毎日連載! 易経や易占いに関する情報を毎日アップしています。

期間限定「現代語訳(超意訳) 呑象高島嘉右衛門著 増補 高島易斷 上下巻 占例篇」 雷天大壮

三四 雷天大壮 ・・| |||

大壯、利貞。
□大(たい)壮(そう)は、貞しきに利し。
 大壮は、君子(陽)の勢いが、小人(陰)を駆(く)逐(ちく)して益々盛んになる時。調子に乗ると大失敗を招く。常に正しい道を、固く守るがよい。
彖曰、大壯、大者壯也。剛以動、故壯。大壯利貞、大者正也。正大而天地情可見矣。
□大壮とは、大なる者壮(さかん)なる也。剛にして以て動く、故に壮なり。大壮は貞しきに利しとは、大なる者正しき也。正(せい)大(だい)にして天地の情見る可(べ)し。
 大壮は大なる者(陽)の勢いが盛んになる時。「大という字は一と人から成る。一は天を意味し、天と人を重ねて人が天道を歩む意味になる(高島易断)」。
 すなわち大壮は、天の道を歩む君子の勢いが盛んになる時である。
 剛健(乾)にして動く(震)ので、陽の勢いが益々盛んになる。
 大壮は君子(陽)の勢いが小人(陰)を駆逐して益々盛んになる時。調子に乗ると大失敗を招く。常に正しい道を、固く守るがよい。大なる者は正しい道を堂々と歩むのである。
 君子は正しく天の道を歩み、天地の道理をしみじみ悟(さと)るのである。
象曰、雷在天上大壯。君子以非禮弗履。
□雷(かみなり)、天の上に在るは大壮なり。君子以て礼に非(あら)ざれば履(ふ)まず。
 雷(震)が天(乾)の上に在る。天の道を歩む君子の勢いが益々盛んになる形。君子は、礼(調和)に適(かな)わない言行は、畏(おそ)れ慎(つつし)むのである。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての原文の一部。
(占)此卦長男傲然トシテ老父ノ上ニ居ル、血氣ニ過ギテ、和氣ニ乏シキノ嫌アリ、深ク禮譲ヲ守リテ、正ヲ行フベシ、然ルトキハ已ニ時ヲ得タルノ占トス、・・・
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての現代語訳。
(占)(上卦の)長男が(下卦)の老父の上に居る。血氣が盛んで和氣に乏しいところがある。礼節に従い、謙譲の心を身に付けて、善行を実践すべし。それができれば、盛運を招き寄せる。
○才能に溺れ、他人を侮(あなど)り、暴走しかねない時である。
○只管(ひたすら)、上を向いて、昇り進む時である。

大壮 初九 ・・| |||

初九。壯于趾。征凶。有孚。
□初九。趾(あし)に壮(さかん)なり。征(ゆ)けば凶。孚(まこと)有り。
 陽爻陽位、大(たい)壮(そう)の時には剛に過ぎる。最(さい)下(か)の卑(いや)しい身分(趾)でありながら、盛んに進もうとする。進めば必ず禍(わざわい)を受ける。真心は有るのだが…。
象曰、壯于趾、其孚窮也。
□趾(あし)に壮(さかん)なりとは、其の孚(まこと)窮(きゆう)する也。
 卑(いや)しい身分でありながら、盛んに進もうとする。真心は有っても、暴走すれば、窮(きゆう)するのである。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての原文の一部。
(占)此爻ハ時機ノ未ダ熟セザルニ進ミ、身ヲ失フカ、或ハ名ヲ失フノ占トス、愼ムベシ、
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての現代語訳。
(占)時機が至る前に進み行き、身体や名声を損なう時である。
○妄進して事を誤る時である。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の原文の一部。
(占例)友人某來リ、事業ノ成否ヲ占ハンコトヲ請フ、乃チ筮シテ、大壯ノ初爻ヲ得タリ、
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の現代語訳。
(占例)ある友人がやって来て、事業の成否を占ってほしいと頼まれたので、筮したところ、大壮の初爻を得た。
 易斷は次のような判断であった。
 大壮は、雷が天下に轟き鳴動して、勢力増大する時。人事に当て嵌めると、氣力が満ち溢れて事がどんどん進む時である。
 今回、友人の事業を占って初爻が出た。時機はまだ至っていない。経験不足で実力が伴わない。今、事を進めると自他共に迷惑を生ずることになる。それゆえ「趾(あし)に壮(さかん)なり。征(ゆ)けば凶。孚(まこと)有り。陽爻陽位で剛に過ぎる。最(さい)下(か)の卑(いや)しい身分(趾)でありながら、盛んに進もうとする。進めば必ず禍(わざわい)を受ける。真心は有るのだが…」と云う。
「趾(あし)に壮(さかん)なり。征(ゆ)けば凶」とは軽はずみに行動して失敗することを云う。「孚(まこと)有り」とは、必ず災いを蒙ることを云う。
 今、取り組もうとしている事業は、時を待ってから始めれば成功する可能性は十分あるが、今は時機が到来しておらず、喩えれば「渋柿」の段階である。時機が到来するのを待つべきだと易斷した。
 だが友人は、易占を信用せずに、事業を始めた。しかし、大失敗して家の財産を失うことになり、その事業を三分の一の資本で買い取った事業者が大きな利益を得たと云う。

大壮 九二 ・・| |||

九二。貞吉。
□九二。貞にして吉。
 陽爻陰位で暴走しない。常に正しい道を固く守って、幸を得る。
象曰、九二貞吉、以中也。
□九二の貞にして吉なるは、中なるを以て也。
 正しい道を守って幸を得る。時に中って、暴走しないからである。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての原文の一部。
(占)卓識才略アリテ、大壯ノ世ニ居リ、運氣ハ已ニ十分ナルヲ知ルト雖モ、滿盈ヲ慮テ進マズ、故ニ能ク其大ヲ有ツ、貞ハ事ヲ以テ言ヒ、中ハ心ヲ以テ言フ、・・・
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての現代語訳。
(占)才能と見識を具えて、大壮の時に中る。盛運の時と知りながらも、自戒して暴走しない。それゆえ、幸運を招き寄せる。
 正しい事を行い、正しい心で対処すれば、興奮することも、阿(おもね)ることもない。以上が前提条件となって幸運を掴み取る。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の原文の一部。
(占例)某會社ノ社長氣運ヲ占ハンコトヲ請フ、乃チ筮シテ、大壯ノ第二爻ヲ得タリ、
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の現代語訳。
(占例)ある会社の社長から運氣を占ってほしいと頼まれたので、筮したところ、大壮の二爻を得た。
 易斷は次のような判断であった。
 大壮は四つの陽爻が進み行き、二つの陰爻が衰退する時。陽爻は大きく、陰爻は小さい。四つの陽爻が揃っているから大壮と云う。会社に当て嵌めると、豪快に事業を進める時。資金は豊富で優れた人材を有し、運氣に乗って突き進む時である。
 あなたは社長だから、株主の意向をよく酌み取り、株価が下がらないように安全運転に努め、会社の信用を強固にした上で、徐々に利益を出していくという戦略を採用するべきである。だから「貞にして吉。陽爻陰位で暴走しない。常に正しい道を固く守って、幸を得る」と云う。
 二爻は陽爻陰位だから、(暴走しかねない大壮の時に中って)暴走することはない。その舵取りが多くの人々に影響する立場だから、大儲けすることを考えずに、着実に利益を得る方針を貫くべきである。後二年経過すれば(四爻の時に至れば)、大きな利益を得ると易斷した。
 その後、易占の通りになった。

大壮 九三 ・・| |||

九三。小人用壯。君子用罔。貞厲。羝羊觸藩羸其角。
□九三。小人は壮(そう)を用(もち)う。君子は罔(もう)を用う。貞なれども厲(あやう)し。羝(てい)羊(よう)、藩(まがき)に触れ、其の角(つの)を羸(くるし)む。
 陽爻陽位で乾の極、剛に過ぎる。小人は暴走する。君子は立ち止まる。正しい道でも危険に陥る。牡(お)羊(ひつじ)が垣(かき)根(ね)に突っ込み、角(つの)が垣根に絡(から)まって進退窮(きゆう)する。
象曰、小人用壯。君子罔也。
□小人は壮(そう)を用(もち)う。君子は罔(な)き也。
 小人は暴走して自爆する。君子は立ち止まって暴走しない。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての原文の一部。
(占)血氣ニ任セテ、事ヲ誤ルノ時トス、厚ク思慮ヲ加ヘズシテ、進ムトキハ、自ラ迷惑ヲ醸スベシ、少シク人ニ後レテ進マバ、苦慮セズシテ事成ルベシ、・・・
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての現代語訳。
(占)血氣に任せて事を誤る時である。じっくりと考慮せずに安直に進む時は自ら災難を招き寄せる。先人のやり方を見習って進めば苦労せずに事を成し遂げることができる。
○非力なのに、氣力だけは強い時である。
○相手を侮(あなど)り、欺(あざむ)く時である。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の原文の一部。
(占例)友人某來リテ、商業ノ氣運ヲ占ハンコトヲ請フ、乃チ筮シテ、大壯ノ第三爻ヲ得タリ・・・
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の現代語訳。
(占例)ある友人がやって来て、商売の氣運を占ってほしいと頼まれたので、筮したところ、大壮の三爻を得た。
 易斷は次のような判断であった。
 乾の老父が内で家業を治め、震の長男が外で業務に携わる。父子心を合わせて豪快に活動し家業隆盛に至る時。
 今回第三爻を得た。三爻は陽爻陽位で才能・志氣ともに強く、他の同業者を圧倒する勢いがある。だが、三爻は不中正で剛に過ぎる。それゆえ、商店の番頭が調子に乗って、安直に事業を切り盛りして、小資本の同業者を苦しめ、誠実な商人を欺いて、世間の信用を失うことになるであろう。このことを「小人は壮(そう)を用(もち)う。君子は罔(もう)を用う。貞なれども厲(あやう)し。陽爻陽位で乾の極、剛に過ぎる。小人は暴走する。君子は立ち止まる。正しい道でも危険に陥る」と云う。
「罔(もう)を用う」とは人を網の中に捕まえること。謀略に乗せられて進退窮まる困難を招き寄せる。このことを「羝(てい)羊(よう)、藩(まがき)に触れ、其の角(つの)を羸(くるし)む。牡(お)羊(ひつじ)が垣(かき)根(ね)に突っ込み、角(つの)が垣根に絡(から)まって進退窮(きゆう)する」と云う。
 以上から、隆盛の勢いに乗じて事を為してはならないと易斷した。
 だが、その友人は調子に乗って事を為し、遂に大損した。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の原文の一部。
(占例二)明治二十七年五月、我邦駐剳ノ英國特命全權公使フレザー氏病ニ罹ル、友人某、之ヲ憂ヒテ余ニ一占ヲ請フ、乃チ筮シテ、大壯ノ第三爻ヲ得タリ、
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の現代語訳。
(占例2)明治二十七年五月、英国駐日公使のフレザー氏が病(やまい)に罹(かか)った。ある友人が心配して占ってほしいと頼まれたので、筮したところ、大壮の三爻を得た。
 易斷は次のような判断であった。
 大壮は陽が成長する卦で元氣(根元的なエネルギー)が大いに発揮される時である。人に当て嵌めれば、氣力に満ち溢れた剛健な人である。一方、これを病気に当て嵌めると、病気の勢いもまた盛んである。三爻は陽爻陽位で血気盛んに過ぎて処世の道を誤る。君子でも三爻の時には事を為して失敗することがある。
 以上のことから、フレザー氏の病気は名医が対応しても、手術で治すことは難しく、治療に苦しむことになる。だから爻辞に「九三。小人は壮(そう)を用(もち)う。君子は罔(もう)を用う。貞なれども厲(あやう)し。羝(てい)羊(よう)、藩(まがき)に触れ、其の角(つの)を羸(くるし)む。陽爻陽位で乾の極、剛に過ぎる。小人は暴走する。君子は立ち止まる。正しい道でも危険に陥る。牡(お)羊(ひつじ)が垣(かき)根(ね)に突っ込み、角(つの)が垣根に絡(から)まって進退窮(きゆう)する。」とある。
 この段階を乗り越えて五爻の時に至れば、すなわち一ヵ月経過すれば、病状は改善して健康状態に戻るが、この段階を乗り越えられなければ、この爻変じて雷沢帰妹となり、治癒することは難しいと易断した。
 その後、フレザー氏の病状の経過は芳(かんば)しくなく、翌月四日、遂に死去したのである。

大壮 九四 ・・| |||

九四。貞吉悔亡。藩決不羸。壯于大輿之輹。
□九四。貞にして吉、悔い亡ぶ。藩(まがき)決して羸(くるし)まず。大(たい)輿(よ)の輹(とこしばり)に壮なり。
 不中正だが、勢い盛んな大壮の時には剛柔調和して宜しきを得る。
 過ぎたるところがない正しさを貫けば幸を得て、後悔することはない。垣(かき)根(ね)は開いている。角(つの)を引っかけずに、進むことができる。
 車軸が堅固で大きな車で勇ましく進み、小人を平定して服従させる。
象曰、藩決不羸、尚往也。
□藩(まがき)決して羸(くるし)まずとは、往(ゆ)くを尚(たつと)ぶ也。
 角(つの)を引っかけずに進む。進んで行かなければ小人を平定できないのである。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての原文の一部。
(占)小人勢ヲ失ヒ、君子盛運ノ時トス、天時地利人和、皆併セテ之ヲ得、心ニ掛ルコト、皆氷解シテ、望ミ事叶フノ時トス、
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての現代語訳。
(占)小人が勢いを失い、君子が盛運を迎える時である。
○天の時、地の利、人の和、全てを得て、心に少しも蟠(わだかま)りなく、あらゆる事が解決して、望み事が叶う時である。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の原文の一部。
(占例)明治二十七年九月十二日、某貴顕廣島大本營ニ出張ノ際、氣運ヲ占ヒ、大壯ノ第四爻ヲ得タリ・・・
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の現代語訳。
(占例)明治二十七年九月十二日、ある貴人が広島の大本営に出張する際に、日清戦争の 運氣を占ったところ、大壮の四爻を得た。
 易斷は次のような判断であった。
 大壮は雷が天上で動き、四陽が二陰を追い詰め、その勢力は甚だ盛大な時である。今回、四爻を得た。四爻の勢いを妨害する者は誰もいない。向かって行く所に敵はいない形である。爻辞の「藩(まがき)決して羸(くるし)まず。大(たい)輿(よ)の輹(とこしばり)に壮なり。垣(かき)根(ね)は開いている。角(つの)をを引っかけずに、進むことができる。車軸が堅固で大きな車で勇ましく進み、小人を平定して服従させる」とは、苦労しないで敵国の守りが強固なお城を攻め落として、わが軍隊の通行自由自在なことを云う。
 この占いは、明治元年に、天皇陛下が初めて東京にいらっしゃった時に得た卦爻と同じだから、敵が帰服する時である。そこで「今回の広島大本営出張(すなわち出陣)は、日清戦争に勝利することは間違いない」という占断である、と貴人に伝えた。
 貴人は深く肯(うなず)いて、毅然として出張(出陣)された。

大壮 六五 ・・| |||

六五。喪羊于易。无悔。
□六五。羊(ひつじ)を易(さかい)に喪(うしな)う。悔い无し。
 柔中の天子六五は賢臣に順う。後悔することはない。
象曰、喪羊于易、位不當也。
□羊(ひつじ)を易(さかい)に喪(うしな)うとは、位当らざれば也。
 賢臣に順って後悔しない。天子にして柔順だからである。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての原文の一部。
(占)柔順ヲ用ヰテ、事ヲ遂ルノ時トス、譬ヘバ暴人ニ出合テ非理ヲ言掛ケラルルモ、和順ニ待遇シテ、回避スルヲ臧シトス、己レ志剛ナリトモ、外面ニ顯サズ、・・・
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての現代語訳。
(占)柔順に対処することで事を成し遂げる時。とんでもない人物に無理難題を突き付けられても、柔順に対処すれば災いを回避できる。
○強い志を内に抱いて、外面は柔順に人と接するべきである。
○剛を制御するのは柔に勝るものはないと認識すべきである。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の原文の一部。
(占例)友人某來リテ曰ク、頃日見込アリテ、買入レタル品アリ、胸算ノ如ク行ハルルヤ、否ヤヲ占ハンコトヲ請フト、乃チ筮シテ、大壯ノ第五爻ヲ得タリ・・・
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の現代語訳。
(占例)友人がやって来て、「高く売れると見込んで買った商品がある。見込んだ通りに売れるかどうかを占ってほしい」と頼まれた。
 そこで筮したところ、大壮の五爻を得た。
 易斷は次のような判断であった。
 大壮は雷が天上で動いて、活動が盛んな時だが、陽爻は四爻で終わっているので、五爻は、台風が過ぎ去った後のような状態である。「六日の菖蒲(あやめ)十日の菊~時機に遅れて役に立たないことのたとえ(故事ことわざ辞典)~」という諺のように、貴方が期待している値段では売れない。柵が破れて羊を失うようなものである。それゆえ「羊(ひつじ)を易(さかい)に喪(うしな)う。悔い无し」と云う。的がないのに、矢を射るようなものである。
 友人は大いに落胆して、「実は台湾のことで清国と大きな戦争になると考えて、沢庵漬け、梅干し、切り干し大根などを買った。もし、清国と戦争にならなければ、大変なことになる」と、つぶやいて帰った。しばらくすると、清国とは戦争にならないことが判明した。友人は驚いて損失覚悟で売却したが、「三年経っても損失を補填することはできなかった」と、ぼやいていた。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の原文の一部。
(占例二)明治二十七年十一月二十日、某貴顕弊舎ニ來訪セラレ、目下旅順口ノ形勢如何、試ニ占筮セント、乃チ筮シテ、大壯ノ第五爻ヲ得タリ・・・
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の現代語訳。
(占例2)明治二十七年十一月二十日、貴人がやって来て、今の旅順の形勢(日清戦争の戦況)はどうなっているかを占ってほしいと頼まれたので、筮したところ、大壮の五爻を得た。
 易斷は次のような判断であった。
『大壮は四陽が二陰を消し去る形。わが軍の勢いは盛大で、敵軍を追い込み、旅順の敵軍は、現在、遁走中と思われます。なぜなら「羊(ひつじ)を易(さかい)に喪(うしな)う。悔い无し」とは、旅順の敵軍がわが軍を恐れて、現在は退去したものと解釈できるからです。明日は上爻に中りますので、敵軍は進退窮まって降参するものと思われます。このことを「羝(てい)羊(よう)、藩(まがき)に触れ、退く能(あた)わず、遂(と)ぐる能(あた)わず。牡(お)羊(ひつじ)のように暴走すれば、垣根に突っ込んで進退窮まる。」と云います。この卦爻は、明治二年の戊辰戦争で幕府軍が降参した時に得たものと同じです。旅順陥落の吉報が必ず近日中にあるでしょう』と易断した。
 貴人は深く肯いて帰られた。
 数日後、旅順陥落の吉報が届いたのである。

大壮 上六 ・・| |||

上六。羝羊觸藩、不能退、不能遂。无攸利。艱則吉。
□上六。羝(てい)羊(よう)、藩(まがき)に触れ、退(しりぞ)く能(あた)わず、遂(と)ぐる能(あた)わず。利しき攸(ところ)无し。艱(なや)めば則(すなわ)ち吉。
 過中の上六は大壮の極点・震の最上に居る。牡(お)羊(ひつじ)のように暴走すれば、垣根に突っ込んで進退窮まる。艱難辛苦して改心すれば、禍(わざわい)転じて福となす。
象曰、不能退、不能遂、不詳也。艱則吉、咎不長也。
□退(しりぞ)く能(あた)わず、遂(と)ぐる能(あた)わずとは、詳(つまびら)かならざる也。艱(なや)めば則(すなわ)ちち吉とは、咎、長からざる也。
 進退窮(きわ)まる。時勢を詳(つまびら)らかに分析しなかったのである。
 禍転じて福となす。反省して過ちを改めれば、咎めは長く続かないのである。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての原文の一部。
(占)己レノ不明ヨリシテ、艱難ヲ招キ、進退ニ苦ミシモ、後ニ悔悟勉強シテ艱難ヲ免ルルノ爻トス、作爲スル所ナキモ亦吉ナルベシ、
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての現代語訳。
(占)自分の落ち度で艱難を招き寄せて、進退に苦しむ。後悔して、熱心に勉強するようになるので、艱難を脱出する。
○作為がないことが、吉運を招き寄せる。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の原文の一部。
(占例)一日杉君ノ邸ヲ訪ヒ、閑談晷ヲ移ス、杉君余ニ謂テ曰ク、昨夜偸兒我邸内ノ倉庫ヲ斫リ、物品若干ヲ窃取シ去レリ、物品中勲章及ビ大禮服アリ、是レ余ニ在テハ、貴重缺ク可カラザルモ彼ニ在テハ、供用スベキ者ニ非ズ、子試ニ之ヲ筮セヨト、余筮ヲトリテ之ヲ占スルニ、大壯ノ上爻ヲ得タリ・・・
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の現代語訳。
(占例)ある日、杉君の家を訪れた。杉君から「昨夜、泥棒がわが家の倉庫から物品を盗んでいった。その中には勲章などわたしにとっては大切な物が入っていたのだが、泥棒には価値のない物である。そこで、その行方を占ってほしい」と頼まれた。
 そこで、筮したところ、大壮の上爻を得た。
 易斷は次のような判断であった。
 大壮は豪快な盗賊、倉庫を破って宝物を盗もうとしたが、邸宅の警護が厳しいことを恐れて、目に付く物を手当たり次第に盗み出した。だから勲章など泥棒には価値のない物を盗んだのだが、盗賊は邸宅を脱出して初めてそのことに気付いた。売ることもできず、自分が身に着(つけ)るわけにもいかず、そうかといって倉庫に戻すこともできないので途方に暮れている。このことを「藩(まがき)に触れ、退(しりぞ)く能(あた)わず、遂(と)ぐる能(あた)わず。牡(お)羊(ひつじ)のように暴走すれば、垣根に突っ込んで進退窮まる」と云う。「藩(まがき)に触れ」とは、貴方の邸宅の近隣にある垣根のような所に隠してあることを暗示している。
(大壮は陽爻が陰爻を追い詰める時。)陰爻が陽爻に転ずる時だから、盗難された勲章などの物品は必ず見付かると易断した。
(この易占を信じた)杉君は、家族を動員して近所の垣根周辺を捜索したところ、隣の家の垣根の近くに隠してあった。杉君は大いに喜んで、わたしもまた、易占の絶妙な功用に感心したのである。杉君は次のような唄を作った。「易術の講釈はいつも面白し。声は高島、心は嘉右衛門」。