毎日連載! 易経を中心に日本の心に関する情報を毎日アップしています。

易経(周易)を読み解く 五二(火天大有 初二三)

易経(周易)を読み解く

初九 ―‥― ――― 之卦 五十火風鼎
初九。无交害。匪咎。艱則无咎。
○初九。害(がい)に交(まじ)わる无(な)し。咎(とが)あるに匪(あら)ず。艱(なや)めば則(すなわ)ち咎无し。
 初九は富有になることが約束された大有の最下に居て応比なく、富(ふ)有(ゆう)の中に驕(きよう)傲(ごう)怠(たい)惰(だ)の種が潜(ひそ)んでいる上位の人々と疎遠である。
 富有自体は咎められることではないが、富有の中には驕(きよう)傲(ごう)怠(たい)惰(だ)の種が潜んでいる。戦(せん)々(せん)兢(きよう)々(きよう)として驕(きよう)傲(ごう)怠(たい)惰(だ)の種が芽を出さないように自らを慎(つつし)み戒めれば、咎(とが)められるような過失は免(まぬが)れることができる。
象曰、大有初九、无交害也。
○象に曰く、大有の初九は、害(がい)に交(まじ)わる无(な)き也(なり)。
 小象伝は次のように言っている。富有になることが約束された大有の最下に居る初九は、富有の中に潜んでいる驕(きよう)傲(ごう)怠(たい)惰(だ)の種が芽を出さないように、何事も質素倹約に努めて自らを慎み戒めているのである。

【以下、高島易断から占いとしての見立てを引用】
(占)君子だが、交際範囲が狭く、人に認知されない。世間に信用されない時である。学生や博士が町中に住居を構えているが、消防士(庶民のたとえだと思う)に窘(たしな)められいる。鶴が掃(は)き溜(だ)めに居て、周りの人からからかわれているようである。
だが、そういうことは、小人のやることだと思って気にしないようにして、小人とは距離を置いて被害を受けないようにすべきである。
大きな事業を成し遂げる人であっても、誰もがはじめは人から信用されずに小人の妨害を受ける。しかし、徐々に運氣は開けていき、やがては、盛運に至る。今は心を磨くための勉強をすべき時である。
昔の人は「やがては大海に至る山の水も、しばらくは木の葉の下をチョロチョロと流れるのである」と歌っている。
「陽氣が発する所(前向きなエネルギーがあれば、の例え)は、金の石(価値あるものの例え)を生み出すことができる。どうして成し遂げられないことがあろうか」という言葉もある。
以上のようであるから、今は妨害があったとしても、精神が挫けることがなければ、遂には天の助けを得て志を実現する時が来る。
○成(なり)金(きん)のメッキがはげて恥を晒(さら)すことになる。
○お金が有り余っているから不要なものを買いすぎる。
○世間から嫉(ねた)まれ、思ってもいなかった災難に遭遇する。
○今は裕福になったが、昔の苦労を思い出せば、驕り高ぶる心を抑えることができる。富を失うことがない所以(理由)である。
○世間から信用されない時である。
○孤立して意地を張り朋友に謝絶されることがある。

九二 ―‥― ――― 之卦 三十離爲火
九二。大車以載。有攸往。无咎。
○九二。大(だい)車(しや)以(もつ)て載(の)す。往(ゆ)く攸(ところ)有り。咎无し。
 九二は剛健柔(じゆう)位(い)で中庸の德を具えているので六五の天子に厚く信頼されている。九二は大きな車に沢山の荷物を載せるほど才能や道德に秀でている。そこで、六五は九二を抜(ばつ)擢(てき)任用して、九二は大有の時に中って天下の大事に見事に対処する。咎められるような過失は犯さないのである。
象曰、大車以載、積中不敗也。
○象に曰く、大(だい)車(しや)以(もつ)て載(の)すとは、中(うち)に積(つ)みて敗れざる也。
 小象伝は次のように言っている。六五の天子に厚く信頼されている九二は、大きな車に沢山の荷物を載せるほど才能や道德に秀でている。天下の大事を任されても重圧に押し潰されることなく、天下の大事に見事に対処するのである。

【以下、高島易断から占いとしての見立てを引用】
(占)才能と人徳を具えた人が、盛運を招き寄せた時である。
事に中って、益々努め励めば、沢山の幸福を得る。
○資質も力も剛強ゆえ、天下の大任に耐えられる人物である。
○大きな計画を立て、大事業を起こし、さまざまな苦労をするが、大度量と大器量でそれを乗り越え、手のひらの上に載せて制御するように、天下泰平を実現する。
○国家・企業・団体などあらゆる組織のトップリーダーが、その責任を善く全うして名を上げる時である。

九三 ―‥― ――― 之卦 三八火澤睽
九三。公用亨于天子。小人弗克。
○九三。公(こう)用(もつ)て天(てん)子(し)に亨(きよう)せらる。小(しよう)人(じん)は克(あた)わず。
 大有は天子の威德が天下に広がり諸侯を始め天下萬民が六五に信服する時である。九三は剛健正位で優れた諸侯である。六五は九三の諸侯としての働きを高く評価して、饗(きよう)宴(えん)の礼を賜(たまわ)る。もし九三が小人ならば、諸侯の位(くらい)に胡座をかいて、富有を独り占めにするので饗(きよう)宴(えん)の礼に与(あずか)ることはできないのである。
象曰、公用亨于天子。小人害也。
○象に曰く、公(こう)用(もつ)て天子に亨(きよう)せらる。小人は害(がい)ある也。
 小象伝は次のように言っている。六五は九三の諸侯としての働きを高く評価して、饗(きよう)宴(えん)の礼を賜(たまわ)る。もし九三が小人ならば、諸侯の位(くらい)に胡座をかき富有を独り占めして社会に害悪を及ぼすから、饗(きよう)宴(えん)の礼に与(あずか)ることはできないのである。

【以下、高島易断から占いとしての見立てを引用】
(占)大衆の上に立って、富や地位を得る。国に恩返しするために、自分の土地で生産した農産物などを献上する時。至誠の心を貫くことによって、面目を保つ。だが、もし、利益と名誉を得るために、これを行う時は、それは小人のやることであって、驕り高ぶることになりかねず、後に害悪や災難を招き寄せる。
○銀行(銀行員)や税務署(税務署員)の象(かたち)。
○小人が宝物を保有して罪を犯す時。
○牢獄の監守が公金を横領するという過ちを犯しかねない時である。注意すべし。
○位負けする時。 ○世間の信用を失う時。
○他人の所有物を預かって、気持ちが驕り高ぶる時。
○良い地位を得る。謹慎して事に臨めば吉を招き寄せる。