毎日連載! 易経や易占いに関する情報を毎日アップしています。

期間限定「現代語訳(超意訳) 呑象高島嘉右衛門著 増補 高島易斷 上下巻 占例篇」 火澤睽 一

三八 火沢睽 |・| ・||

睽、小事吉。
□睽(けい)は、小(しよう)事(じ)は吉。
 睽は上卦離(火)は上に進み、下卦兌(沢水)は下に進む。お互いの意志が正反対を向いて背き合う時だが、明らか(離)に悦ぶ(兌)性質によって、小事は成就する。
彖曰、睽、火動而上、澤動而下。二女同居、其志不同行。説而麗乎明、柔進而上行、得中而應乎剛。是以小事吉。天地睽而其事同也。男女睽而其志通也。萬物睽而其事類也。睽之時用、大矣哉。
□睽は、火動きて上(のぼ)り、沢動きて下(くだ)る。二女同じく居(お)り、其(その)志、行(おこない)を同じくせず。説(よろこ)びて明に麗(つ)き、柔進みて上り行き、中を得て剛に応ず。是(ここ)を以て小事は吉。天地睽(そむ)きて其(その)事(こと)同じきナリ。男女睽(そむ)きて其(その)志通ずる也。万物睽(そむ)きて其(その)事(こと)類する也。睽(けい)の時(じ)用(よう)、大なる哉(かな)。
 上卦離(火)が上に進み、下卦兌(沢水)は下に進む。お互い向かうところが異なり背き合う形。一つの家に中女(離)と少女(兌)が同居して、志と行動が異なり背き合う形。
一方で、「悦んで(兌)明に麗く(離)」という性質があり、柔順な天子六五が中庸の德を得て剛健な家臣九二と志を通じている。全体を和合一致させることはできないが、柔順な天子と剛健な家臣が志を通じて、小事は成就する。
 天地(陰陽)は時に反発し、相交わって萬物が育まれる。男女も時に反発し、相交わって子孫が繁栄する。萬物も時に反発し、相交わって生成発展する。
睽の時の働きは、何と偉大なことであろうか。
象曰、上火下澤睽。君子以同而異。
□上は火、下は沢(さわ)なるは睽(けい)なり。君子以て同じくして異なる。
 火(離)は上に、沢(兌)は下に流れて、相背(そむ)くのが睽の形。君子はこの形を見習って、人と同じくすべきところは同じくし、異を唱えるべきところは一人毅然と異を唱える。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての原文の一部。
(占)人ト交ルニ互ニ思想ノ相違ヨリ、意外ノ變ヲ起スベシ、甚シキニ至リテハ、骨肉讎敵ニ化シ、親疎旦夕ニ變ズ、愼ムベキナリ、睽ノ時ハ、剛ニ施スニ宜シカラズ、・・・
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての現代語訳。
(占)人との交際で、お互いの価値観やイデオロギーの違いによって、予想してもいなかった事変を起こす時。非道い場合は、親しい人々が憎しみ合って争うことになる。慎むべきである。
○睽の時は、強く打って出るとろくな結果にならない。何事も温和であることを善しとする。
○弓矢を射る・鉄砲を撃つという形。弓矢や鉄砲などの武器を用いて何事かを訴えて、果敢に決断すると結果が出る。
○お互い憎み合う形。お互い気持ちがギクシャクして、それまで築き上げてきた人間関係が壊れる。
○お互いに背き合って、意見が正反対になる。
○お互いに憎み合って、徹底的に相手が嫌いになる。
○親しみ和合することが、どうしてもできない時である。
○何事も疑惑が多く、相互に不信になる。
○大事業に取り組めば大失敗する。小事は成功することもある。
○明智を具えた人に従って、事業に取り組めば成就する。
○相手に一生懸命に訴えかけても、全く取り合ってくれない時。
○火を発する武器(鉄砲など)を用いた闘争が起こる時。
○結婚を占った場合は凶。結婚は諦めるべき。
○物価は始め下がって後に上がる。売買には苦情が伴う。

睽 初九 |・| ・||

初九。悔亡。喪馬勿逐。自復。見惡人无咎。
□初九。悔(くい)亡ぶ。馬を喪(うしな)う。逐(お)ふ勿(なか)れ。自(おのずか)ら復(かえ)る。惡(あく)人(にん)を見れば咎无し。
 泰然と構えて動かない。後悔する要因はなくなる。九四を追いかけてはならぬ。
 悪人九四が言行を悔い改めて、初九のところへやって来る。
 初九は九四を寛大に受け入れる。咎められない。
象曰、見惡人、以辟咎也。
□惡人を見るは、以て咎を辟(さ)くる也。
 九四を寛大に受け入れる。逆恨みされることを回避するのである。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての原文の一部。
(占)上位ノ不善人ヨリ交際ヲ求メラルルコトアリ、事善ナレバ從フベシ、不善ナレバ程能ク謝絶シテ、之ニ從フ可ラズ、孔子ガ南子ヲ見、陽貨ニ遇シモ、・・・
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての現代語訳。
(占)善からぬ上司や先輩から声をかけられることがある。善い事ならば従うべきだが、悪い事ならやんわりと断って従ってはならない。孔子は南子や陽貨から声をかけられても、やんわりと断って従わず、災難を招き寄せることを回避した。
○昔から賢者が悪人から声をかけられ、強く拒絶して災難を招き寄せたことが少なくない。慎むべきである。
○物事を受け容れることができないことが原因となり、とんでもない災難を招き寄せ、過失を犯し後悔することになる。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の原文の一部。
(占例)友人某來リテ、氣運ヲ占ハンコトヲ請フ、乃チ筮シテ、睽ノ初爻ヲ得タリ、
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の現代語訳。
(占例)友人がやって来て氣運を占ってほしいと頼まれたので、筮したところ睽の初爻を得た。
 易斷は次のような判断であった。
 睽は上卦離火は上に昇り、下卦兌沢は下に降る。自分と相手の気持ちが通じないので、お互いに背き合う時である。今回占って初爻が出た。初爻は四爻と応じ合う位置にあるが、共に陽爻なので、志が合わない相手と交際するような関係である。以上のことから、君(友人のこと)は、君より地位の高い人と何らかの関係にあるが、君とその人とは志が全く反対で話が合わない。けれども睽の時だから、仕方なくその相手との関係を維持している。
その人は地位は高いが、心が狭く、浅はかで、優柔不断な人物なので、何かあれば、君の意見をよく聞くが、何もなければ、近寄っても来ないという性格だから、君が気を使う必要はない。その人は、何か必要が生ずれば、君の意見を聞きにやって来る。
 このことを「悔(くい)亡ぶ。馬を喪(うしな)う。逐(お)ふ勿(なか)れ。自(おのずか)ら復(かえ)る。惡(あく)人(にん)を見れば咎无し。泰然と構えて動かない。後悔する要因はなくなる。九四を追いかけてはならぬ。悪人九四が言行を悔い改めて、初九のところへやって来る。初九は九四を寛大に受け入れる。咎められない」と云う。その人は、道徳心が薄く、人情に欠けることは、君も承知のことだが、その人が接してくれば、それを拒むわけにはいかない。もし、会うことを拒めば、その人は怒って君に災難が及ぶ。世の中には色々な人がいて、羊のような性格なのに、オオカミを装っている人も多い。このような人に騙されることなく、心を強くして人と交際すべきだと易断した。(易占の結果は書いていない。)

睽 九二 |・| ・||

九二。遇主于巷。无咎。
□九二。主(しゆ)に巷(ちまた)に遇(あ)う。咎无し。
 九四が邪魔して六五と親しむことができない。六五の天子が横町の陋(ろう)屋(おく)に出向いて九二と謁(えつ)見(けん)する。お互いに志を通じ合う。天子が出向いて臣下と謁見するのは礼に適(かな)わないが、睽の時ゆえやむを得ない。
象曰、遇主于巷、未失道也。
□主(しゆ)に巷(ちまた)に遇(あ)うは、未(いま)だ道を失わざる也。
 天子が出向いて臣下と謁(えつ)見(けん)する。全てが背(そむ)き合う睽の時ゆえ、やむを得ない。君臣の道を失っているわけではない。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての原文の一部。
(占)長上ト事ヲ謀リテ、成就スルノ時トス、事意外ニ速成スルコトアルベシ、又一時人ニ邪魔セラレテ、至親ノ間ヲ隔テラルルノ象アリ、・・・
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての現代語訳。
(占)上司や先輩と一緒に事業を企画実行して成功する時。予想以上に早く事業目的を達成することもある。だが、一時的には事業の遂行を邪魔する人がいて、先輩や上司との関係が疎遠となることもある。
○何事も心変わりしないように努めるべき時である。
○自分も相手もお互いに求め合って招き合う時である。
○背き合って離れていた者同士が、再開することを求める時である。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の原文の一部。
(占例)明治二十三年、文部省教育ノ方針ヲ占ヒ、筮シテ、睽ノ第二爻ヲ得タリ、・・・
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の現代語訳。
(占例)明治二十三年、文部省の教育方針を、占って筮したところ、睽の二爻を得た。
易斷は次のような判断であった。
 睽は上卦離火は上に昇り、下卦兌沢の水は下に降る。自分と相手が背き合う時である。今回(文部省の)教育方針を占って、この卦爻が出た。
 わが国固有の教育は、道德を修めることを基本とすることである。ところが文部省は、欧米の教育~すなわち~知識や理性を基本とする教育方針を取り入れた。わが国の伝統的な教育方針と今回文部省が打ち出した教育方針とは、全く異なるので、教育と国民が背き合う。以前の文部省の教育方針は、わが国の伝統的な教育の長所を取り入れ、短所を補うために、欧米の教育を取り入れた。しかし、わが国の国体をよく知らない日本人が欧米に留学し、帰国して教師となってから、その教育を受けた子弟は、わが国の伝統的な教育(君臣の羲に基づく教育)を知らないまま社会に出るようになってしまった。これでは、欧米の教育をそのまま取り入れて、わが国の伝統的な教育を失うことになる。すでに、世の指導者たちは君子の大義を忘れて私利私欲に走り、一般人の中には法律を破って平然としている者までいる。まことに恥ずかしいことで、心ある者は、みんな悲しんでいる。
 わたしもまた、この事態を憂慮して、明治二十三年十月十八日(同年十月三十日付で教育勅語が発布された。)に山県有朋総理大臣に謁見して陳述するため、総理官邸を訪ねた。当日は各県の知事が総理官邸に参集していた。わたしは、その席に招かれ、わが国の教育は、道德教育を基本とすべき旨を演説した。列席していた知事たちに異論はなく、総理大臣もわたしの演説にじっと耳を傾けていた。演説が終わると、総理大臣は憮然とした表情をしていたが、しばらくすると「あなたの演説は、今の時運に適切な、全面的に首肯できる話なので、まことに感心した。文部大臣に、あなたの演説を聞くように伝えよう」とおっしゃったので、わたしは文部省を訪ねて、文部大臣に謁見して教育に関する意見を上申したのである。そして、十月三十日には教育勅語が発布された。わたしは、国を思う至誠の気持ちが天に通じたものと、感涙したのである。
 その後、文部省の役人をはじめ、全国の教師たちも、教育勅語を奉戴して教育に中ったので、わが国は教育方針を誤らなかったのである。このことを、象伝に「主(しゆ)に巷(ちまた)に遇(あ)うは、未(いま)だ道を失わざる也。天子が出向いて臣下と謁(えつ)見(けん)する。全てが背(そむ)き合う睽の時ゆえ、やむを得ない。君臣の道を失っているわけではない。」と云う。
 正に易占は、このように絶妙な学問なのである。