毎日連載! 易経や易占いに関する情報を毎日アップしています。

期間限定「現代語訳(超意訳) 呑象高島嘉右衛門著 増補 高島易斷 上下巻 占例篇」 水山蹇 一

三九 水山蹇 ・|・ |・・

蹇、利西南。不利東北。利見大人。貞吉。
□蹇(けん)は、西南に利しく、東北に利しからず。大人を見るに利し。貞にして吉。
 蹇は険阻艱難な(互卦二三四の坎を頂く険山を越えても、険阻艱難が待ち受ける)時に処する道を説く。
 西南に行くがよい。西南は坤(地)の方角。険阻艱難な時は、平らな大地に止まって時に順うべき。東北に行ってはならない。東北は艮(山)の方角。山は険阻艱難の象徴。険阻艱難な時は険阻艱難に立ち向かってはいけない。平らな大地に止まって、偉大な人物を見習うがよい。険阻艱難に対処する道が見えてくる。偉大な人物を見習って、正しい道を守れば、険阻艱難な時を乗り越えることができる。
彖曰、蹇、難也。險在前也。見險而能止、知矣哉。蹇利西南、往得中也。不利東北、其道窮也。利見大人、往有功也。當位貞吉、以正邦也。蹇之時用、大矣哉。
□蹇は難(なん)也。険前に在る也。険を見て能(よ)く止まるは知なる哉(かな)。蹇は西南に利しとは、往(ゆ)きて中を得る也。東北に利しからずとは、其(その)道窮(きゆう)する也。大人を見るに利しとは、往きて功有る也。位(くらい)に当たりて貞にして吉とは、以て邦(くに)を正しくする也。蹇の時用大なる哉(かな)。
 坎(険難)が艮(山頂に立ち止まる自分)の前に立ち塞(ふさ)がり動くに動けない蹇(けん)難(なん)の時。このような時に、今の場所に止まり時を待てるのが智者である。蹇の時は西南(坤)に行くがよい。坤の平らな大地に止まることが、険阻艱難な時に中ることである。東北(艮)に行ってはならない。艮の険山に向かって行けば道に窮(きゆう)する。偉大な人物に見習えば険阻艱難に対処する道が見えてくる。君子・賢人に見習い自分を修めるのである。君子・賢人がしかるべき地位に就けば社会は安定する。國が正しく治まるからである。蹇の時の働きは、何と偉大なことであろうか。
象曰、山上有水蹇。君子以反身脩德。
□山の上に水有るは蹇なり。君子以て身に反(かえ)りて德を脩(おさ)む。
 艮(山)の上に坎(水)が有る。険しい山と渉り難い大川と落とし穴が重なる蹇難な時。君子は、自分の行いを省みて德を磨き、時が訪れるのをじっと待つ。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての原文の一部。
(占)身ノ上ニ甚シキ艱難アルベシ、而シテ此艱難ヲ齊ハン爲メ、術計画盡キテ、困リ果ルノ時トス、此時ニ當リ、智巧ヲ用ヒ、艱難ヲ出ントスルトキハ、益々・・・
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての現代語訳。
(占)身の上に大変な災難を招き寄せる時。その災難から逃れようとするが万策尽きて困り果てる。
○この時に、小賢しい智恵を用いて対処しようとすれば、困難は益々非道くなる。その困難がもっとも非道い場合には、自分の命を失うこともある。そこまで非道くなくても、家の財産を失って(破産)、生活に困窮するところまで追い込まれる。
○蹇とは「跛(あしなえ)」。進むことができない。心配したところでどうにもならない。時が至るのを待つしかない。
○初爻変ずれば(水火既済になれば)、五ヶ月後には天運を招き寄せて、救済者が現れ、困難から脱出することができる。
○「大人を見るに利し」とは、権威のある人、年上の賢人に依頼すれば支援を得られると云うことである。
○第五爻の時に至れば、困難から脱出して、非常事態は終焉し、心の安定を取り戻すことができる。
○闇雲に苦労して、心を痛めることのないようにするべきである。
○底なし沼に陥ってしまったように進退に窮する時。何事も進み行けば凶運を招く。止まるべし。進めば災難を招き寄せる。
○急いで事を成そうとしてはならない。災難を招き寄せるだけである。
○何事も思った通りにできない(何をやってもうまくいかない)時。
○リーダー(上司)は感情的になり、大衆(部下)は偏屈になって、組織(国家・社会・地域・会社・家庭)が治まらない時。
○善からぬ計画に騙されて落とし穴に陥る。
○物価は始めは高く、その後は低くなる。よって、商売は停滞する。

蹇 初六 ・|・ |・・

初六。往蹇、來譽。
□初六。往(ゆ)けば蹇(なや)み、来(く)れば誉(ほまれ)あり。
 柔弱不中正で身分は低く孤立無援。進み往けば蹇(けん)難(なん)に陥る。じっと止まり時を待てば智者の名誉を得る。
象曰、往蹇、來譽、宜待也。
□往けば蹇み来れば誉ありとは、宜しく待つべき也。
 進み往けば蹇難に陥る。待てば智者の名誉を得る。宜しく時を待つのである。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての原文の一部。
(占)今身ノ上ニ難儀アリトテ、智巧ヲ用ヰテ動時ハ、尚ホ其難儀ヲ益スベシ、・・・
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての現代語訳。
(占)自分の身の上に降りかかった困難に、小賢しい智恵で対応すれば、さらに大きな困難に見舞われる。冷静になって、開運の時が到来するのを待つべきである。
○今は困難の真っ直中にあるが、五ヶ月後には、困難から脱出して、思ってもいなかった名誉を得ることができる。
○あなたに敵がいて、敵に関連した占いを立てた場合は、こちらから進み行けば、敵は益々力を得て、敵の手中に嵌(はま)って、困惑する。敵から進んで来るのは待てば、敵の力は弱体化して和解する。敵を自分の味方にすることができる。
○敵を味方に付けるような対処をすれば、その先見の明に大衆は心服する。思ってもいなかった名誉を得る。
○困難の真っ直中で、速やかに自分のやってきたことを反省して、止まる時は、それ以上、困難の中には陥らない。自分がこれまで取り組んできたことを守ることができる。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の原文の一部。
(占例)友人某來リ、一事件アルヲ以テ、進退ヲ占ハンコトヲ請フ、乃チ筮シテ、蹇ノ初爻ヲ得タリ、・・・
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の現代語訳。
(占例)友人がやって来て、ある事件の進退を占ってほしいと頼まれたので、筮したところ蹇の初爻を得た。
 易斷は次のような判断であった。
 蹇は暗礁が多い所に船を乗り入れたが、水先案内人が不在な時である。動けば必ず困難に陥って、船を動かすことができない。身体障害者のように、進退窮まって船が暗礁する。
また、蹇とは歩いて行けないから、悩む時である。
 この時を事件に当て嵌めてみると、相手は険難な何者(何事)かを用意して、自分を陥れようとしている。自分はそれを察知するので相手に近付いて行くことができない、という困難に陥る。今回占って初爻が出た。今回の事件を、貴方の方から何とかしようと進み行けば、小賢しい智恵が裏目に出て、益々困難が厳しくなる。冷静になって相手の出方を待っていれば、相手から貴方の方に近付いて来る。虎のような相手でも猫のように変化して、貴方と和解するだけでなく、貴方の命令に従うようになる。
 このことを「往(ゆ)けば蹇(なや)み、来(く)れば誉(ほまれ)あり。柔弱不中正で身分は低く孤立無援。進み往けば蹇(けん)難(なん)に陥る。じっと止まり時を待てば智者の名誉を得る」と云い、「宜しく待つべきなり。宜しく時を待つのである」と云う。
 それゆえ、貴方から動いてはならない。相手の出方を待つべきである、と易断した。
(易占の結果については書いていない。)

蹇 六二 ・|・ |・・

六二。王臣蹇蹇。匪躬之故。
□六二。王(おう)臣(しん)蹇(けん)蹇(けん)たり。躬(み)の故(こと)に匪(あら)ず。
 柔順中庸の忠臣六二は、天子を補佐して蹇(けん)難(なん)に立ち向かう。自分の為(ため)ではない。御(お)國(くに)の為に力を尽くすのである。
象曰、王臣蹇蹇、終无尤也。
□王(おう)臣(しん)蹇(けん)蹇(けん)たるは、終(つい)に尤(とが)无(な)きなり。
 天子を補佐して蹇難に立ち向かい艱難辛苦する。
 御國の為に尽くすのである。どうして、責められる道理があろうか。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての原文の一部。
(占)此爻臣位ニ居テ貞正ヲ守ル者トス、忠義ニ厚ケレドモ、國運未ダ至ラズ、爲ニ難儀多カルベシ、然レドモ其志操ヲ變ヘズシテ、國家ニ盡ストキハ、遂ニ・・・
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての現代語訳。
(占)臣下の位に居て、臣下としての役割を全うできる人物。忠義に厚いが、未だ時運が至らないので苦労が多い。志を貫いて組織に尽くせば、終には天運を招き寄せて、物事を成就することができる。
○占った人が賢臣ではなく、一般的な臣下の場合、上司と共に心配事に明け暮れる。だが四ヶ月後には(五爻に至れば)、立派な人物が支援してくれるので、困難な状況から脱出できる。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の原文の一部。
(占例)明治十三年某月、予東京ノ某東京ノ某紳士ヲ訪フ、主人將ニ外出セントスルニ會フ、(中略)速ニ一筮シテ、此事ノ處置法如何ヲ占聞セラルベシト、是ニ於テ主人自ラ筮竹ヲ執リ、予ハ傍ニ在リテ感通ノ力ヲ助ケ、之ヲ筮シテ、蹇ノ第二爻ヲ得タリ、・・・
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の現代語訳。
(占例)明治十三年、東京在住のある紳士を訪ねた。しばらく挨拶を交わした後、紳士は「最近、愚息が商売を始めたが、多額の借金を背負うことになって、大変に心配している。今日もこれから、横浜在住の債権者に返済猶予のお願いをしに行こうと思っていたところである」と言われた。わたしは「先生ほどの世界的な学者がそのような俗事に悩んでおられるのは、誠に残念なことである。そのような心配事は易占で解決できる」と話したところ、紳士は「易占は、そんなに信頼できるものか」と聞くので、わたしは「天地人における森羅万象全てにおいて、易占の予測は信頼できる。よって、速やかに易占に問うべきだと思う」と答えた。そして紳士自ら筮竹を扱い、わたしが補佐する形で占ったところ、蹇の二爻を得た。
 易斷は次のような判断であった。
 蹇は困難が多い時である。彖伝の「険前に在るなり。険を見て能(よ)く止まるは知なる哉(かな)。坎(険難)が艮(山頂に立ち止まる自分)の前に立ち塞(ふさ)がり動くに動けない蹇(けん)難(なん)の時。このような時に、今の場所に止まり時を待てるのが智者である」とは、先生がご子息と奥さんを安心させるために横浜の債権者を訪問すれば、逆に坎難に陥って益々困難が厳しくなると云うことである。債権者は先生の依頼には応じてくれない。先生はよくそのことを認識し、自分から進んで行ってはならない。このことを「険を見て能(よ)く止まるは知なる哉(かな)。このような時に、今の場所に止まり時を待てるのが智者である」と云う。また、蹇は足が不自由な時である。そのことからも横浜の債権者のところには行ってはならない。
 彖伝の「蹇は西南に利し」の「西南」とは退くことである。「東北に利しからず」の東北とは進むことである。すなわち、進み行く時は険難に陥る。自分から進み行けば険難に陥るが、相手がやって来れば自分が有利になる。
 二爻の爻辞に「王(おう)臣(しん)蹇(けん)蹇(けん)たり。躬(み)の故(こと)に匪(あら)ず」とあるのは、ご子息の商売仲間(組合員)は商売に失敗して、誰一人として返済の目処が立たない。そのような時に先生のご子息だけが返済に応じれば、商売仲間の返済を負うことになりかねない。このことを、爻辞に「王(おう)臣(しん)蹇(けん)蹇(けん)たり。躬(み)の故(こと)に匪(あら)ず」と云う。それゆえ、今の状態を心配しようが、しまいが、五ヶ月後(上爻の時)にならなければ解決しない。だから、先生は心配しないで放っておけばよい。三ヶ月経てば(二爻、三爻、四爻と進めば)、関係者が集まって相談することになる。このことを「往(ゆ)けば蹇(なや)み、來(く)れば連(つら)なる」と云う。
 四ヶ月目(五爻)に至れば、爻辞に「大(たい)蹇(けん)なり。朋(とも)来(きた)る」とあるように、債務者と債権者との話が決裂しそうになり、関係者が心配して仲裁することになる。五ヶ月目(上爻)に至れば、人望のある大人物が仲裁に入り一件落着する。このことを「往(ゆ)けば蹇(なや)み、来(く)れば碩(おおい)なり。吉。大人を見るに利し」と云う。
 以上をもって、水山蹇の坎難は終わり、ハッピーエンドとなる。
 紳士は大いに喜んで、以上の易占に従った。事件は易占の通りに推移して、五ヶ月目には山岡鉄舟君の仲裁によって一件落着となり、紳士は大いに安心したのである。