毎日連載! 易経を中心に日本の心に関する情報を毎日アップしています。

易経(周易)を読み解く 六十(澤雷随 全体)

十七 澤(たく)雷(らい)隨(ずい) ‥――兌澤 ‥‥―震雷
互卦 五三風山漸  綜卦・錯卦 十八山風蠱
隨、元亨利貞。无咎。
○隨(ずい)は元(おお)いに亨(とお)る。貞(ただ)しきに利(よろ)し。咎(とが)无(な)し。
 隨(ずい)は、その時、随(したが)うべき相手に随(したが)う時の道を説いている。卦の象(かたち)を観ると、下卦震(陽卦)の長男が、上卦兌(陰卦)の少女に謙(へりくだ)って随(したが)っている。すなわち、随(したが)うべき相手に素直に随(したが)っているので、何事もすらすら通るのである。その時、随(したが)うべき相手に素直に随(したが)って、正しい道を守るが宜しい。素直に随い正しくあれば、何も問題は起こらない。

彖曰、隨、剛来而下柔、動而説隨。大亨貞、无咎、而天下隨時。隨時之義、大矣哉。
○彖に曰く、隨は剛(ごう)来(きた)りて柔(じゆう)に下(くだ)り、動きて説(よろこ)ぶは隨なり。大(おお)いに亨(とお)り、貞(ただ)しくして咎无し、而(しか)して天下、時に隨(したが)う。時に隨うの義、大(だい)なる哉(かな)。
 彖伝は次のように言っている。隨は下卦震(剛)が上卦兌(柔)の下に在(あ)る。剛(長男)が柔(少女)に随って動けば、柔(少女)は悦んで剛(長男)従う。これが隨の時である。随(したが)うべき相手に素直に随(したが)い正しくあれば、何事もすらすら通る。何も問題は起こらない。
 以上のことから、天下の人々は皆(みな)、その時に随うべき相手に素直に随うので、何も問題は起こらない。時に随うことの意義は、何と偉大なことであろうか。

象曰、澤中有雷隨。君子以嚮晦入宴息。
○象に曰く、澤(さわ)の中に雷(かみなり)有るは隨なり。君子以(もつ)て晦(くら)きに嚮(むか)えば入(はい)りて宴(えん)息(そく)す。
 大象伝は次のように言っている。澤(兌悦少女)の中に雷(震動長男)が潜(ひそ)み隠れて時の宜しき(その時に随うべき相手に)に随っている。冬(とう)雷(らい)(地雷復)を経て春(しゆん)雷(らい)(雷地豫)の動きを養(やしな)っている秋(しゆう)雷(らい)が隨の形である。
 君子はこの形に倣(なら)って、一日を終えて日暮れに向かえば才能と人德を蔵(ひ)めて禄(ろく)を辞(じ)し(経済活動から離れる)、家に入れば心身を養(やしな)って(ゆったりと休養して)時を待つ。

【以下、高島易断から占いとしての見立てを引用】
(占)一つの事業を始めれば、大勢の人々が参加してくれる時である。一方では、人に随うことによって事を論ずる時でもある。人に随わなければ、事業を成し遂げることは難しい。時流に従って、臨機応変に対応しなければ志を実現することは難しい。人に随い、時に随っても、是非善悪を認知して適切に判断しなければならない。もし、善からぬ事に随うならば失敗することになる。慎むべきである。
○善悪の判断が難しい時。人物の正邪をよく見抜いて、正しい人物でなければ、随ってはならない。
○自分が人によく随い、人が自分によく随う時。
○自分よりも大物を使役することになる時。
○始めは納得してもらえないが、強く訴えかければ、最後は納得してもらえる時。
○一つのことに従事して、他のことに心を移さない時。
○何事も起こらないので安心できる時。
○事を怠るので、物事が進まずに遅れてしまう時。
○時機が到来しない場合は、慎重に構えて、時が到来するのを待つ時。
○物価は最初は上昇するが最後は下落する。それゆえ、売る人は利益を得るが、買う人は損をする。
○ゴツイ男が少女に下る(随う)時。