毎日連載! 易経を中心に日本の心に関する情報を毎日アップしています。

易経(周易)を読み解く 百八〇(巽為風 初二三)

初六 ――‥ ――‥ (巽為風) 之卦 九風天小畜

初六。進退。利武人之貞。
○初六。進退す。武(ぶ)人(じん)の貞に利し。
 初六は柔弱不中正で位(くらい)も卑(いや)しくあまりにも巽順(柔順)に過ぎる。優柔不断で志がふにゃふにゃなので、何を為すにも進退定まらず、迷いに迷っている。退路を断って前進する武人のように剛健な志を打ち立てることが何よりも大切なことである。
象曰、進退、志疑也。利武人之貞、志治也。
○象に曰く、進退すとは、志(こころざし)疑(うたが)ふ也。武人の貞に利しとは、志治まる也。
 小象伝は次のように言っている。何を為すにも進退定まらず迷いに迷っているのは、何を為すにも疑い惑う心があるからである。退路を断って前進する武人のように剛健な志を打ち立てることが何よりも大切なことである。武人のように剛い志を打ち立てれば、心が安定するからである。

【以下、高島易断から占いとしての見立てを引用】
(占)強い意志がなく、直ぐ人を疑うのでチャンスを失いかねない時。強い意志を持ち、毅然と決断して、同志と共同すれば、事業を成し遂げることができる。強い意志がなく、毅然と決断できなければ、卑怯者と云われて、誰からも相手にされない。
○柔順な性格が災いして人からは卑怯者と思われかねない。確固たる志を抱いて、立ち居振る舞いを正し、場合によっては、年配者に対しても毅然と自分の考えを主張できるような精神力を養う時である。
○一人で行うことは実現しないことが多い。大人(立派な人)に順って事業を企画実行すれば吉運を招き寄せる。
○武力に秀でている。だが、企画が素晴らしくても進退に迷う時。
○上位に居る大人(立派な人)の命令に従えば心が安定する。
○命令しても民(部下)は疑いを持って納得しない。力(ちから)業(わざ)で治めざるを得ない時である。
○志を実現しようとしても、社会的地位の高い人に阻(はば)まれる。それに屈することなく志を貫けば、最後には実現できる。

九二 ――‥ ――‥ (巽為風) 之卦 五三風山漸

九二。巽在牀下。用史巫紛若。吉无咎。
○九二。巽(そん)して牀(しよう)下(か)に在り。史(し)巫(ふ)を用ふること紛(ふん)若(じやく)たり。吉にして咎(とが)无(な)し。
 九二は陽爻陰位で剛柔の德を併(あわ)せ持っており、巽順(柔順)な性格で下卦に居る。中庸の德を具えた九二は寝台の下に潜(もぐ)り込むように部下(年下)の初六にも謙(へりくだ)るが、媚(こ)び諂(へつら)っているわけではない。謙る時の節度を弁えている。たびたび史(し)(占い師)や巫(ふ)(巫女)を用いて民の思いを神様に申し上げ、神様の思し召しを民に伝達して、上の人々と下の人々との意思疎通を図るのである。以上のようであるから、何事も問題なく進んで行き、誰にも咎められない。
象曰、紛若之吉、得中也。
○象に曰く、紛(ふん)若(じやく)たるの吉は、中(ちゆう)を得(う)れば也。
 小象伝は次のように言っている。巽順(柔順)な性格の九二が、何事も問題なく進んで行き、誰にも咎められないのは、中庸の德を具えており、何事にも節度を弁(わきま)えているからである。

【以下、高島易断から占いとしての見立てを引用】
(占)才能と権力があるので、色々な事を整理できる時。
○下位(部下)に建前と本心を使い分けている人が居る。
○縁の下(見えない所)に盗賊(悪者)が潜んでいる。
○優柔不断なので期限が迫って、ドタバタ慌てふためく時。
○占いで(他力に頼って)、大切な事が発覚する時。
○部下の善悪を評価する時。善人には賞与を出して、不善人は解雇すべきである。 ○方針を定めて部下を指揮・命令する時。
○誠意を尽くして神仏をお祀りすれば吉運を招き寄せる。
○占筮などの占いによって成否を判断して取り組むべき時。
○スパイが隠れ潜んでいる時。

九三 ――‥ ――‥ (巽為風) 之卦 五九風水渙

九三。頻巽。吝。
○九三。頻(しき)りに巽(そん)す。吝(りん)。
 九三は正位だがやり過ぎる性格の上に陽爻陽位で剛に過ぎる。そこで、人に謙(へりくだ)って従う巽の時に適合すべく、己の傲慢な性格を偽って巽順を装ってみるが、装っているだけだから、気が付くと傲慢な態度に戻ってしまう。そこでまた装ってみるが、気が付くとまた傲慢な態度に戻ってしまう。何ともまぁ恥ずかしいことである。
象曰、頻巽之吝、志窮也。
○象に曰く、頻(しき)りに巽(そん)するの吝(りん)は、志窮(きわ)まる也。
 小象伝は次のように言っている。己の傲慢な性格を偽って巽順を装ってみるが、装っているだけだから、気が付くと傲慢な態度に戻ってしまう。そこでまた装ってみるが、気が付くとまた傲慢な態度に戻ってしまう。傲慢な九三の志は破綻しており、邪心に満ち満ちているのである。

【以下、高島易断から占いとしての見立てを引用】
(占)志が定まらない。何をするにも目的がなく妄動する。
○目的を明確に定めて、上位の人に依頼しても、タイミングが悪くて、聞き容れられず、心痛する時である。
○頑固で人の言葉を聞き入れないので、人々から受け容れられない。
そのため、人間関係に苦しみ、困窮する余り、卑屈になる。
○してはならない時に、強行してやろうとするので、事を成し遂げられないだけでなく、困窮して志を喪失する。
○内心では逆らいながら、調子を合わせて媚(こ)び諂(へつら)う。
○強引な人が柔順を装っているが、強引さが滲み出てしまう。
○離別した妻子が後を追って来て困難な事に陥る。
○盗賊(犯罪者・悪者)にアドバイスしても無駄である。
○大騒ぎする人が現れる。