毎日連載! 易経を中心に日本の心に関する情報を毎日アップしています。

易経(周易)を読み解く 百十七(地火明夷 初二三)

初九 ‥‥‥ ―‥― (地火明夷)之卦 十五地山謙
初九。明夷。于飛垂其翼。君子于行、三日不食。有攸往。主人有言。
○初九。明(めい)夷(やぶ)る。于(ゆ)き飛び、其(そ)の翼(つばさ)を垂(た)る。君子于(ゆ)き行(ゆ)きて三日食わず。往(ゆ)く攸(ところ)有り。主人言有り。
 陽爻陽位で正位の初九は明いものが夷(やぶ)れる(傷付けられる)時の最下に居り、明智明德(下卦離)で危機を察し、翼(つばさ)を垂(た)らして低空を飛ぶように立ち去ろうとする。剛健(陽爻陽位)の君子初九は、三日間、食事を取る時間も惜しんで急いで立ち去る。
 世間にはまだ危機が到来していない(目に見えていない)ので、俗(ぞく)人(じん)は怪しく思い、宿の主人からは、君子にあるまじき行為だと非難される。
象曰、君子于行、義不食也。
○象に曰く、君子于(ゆ)き行(ゆ)くとは、義、食わざる也。
 小象伝は次のように言っている。剛健(陽爻陽位)の君子初九は、三日間、食事を取る時間も惜しんで急いで立ち去る。明いものが夷(やぶ)れる(傷付けられる)暗黒の時に、暗(あん)君(くん)の下(もと)で禄(ろく)を食(は)んでいる(暗君に仕えているのは)のは、義(大義・正義)に悖(もと)るからである。
※この爻は、伯(はく)夷(い)・叔(しゆく)斉(せい)、太(たい)公(こう)望(ぼう)などに例えられる。伯(はく)夷(い)・叔(しゆく)斉(せい)は殷王朝の時代における小国の皇子であったが、自国の後継争いを避けるため、周の文王の下に身を寄せていた。文王の死後、武王が後を継いで紂王を討伐したことを非難し、周から逃れて隠遁した後に餓死した。太(たい)公(こう)望(ぼう)は世を逃れて釣りをしていたところを周の文王に軍師として招かれ、文王の後継者武王に仕えて殷の紂王を討伐した。その功績により斉の国に封じられた。
【以下、高島易断から占いとしての見立てを引用】
(占)運氣は衰えており、智恵を絞っても打開できない。万策尽きて、お手上げの時である。進み行こうとすれば、何者かに妨害され、最後は権力で潰される。また、進み行く先には困難が待ち構えている。
○目上の人の善からぬ言葉によって、困難に陥る時である。
○万事において、時運衰退の時である。絶対に新しい事業に取り組んではならない。現状維持すら難しい。
○内側は明るいが、外側が暗い。内側には才能があっても、外側では通じない時であることを、よく認識しておくべきである。
○不測の災難に遭遇して、とんでもない苦労を背負う時。

六二 ‥‥‥ ―‥― (地火明夷)之卦 十一地天泰
六二。明夷。夷于左股。用拯馬壮、吉。
○六二。明(めい)夷(やぶ)る。左(さ)股(こ)を夷(やぶ)る。用(もつ)て拯(すく)うに馬壮(さかん)なれば吉(きつ)。
 下卦離(明智明德)の主爻で中正の德を具えている六二は明いものが夷(やぶ)れる(傷付けられる)暗黒の時に居り、何物かに左の股(もも)を傷付けられる。
 壮(そう)健(けん)な駿(しゆん)馬(ば)を用いて速やかに逃れ去れば、危機を脱して幸運を招き寄せる。
象曰、六二之吉、順以則也。
○象に曰く、六二の吉は、順にして以(もつ)て則(のり)あれば也(なり)。
 小象伝は次のように言っている。六二が危機を脱して幸運を招き寄せるのは、暗黒の時に素直に順い、中正の德で正しく時に対処できるからである。
※この爻は、周の文王に例えられる。文王は紂王によって羑(ゆう)理(り)の地に幽閉され、スープに入れられた長男の肉を供されたが、その過酷な境遇に耐えて易に初めて言葉をかけた。その言葉が卦辞・彖辞である。
【以下、高島易断から占いとしての見立てを引用】
(占)自分は文明人の知識と人德を具えており、決して相手に劣らないが、相手は暴力的で道德を知らないから、何度も迷惑を被る。一見、解決の難しい出来事が起こるが、目下の人に助けられる時である。
○善人が災難に遭遇する時である。常に慎むべきである。
○大昔の王さまである文王は、明夷の時に、暗君紂王に睨まれて七年間も牢獄に入れられた。文王は殷王朝の諸侯の一人でもっとも尊敬されていた君子だったが、紂王に逆らわなかったので、紂王は非道の限りを尽くした。文王は堪え忍んだ。明君文王にしてこのようであったのだから、この暗黒の時は耐えるしかないのである。
○只管(ひたすら)謹慎し、災難を回避し、暗黒の時が過ぎ去って、氣運を開けるのを待つしかない。
○志が一致しない人と関わらざるを得ない時である。

九三 ‥‥‥ ―‥― (地火明夷)之卦 二四地雷復
九三。明夷。于南狩。得其大首。不可疾貞。
○九三。明(めい)夷(やぶ)る。于(ゆ)きて南に狩(かり)す。其(そ)の大(たい)首(しゆ)を得(う)。疾(はや)くす可(べ)からず。貞(てい)。
 義勇に富む九三(陽爻陽位)は、下卦離(明)の極みに居る。暗黒の時を支配する暗君上六を討伐すべく、南方(明らかな方面)に兵を進める。やがて時が至れば、首(しゆ)領(りよう)上六を討ち取って英雄と称されるようになる。今は急いではならぬ。明智・明德を包み隠して、心の中には大志と大義を高く掲(かか)げて、時が到来するのをじっくりと待て。
象曰、南狩之志、乃得大也。
○象に曰く、南に狩(かり)すの志、乃(すなわ)ち大いに得(う)る也(なり)。
 小象伝は次のように言っている。九三は、暗黒の時を支配する暗君上六を討伐すべく、南方(明らかな方面)に兵を進めて準備を整える。九三の大(たい)志(し)は、首(しゆ)領(りよう)の上六を討ち取ることにより、大いに成就するのである。
※この爻は、周の武王がやがて殷の紂王を討伐したことに例えられる。武王は文王の子。文王を継いで殷の紂王を討伐し周王朝を立てた。
【以下、高島易断から占いとしての見立てを引用】
(占)暗黒の時に、氣運盛んに大事業を起こす。自分の智恵を用いて、相手の智恵を開く時である。
○事業を起こす際には南に向かって始めるがよい。その場合は大きな利益を得る。一気に進めてはならない。少しずつ進めるのである。
○暗黒の時代の中で明るさが見え始め、災難を回避できる時である。
○(時を待って)進んで行けば、被害を取り除くことができる。
○(時が至れば)暗君を討伐することができる。