毎日連載! 易経を中心に日本の心に関する情報を毎日アップしています。

易経(周易)を読み解く 六一(澤雷随 初二三)

初九 ‥―― ‥‥― 之卦 四五澤地萃
初九。官有渝。貞吉。出門交有功。
○初九。官(かん)渝(かわ)る有り。貞にして吉。門を出(い)でて交(まじ)われば功有り。
 初九は剛健正位で才能と人德を具えており、卦の最下に居る震動の主(あるじ)である。随うべき相手に随う時に中(あた)って、比する六二に随う(六二は九五と応じる関係なので、初九と九五の橋渡し役にもなり得る)。
 六二に随うことにより、その役割や役職が変わることもあるが、正しく六二に随えば幸運を得る。己を虚しくして門を出て広く衆(しゆう)人(じん)と交われば成功する。
象曰、官有渝、從正吉也。出門交有功、不失也。
○象に曰く、官(かん)渝(かわ)る有りとは、正しきに從(したが)えば吉なる也。門を出(い)でて交(まじ)われば功有りとは、失なわざる也。
 小象伝は次のように言っている。初九は随うべき相手に随う時に中(あた)って、比する六二に随う。その役割・役職を変えることもあるが、正しく六二に随えば幸運を得る(六二は九五と応じる関係なので、初九と九五の橋渡し役にもなり得る)。
 己を虚しくして門を出て、広く衆人と交われば成功する。初九は随う時の正しい道(公明正大に広く天下の人々と交わること)を失わないからである。

【以下、高島易断から占いとしての見立てを引用】
(占)役人が役所の規則(決められた手順)に従って事務を行うのは当然のことである。しかし、実務上支障がある場合は、権限がある役所の幹部に正式なルートで交渉したり、人脈を利用して話し合いをすることによって、その幹部の同意を得て、規則にはない進め方をすることも、また、致し方ないことである。このことが、初爻の爻辞に「交(まじ)われば功(こう)有り」とある所以である。
このことはまた、象伝の「交(まじ)われば功(こう)有りとは、失なわざるなり。門を出て広く衆人と交われば成功する。随う時の正しい道を失わないのである」ということである。
役人でない人が占って、この爻が出た時は、周りの人と調和する心を大切にして事を進めれば、出世する。
○役人ならば、担当が変わったり、異動したりする時である。
○役人に登用される時。役人になって功を上げる時である。
○善き交際によって、幸福を得る時である。

六二 ‥―― ‥‥― 之卦 五八兌爲澤
六二。係小子、失丈夫。
○六二。小(しよう)子(し)に係(かか)れば、丈(じよう)夫(ぶ)を失う。
 柔順中正の忠臣六二は九五に応じ初九に比している。比する賢臣初九と親しんで、共に九五に随えば正しい道を失わない。随う道を踏み外して、小子(小人六三)に随えば、丈夫(賢臣初九)を失うことになる。
象曰、係小子、弗兼與也。
○象に曰く、小(しよう)子(し)に係(かか)るとは、兼(か)ね與(くみ)せざる也。
 小象伝は次のように言っている。小子(小人六三)に随えば、丈夫(賢臣初九)を失うことになるのは、丈夫(善)と小子(悪)の両方に与(くみ)することはできないからである。

【以下、高島易断から占いとしての見立てを引用】
(占)君子と小人の両勢力に与(くみ)することはできない。若くて活動的な人々が地位を得て、年配で慎重な人々が用いられない時。
王さまが人を抜擢する時に、ある人物を抜擢すれば、その人物につながる人々が芋づる式に抜擢される。最初に抜擢された人物が小人ならば、芋づる式に抜擢される人々も小人である。どうでもよい些細なことが原因で、大事なことを失うこともある。
○女性が占った場合、良縁を自分から断って、どうしょうもない相手に嫁ぐことになる時である。
○意志が決まらず、あれこれ迷う時である。
○小さな利益に囚われて大きな利益を失う時である。

六三 ‥―― ‥‥― 之卦 四九澤火革
六三。係丈夫、失小子。隨有求得。利居貞。
○六三。丈(じよう)夫(ぶ)に係(かか)れば、小(しよう)子(し)を失う。隨いて求むる有れば得(う)。貞に居(お)るに利(よろ)し。
 陰柔不正の六三が九四の丈(じよう)夫(ぶ)(陽剛の側近)に随えば、小子(部下である六二と初九)を失うことになるが、貪欲に九四に随い媚(こ)び諂(へつら)えば、富(ふう)貴(き)を得ることができる。
 貪欲に媚び諂って富貴を得ても誉められた話ではない。随うべき相手に随う時の正しい道(己を虚しくして公明正大に広く天下の人々と交わること)を固く守るが宜しい。
象曰、係丈夫、志舎下也。
○象に曰く、丈(じよう)夫(ぶ)に係(かか)るとは、志、下(しも)を舎(す)つる也。
 小象伝は次のように言っている。陰柔不正の六三が九四の丈夫に随うのは、上司としての志を放棄して、己の利益のために部下(小子)を見捨てたのである。

【以下、高島易断から占いとしての見立てを引用】
(占)卑賤な劣等生で一緒にいると損する友だち(損友)とは付き合わず、高貴な優等生で一緒にいると得する友だち(益友)と親しんで、見識を高めるべきである。益友と付き合う時には、いつも至誠の心を抱いて長きにわたり付き合わなければ、利益を得ることは難しい。
○目前にある色々な利益に目を奪われず、誠心な気持ちを抱いて自分よりも地位の高い人に随うべき時である。
○女子の場合は、高貴な人と結婚できる時である。