毎日連載! 易経を中心に日本の心に関する情報を毎日アップしています。

易経(周易)を読み解く 六三(山風蠱 全体)

十八 山(さん)風(ぷう)蠱(こ) ―‥‥艮山 ――‥巽風
互卦 五四雷澤歸妹  綜卦・錯卦 十七澤雷隨
蠱、元亨。利渉大川。先甲三日、後甲三日。
○蠱(こ)は元(おおい)に亨(とお)る。大(たい)川(せん)を渉(わた)るに利(よろ)し。甲に先だつこと三日、甲に後(おく)るること三日。
 蠱は惑(わく)乱(らん)・腐敗・頽(たい)廃(はい)・崩壊を意味する。これらが窮(きわ)まれば一変して通じるようになる。窮(きゆう)して後(のち)、変革が起こり、何事もすらすら通るのである。
 勇気を奮い起こして幾(いく)多(た)の艱(かん)難(なん)辛(しん)苦(く)を刷新するが宜しい。
 先ず惑乱・腐敗・頽廃・崩壊の根本的原因を探り、次に抜本的対応策を熟慮し、その弊(へい)害(がい)と収(しゆう)拾(しゆう)を見(み)据(す)えてから刷新すべきである。
 (十干・甲(こう)乙(おつ)丙(へい)丁(てい)戊(ぼ)己(き)庚(こう)辛(しん)壬(じん)癸(き)によると甲に先だつこと三日とは、十干の最初に位置する甲より前の三日間である辛(しん)壬(じん)癸(き)を指すと考える。すなわち、事の終わりの意味となる。甲に後(おく)るること三日とは、甲の次に位置する三日間である乙(おつ)丙(へい)丁(てい)を指すと考える。すなわち事の始めの意味となる。以上のことから次のような解釈となる。)
 先ず、事の終わりがどうなるかを検討し、次に事の初めをどうするかを検討する。

彖曰、蠱、剛上而柔下。巽而止蠱。蠱元亨而天下治也。利渉大川、往有功也。先甲三日、後甲三日、終則有始、天行也。
○彖に曰く、蠱は剛(ごう)上(のぼ)りて柔(じゆう)下(くだ)る。巽(そん)にして止(とど)まるは蠱なり。蠱は元(おおい)に亨(とお)りて天下治まる也(なり)。大(たい)川(せん)を渉(わた)るに利(よろ)しとは、往(ゆ)きて功有る也。甲に先だつこと三日、甲に後るること三日とは、終れば則(すなわ)ち始め有り、天(てん)行(こう)也(なり)。
 彖伝は次のように言っている。蠱は艮(剛)が上に、巽(柔)が下に在る。地天泰の初九が上九に上り上六が初六に下った形でもある。蠱の象を観ると、剛は上り柔は下り交わらず、惑乱・腐敗・頽廃・崩壊の時である。下卦巽は巽(そん)順(じゆん)に上に阿(おもね)り諂(へつら)い上を諫(いさ)めず、上卦艮は止(とど)まり休み怠(おこた)り下を慮(おもんぱか)らず、国家は惑乱・腐敗・頽廃・崩壊するのが蠱の時である。
 蠱の時が窮まれば一変して大いに通じるようになる。すなわち何事もすらすら通る。勇気を奮い起こして幾(いく)多(た)の艱難辛苦を刷新するが宜しいとは、有事には勇往邁進して天下の乱れを救済するからである。先ず惑乱・腐敗・頽廃・崩壊の根本的原因を探り、次に抜本的対応策を熟慮し、その弊害と収拾を見据えてから刷新すべきである。(或いは、先ず、事の終わりがどうなるかを検討し、次に事の初めをどうするかを検討する。)
 蠱の時は、寒暑昼夜が往来するように、天の道に倣(なら)って事を行うのである。

象曰、山下有風蠱。君子以振民育德。
○象に曰く、山の下に風有るは蠱なり。君子以(もつ)て民を振(ふる)い德を育(やしな)う。
 大象伝は次のように言っている。山(さん)麓(ろく)に風が押し止(とど)められて三六の草木や民家が惑乱・腐敗するのが蠱の形である。君子はこの形に倣って窮すれば変ずるが如く変革を断行し、臣民の志を奮(ふる)い立たせて、臣民の人德を養い育てるのである。

【以下、高島易断から占いとしての見立てを引用】
(占)自分は巽順に従って相手は止まる。頼りにする相手が振り返ってくれない。振り返ってくれても、頼りにできない時。
災害は遠くから招き寄せるのではなく、近くから発生する。
外敵の心配をするよりも、内側から乱れることを心配する時。
長女が少男に恋をして家族が混乱する時。
家の財政が破綻しそうになった状態を努力して回復させる時。
いずれも、突然ではなく、漸次に起きる。慎むべきである。
○蟻の穴が原因となって、堤防が決壊する事態に至る。
○天下泰平で驕り高ぶり奢侈に流れ、心が柔弱になり、ずる賢い小人が調子に乗って内乱を起こす。
○乱れた状態を治めて、長年積み上がった弊害を刷新する時である。力を尽くして改革を断行すべきである。
○私利私欲を追求し、大切な友に悪影響が及んでいることを省みない。
○表面は正しく実直であることを装っている。内面は優柔不断でグズグズの状態である。
○奸(かん)佞(ねい)にして斡(あつ)旋(せん)する才能がある。仕事を任される器量を具えた人物である。
○自分が相手のために尽くしても、相手は自分を省みてくれない時。
○無理矢理、圧服させられる時。
○物価は最初は低いがその後高くなる。物品は粗悪品が多い。取引に支障が出ないように注意すべきである。
○破損した物事を修復する時である。
○欺(あざむ)き、諂(へつら)い、疑(うたが)い、迷う時。
○寡婦が色恋沙汰を起こして家が乱れる時。
○資財を損失する。 ○臣下が君主を惑わし、妾が主を溺れさせる。