毎日連載! 易経や易占いに関する情報を毎日アップしています。

天孫の誕生

【書き下し文】
爾(しか)くして、天照大御神・高木(たかぎ)の神の命(みことのり)以(も)ちて、太(おほ)子(みこ)正勝吾勝勝速日天忍穗耳(まさかつあかつかちはやひあめのおしほみみ)の命(みこと)に、「今、葦原中國を平(たい)らげ訖(をは)りぬと白(まを)す。故(かれ)、言依(ことよ)さし賜(たま)いし隨(まにま)に降(くだ)り坐(ま)して知(し)らせ」と詔(の)りたまひき。爾(しか)くして其(そ)の太子(おほみこ)正(まさ)勝吾勝勝速日天忍穗耳(かつあかつかちはやひあめのおしほみみ)の命、答えて、「僕(あ)は降(くだ)らんとして裝束(よそ)へる間(あいだ)に、子(こ)、生(う)まれ出(い)でぬ。名は邇岐(あめにき)志(し)邇岐志(くににきし)天津日高日子番能邇邇藝(あまつひたかひこほのににぎ)の命(みこと)、此(こ)の子(こ)を降(くだ)すべし」と白(まを)しき。此(こ)の御子(みこ)は高木の神の女(むすめ)、萬(よろず)幡(はた)豐秋津師比賣(とよあきつしひめ)の命(みこと)に御合(みあひ)して生める子、火明(あめのほあかり)の命(みこと)、次に日子番能邇邇藝(ひこほのににぎ)の命(みこと)なり。是(ここ)を以(も)ちて白(まを)しし隨(まにま)に、日子番能邇邇藝(ひこほのににき)の命(みこと)に科(おほ)せて、「此の豐葦原水穗(とよあしはらのみずほ)の國は汝(な)が知らさん國と言依(ことよ)さし賜(たま)う。故(かれ)、命(みことのり)の隨(まにま)に天降(あまくだ)るべし」と詔(の)りたまひき。

〇通釈(超釈はない)
 こうして、天照大御神・高木(たかぎ)の神(高(たか)御(み)産(む)巣(す)日(ひ)の神)は、天照大御神の皇(み)子(こ)である正(まさ)勝(かつ)吾(あ)勝(かつ)勝(かち)速(はや)日(ひ)天(あめの)忍(おし)穗(ほ)耳(みみ)の命(みこと)に詔(みことのり)して「今、葦原中國(出雲の国)を平定したと報告があった。そこで、そなたは、詔(みことのり)の通りに、葦原中國(出雲の国)に降って行き、そこで、暮らしている神々や人々の事情をよく知って、その事情を踏まえて統治しなさい(知らせ)」と仰せになった。すると、皇(み)子(こ)である正(まさ)勝(かつ)吾(あ)勝(かつ)勝(かち)速(はや)日(ひ)天(あめの)忍(おし)穗(ほ)耳(みみ)の命(みこと)は「わたしが降る準備をしている間に、子どもが生まれました。名前は邇岐(あめにき)志(し)邇岐志(くににきし)天津日高日子番能邇邇藝(あまつひたかひこほのににぎ)の命(みこと)と申します。この子を降ろすのがよいと思います」と申し上げた。この御(み)子(こ)は高木(たかぎ)の神(高(たか)御(み)産(む)巣(す)日(ひ)の神)の娘である萬(よろず)幡(はた)豐秋津師比賣(とよあきつしひめ)の命(みこと)との間に生まれた子です。最初に生まれたのは火明(あめのほあかり)の命(みこと)で、次に生まれたのが日(ひ)子(こ)番(ほ)能(の)邇(に)邇(に)藝(ぎ)の命(みこと)です。そこで、天照大御神・高木(たかぎ)の神(高(たか)御(み)産(む)巣(す)日(ひ)の神)は、邇(に)邇(に)藝(ぎ)の命(みこと)に「この豊(とよ)葦(あし)原(はらno)水(みず)穂(ほ)の国(葦原中国・出雲の国)は、そなたが知らす国であると委任する。よって、詔(みことのり)の通りに天降りなされよ」と仰せになった。