毎日連載! 易経を中心に日本の心に関する情報を毎日アップしています。

易経(周易)を読み解く 百二一(風火家人 四五上)

六四 ――‥ ―‥― (風火家人) 之卦 十三天火同人
六四。富家。大吉。
○六四。家を富(と)ます。大吉。
 柔順正位(陰爻陰位)で控え目な六四は初九と応じ九五の家長(組織のトップ)と比している。組織の側近として国に在っては国を富まし、家に在っては家を富ます秀でた補佐役である。何事も大いに宜しきを得て、幸運を招き寄せる。
象曰、富家、大吉、順在位也。
○象に曰く、家を富(と)ます、大吉とは、にして位(くらい)に在(あ)る也(なり)。
 小象伝は次のように言っている。六四が大いに宜しきを得て、幸運を招き寄せるのは、柔(巽)順(陰爻陰位で上卦巽の主爻)にして正しい位(くらい)に在るからである。

【以下、高島易断から占いとしての見立てを引用】
(占)巽の陰爻(一番下の爻)は、商売で利益を三倍に増やすことができる根っからの商人。廉価で仕入れた商品を高値で販売することに成功して、大儲けする。
○家族においては、家風を守って質素倹約に努め、よく勉強すれば、一家仲睦まじく、和合して、裕福になる。
○学者においては、先哲(先人)が打ち立てた学問をよく研究して、知識を磨き、大先生と呼ばれる(大家となる)。
○家を興(おこ)す(一家の主となる)時である。
○家を裕福にする時である。

九五 ――‥ ―‥― (風火家人) 之卦 二二山火賁
九五。王假有家。勿恤吉。
○九五。王、有(ゆう)家(か)に假(いた)る。恤(うれ)ふる勿(なか)れ。吉。
 剛健中正の九五の天子(組織のトップ・家長)は家長(トップ)として自ら家人(組織の構成員)の模範となり一家(組織)をよく治める。天子(組織のトップ・家長)の家がよく治まれば、国も治まり国運隆(りゆう)盛(せい)となる。何も心配することはない。必ず幸運を招き寄せる。
象曰、王假有家、交相愛也。
○象に曰く、王、有家に假るとは、交(こも)々(ごも)相愛する也。
 小象伝は次のように言っている。九五の天子(組織のトップ・家長)は家長(トップ)として自ら家人(組織の構成員)の模範となり一家(組織)をよく治める。
 その姿に家人(組織の構成員)は感化されて、親子、夫婦、兄弟、その他あらゆる組織の構成員は、お互いに思いやるようになる。

【以下、高島易断から占いとしての見立てを引用】
(占)父母に孝行して家族仲睦まじく、家事・家政は調和して、社会の模範(お手本)となる。
○荒れた土地を開墾して、工場や学校を建設し、世のため人のために役立とうと考えて、良い評判が世間に広まる。そこで天皇陛下のお褒めを賜るほどの名誉を得られる。
○家を継いで血筋(○○家)を守ることができる。
○家の主となって、家事・家政を維持繁栄することができる。

上九 ――‥ ―‥― (風火家人) 之卦 六三水火既濟
上九。有孚威如。終吉。
○上九。孚(まこと)有り威(い)如(じよ)たり。終(つい)に吉。
 上九は至誠と威厳を具えて家(家庭や自治会・学校・職場など身近な組織)を治める道を完成させる。上九の至誠と威厳によって、終(つい)に齊(せい)家(か)の道(家庭や自治会・学校・職場など身近な組織を治めること)は成就するのである。
象曰、威如之吉、反身之謂也。
○象に曰く、威(い)如(じよ)の吉(きつ)は、身に反(かえ)るの謂(いい)也。
 小象伝は次のように言っている。上九の至誠と威厳によって、終(つい)に齊(せい)家(か)の道(家庭や自治会・学校・職場など身近な組織を治めること)は成就する。
 上九が自ら反省して自らを正すから、齊(せい)家(か)の道(家庭や自治会・学校・職場など身近な組織を治めること)が成就するのである。

【以下、高島易断から占いとしての見立てを引用】
(占)若い頃から品行方正で、よく仕事に努め、家を豊かにしてきた貴方も年老いた。築き上げてきた仕事や資産を子孫に譲る時である。
○コツコツ勉強し、節約や倹約に努めて長年に渡り、終に一家の主として、素晴らしい家風を幾久しく伝えることができる。
○善き德を積み上げ、家業を盛んにする。人格者としての威厳が自然に備わって、多くの人々から尊敬される。