毎日連載! 易経や易占いに関する情報を毎日アップしています。

天孫降臨 その一

【書き下し文】
爾(しか)くして、天兒屋(あめのこやね)の命(みこと)・布刀玉(ふとだま)の命・天宇受賣(あめのうずめ)の命(みこと)・伊斯許理度賣(いしこりどめ)の命(みこと)・玉祖(たまのおや)の命(みこと)、并(あわ)せて五(いつ)伴(ともの)緒(を)を支(わか)ち加(くわ)えて天降(あまくだ)りしたまひき。是(ここ)に其のをきし八尺勾(やさかのまがたま)、鏡、及び草那藝(くさなぎ)の劍(つるぎ)、また常世(とこよの)思金(おもひかね)の神、手力男(たぢからを)の神、天石門別(あめのいわとわけ)の神を副(そ)え賜(たま)いて詔(の)りたまひしくは、「此(こ)の鏡は專(もは)ら我(あ)が御魂(みたま)と爲(し)て、吾(あ)が前(まえ)を拜(おろが)むが如(ごと)くいつき奉(まつ)れ。次に思金(おもいかね)の神は前(さき)の事を取り持(も)ちて政(まつりごと)を爲(せ)よ」と、のりたまひき。此(こ)の二(ふ)た柱の神は、さくくしろ、五十鈴(いすず)の宮を拜(おろが)み祭りき。次に登由宇氣(とゆうけ)の神、此(これし)は外宮(とつみや)の度相(わたらひ)に坐(いま)す神なり。次に天石戸別(あめのいわとわけ)の神、またの名を櫛石窓(くしいわまど)の神と謂(い)い、またの名を豐石窓(とよいわまど)の神と謂(い)う、此の神は御門(みかど)の神なり。次に手力男(たぢからを)の神は佐那縣(さなあがた)に坐(いま)す。故(かれ)、其(そ)の天兒屋(あめのこやね)の命(みこと)は【中臣連(なかとみのむらじ)等(ら)の祖(おや)】。布刀玉(ふとだま)の命(みこと)は【忌部首(いむべのおびと)等(ら)の祖(おや)】。天宇受賣(あめのうずめ)の命は【猿女君(さるめのきみ)等(ら)の祖(おや)】。伊斯許(いしこ)理(り)度賣(どめ)の命(みこと)は【鏡作連(かがみつくりのむらじ)等(ら)の祖(おや)】。玉祖(たまのおや)の命(みこと)は【玉(たま)祖連(のおやのむらじ)等(ら)の祖(おや)】。
故(かれ)、爾(しか)くして天津日子番能邇邇藝(あまつひこほのににぎ)の命(みこと)に詔(の)りたまひて、天(あめ)の石位(いわくら)を離れ、天(あめ)の八重(やえ)のたな雲を押し分けて、いつのちわきちわきて、天(あめ)の浮橋(うきはし)にうきじまり、そりたたして、竺紫(つくし)の日向(ひむか)の高千穗(たかちほ)のくじふる嶺(たけ)に天降(あまくだ)り坐(ま)しき。故(かれ)、爾(しか)くして天忍日(あめのおしひ)の命(みこと)、天津久米(あまつくめ)の命(みこと)の二人(ふたり)、天(あめ)の石靭(いわゆき)を取り負(お)い、頭椎(くぶつち)の大刀(たち)を取り佩(は)き、天(あめ)の波士弓(はじゆみ)を取り持ち、天(あめ)の眞鹿兒矢(まかこや)を手挾(たばさ)み、御前(みさき)に立ちて仕(つか)え奉(まつ)りき。故(かれ)、其(そ)の天忍日(あめのおしひ)の命(みこと)【此(これ)は大(おお)伴(とも)連(のむらじ)等(ら)の祖(おや)】、天津久米(あまつくめ)の命(みこと)【此(これ)は久米直(くめのあたい)等(ら)の祖(おや)なり】。是(ここ)に詔(の)りたまひしく、「此地(ここ)は韓國(からくに)に向(む)かい、笠紗(かささ)の御前(みさき)に眞來通(まきとお)りて、朝日の直(ただ)刺(さ)す國、夕日の日照る國なり。故(かれ)、此地(ここ)は甚(いと)吉(よ)き地(ところ)」と、詔(の)りたまひて、底(そこ)津(つ)石(いわ)根(ね)に宮(みや)柱(ばしら)ふとしり、高天原(たかあまはら)に氷椽(ひぎ)たかしりて坐(いま)しき。