毎日連載! 易経や易占いに関する情報を毎日アップしています。

期間限定「現代語訳(超意訳) 呑象高島嘉右衛門著 増補 高島易斷 上下巻 占例篇」 雷水解 二

解 六三 ・・| ・|・

六三。負且乘。致寇至。貞吝。
□六三。負(お)うて且(か)つ乗る。寇(あだ)の至るを致す。貞なれども吝(りん)。
 本来人の荷物を背負う役割なのに、九四の大臣に取り入り要職を得て、馬車に乗る。このようなことがまかり通れば、再び険阻艱難を招きかねない。人々は六三を要職から引きずり下ろそうとする。襟(えり)を正してみたところで、誰も服従しない。恥をかくだけである。
象曰、負且乘、亦可醜也。自我致寇。又誰咎也。
□負(お)うて且(か)つ乗るとは、亦(また)、醜(しゆう)とす可(べ)き也。我より寇(あだ)を致す。又誰を咎めん也(や)。
 荷物を背負う役割なのに、大臣に取り入り要職を得て、馬車に乗る。何と醜(みにく)く、恥ずかしいことであろうか。人々が六三を要職から引きずり下ろそうとするのは、六三が招いたことである。一体誰を咎めることができようか。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての原文の一部。
(占)身分不相應ノ事ヲ爲シテ、人ヨリ陰ニ謗ラルルヲ知ラズ、益々外ヲ飾ルガ故ニ内實ハ困弊ナルベシ、又人ニ目ヲツケラレ、賊難ヲ蒙ルコトアルベシ、愼ムベシ、・・・
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての現代語訳。
(占)身分不相応のことをして、陰で色々な人から謗(そし)られていることを知らずに外面を飾る。内実困窮する時である。
○人から目を付けられて、盗難などの災難を招き寄せる。
○小人が不当に地位を得て、悪事を働く時である。
○盗人が暇(ひま)に乗じて、何かを奪い取る時である。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の原文の一部。
(占例)某人來リ、某區長ノ人物ヲ占ハンコトヲ請フ、乃チ筮シテ、解ノ第三爻ヲ得タリ、
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の現代語訳。
(占例)友人がやって来て、ある人物(区長)がどんな人間なのかを占ってほしいと頼まれたので、筮したところ解の三爻を得た。
 易斷は次のような判断であった。
 解は動いて険難を脱出する時である。今回占って三爻が出た。三爻は陰爻陽位で才能と知識に乏しいが気力は強い。爻辞から読み取ると、重い荷物を背負って労働するのは小人の役割である。車に乗って歩かないのは君子の地位が高いからである。
 今回占った「ある人物」は、小人でありながら君子の地位に居るので、大勢の人々から嫉妬されている。小人である彼(ある人物のこと)に区長が勤まるのならば、わたしにだって区長に就任する資格があると、多くの人々に思われている。彼(ある人物)は権力者の四爻に媚び諂(へつら)って可愛がられ、今の地位を得た。自分は小人で何の才能もないのに、四爻の権力を笠に着て、賢臣二爻の上司として、調子に乗っている。
 己の分を知らない愚か者である。だから、下々は四爻を信服できない。自ら墓穴を掘って災難を招き寄せる。どうして、このような愚か者が自分の地位を守ることができようか。このことを「負(お)うて且(か)つ乗る。寇(あだ)の至るを致す。貞なれども吝(りん)。本来人の荷物を背負う役割なのに、九四の大臣に取り入り要職を得て、馬車に乗る。このようなことがまかり通れば、再び険阻艱難を招きかねない。人々は六三を要職から引きずり下ろそうとする。襟(えり)を正してみたところで、誰も服従しない。恥をかくだけである」と云う。
「分を弁(わきま)えずに区長を務め、周りの人々から謗(そし)られていることも知らずに、外面は鼻高々としているが、内実は困窮している。このような人物が長く区長を務められるはずがない」と易断した。果たして、後日、その通りになったと伝え聞いた。

解 九四 ・・| ・|・

九四。解而拇。朋至斯孚。
□九四。而(なんじ)の拇(ぼ)を解(と)け。朋(とも)至りて斯(こ)れ孚(まこと)とせん。
 小人六三との腐れ縁を断ち切って、六五を補佐する志を同じくする九二と真心を通じ合う。
象曰、解而拇、未當位也。
□而(なんじ)の拇(ぼ)を解(と)けとは、未(いま)だ位(くらい)に当らざれば也。
 六三との腐れ縁を断ち切る。邪心を制御できない(不正)のである。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての原文の一部。
(占)壯剛ニシテ權アリ、功アル者タリ、然レドモ豪邁ニ過ギ、事ニ頓著セズ、己レガ意ニ投ズル者ハ、小人ト雖モ親交ス、而シテ今親シム所ノ小人、・・・
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての現代語訳。
(占)荘(そう)厳(ごん)で権威を有し、功業を成し遂げた人物である。男気があって物事に頓着せず、小人とも親しくするので、小人は四爻を利用して権力を恣(ほしいまま)にする。益友に諭されて、これは善くないことだと知り、小人を退ける。その結果、良友が集まってきて四爻を支援するので、さらなる功業を上げることができる。
○四爻は以上のような存在であるから、四爻が親しくしている人物に注意して占いを立てる(占断する)ことが求められる。
○小人に親しめば、賢人でも道を踏み外す。慎むべきである。
○小人を退けることができれば、正しい(君子の)道を歩んでいける。
○多くを語らず(寡黙にして)大衆を信服させる時である。
○努力を怠れば(怠惰ならば)成功することはできない。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の原文の一部。
(占例)某來リテ、某貴顕ノ氣運ヲ占ハンコトヲ請フ、乃チ筮シテ、解ノ第四爻ヲ得タリ、
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の現代語訳。
(占例)ある人がやって来て、ある貴人の氣運を占ってほしいと頼まれたので、筮したところ解の四爻を得た。
 易斷は次のような判断であった。
 解は春が訪れて、冷たい氷が解ける時。これを国家に当て嵌めると、これまでは険難に陥って、表に出られなかった賢人が、漸(ようや)く困難から脱出して、仁德(思いやり)に溢れた政治を行えるようになった時である。
 今回占って四爻が出た。四爻は上卦震雷の主爻かつ長男である。長男が奮発して国家の困難を救う役割を担う時である。今回占った貴人が、国家のために著しい功績を上げたことは、多くの人々に知られている。貴人は知識を見識に高めて、多くの経験を積み、大衆に信服されている。だが、惜しいことに、貴人には一つの欠点がある。乱世が終わり平時に移行した時に、泰然と構えて、志を養うという余裕がなく、つまらない世事に介入することである。また、人物評価が大雑把で、取るに足りない小人を可愛がったりすることもある。貴人の推薦で地位を得た小人の存在を憎むあまり、貴人のことを讒(ざん)言(げん)する人が少なくない。以上のことから、他の貴人たちは、この貴人に対して、小人を可愛がる悪癖を止めてくれれば、共に国家のために尽くすことができるのにと残念に思っている。このことを「而(なんじ)の拇(ぼ)を解(と)け。朋(とも)至りて斯(こ)れ孚(まこと)とせん。小人六三との腐れ縁を断ち切って、六五を補佐する志を同じくする九二と真心を通じ合う」と云う。
 この貴人の悪癖は実に国家の損失である。この悪癖を治してくれる人がいたら、わが国を救う国士となる、と易断した。
(易占の結果は書いてない。)

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の原文の一部。
(占例二)某群馬縣高崎ノ市人甲某書ヲ寄セテ曰ク、(中略)余ハ適々風邪ニ罹リ、氣力平常ノ如クナラザレバ、門弟ヲシテ余ノ面前ニ筮セシメシテ、解ノ第四爻ヲ得タリ、・・・
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の現代語訳。
(占例2)群馬県高崎市のある人から手紙が届いた。手紙には次のように書いてあった。
「近所に住んでいる乙君が、重病にかかった子供の回復を願って榛名神社に祈願したところ、何日もしないうちに子供が回復した。乙君は大変喜んで、子供を連れてお礼参りをしてから、病後の保養のために、伊香保温泉に滞在していたが、ある時、乙君は突然何かを思い出して、所持しているお金を全て子供に渡し、わたしがここに居ると殺害されると言い残して、急に出て行ってしまった。子供は驚いて、後を追いかけたが、見失ってしまったので、大勢の人にお願いして、心当たりを探索したが、何処にも見当たらない。乙君の家族が大変悲しんでいる姿を、見るに耐えられない。君に乙君の行方を占ってほしい」。
 その時わたしは風邪にかかっており、気力が衰えていたので、門人に命じて乙君の行方を占ったところ解の四爻を得た。
 易斷は次のような判断であった。
 門人に、どのように解釈するかと聞いたところ、門人は、乙君は東方に当たる朋友の家に滞在しており、無事であると解釈した。その理由は彖伝に「解は険にして以て動き、動きて険を免(まぬが)るるは解なり」と書いてあるからである。乙君が「ここに居ると殺害される」と言ってから出て行ったことを考えれば、何か心当たりがあるから、動いて困難を脱しようとしたのであろう。爻辞には「而(なんじ)の拇(ぼ)を解(と)け。朋(とも)至りて斯(こ)れ孚(まこと)とせん。小人との腐れ縁を断ち切って、六五を補佐する志を同じくする九二と真心を通じ合う」とある。
「拇(ぼ)」とは、初爻すなわち子供のことである。子供にお金を全て渡して出て行ったのは、「拇(ぼ)を解いた」のである。「朋(とも)至りて斯(こ)れ孚(まこと)とせん」とは、朋友の家に滞在していることである。乙君と再会できる日は遠くないであろう。だが、場合によっては、有らぬ嫌疑をかけられて、拘束されることがあるかもしれない。
 わたしは、以上の解釈を聞いて、適切な易斷だと思ったので、以上の易占を手紙に書いて、ある人に返事を出した。数ヶ月後に手紙をくれたある人に会って聞いたところ、乙君のその後は易占の通りだったと、感謝していた。
 乙君は税金を預かっている仕事をしていた。多額の税金を預かっていたので、有らぬ嫌疑をかけられたが、やがて無関係なことが判明して、無罪放免となったと云う。

解 六五 ・・| ・|・

六五。君子維有解。吉。有孚于小人。
□六五。君子維(こ)れ解(と)く有り。吉。小人に孚(まこと)有り。
 君子(九二と九四)と力を合わせて、険阻艱難を完全に開放する。晴れて天下泰平となる。小人も心服して改心する。
象曰、君子有解、小人退也。
□君子、解(と)く有りとは、小人退(しりぞ)く也。
 険阻艱難を完全に開放する。すなわち小人が退く(改心する)のである。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての原文の一部。
(占)此爻、其位ヲ履ミテ孚アレドモ、掩ハルル所アリテ、其德下ニ及バズ、今賢者ヲ得テ親ミ、爲ニ間隔ノ小人解散シテ、其孚下ニ布キ、小人ハ自然ト退去シテ、・・・
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての現代語訳。
(占)君主の位で仁德を具えている。小人に覆われて、下々に恩恵を施すことができなかったが、賢者が現れて小人を一掃した。その仁德で下々に恩恵を施して、吉運を招き寄せる。
○貴方は篤実だが侫人を雇用している。この侫人を信用すると、身を滅ぼしかねない時である。
○陽剛の賢臣(二爻)を用いて、侫人を解雇すれば、傾きかけた家政も徐々に回復して、やがては安泰となる。
○悪友を遠ざけて、善き友(賢い友)と親しむべき時である。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の原文の一部。
(占例)友人横山孫一郎氏、來リ謂テ曰ク、近來新聞紙上ニ載スルガ如ク、福地氏ハ獄ニ下レリ、(中略)福地氏ハ罪ヲ得ヘキ事ヲ爲ス者ニ非ズ、因テ一筮ヲ煩ハシテ救助ノ手段ヲ依頼セント欲スルナリト、乃チ筮シテ、解ノ第五爻ヲ得タリ、・・・
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の現代語訳。
(占例)友人の横山孫一郎君がやって来て、「福地君が投獄されたと新聞で読んだが、年寄りなので心配である。福地君は多能で色々と活躍したが、その中には間違いもあったのだろう。賄賂を受け取って文章を書いたと聞いたが、それは誤解で本当は正当な仕事だったのではないだろうか。何とか福地君を助けることができないだろうか。その可否を占ってほしい」と頼まれたので、筮したところ解の五爻を得た。
 易斷は次のような判断であった。
 解は春の風が吹いて、堅い氷が解け出す時である。人に当て嵌めれば、長期間苦しんでいたことから漸(ようや)く解放されて、鬱屈した気持ちが晴れ晴れとする時である。
 今回占って五爻が出た。五爻は投獄されている状態から誤解が解けて解放される(出獄できる)時である。このことを「君子維(こ)れ解(と)く有り。吉。小人に孚(まこと)有り。君子(九二と九四)と力を合わせて、険阻艱難を完全に開放する。晴れて天下泰平となる。小人も心服して改心する」と云う。福地君は小人ではないが、投獄されている立場から小人と見立てる。
 福地君は昔、世間に先立って新聞を発行して、東京府会の議長も務めたことのある人物であるから、その功績によって、裁判官は情状酌量の判断をすると易断する。このことを「小人に孚(まこと)有り。小人も心服して改心する」と云う。
 因(ちな)みに、その後、知人の永井氏が投獄された時に占ったら、この爻を得た。今回の易占と同じように、誤解が解けて解放されると易断したところ、その通りになった。

解 上六 ・・| ・|・

上六。公用射隼于高墉之上。獲之无不利。
□上六。公(こう)用(もつ)て隼(はやぶさ)を高(こう)墉(よう)の上に射る。之(これ)を獲(え)て利(よろ)しからざるなし。
 上六は高い城壁の上(解の卦極)に止まっている隼のように残忍な小人。その上六を王公(六五)が九二と九四の補佐を得て射落とすのである。卦極に止まる小人を捕らえれば、険阻艱難から完全に開放され、何事も順調にゆく。
象曰、公用射隼、以解悖也。
□公(こう)用(もつ)て隼(はやぶさ)を射るとは、以て悖(もと)れるを解(と)く也。
 上六を射落とす。残忍な小人が道に悖(もと)る行いをすることを、封じるのである。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての原文の一部。
(占)國君公爵ノ臣ニ命ジテ、國家ノ治安ヲ害スル賊臣ヲ征ス、而シテ剛直ノ臣、隨從シテ、一矢之ヲ殪スノ象ナリ、常人ニハ器量才智ヲ有スル者、盛運此ニ來リ、・・・
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての現代語訳。
(占)国家の君主が公爵の称号を持つ臣下に命令して、国家の治安を乱そうとする賊臣を征伐する。剛毅で素直な賢臣が公爵の称号を持つ臣下に従って、一発の弓で賊臣を射落とす時である。
○普通の人が占ってこの爻が出たら、才能と知恵を兼ね備えた人物が現れて、手柄を立てて、盛運を招き寄せる時である。
○険阻艱難から逃れて、幸運に巡り会える時である。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の原文の一部。
(占例)鎌倉圓覺寺重職今北洪川和尚ハ、博學活才當時ノ高僧ナリトハ、世人ノ共ニ稱スル所ナリ、(中略)予和尚ニ面會セバ、(中略)和尚何等ノ談ヲ吐テ予ガ易ニ當ラントスルヤ、試ミニ之ヲ一筮セント、乃チ筮シテ、解ノ上爻ヲ得タリ、・・・
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の現代語訳。
(占例)鎌倉にある円覚寺の住職・今(いま)北(きた)洪(こう)川(ぜん)和尚は、学識・才能共に優れた高僧であると評判である。ある時わたしは鎌倉に出かけた時に洪川和尚を訪問しようと思い立った。
 和尚とわたしが会えば、禅と易の話に花が咲くことは間違いないが、はたしてどんな会話になるか、占って筮したところ解の上爻を得た。
 易斷は次のような判断であった。
 仏法と解を重ねれば、解は「ほどけ」、すなわち仏。煩悩から解脱することである。下卦坎は水であり陥ること。生死の境界で苦しみに陥る時である。また坎は心の病。これもまた煩悩を意味する。上爻は六段階目であるから六道(六波羅蜜)のことを指す。
 上卦震は動く性質であり長男である。震は岸や進むことも意味する。すなわち進んで彼岸に至ることである。以上を総合的に勘案すると、生死の境界に陥って苦しんでいる凡夫を救って、此岸から彼岸に至る手助けをするという意味だと解釈する。それゆえ彖伝に「解は険にして以て動き、動きて険を免(まぬが)るるは解なり。艱難(下卦坎)から動き(上卦震)出て、水山蹇(又は水雷屯)の艱難から脱出した時を解と名付ける」と云う。
 上爻は解の卦極、解の時の終局である。すなわち、洪川和尚は悟りの究極の境地に到達している人物と云うことである。上爻の爻辞に「公(こう)用(もつ)て隼(はやぶさ)を高(こう)墉(よう)の上に射る。之(これ)を獲(え)て利(よろ)しからざるなし。上六は高い城壁の上(解の卦極)に止まっている隼のように残忍な小人。その上六を王公(六五)が九二と九四の補佐を得て射落とすのである。卦極に止まる小人を捕らえれば、険阻艱難から完全に開放され、何事も順調にゆく」とあるが、「隼(はやぶさ)」は禽獣の中で最も敏捷な生き物である。洪川和尚を「隼(はやぶさ)」に喩えて、どんなことにも上下左右敏捷に対応することを云う。「高(こう)墉(よう)の上に射る」とは、高尚な学識と参禅して習得した力量により、心身脱落の境地に到達したことを云う。これはすなわち形而上の学問であり、人間に生まれたからには、社会で実業に携わるようになっても、余力があれば常に形而上の学問を修得して、心を磨いていくことも人生の一大事である。今回和尚と話し合う内容は、どんなことにも上下左右敏捷に対応することの大切さを確認することだと易断した。
 解の綜卦は水山蹇である。上卦坎は耳、下卦艮は手である。すなわち、禅の公案「隻手(片手)の声を聞け」のことである。また蹇は、跛(あしなえ)のことである。これは坐禅を組むことを意味している。和尚は易と禅を結び付ける話をすると易断した。
 そこで「手を伸ばして、その音を聞け」と「達磨の坐禅は卜占の仏である」という書を懐(ふところ)に認(したた)めて円覚寺を訪ねた。洪川和尚は大変喜んで、お茶を出してくれた。互いに胸襟を開いて話をしたが、和尚の話は易占の通りであった。そこで、わたしは懐に認めておいた書を和尚の前に出し、共に手を叩いて談笑したのである。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の原文の一部。
(占例)一日横濱ノ商人左右田金作氏來リ、利根運河株式ノ高下如何ヲ占ハンコトヲ請フ、乃チ筮シテ、解ノ上爻ヲ得タリ、・・・
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の現代語訳。
(占例2)ある日、横浜の商人・左右田金作氏がやって来て、利根運河という会社の株式の上下変動を占ってほしいと頼まれた。
 そこで、筮して占ったところ解の上爻を得た。
 易斷は次のような判断であった。
 この卦は動いて険難を脱出する時である。すなわち、今保有している株式を売却して得た価格が株式の上限価格である。今売却しなければ大損することになる。爻辞の「隼(はやぶさ)を高(こう)墉(よう)の上に射る」とは、このことである。もし直ぐに保有している株式を売却しなければ、雷水解の時は山沢損の時に移行して大きな損失を出すであろう。
 以上の易占を伝えたところ、氏は保有する株式を一旦売却したのだが、まだ上限の価格に達していないかも知れないと欲を出して、再び株式を買い戻したところ、株価は下落して大損した。