毎日連載! 易経を中心に日本の心に関する情報を毎日アップしています。

易経(周易)を読み解く 五三(火天大有 四五上)

九四 ―‥― ――― 之卦 二六山天大畜
九四。匪其彭。无咎。
○九四。其(そ)の彭(さかん)なるに匪(あら)ず。咎无し。
 剛健で控え目(陽爻陰位)な九四は、大(たい)有(ゆう)盛大な時に中(あた)り六五の天子に寵(ちよう)遇(ぐう)されて、富(ふう)貴(き)と威(い)権(けん)を一身に集めている。柔順(陰爻陽位)な六五を凌(しの)ぐ勢いがありながら、常に謙譲して驕り高ぶることもない。それゆえ、咎められることはない。
象曰、匪其彭、无咎、明辨晢也。
○象に曰く、其(そ)の彭(さかん)なるに匪(あら)ず、咎无しとは、明(めい)辨(べん)晢(あきらか)なる也。
 小象伝は次のように言っている。大(たい)有(ゆう)盛大な時に中(あた)り六五の天子に寵(ちよう)遇(ぐう)されて富(ふう)貴(き)と威(い)権(けん)を一身に集めている九四が、常に謙譲して驕り高ぶることなく、咎められることはないのは、明(めい)智(ち)で幾(き)を見て出処進退を判断するからである。

【以下、高島易断から占いとしての見立てを引用】
(占)賢明で哲学にも秀でた役人が、君主(王さま)に抜擢任用されて、人徳と人望が自然に醸成され、自ずから権威が具わる時。
こういう時は、友人からの贈り物も、世間からは賄賂と疑われることがある。このような小さいことは大して気にしなくてもよい。ただ、一身をかけて国家のために尽くせば天地人に恥じることはない。このことを称賛して「明(めい)弁(べん)晢(あきらか)なるなり。明智で幾(き)を見て出処進退を判断する」と云う。
智恵と配慮に優れても、贅沢をしたり複数の女性と付き合ってはならない。慎みの気持ちを忘れなければ、安泰の時である。
○上位者の信任を得て、重大な任務を負い、人格を磨き、権威が滲み出てくる時である。
○よく世間のことを熟知し、人脈も広く、忙しい中にあって、公私混同することなく、巷(ちまた)のずる賢い輩(やから)に騙(だま)されることもなく、世間から疑われることもない。それゆえ「明(めい)弁(べん)晢(あきらか)なるなり。明智で幾(き)を見て出処進退を判断する」と云う。
○他人の言葉を受け入れて事情に通ずる(成就する)時である。
○賄賂のやりとりがある時でもある。

六五 ―‥― ――― 之卦 一乾爲天
六五。厥孚、交如。威如、吉。
○六五。厥(その)孚(まこと)、交(こう)如(じよ)たり。威(い)如(じよ)たり。吉。
 天下萬民が六五を信服して何事もすらすら通る大有の時に中り、六五の天子は至誠の心で九二の賢人を信任している。九二の賢人も至誠の心で六五に仕えている。衆(しゆう)陽(よう)は六五を心から尊崇しているので六五と衆陽の至(し)誠(せい)が相(あい)交(まじ)わる。六五が柔順温和の中に威(い)厳(げん)を保ち続ければ、大有の時は幾久しく続くのである。
象曰、厥孚交如、信以發志也。威如之吉、易而无備也。
○象に曰く、厥(その)孚(まこと)、交(こう)如(じよ)たりとは、信以(もつ)て志を發(はつ)する也(なり)。威(い)如(じよ)の吉は、易にして備(そな)うる无(な)き也(なり)。
 小象伝は次のように言っている。六五の天子は至誠の心で九二の賢人を信任している。九二の賢人も至誠の心で六五に仕えている。衆(しゆう)陽(よう)は六五を心から尊崇しているので六五と衆陽の至(し)誠(せい)が相(あい)交(まじ)わる。六五の至誠の心が衆陽の志に通じるのである。六五が柔順温和の中に威厳を保ち続ければ、大有の時が幾久しく続くのは、鎧(よろい)甲(かぶと)(厳めしさの象徴)の備えなくとも、自然に醸(かも)し出される六五の威厳に衆陽が帰服するからである。

【以下、高島易断から占いとしての見立てを引用】
(占)この爻は、文明の徳と柔和な性質を具えて君位に在り、大勢の賢人を抜擢任用して、その才能を発揮させる。「柔よく剛を制す」ようにして天下が治まる時。普通の人にとっては、大勢の有力者を使用して大事業を成し遂げ、名誉を得る時。慎みの心を忘れず、驕り高ぶることなく、至誠を保って言行一致を守ることが肝要である。以上の事ができなければ、天下泰平(組織安泰)を維持することは難しい。
○誠心を保って大衆からの信望を得る時である。
○莫大な資産や利益があるから、大衆に周く恩恵を施すことができる。
○清廉過ぎるので世間から浮いてしまう。
○手代や番頭などの側近にお金を横領される。
○家事を任せきりにして家政が傾く予兆が現われる。
○商人の場合は、善良な手代や番頭などの側近を得られる。
○リーダーの場合は、剛健であることが求められるので、温柔に過ぎると権威を失ってその座を追われることになりかねない。

上九 ―‥― ――― 之卦 三四雷天大壯
上九。自天祐之。吉无不利。
○上九。天より之(これ)を祐(たす)く。吉にして利(よろ)しからざる无(な)し。
 上九は何事もすらすら通る大有の極点に居る無(む)位(い)の賢人、富(ふ)有(ゆう)を超越して天命に順い謙譲の心で六五の天子を教え導くので天(てん)祐(ゆう)を授(さず)かる。何事も滞(とどこお)りなくすらすら通る。
象曰、大有上吉、自天祐也。
○象に曰く、大有の上(じよう)吉(きつ)は、天より祐(たす)くる也(なり)。
 小象伝は次のように言っている。上九が富有を超越して天命に順い謙譲の心で六五の天子を教え導くので、何事も滞(とどこお)りなくすらすら通る。天道に則(のつと)って天子を補佐し大有の時を長く保つので、天の思し召(おぼしめ)しに叶(かな)い、天(てん)祐(ゆう)を授かるのである。

【以下、高島易断から占いとしての見立てを引用】
(占)天から授かった性質が正直である。剛毅(確乎不抜)な志を心に抱き、世の中の酸いも甘いも知り尽くして、真心と正しさに裏付けられた才能と智慧を有している。しかも、至誠の徳を積み上げて、神仏のご加護を得ている。運氣盛大な時である。
○広く人々から信用される時。
○神仏のご加護を得られる時。
○賢く善良な人を敬う時である。
○大きな事を保つことができるのは、ただ才能と智恵があるからだけではない。神仏のご加護があるからできるのである。
○病気を占った場合は、天命が終る時である。霊魂が天に昇って大衆から尊敬される(尊位を得る)ようになる。