毎日連載! 易経を中心に日本の心に関する情報を毎日アップしています。

易経(周易)を読み解く 五八(雷地豫 初二三)

初六 ‥‥― ‥‥‥ 之卦 五一震爲雷
初六。鳴豫。凶。
○初六。鳴(めい)豫(よ)す。凶。
 初六は才德乏(とぼ)しく卑(いや)しい身分(陰爻陰位で最下)に在(あ)りながら、衆(しゆう)陰(いん)(全ての陰爻を)率(ひき)いる豫(よ)の主(あるじ)九四(初六と応じる関係)に寵(ちよう)愛(あい)され、悦(えつ)楽(らく)の余り声(こわ)色(いろ)を発して人に誇(ほこ)る。このような有(あり)様(さま)では家を失い身を滅ぼし破滅することになる。

象曰、初六鳴豫、志窮凶也。
○象に曰く、初六の鳴(めい)豫(よ)は、志窮(きわ)まりて凶なる也(なり)。
 大象伝は次のように言っている。初六は衆(しゆう)陰(いん)(全ての陰爻を)率(ひき)いる豫(よ)の主(あるじ)九四(初六と応じる関係)に寵(ちよう)愛(あい)され、悦楽の余り声(こわ)色(いろ)を発して人に誇る。
 志が脆(ぜい)弱(じやく)なので悦(えつ)楽(らく)に耽(ふけ)り、自ら破滅するのである。

【以下、高島易断から占いとしての見立てを引用】
(占)見識の優れた朋友がチャンスを掴んで、立身出世した姿を見て、自分は才能が乏しく世間から必要とされる存在ではないことを知らず、自分もチャンスを掴めば立身出世して幸福になると空想する。空想して勝手に喜び他人に自慢するが、立身出世できずに、困窮する。
○確乎不抜の志を心に抱いて、自分の実力で世に立つことを心がけるべきである。そのようであれば、応爻の九四に目をかけられて立身出世することもできる。
○地位の高い人から目をかけられ、調子に乗って、私利私欲を貪(むさぼ)ろうとする。
○他の人から助けられる自分のあり方に甘えて、本来やるべき仕事を怠ってしまう。

六二 ‥‥― ‥‥‥ 之卦 四十雷水解
六二。介于石。不終日。貞吉。
○六二。石(いし)に介(かい)す。日を終えず。貞(てい)にして吉(きつ)。
 六二は柔順中正で応(おう)比(ひ)なく、石のように節(せつ)操(そう)を固く守っている。豫(よ)楽(らく)に耽(たん)溺(でき)してはならぬと自(じ)戒(かい)し、兆(きざ)しを察して正(せい)邪(じや)を見抜き、何か事が起これば、一日が終わる前に速やかに対処する。最後まで正しい道を固く守るので幸運を招き寄せる。

象曰、不終日、貞吉、以中正也。
○象に曰く、日を終えず、貞(てい)にして吉とは、中(ちゆう)正(せい)なるを以(もつ)て也。
 小象伝は次のように言っている。六二が最後まで正しい道を固く守るので幸運を招き寄せるのは、正位(陰爻陰位)で中(ちゆう)庸(よう)の德を具えているからである。

【以下、高島易断から占いとしての見立てを引用】
(占)意志を強く持ち、他人に依存せず、自立して仕事を全うすれば、盛運を招き寄せる。しかし、意志がグズグズになる可能性もあるので慎まなければならない。
○確乎不抜の志を抱き、チャンスを見きわめ、勇気を持って前進していく時。
○裕福になっても驕り高ぶることなく、貧乏になっても節操を失って貪ることなく、素行自得するべき時である。

六三 ‥‥― ‥‥‥ 之卦 六二雷山小過
六三。旰豫。悔。遅有悔。
○六三。旰(く)豫(よ)す。悔(く)ゆること遅ければ悔(くい)有り。
 六三は才(さい)德(とく)乏しい(陰爻陽位)のにやり過ぎる小(しよう)人(じん)である。衆(しゆう)陰(いん)を率いる九四を仰ぎ視(み)て、媚(こ)び諂(へつら)って豫(よ)楽(らく)に耽(たん)溺(でき)する。禍(わざわい)を招き寄せてから後悔しても、取返しがつかない。

象曰、旰豫有悔、位不當也。
○象に曰く、旰(く)豫(よ)す悔(くい)有りとは、位(くらい)當(あた)らざる也(なり)。
 小象伝は次のように言っている。六三が禍を招き寄せてから後悔しても、取返しがつかないのは、才德乏しい小(しよう)人(じん)(陰爻陽位)が厲(あやう)い地位(過ぎたる地位)に居るからである。

【以下、高島易断から占いとしての見立てを引用】
(占)依頼しようとした人が、依頼に応じてくれないので、どうでもよいことに、心を痛めて後悔する。自分の器量を省みて、器量を大きく超えた(分外の)夢や希望を抱いてはならない。自己過信していることに早く気付き、心を改めれば吉運を招き寄せる。
○自分の身分や経済状況を省みずに贅沢することを戒めて、生活費を倹約すべき時である。
○幸せに遭遇することを望んでも叶わない時だと覚悟して地道にコツコツと本業に徹するべき時である。
○人に媚び諂(へつら)ったり、権力を持っている人に付き従うことによって快楽を貪(むさぼ)ろうとする時である。