毎日連載! 易経を中心に日本の心に関する情報を毎日アップしています。

易経(周易)を読み解く 九七(坎為水 初二三)

初六 ‥―‥ ‥―‥ (坎為水)之卦 六十水澤節
初六。習坎、入于坎窞。凶。
○初六。習(しゆう)坎(かん)、坎(かん)窞(たん)に入(はい)る。凶。
 初六は柔弱不中正で習坎の最(さい)下(か)に居(お)り、六四の支援もなく孤立無援である。ふと気付くと落とし穴の中の落とし穴に陥(おちい)ってしまった。全く身動きが取れない。どうしたらよいのか皆目見当も付かない。これまで生きてきた中で最悪の状態に陥ってしまったようだ。
象曰、習坎、入坎、失道凶也。
○象に曰く、習(しゆう)坎(かん)、坎(かん)窞(たん)に入(はい)ると、道を失いて凶なる也(なり)。
 小象伝は次のように言っている。柔弱不中正の初六はこれまで生きてきた中で最悪の状態に陥ってしまった。いつの間にか至(し)誠(せい)の心で果(か)敢(かん)に行動する「君子の道(仁德により天下泰平を実現する道)」から外れてしまったので、災難を招き寄せたのである。

【以下、高島易断から占いとしての見立てを引用】
(占)独り立ちして、事を為そうとしてはならない。常に心配ごとや苦しいことを抱えているが、堪え忍んで、人から信用される人間になれば、心配ごとや苦しみから免れる。従来の方向を軌道修正し、過ちを反省し、善き方向に進み、困窮から脱する方法を模索すべきである。水泳を習おうとして、水に溺れる。何事も慎むべきである。
○己を修めて人を治める。小善を毎日積み重ねて習慣にすれば、安定した人格と品性を養える。 ○心が定まらない時。
○井戸の中に陥ってどうにもならない。あらゆることが思ったとおりにならない。 ○愚(ぐ)昧(まい)(おろか)な時。
○不善を行なっている(行い始めた)のに、改めることができない。
○何をやっても幸せになれずに、心配ごとが積み上がっていく。
○善からぬものが潜んでいる時。

九二 ‥―‥ ‥―‥ (坎為水)之卦 八水地比
九二。坎有險。求小得。
○九二。坎(かん)に險(けん)有り。求(もと)め小(すこ)しく得(う)。
 九二は剛中の德と至誠の心を有しているが、九五(トップ)の支援がない(不応)のでその力を発揮できない。これまでに経験したことのない険阻艱難な時において上下二陰の中に陥り(二陰に挟まれて)、身に危険が迫っている。
 艱難辛苦の境遇から脱することはできないが、剛中の德と至誠の心を保ち続ければ、小さな事なら何かしら得ることができよう。
象曰、求小得、未出中也。
○象に曰く、求(もと)め小(すこ)しく得(う)とは、未(いま)だ中を出(い)でざる也(なり)。
 小象伝は次のように言っている。九二は剛中の德と至誠の心を保ち続ければ、小さな事なら何かしら得ることができる。今の状況は、これまでに経験したことのない艱難辛苦の境遇に在(あ)るが、剛中の德と至誠の心を保ち続けて志(し)操(そう)を堅(けん)持(じ)するのである。

【以下、高島易断から占いとしての見立てを引用】
(占)誠実で才能と智恵があっても、身に降りかかる険阻艱難が多く、心が苦しくなることを避けられない。今は運氣が閉塞している時。
大事を為そうとしてはならない。小さな事なら、何とかなる。
○険阻艱難が重なる中で、自分が持っている才能を発揮することができない。平穏であればよしとすべきである。
○心の中に実直さがあれば、願いや希望が少し叶うかもしれない。

六三 ‥―‥ ‥―‥ (坎為水)之卦 四八水風井
六三。來之坎坎。險且枕。入于坎窞。勿用。
○六三。來(きた)るも之(ゆ)くも坎(かん)坎(かん)たり。險にして且(か)つ枕(まくら)す。坎(かん)窞(たん)に入(はい)る。用(もち)ふる勿(なか)れ。
 六三は陰柔不中正で傲慢にして愚鈍である。その上、道德才能に乏しく習坎の狭間に居て孤立無援である。まさに険阻艱難の極み(険阻艱難中の険阻艱難、易経三八四爻の中で最も辛い時)である。上に進もうとしても、下に退こうとしても、此(こ)処(こ)に止まろうとしても、険阻艱難が待ち受けている。
 人生最悪の険阻艱難の中(八方塞がりの境遇)にありながら、傲慢にして愚鈍な六三は己の力を過信して高枕で寝ているように妄動する。このような有様では、さらなる険阻艱難(易経三八四爻の中で最悪の事態)に陥るしかない。このような時は、動けばますます底なし沼のような険阻艱難陥る。だから、一歩たりとも動いてはならない。
象曰、來之坎坎、終无功也。
○象に曰く、來(きた)るも之(ゆ)くも坎(かん)坎(かん)たりとは、終(つい)に功(こう)无(な)き也。
 小象伝は次のように言っている。まさに険阻艱難の極み(険阻艱難中の険阻艱難、易経三八四爻の中で最も辛い時)である。上に進もうとしても、下に退こうとしても、此(こ)処(こ)に止まろうとしても、険阻艱難が待ち受けている。陰柔不中正で傲慢にして愚鈍な六三は己の力を過信して高枕で寝ているように妄動するので、さらなる険阻艱難(易経三八四爻の中で最悪の事態)に陥って、二(につ)進(ち)も三(さつ)進(ち)も行かなくなるのである。

【以下、高島易断から占いとしての見立てを引用】
(占)事に行き詰まって進むことができない。かといって、退くこともできない。どうにもこうにも途方に暮れる時である。人に助けを求めても、誰も応えてくれない。自分の力ではどうすることもできない。
だが、二カ月ほど経過すれば、時運が変化して、策を施す道が開けてくるので、その時が到来するのを待つべきである。
○坎は横たわるという象(かたち)。
○盗賊の象(かたち)。盗賊は昼間は寝ていて、夜になれば出掛ける。陰氣に乗じて、邪な気持ちが、正しい気持ちを、侵略する。
○険阻艱難と険阻艱難の間に陥ってしまった。何事も慎んで行い無事であることを願うべきである。
○危険な所に居ることを知らず、いびきをかいてグッスリ眠っている。何をやってもどうにもならない時である。