毎日連載! 易経を中心に日本の心に関する情報を毎日アップしています。

易経(周易)を読み解く 六二(澤雷随 四五上)

九四 ‥―― ‥‥― 之卦 三水雷屯
九四。隨有獲。貞凶。有孚、在道以明、何咎。
○九四。隨いて獲(う)る有り。貞なるも凶。孚(まこと)有り道に在(あ)り、以(もつ)て明らかなれば何の咎あらん。
 陽剛の九四は天子の側近として陰柔の小人六三を率いて権力を振るう。権勢盛んなので得られないものは何もない。天子(トップ)を凌(しの)ぐ権力を手にしているので、自分は正しいつもりでいても、私利私欲が滲み出て周りに疑われて失脚する。
 九五の天子(トップ)の側近としての役割を全うすべく、至誠の心で随う時の正しい道を歩み、明智で幾(き)微(び)を察して対処すれば、どうして咎められるようなことがあろうか。
象曰、隨有獲、其義凶也。孚有在道、明功也。
○象に曰く、隨いて獲(う)る有りとは、其の義凶なる也。孚有り道に在りとは、明の功也。
 小象伝は次のように言っている。天子(トップ)の側近として、陰柔の小人六三を率いて権力を振るい、得られないものは何もないという状態は、君臣の大義に反する恐れがあるから、周りに疑われて失脚するのは当然である。
 九五の天子(トップ)の側近としての役割を全うすべく、至誠の心で随う時の正しい道を歩めば、咎められないのは、陽剛の九四が明智で幾(き)微(び)を察して、國家を安(あん)寧(ねい)に導いたことを衆人が支持するからである。

【以下、高島易断から占いとしての見立てを引用】
(占)目の前に自分に随う人がいる。そのことを喜ぶ時。その人が自分と同じ意見でも、無闇に信用して、諸事を任せてはならない。およそ人間というのは器量が大きい人もいれば、小さい人もいる。また、性格の良い人もいれば、悪い人もいる。よくよく相手を見て、信用できる人物であるかどうかを判断すべきである。社会的地位が高い人であればあるほど、よく相手の正邪を観察するべきである。見識の高い人に任せれば、功を上げることができる。
○私利私欲に走れば大義を失う。至誠の気持ちを大切にして、道理に従えば、不正の人物を正しい人物に矯正することができる。
○上位の人に随って収穫のある時。調子に乗って上位の人を凌ごうとする危険がある。よくよく慎まなければならない。
○上位の人に随って、利益を得る時である。

九五 ‥―― ‥‥― 之卦 五一震爲雷
九五。孚于嘉。吉。
○九五。嘉(か)に孚(まこと)あり。吉。
 剛健中正の天子(トップ)九五は、応ずる忠臣六二を深く信任して、比する上六に至(し)誠(せい)の心で随う。上下交わり德(とく)業(ぎよう)を成し遂げるので、天下の人々は皆九五に信服して随う。大いなる幸運を招き寄せるであろう。
象曰、孚于嘉、吉、位正中也。
○象に曰く、嘉(か)に孚(まこと)あり吉とは、位(くらい)正(せい)中(ちゆう)なれば也(なり)。
 小象伝は次のように言っている。天下の人々が皆九五に信服して随い、大いなる幸運を招く寄せるのは、九五の天子(トップ)が隨の道に正しく中(あた)っているからである。

【以下、高島易断から占いとしての見立てを引用】
(占)自分と意見がよく合い、自分にとって利益になる友(益友)を得られる時。お互い意見が一致して、自分が喜ぶことを相手も喜び、相手が喜ぶことを自分も喜ぶように、心が一致する関係が長く続く。あらゆる事が成就する時である。
○権威を有する人物が自分に随ってくれる時である。
○天運も味方して吉運を招き寄せる時である。
○人と調和すれば、自分に権威と人徳が具わる時。

上六 ‥―― ‥‥― 之卦 二五天雷无妄
上六。拘係之、乃從維之。王用亨于西山。
○上六。之(これ)を拘(こう)係(けい)し、乃(すなわ)ち從(したが)って之(これ)を維(つな)ぐ。王(おう)用(もつ)て西(せい)山(ざん)に亨(きよう)す。
 上六は柔順にして随うべき相手に随う隨の道を極めているので、九五の天子(トップ)は上六を慕って心(しん)服(ぷく)している。捕(と)らえて縄(なわ)で括(くく)った上に柱に繋(つな)ぎ止めるほど、九五の天子は上六を仰(あお)いて随っているのである。
 まるで周の文(ぶん)王(おう)が君臣の道を守って殷(いん)の天子(暗君紂王)に事(つか)えて、西(せい)山(ざん)に大王を祭った(領地内にある西山に大王を祭り、天子の礼を行おうとはしなかった)ようである。
象曰、拘係之、上窮也。
○象に曰く、之(これ)を拘(こう)係(けい)すとは、上(かみ)にして窮(きわ)まる也(なり)。
 小象伝は次のように言っている。九五の天子(トップ)が上六を慕って心服し、捕(と)らえて縄(なわ)で括(くく)った上に柱に繋(つな)ぎ止めるほど上六を仰いで随っているのは、上六が随うべき相手に随う隨の德を窮(きわ)めて君主の上に居るからである。

【以下、高島易断から占いとしての見立てを引用】
(占)至誠の心が神仏に伝わり、その加護を受ける時。人と接しては、お互い心と心がしっかりと結ばれて変化することはない。条約を結び、法令を発布しても、しっかりと定着して変化しない時である。
○必要以上に頑固で、一つの事に固執すれば、足元を掬われて、思わぬ災害に襲われる。よく考えて至誠の心を保ち続けるべきである。
○已むを得ない事情で、ある事に随うことになる時。
○祖先が残してくれた遺徳によって吉運を得る時。
○お墓参りをするという象(かたち)。
※この卦は、帰魂の卦であり、長男の命が尽きる時。けれども、互体(二・三・四)に艮があるので、夫婦の間に少男(四)が生まれて、その家を相続し、夫が亡くなり妻一人になったとしても、少男が父を祭祀するという象(かたち)がある。なお、帰魂の卦については、地水師の上爻で詳しく説明(五爻が変ずると上卦と下卦が同じ卦になるもの)している。