毎日連載! 易経や易占いに関する情報を毎日アップしています。

猿田毘古の神

【書き下し文】
爾(しか)くして日子番能邇邇藝(ひこほのににぎの)の命(みこと)、天降(あまくだ)りまさむとする時に、天之八衢(あめのやちまた)に居(い)て、上(かみ)は高天原(たかあまはら)を光(てら)し、下(しも)は葦(あし)原(はらの)中國(なかつくに)を光(てら)す神、是(ここ)に有(あ)り。故(かれ)、爾(しか)くして天照大御神・高木の神の命(みことのり)以(も)ちて、天宇受賣(あめのうずめ)の神に詔(の)りたまひしく、「汝(な)は手弱女人(たわやめ)に有(あ)れども、いむかふ神と面勝(おもかつ)神ぞ。故(かれ)、專(もは)ら汝(な)往(ゆい)きて問(と)はむは、『吾(あ)が御子(みこ)の天降(あまくだ)らんと爲(す)る道に、誰(たえ)ぞ如此(かく)して居(を)る』と問え」と詔(の)りたまひし。故(かれ)、問い賜(たま)いし時に答えて白(まを)しき。「僕(あ)は國(くに)つ神、名は猿田毘古(さるたびこ)の神なり。出(い)で居(を)る所以(ゆえ)は、天(あま)つ神の御子(みこ)、天降(あまくだ)り坐(ま)すと聞きし故(ゆえ)に、御前(みさき)に仕(つか)え奉(まつ)らんとて參(ま)い向(むか)い侍(はべ)る」と白(まを)しき。

〇通釈(超釈はない)
 以上のような経緯で、邇(に)邇(に)藝(ぎ)の命(みこと)が天降りされようとした時に、天地を繋ぐ道の分岐点に上は天(高天原)を照らし、下は地(葦原中国)を照らす異様な神がいた。そこで、天照大御神と高木(たかぎ)の神(高(たか)御(み)産(む)巣(す)日(ひ)の神)は、天宇受賣(あめのうずめ)の神に詔して「おまえはか弱い女であるが、異様な神と正面から向き合っても気後れしないところがある。だから、おまえが異様な神のところにひとりで行って『天照大御神の御孫であられる邇(に)邇(に)藝(ぎ)の命(みこと)が天降りされようとしている天と地を繋ぐ道に、立っているおまえは誰か』と尋ねなさい」と命じられた。そこで、天宇受賣(あめのうずめ)の神が異様な神に「天と地を繋ぐ道に、立っているお前は誰だ!」と尋ねると、異様な神は「わたしは国つ神です。名前は猿田毘古(さるたびこ)の神といいます。天と地を繋ぐ道に立っている理由は、天照大御神さまの御孫であられる邇(に)邇(に)藝(ぎ)の命(みこと)さまが天降りされると聞きましたので、先導して道案内をさせていただこうと思いまして、参上した次第でございます。」と答えた。