毎日連載! 易経を中心に日本の心に関する情報を毎日アップしています。

易経(周易)を読み解く 六(乾為天 全体)

三 易経(周易)の物語
一 乾(けん)為(い)天(てん) ―――乾天 ―――乾天

互卦 同  綜卦 同  錯卦 二坤為地

卦辞・彖辞(物語全体の意義を書いている文章)
乾、元亨利貞。
○乾(けん)は元(げん)亨(こう)利(り)貞(てい)。乾(けん)は元(おお)いに亨(とお)りて貞(ただ)しきに利(よろ)し。
 剛健に剛健を重ねた乾の時は、物事が最大限に成し遂げられる時である。貴方が何かを成し遂げようとすれば、貴方の実力が最大限に発揮されて、物事が大いに成就する。
 天地の道に基づいて人の道の真ん真ん中を堂々と歩むが宜しい。但し、天地の道に背いて人の道(天地の道が人に発して徳となる→「だから道德と云う」)から外れた行為は一切認められない。

彖伝(卦辞・彖辞を掘り下げて解釈している文章)
彖曰、大哉乾元、萬物資始。乃統天。雲行雨施、品物流形。大明終始、六位時成。時乗六龍、以御天。乾道変化、各正性命、保合大和、乃利貞。首出庶物、萬國咸寧。
○彖に曰く、大いなるかな乾(けん)元(げん)、萬(ばん)物(ぶつ)資(と)りて始(はじ)む。乃(すなわ)ち天を統(す)ぶ。雲行き雨施(ほどこ)して、品(ひん)物(ぶつ)形を流(し)く。大いに終始を明らかにし、六(りく)位(い)時に成る。時に六(りく)龍(りゆう)に乗じ、以(もつ)て天を御(ぎよ)す。乾(けん)道(どう)変化して、各(おの)々(おの)性(せい)命(めい)を正しくし、大(だい)和(わ)を保(ほう)合(ごう)するは、乃(すなわ)ち利(り)貞(てい)なり。庶(しよ)物(ぶつ)に首(しゆ)出(しゆつ)して、萬(ばん)國(こく)咸(ことごと)く寧(やす)し。
 彖伝は次のように言っている。なんと偉大であろうか。乾の大いに成就する(物事が最大限に成し遂げられる)時は。宇宙空間に存在する萬(ばん)物(ぶつ)が(乾坤が交わることにより)生成発展を始めたのである。乾の大いに成就する(物事が最大限に成し遂げられる)力が萬物の生成発展を司っている(あらゆる事象の始まりは乾の働きに由り、坤の働きにより生み出される)のだ。
 雲がモクモク湧き出て慈雨を施し、萬物が一つ一つが形を成して流通する(何もなかったところから形有る事象が生み出される)のである。
 乾の時は物事の始めと終わりをダイナミックに表現した「時に適切に対処すべく龍が六段階に変化する物語」である。「龍の物語」は、君子としての資質が隠れ潜んでいた潜龍(世に潜んでいる龍)が、確(かつ)乎(こ)不(ふ)抜(ばつ)の志を打ち立てて、見龍(注目される龍)として世の中に現れる。見龍は潜龍の段階で打ち立てた確乎不抜の志を実現するために、己を導いてくれる人生の師匠と巡り逢う。師匠から学んだことを己の血肉とするために努力に努力を重ね自己研鑽(君子終日乾乾)して、世の中の頂点に立つべくチェンスを窺う。終に慈雨を施す飛龍として大空に羽ばたく。以上が「龍の物語」である。
 乾(天)の道は陰陽消長変化(乾から坤へ、坤から屯へ、屯から蒙へ・・・)して、六十四種類の時(六十四卦)はその役割を全うし、天地宇宙が生成発展する。常に正しくして宜しきに適っている。龍が時を得て大空に羽ばたけば、世界は調和するのである。

大象伝(この時に適切に対処する心構えが書いてある文章)
象曰、天行健。君子以自彊不息。
○象に曰く、天(てん)行(こう)は健(けん)なり。君子以(もつ)て自(じ)彊(きよう)して息(や)まず。
 大象伝は次のように言っている。天地宇宙の営みは、「日に新た、日に日に新た(大學の一節)」に活動を行っている。まるで、萬物を遍(あまね)く照らし続ける太陽の働きのように健やかで怠ることがない。
 君子を目指す人々は、萬物を遍く照らし続ける太陽の働きを見習うべきである。自らを強く健やかに養い続けて、一日たりとも休んではならない。