毎日連載! 易経や易占いに関する情報を毎日アップしています。

期間限定「現代語訳(超意訳) 呑象高島嘉右衛門著 増補 高島易斷 上下巻 占例篇」 水山蹇 二

蹇 九三 ・|・ |・・

九三。往蹇、來反。
□九三。往(ゆ)けば蹇(なや)み、来(く)れば反(かえ)る。
 無闇に行けば蹇難のどつぼ(肥溜め・互卦坎)に嵌(はま)る。止(とど)まって下二陰と親しめば、安んずる所を得る。
象曰、往蹇、來反、内喜之也。
□往(ゆ)けば蹇(なや)み、来(く)れば反(かえ)るとは、内、之(これ)を喜ぶなり。
 止まって下二陰と親しめば、安んずる所を得る。下二陰に頼られ喜ばれるのである。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての原文の一部。
(占)此爻才力剛ニ過ル者トス、故ニ進テ難ヲ解カント欲スルトキハ、却テ敗ヲ取リ、困難ニ陥ルベシ、故ニ其身ヲ正シクシテ進マズ、本分ニ安ンズルヲ可トス、・・・
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての現代語訳。
(占)この爻は力が強すぎる。積極的に困難に立ち向かえば、裏目に出て困難が困難を招き寄せて困窮する。それゆえ、足元を固めて前に進まず、コツコツと本業に徹することが肝要である。
○果報は寝て待て。求められた時に素直にそれに応ずれば、事が成就して、思ってもいなかった幸せを招き寄せる。
○親しみ調和して助け合う時である。
○前に進み行けば困難に陥る。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の原文の一部。
(占例)明治二十三年、國運ヲ占ヒ、筮シテ、蹇ノ第三爻ヲ得タリ、・・・
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の現代語訳。
(占例)明治二十三年、国運を占って筮したところ蹇の三爻を得た。
 易斷は次のような判断であった。
 蹇は暗礁が多い所に船を乗り入れて、船長を失う時である。進み行けば、忽(たちま)ち暗礁に乗り上げて、船を損傷させる危険がある。進むことも退くことも、どうすることもできない。これを国運(国家の運勢)に当て嵌めると、内卦の山は人民であり、止まって動かないので、上卦の政府の命令に従わない。そのため政府は困難に陥り、事務は停滞して、運氣は開けない。君主は情に流され、臣下は偏屈なので、国家が治まらない形である。
 今回占って三爻が出た。三爻(おそらく政党政治のリーダー)は、大衆をリードして政府に刃向かう。応ずる政府は陰柔で三爻を制止できない。無理して三爻を制止すれば、困難が困難を招き寄せることを、政府は知っているので、無理に制止せずに事無きを得る。
それゆえ「往(ゆ)けば蹇(なや)み、来(く)れば反(かえ)る。 無闇に行けば蹇難のどつぼ(肥溜め・互卦坎)に嵌(はま)る。止(とど)まって下二陰と親しめば、安んずる所を得る。」と云う。
 すなわち、人民は止まるから、政府もほっとするのである。
 やがて、時が至れば(上爻の時、すなわち三年後の明治二十六年になれば)、国家の運勢も上向くであろう。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の原文の一部。
(占例二)明治元年四月、友人某來リテ曰ク、余ハ某藩ニ仕官スルノ命ヲ奉ジ、(中略)余ニ前途ノ氣運ヲ占ハンコトヲ請フ、乃チ筮シテ、蹇ノ第三爻ヲ得タリ、・・・
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の現代語訳。
(占例2)明治元年四月、ある友人がやって来て「ある藩に仕官せよとの命令で、仕官することになったので、挨拶に来た」と言った。風雲の中で立身出世することを胸に秘めているようであった。そこで、その氣運を占ったところ蹇の三爻を得た。
 易斷は次のような判断であった。
 蹇は山の上に積雪があって、道路が通行止めとなり、動くことができない形である。前に進むと危険なので止まるべき時である。それゆえ「蹇は難(なん)なり。険前に在るなり。険を見て能(よ)く止まるは知なる哉(かな)。坎(険難)が艮(山頂に立ち止まる自分)の前に立ち塞(ふさ)がり動くに動けない蹇(けん)難(なん)の時。このような時に、今の場所に止まり時を待てるのが智者である」と云う。今、貴方が仕官に応じて進み行くことは危険である。行けば必ず困難に陥ることになる。止まることが賢人の対応である。
 今貴方が国家のために尽くそうとしていることはよく理解できるが、貴方の家族のことを考えると、軽々しく決断すべきではない。今は蹇の時であるから、仕官に応じることを断念すべきである。爻辞に「往(ゆ)けば蹇(なや)み、来(く)れば反(かえ)る。無闇に行けば蹇難のどつぼ(肥溜め・互卦坎)に嵌(はま)る。止(とど)まって下二陰と親しめば、安んずる所を得る」とあるのは、仕官に応じれば必ず困難に陥るが、応じなければ困難を避けることができるだけでなく、初爻と二爻、すなわち妻子ともに喜びがあることを云う。そのことを小象伝に「内、之(これ)を喜ぶなり。下二陰に頼られ喜ばれるのである」と云うのである。
 友人はこの易占に従って、仕官には応じなかった。

蹇 六四 ・|・ |・・

六四。往蹇、來連。
□六四。往(ゆ)けば蹇(なや)み、來(く)れば連(つら)なる。
 上卦坎の最下、上に行けば(九五に麗く・互卦離)蹇(けん)難(なん)に陥る。下に行けば九三と親しみ(九三に麗く)六二と初六を加えて九五の天子を補佐できる。
象曰、往蹇、來連、當位實也。
□往(ゆ)けば蹇(なや)み、來(く)れば連(つら)なるとは、位(くらい)に当たりて実(じつ)なれば也。
 下に行けば天子を補佐できる。柔順正位の正德を備えた大臣だからである。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての原文の一部。
(占)温順ノ人、目上ノ賢者ト事ヲ謀レバ、過ナキヲ得ベシ、我レ力ナクシテ、力アル者ト共ニ心配ス、故ニ遠カラズ、難解ケテ安心ニ至ルベシ、・・・
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての現代語訳。
(占)穏やかで柔順な人が、年上の賢人と組んで事業を企画すれば、過失を犯さず無事に事業を終える。自分は力がないが、力のある人物と組んで、共に考え・心配するので、悩みが解けるのである。
○年上の誠実な人物に従って、忠実であることを要する時。
○連合することによって、悩みが解決する時。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の原文の一部。
(占例)某氏ノ請ニ應ジ、明治二十四年、某國枢密院ノ氣運ヲ占ヒ、筮シテ蹇ノ第四爻ヲ得タリ、・・・
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の現代語訳。
(占例)ある人に頼まれて、明治二十四年の枢密院の氣運について、(八月の中旬頃に)占ったところ蹇の四爻を得た。
 易斷は次のような判断であった。
 蹇は内卦艮山が止まって動かない。外卦坎水は険難に陥る性質である。前には水難が待ち構えており、進むことができない。後ろには険しい山立ち塞がっており、退くこともできない。進退窮まる時である。これを国家に当て嵌めると、人民は下に止まって動かない。上の政府の命令にも応じない。そのため政府は困窮して、あらゆる事が閉塞して通じない。強引に通じようとすれば、益々困窮することは明らかなので、しばらく手を拱(こまね)いて時勢を観察している。(三十九番目の)蹇は(三十八番目の)睽の時から続いている困難であるから、急いで解決しようとすれば、さらに困窮するから、五爻に中る九月から十月を待って、少しずつ解決していくべきである。
 今回占って四爻が出た。四爻は五爻の側近として、三爻の力を借りて、困難を解決する立場に在るが力不足である。二爻の臣下は五爻の君主に応じているが、二爻には国家の困難を救う力はなく、忠臣として国家に尽くすだけである。それゆえ「王(おう)臣(しん)蹇(けん)蹇(けん)たり。躬(み)の故(こと)に匪(あら)ず。天子を補佐して蹇(けん)難(なん)に立ち向かう。自分の為(ため)ではない。御(お)國(くに)の為に力を尽くすのである」と云う。四爻には応ずる臣下がいない。自分一人の力で五爻の君主を補佐しなければ、その役割を全うできない。三爻の力を借りて、政府と人民の意見を調和させなければ、円滑な国家運営はできない。
 よって、枢密院が政府と両議院(貴族院と衆議院)の間に入り、双方の意見を調和させる役割を全うすれば、五爻の君主から信頼されて、臣民から感服され、君主からはお褒めの言葉を賜る。このことを、小象伝に「往(ゆ)けば蹇(なや)み、來(く)れば連(つら)なるとは、位(くらい)に当たりて実(じつ)なれば也。下に行けば天子を補佐できる。柔順正位の正德を備えた大臣だからである」と云う。「往く」とは、五爻の君主に奉仕することを云い、「来る」とは、三爻の力を借りることを云う。「位(くらい)に当たりて実(じつ)なれば也」とは、政府と人民が調和して、側近としての役割を全うすることを云う。
 また、五爻の爻辞に「大(たい)蹇(けん)なり。朋(とも)来(きた)る。蹇(けん)難(なん)に陥っている。忠臣六二が九三を引き連れ九五の下に参上、九三の正応上六も九五と比する六四も孤立無援の初六も馳せ参ずる。九五の下へ全ての諸爻が集まり、険阻艱難を乗り越えるべく尽力する」とある。終には君主の側近としての役割を全うするので、臣民から感涙されるような存在に至るのである。
(易占の結果については書いていない。明治二十四年の史実を調べると、「明治二十三年に帝国議会の幕が開き、同二十五年に成立した伊藤内閣の時には政府と自由党が歩み寄り、協力して政治を運用する」とあるので、大凡(おおよそ)的中しているように思われる。)

蹇 九五 ・|・ |・・

九五。大蹇。朋來。
□九五。大(たい)蹇(けん)なり。朋(とも)来(きた)る。
 蹇(けん)難(なん)に陥っている。忠臣六二が九三を引き連れの下に参上、九三の正応上六も九五と比する六四も孤立無援の初六も馳せ参ずる。九五の下へ全ての諸爻が集まり、険阻艱難を乗り越えるべく尽力する。
象曰、大蹇、朋來、以中節也。
□大(たい)蹇(けん)なり。朋(とも)来(きた)るとは、中(ちゆう)節(せつ)を以て也。
 諸爻が集まり尽力する。九五が中庸の德を発揮して志(し)操(そう)を貫くのである。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての原文の一部。
(占)尊位ヲ履ミ、身大ナレバ、艱難モ亦大ナリ、智德アリト雖モ、衆力ヲ得ザレバ、周ク之ヲ救ヒ難シ、故ニ明智アル者ヲ集メテ、助ヲ得バ、難悉ク解ケテ、・・・
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての現代語訳。
(占)君主としての責任が重く、困難もまた大きい。君主一人が智恵と人德を具えていても、大衆の支持がなければ、天下を救うことはできない。賢臣を集めて対処すれば、困難は忽(たちま)ち解決して、君主として大きな功績を上げる。
○一般人ならば、天が定めた運命(宿命)によって、久しく困難の中に陥っていたが、今は大勢の人々の助けによって、困難から脱出して希望を叶えることができる。
○貴方は剛健中正の人德を具えている。だから必ず朋友がやって来て貴方を助けてくれる。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の原文の一部。
(占例)明治二十年、某貴顕ノ氣運ヲ占ヒ、筮シテ、蹇ノ第五爻ヲ得タリ、・・・
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の現代語訳。
(占例)明治二十二年、ある貴人の氣運を占って筮したところ、蹇の五爻を得た。
 易斷は次のような判断であった。
 蹇は船長が航路を間違え、暗礁に船を乗り入れ、進退窮まった時。暗礁から脱出することが先決だが、下手に動けば暗礁に乗り上げて、船を損傷する恐れがあるので進退窮まって困窮している。
 今回占って五爻が出た。五爻は上卦坎水の主爻。険難に陥っているが、応比する二爻と四爻は陰柔で頼みにならない。そこで、二爻と四爻は陽剛の三爻を引き連れて五爻を補佐する。五爻の下(もと)に臣下が集まり険難に対処する。それゆえ「大(たい)蹇(けん)なり。朋(とも)来(きた)る。蹇(けん)難(なん)に陥っている。忠臣六二が九三を引き連れの下に参上、九三の正応上六も九五と比する六四も孤立無援の初六も馳せ参ずる。九五の下へ全ての諸爻が集まり、険阻艱難を乗り越えるべく尽力する」と云う。五爻は蹇の大困難を一身に負って対処する。相談役である上爻によく相談して対処すれば、困難を脱出できる。
 貴人は指導者としての人德を磨き、じっと耐えるべきである、と易斷した。
(易占の結果は、書いていない。)

蹇 上六 ・|・ |・・

上六。往蹇、來碩。吉。利見大人。
□上六。往(ゆ)けば蹇(なや)み、来(く)れば碩(おおい)なり。吉。大人を見るに利し。
 無闇に立ち向かって往けば蹇(けん)難(なん)に陥る。正応九三と力を合わせ、九五の天子の下に六四・六二・初九が馳せ参じ、全員が一致協力すれば、大きな功績を上げる。蹇難を脱出できる。九五の天子に従うがよい。
象曰、往蹇、來碩、志在内也。利見大人、以從貴也。
□往(ゆ)けば蹇(なや)み、来(く)れば碩(おおい)なりとは、志、内に在(あ)る也。大人を見るに利しとは、以て貴(たつと)きに従うなり。
 一致協力すれば大きな功績を上げる。外卦の上六と内卦の九三の志が一致するのである。天子に従うがよい。陽剛で貴(たっと)い九五に従うから、宜しきを得るのである。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての原文の一部。
(占)高位ニ在リテ、國家ノ艱難ヲ察シ、心ヲ艱マスコト大ナルベシ、然レドモ艱已ニ解ルニ及テハ、坐ナガラニシテ德顕ルベシ、・・・
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての現代語訳。
(占)高い地位に在って、国家が困難に陥っている状況を観察して、大いに心を痛めている。だが、困難は既に解決しようとしている。君主の相談役として大いに人德を発揮する時である。
○一般人の場合には、長年の苦学が報われて、名誉を得る時である。
○自分を修めて、人から支援される時である。
○立派な人に順って、功を立てる時である。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の原文の一部。
(占例)友人某來リテ、氣運ヲ占ハンコトヲ請フ、乃チ筮シテ、蹇ノ上爻ヲ得タリ、・・・
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の現代語訳。
(占例)友人がやって来て、氣運を占ってほしいと頼まれたので、筮したところ蹇の上爻を得た。
 易斷は次のような判断であった。
 蹇は泥の中に陥って進退自由にならない時である。今回占って上爻が出た。これまで停滞していた運氣が、ようやく開けようとしている時である。だが、未だ積極的に事を為す時ではない。自分よりも優れた大人物の知恵を借りる時である。大人物を見付けて、その人に困難への対処を依頼すべきである。しかし、その人もまた、今は困難の中にある。
 先ずは貴方が、その人のために一肌脱いで、その人の困難を解決してから、貴方が立ち向かっている困難への対処を依頼すべきである。このことを「往(ゆ)けば蹇(なや)み、来(く)れば碩(おおい)なり。吉。大人を見るに利し。無闇に立ち向かって往けば蹇(けん)難(なん)に陥る。正応九三と力を合わせ、九五の天子の下に六四・六二・初九が馳せ参じ、全員が一致協力すれば、大きな功績を上げる。蹇難を脱出できる。九五の天子に従うがよい」と云っている。貴方が、貴方よりも優れた大人物のために一肌脱ぐことによって、幸運を招き寄せると易断した。
(易占の結果は書いてない。)