である。
○後世の人々に感心されることがある。しかし、現代の人々には全く評価されない。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の原文の一部。
(占例)明治二十一年、縉紳某來テ、氣運ヲ占ハンコトヲ請フ、乃チ筮シテ、咸ノ第五爻ヲ得タリ、
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の現代語訳。
(占例)明治二十一年、紳士がやって来て、ある貴人の運氣を占ってほしいと頼まれたので、筮したところ、咸の五爻を得た。
 易斷は次のような判断であった。
 咸は少男と少女が自然な流れで感じ合う時である。これを人間社会に当て嵌めれば、天下の人々が心を一つにして、喜び楽しむことがあれば、天下国家も喜び楽しむ時である。
 今回は、ある貴人の運氣を占って五爻が出た。五爻の爻辞に「其(そ)の脢(せじし)に咸ず。上六(口)と九四(心臓、心)の間だから脢(せじし)(背中の肉)に喩える。脢(せじし)は感じる力が鈍く、君位に在るのに隠遁して世事に感応しない」とある。
 脢(せじし)は心臓と口の間、無為自然の境地で、心は安楽な状態である。九五は国家の中枢で政治を司る立場にいて、六二と応じており、天下国家を治める力を具えている。ある貴人は、無為自然の境地で、心は安楽で高尚な状態を保っている。だが、天下国家を治めようとはしない。だから、小象伝に「其の脢(せじし)に咸ずとは、志末(すえ)なる也。君位に在るのに隠遁して世事に感応しない。君主としての志があまりにも狭小である」と云う。このような貴人の冷たい態度に、天下の人々は不満を示している。

咸 上六 ・|| |・・

上六。咸其輔頬舌。
□上六。其の輔(ほ)頬(きよう)舌(ぜつ)に咸ず。
 輔(ほ)(ほ)は頬(ほお)骨(ぼね)、頬(ほお)は「ほお」、舌は「した」、言葉を発する器官。兌(悦)の主爻、咸の卦極、感じるままに言葉を発する。口先ばかりで誠意がない。
象曰、咸其輔頬舌、滕口説也。
□其の輔(ほ)頬(きよう)舌(ぜつ)に咸ずとは、口(こう)説(ぜつ)を滕(あ)ぐる也。口先ばかりで誠意がない。佞(ねい)言(げん)で人を言いくるめようとする小人である。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての原文の一部。
(占)辨舌達者ノ人、言論ヲ以テ人ヲ感服セシメントス、然レドモ孚誠ノ能ク人ヲシテ心服セシムルニ如カズ、察セザルベカラズ、・・・
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての現代語訳。
(占)弁舌が達者ゆえ言論で人を感服させようとする。
○人を感服させるには至誠の心が必要であることを知るべきである。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の原文の一部。
(占例一)明治二十三年、某縉紳來テ、某貴顕ノ氣運ヲ占ハンコトヲ請フ、乃チ筮シテ、咸ノ上爻ヲ得タリ、
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の現代語訳。
(占例一)明治二十三年、紳士がやって来て、ある貴人の運氣を占ってほしいと頼まれたので、筮したところ、咸の上爻を得た。
 易斷は次のような判断であった。
 咸は山と沢が感じ合う時である。人間社会に当て嵌めれば、お互いに思い合って気持ちが一つになること。「好いた同士」である。今回上爻を得た。上爻は自然に感じ合うのではなく、自ら感じることを求める。
 上爻は陰爻で兌の口に当たる。弁舌巧みに人を喜ばせて感じ合おうとする。相手に合わせて会話する。また、議論は高尚な言葉を用いて、人々を論破する。雄弁で名を知られる。
 だから、小象伝に「其の輔(ほ)頬(きよう)舌(ぜつ)に咸ずとは、口(こう)説(ぜつ)を滕(あ)ぐる也」と云う。「この貴人は、国会で雄弁を振るって、大いに人々を感服させる」と易斷した。
 その後、果たして易占の通りであった。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の原文の一部。
(占例二)明治二十五年十一月、岩手縣衆議院議員佐藤昌臧氏來リテ、今般全國地租ノ平均ヲ保タン爲メ、地租修正ノ議興リ、奥羽諸縣ノ如キハ、其地租増加ノ部ニ入レリ、然ルニ翻テ我縣下ノ狀況ヲ察スルニ、地質不饒ナレバ、地租ノ増加ハ、甚ダ不當ナルモノアルヲ覺エ、深ク之ヲ憂フ、其前途ノ結果ニ就キ、一筮ヲ煩ハサンコトヲ請フト、乃チ筮シテ、咸ノ上爻ヲ得タリ、
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の現代語訳。
(占例2)明治二十五年十一月、岩手県選出の衆議院議員佐藤氏が来訪して、現在、衆議院で地租増税が議論されているが、岩手県にそれを当て嵌めると、甚だ負担が大きくなると思われ、大変心配している。そこで、地租増税の成否について占ってほしいと頼まれたので、筮したところ、咸の上爻を得た。
 易斷は次のような判断であった。
「輔(ほ)」とは、振る舞いのこと。「頬(きよう)」とは、顔かたちのこと。「舌(ぜつ)」とは、弁舌のことである。これは、言語や振る舞いによって、人を感動させることである。
 地租増税論者に至誠の心があれば、物事を動かす(地租増税を成立させる)ことができる。至誠の心がなくて、物事が動いたことは未だない。
「地租増税論者は、弁舌だけで事を為そうとするであろう。であれば、反対派が勝利する。心配するには及ばない」と易断した。
 その後佐藤氏は、易斷が的中したことに感謝した。