毎日連載! 易経を中心に日本の心に関する情報を毎日アップしています。

易経(周易)を読み解く 百四二(天風姤 四五上)

九四 ――― ――‥ (天風姤) 之卦 五七巽爲風
九四。包无魚。起凶。
○九四。包(つと)に魚(うお)无(な)し。起(た)てば凶。
 九四の大臣(側近)は本来悪しき小人初六と正応だが、姤は出逢うこと(と、出逢うことによる悪しき影響を排除すること)を重要視しているので、初六のすぐ近くにいる九二の君子がすでに初六を封じ込めて(悪しき影響を排除)しまった。それゆえ、九四の苞(つと)には魚(正応初六)はいないのである。九二の君子は初六の悪影響が他の君子(陽爻)に及ばないように封じ込めた(悪しき影響を排除した)のである。
 もし九四の大臣(側近)が真意を推(お)し量(はか)れずに、九二の君子と争えば禍(わざわい)を被(こうむ)ることになる。真意を推し量って、今の場所に安んじていれば禍を回避できる。
象曰、无魚之凶、遠民也。
○象に曰く、魚(うお)无(な)きの凶は、民(たみ)に遠ければ也(なり)。
 小象伝は次のように言っている。九四の大臣(側近)が九二の君子と争えば禍を被ることになる。大臣(側近)としての思慮に欠け、民の支持を得られないからである。

【以下、高島易断から占いとしての見立てを引用】
(占)幸福を招き寄せ、利益を得る道に長けている。役人なら、利益を得ようとする気持ちを抑え、部下や国民からの贈り物を決して受け取ってはならない。上司に対して、力を出し惜しんではならない。以上を守らなければ、想定外の災難を招き寄せる。
○人情を大切にしなければ、事をし損ずる時である。阿(おもね)り諂(へつら)う侫人を近付け、その言葉を取り入れてはならない。
○自分が愛する人を他人に奪われる時である。
○正当な理由があっても、急いで事を進めようとすれば争いとなる。正しくとも訴訟を起こせば凶運を招き寄せる。

九五 ――― ――‥ (天風姤) 之卦 五十火風鼎
九五。以杞包瓜。含章。有隕自天。
○九五。杞(き)を以て瓜(うり)を包む。章(あや)を含む。天より隕(お)つる有り。
 九五は剛健中正の君主(トップ)である。君子(五陽爻)を誑(たぶら)かそうとしている悪しき小人初六が瓜(うり)の蔓(つた)が伸びるように下から迫って来ようとしているが、高木の杞(き)柳(りゆう)(川柳)のような寛大さで小人初六を包み込む(邪心が魅力的な姿に化身して君子を誑(たぶら)かす時に適切に対処すべく邪心を排除する)。
 剛健中正の德を内に含んで時が至るのを待つが宜しい。悪しき小人初六は天の道のような九五の君主(トップ)の度量の大きさに恐れ入って退散する。
象曰、九五含章、中正也。有隕自天、志不舍命也。
○象に曰く、象に曰く、九五、章を含むは、中正なる也。天より隕つる有りとは、志、命を舍てざる也。
 小象伝は次のように言っている。剛健中正の德を内に含んで時が至るのを待つ。中正を備えた名君(立派なトップ)である。悪しき小人初六は天の道のような名君九五の度量の大きさに恐れ入って退散する。名君九五が命をかけて天命を貫徹するからである。

【以下、高島易断から占いとしての見立てを引用】
(占)高い位に居て、下の位に居る才德具えた人物を抜擢し、大切な仕事を任せる時。世の中に災害が及ばないように防御を固め、善行を積み上げれば、予想してもいなかった幸福を招き寄せる。
○国家・組織を治めるに中って德をもってすれば、天から吉運を賜り天下太平を維持することができる。
○商人の場合は、複数の優れた側近に恵まれ、衰運から脱出することができる。だが、侫人が陰謀を企てて、スッと入り込んでくるので、注意して侫人の陰謀を防ぐことが肝要である。
○トップ(主人)から、側近として抜擢される。
○家庭や組織を掌中に収める時。

上九 ――― ――‥ (天風姤) 之卦 二八澤風大過
上九。姤其角。吝无咎。
○上九。其(その)角(つの)に姤(あ)ふ。吝(りん)。咎无し。
 上九は剛健過剛の不中正。動物の頭のてっぺん(上爻)にある角(つの)のような傲慢な態度で悪しき小人初六に逢おうとする。このような傲慢な態度では邪心を蔓延(はびこ)らせて君子(陽爻)を誑(たぶら)かそうと企んでいる小人初六でも上九には逢おうとしない。上九は恥をかくだけだが、悪しき小人初六に誘惑されることもないので、結果として過失には至らない。
象曰、姤其角、上窮吝也。
○象に曰く、其(その)角(つの)に姤(あ)ふとは、上(かみ)窮(きわ)まりて吝(りん)なる也。
 小象伝は次のように言っている。上九は傲慢な態度で悪しき小人初六に逢おうとする。世間を見下し、世情に疎(うと)く、傲岸不遜な人物である。人間として恥ずかしい。

【以下、高島易断から占いとしての見立てを引用】
(占)上の地位に居るが、親しんで近付いて来る人がいない。頭に二つの角(つの)を立てるように、権威を笠に着て人に接するので、懐(なつ)く人がいないのである。小人が上に進んで勢いを増長しようとする時に中って、権威で小人を制御しようとする。結果的に、小人の勢いを抑制することになるので過失とはならない。
○小人や女性の讒(ざん)言(げん)によって、迷惑を蒙(こうむ)る。慎むことによって、このような事態を回避すべきである。
○気が強くなって、争いを起こさないように慎む時である。