毎日連載! 易経を中心に日本の心に関する情報を毎日アップしています。

易経(周易)を読み解く 百三五(風雷益 初二三)

初九 ――‥ ‥‥― (風雷益) 之卦 二十風地観
初九。利用爲大作。元吉。无咎。
○初九。用(もつ)て大(たい)作(さく)を爲(な)すに利し。元(げん)吉(きつ)。咎无し。
 初九は剛健正位で位(くらい)は低いが六四の大臣(側近)に応じている(六四から益される)。上(外)を減らして下(内)を益する時において、柔順にして正位の大臣六四に抜擢され、大事業を成し遂げる。見事に大事業を成し遂げれば、周(まわ)りから称(しよう)讃(さん)される(為し遂げられなければ…)。(大事業を為し遂げれば、)勿(もち)論(ろん)、誰からも咎められない。
象曰、元吉无咎、下不厚事也。
○象に曰く、元(げん)吉(きつ)、咎无しとは、下(した)、事(こと)を厚くせざる也。
 小象伝は次のように言っている。初九が大事業を為し遂げれば、周りから称讃され、誰からも咎められない。本来、位の低い者が大事業に取り組むべきではないが、抜擢され大事業を成し遂げたので、誰も咎めることができないのだ。それゆえ、大事業を成し遂げられなければ、六四の大臣(側近)も賢臣初九も共に責任を追及されるのである。

【以下、高島易断から占いとしての見立てを引用】
(占)土地を開墾する事業を企画して、大いに成功する時である。
○商業でも工業でも大きな利益を得られる時である。
○大きな利益を得るので、人から嫉妬されないように、人と接する時には謙譲の心を忘れずに、衣食住は質素にしなければならない。
○大事業に取り組むには絶好の時である。
○力(ちから)業(わざ)で事を成し遂げられる時である。

六二 ――‥ ‥‥― (風雷益) 之卦 六一風澤中孚
六二。或益之。十朋之龜弗克違。永貞吉。王用享于帝。吉。
○六二。或(あるい)は之(これ)を益す。十(じつ)朋(ぽう)の龜(き)も違(たが)う克(あた)はず。永(えい)貞(てい)にして吉。王用(もつ)て帝に享(とお)す。吉。
 上(外)を減らして下(内)を益する時において、柔順中正の賢臣六二は、九五の天子(トップ)を始め、色々な人から益を与えられる果報者である。高貴な亀の甲(こう)羅(ら)を用いて本格的に占っても、占いの結果は六二に益を与える内容となる。幾(いく)久しく正しい道(道德)を固く守れば、幸運を招き寄せる。
 九五の天子(トップ)は賢臣六二を用いて神様仏様を祀り、神様仏様がこれをお受けになれば、さらなる幸運を招き寄せるであろう。
象曰、或益之、自外來也。
○象に曰く、或(あるい)は之(これ)を益すとは、外より來(く)る也(なり)。
 小象伝は次のように言っている。柔順中正の賢臣六二は九五の天子(トップ)を始め、色々な人から益を与えられる果報者である。上(外)を減らして下(内)を益する時において、賢臣六二が柔順中正なので、周りの人々が喜んで六二に益を与えるのである。

【以下、高島易断から占いとしての見立てを引用】
(占)社会の下層に居るが、篤実で欲がなく、人德を積み上げ、天を尊崇している人物である。いつも世のため人のために尽くすので、多くの人々から信頼されて、思いがけない幸運を招き寄せる。
○その非凡な才能を発揮して、国家に貢献する時である。

六三 ――‥ ‥‥― (風雷益) 之卦 三七風火家人
六三、益之用凶事。无咎。有孚中行。告公用圭。
○六三、之(これ)を益すに凶(きよう)事(じ)を用(もち)ふ。咎无し。孚(まこと)有り中(ちゆう)行(こう)あり。公に告(つ)ぐるに圭(けい)を用(もち)ふ。
 柔順不正(陰爻陽位)の六三は下卦震(雷動)の極点に居る(動き過ぎる・やり過ぎる)ので通常は益することは難しい。だが、非常時に(動き過ぎる・やり過ぎる)六三を用いて艱(かん)難(なん)辛(しん)苦(く)を克服すれば、咎(とが)を免れることができる。(動き過ぎる・やり過ぎる)六三は艱難辛苦を克服するために、至誠の心と中庸の德で事に中(あた)る。至誠の心が君主にまで伝われば、神を祭る五角形の玉を献上するように信頼されるのである。
象曰、益用凶事、固有之也。
○象に曰く、益すに凶(きよう)事(じ)を用(もち)うるは、固(もと)より之(これ)を有する也。
 小象伝は次のように言っている。艱難辛苦の非常時に下卦震(雷動)の極点に居る(動き過ぎる・やり過ぎる)六三を用いる。元々六三が確乎不抜の志を抱いているので、上(外)を減らして下(内)を益する時に適(かな)っているのである。

【以下、高島易断から占いとしての見立てを引用】
(占)大きな利益を得て富を築き上げることに熱心なあまり、艱難に陥る時である。後日、開運を招き寄せる人物ゆえ、落胆せずに、心を磨いて、確乎不抜の志を抱き、正しい道を歩むべきである。
○動く性質の極点に居る。艱難や非常事態に遭遇する時である。