毎日連載! 易経を中心に日本の心に関する情報を毎日アップしています。

易経(周易)を読み解く 六五(山風蠱 四五上)

六四 ―‥‥ ――‥ (山風蠱) 之卦 五十火風鼎

六四。裕父之蠱。往見咎。
○六四。父の蠱(こ)に裕(ゆるや)かなり。往(ゆ)きて咎(とが)を見る。
 六四は柔弱正位の才能不足で控え目に過ぎる。先代の蠱(こ)乱(らん)(旧来の弊害)は益々悪化して勇(ゆう)猛(もう)果(か)敢(かん)を要する局面なのに呑(のん)気(き)に構えている。
 そのような甘い態度で蠱乱(旧来の弊害)を治めようとすれば、大失敗してみんなから責任を問われるであろう。
象曰、裕父之蠱、往未得也。
○象に曰く、父の蠱(こ)に裕(ゆるや)かなりとは、往(ゆ)きて未(いま)だ得ざる也(なり)。
 小象伝は次のように言っている。六四が呑気に構えて大失敗するのは、先代の蠱乱(旧来の弊害)を刷新しようとする(旧来の弊害を刷新して事業を再構築しようとする後継者としての)志を、未(いま)だ心から理解していないからである。

【以下、高島易断から占いとしての見立てを引用】
〇大臣で長者の子が蝶よ花よと育てられ、ご苦労なしで成長し、世間の苦労や貧者の暮らしを知らない。周りからチヤホヤされているが、陰では馬鹿だ田分けだと笑われていることに気付かない。毎日毎日馬鹿騒ぎをして遊び回り、家の資産を食い潰していることも省みず、遂には腐敗が窮まり、家は破産して衣食住も不自由になるほど落ちぶれる。蝶よ花よと育てられた者は注意すべきである。
○優柔不断な人物が、腐敗の弊害を刷新しようと発心するが、かえって腐敗が悪化して、志を遂げられない。
○怠惰な性格ゆえ、腐敗を刷新する勇気がない。

六五 ―‥‥ ――‥ (山風蠱) 之卦 五七巽爲風

六五。幹父之蠱。用譽。
○六五。父の蠱(こ)に幹(かん)たり。用(もつ)て譽(ほまれ)あり。
 六五は蠱(こ)乱(らん)(旧来の弊害)を治める重任を負った君主だが、柔弱で才能も豊かではないので賢人九二(事業継承者)の補佐を得て蠱乱(旧来の弊害)を刷新しようとする。
 六五も九二も共(とも)に中(ちゆう)庸(よう)の道を得ており、蠱乱(旧来の弊害)の刷新を成し遂げるので、中(ちゆう)興(こう)の名誉を得るのである。
象曰、幹父、用譽、承以德也。
○象に曰く、父に幹(かん)たり、用(もつ)て譽(ほまれ)ありとは、承(う)くるに德を以(もつ)てする也(なり)。
 小象伝は次のように言っている。先代の蠱(こ)乱(らん)(旧来の弊害)を承(う)け継(つ)いで(引き受けて)、祖先の余(よ)德(とく)に由(よ)らず(先人の遺産に頼らず)、賢人九二の補佐と中庸の道(事業継承の道筋)を得て、(旧来の弊害の)刷新を成し遂げるので、中(ちゆう)興(こう)の祖(そ)と仰(あお)がれるのである。

【以下、高島易断から占いとしての見立てを引用】
〇下位に居る人の助けを得て、旧来の弊害を刷新し、見事に回復させ、長年の苦労が解決する。世間から称賛されて、名誉を得る。子が父の事業を継いで、このように事業を再生できれば、本当の親孝行である。父親の教育が優れていたので、智仁勇の三徳を具えていたと推知すべきである。孝経では「身を立て道を行い、名を後世に揚げて、以て父母を顕わすは孝の終わりなり。/一身の独立を保持し、道を行い、名をのちの世にまで揚げて、父母の名を世に顕わす。これは親孝行の終わりというべきだ。諸橋轍次著中国古典名言事典」と言っている。
○腐敗の弊害を刷新して、事業を再生させる時。
○大事業を為し遂げて、名誉を得て、幸福を招き寄せる。
○一時は敗北するが、新しいことに挑戦して、吉運を招き寄せる。
○親しい人と心を一つにすれば願望は成就する。
○権威に惑わされず、わが道を行くことによって名誉を得る。人々と調和することによって幸福を招き寄せる。
○自分の努力で先代の負債を完済する。
○隠密行動や秘密計画が敵に気付かれない時である。
上九 ―‥‥ ――‥ (山風蠱) 之卦 四六地風升

上九。不事王侯。高尚其事。
○上九。王(おう)侯(こう)に事(つか)えず。其(そ)の事を高(こう)尚(しよう)にす。
 上九は陽剛の才能を有して(六十四卦としての)蠱(こ)と(蠱の上卦)艮(ごん)の極点に居る。位(くらい)は尊(たつと)いが実権はなく応じる関係にある九三とも応じていない。
 蠱(こ)乱(らん)(旧来の弊害)が刷新した後に居る上九は九五の天子(トップ)にも九二の忠臣にも仕えず、毀(き)誉(よ)褒(ほう)貶(へん)に超然として、道德を養い気(け)高(だか)く生きている。
象曰、不事王侯、志可則也。
○象に曰く、王(おう)侯(こう)に事(つか)えず、志(こころざし)則(のつと)る可(べ)き也。
 小象伝は次のように言っている。蠱(こ)乱(らん)(旧来の弊害)が刷新した後に居る上九は九五の天子にも九二の忠臣にも仕えず、毀(き)誉(よ)褒(ほう)貶(へん)に超然として、道德を養い気(け)高(だか)く生きている。その従容とした態度や志は、事を為し終えた君子の模範である。

【以下、高島易断から占いとしての見立てを引用】
〇幼い頃から学問を一生懸命学べば、物事の道理を知って、大きくなってから、その学問によって、天下国家のために力を尽くすようになり、功を上げ、事業を成し遂げ、老いて引退してからは、社会からは身を引いて超然と人生を楽しむ。なかなか凡人にはできないことであるが、このように生きることができるのが蠱の上爻の時である。
○凛とした精神生活を修めて、俗世間の下世話な出来事には、煩わされない時である。
○己をよく修めて、周囲の人々を徳化する(人徳で人に接して人を教え導く)時である。
※この卦を帰魂の卦(五爻が変ずると八純の卦に変ずる卦)とする。寿命を占ってこの卦が出たら、上爻に至る時に命が尽きると考える。詳細は地水師の上爻で説明した。