毎日連載! 易経や易占いに関する情報を毎日アップしています。

四季と易経 その四十三

2023年1月22日

乃東枯(なつくさかれる)(七十二候の二十八候・夏至の初候)

【新暦六月二十一日ころから二十五日ころまで】
 意味は「夏枯れ草が枯れる(絵で楽しむ)」である。
 「絵で楽しむ」には次のように書いてある。
 夏枯れ草(乃(だい)東(とう))とは、「靫(うつぼ)草(ぐさ)」の異名です。冬至に芽を出して夏至に枯れることから、「生じて冬至る、枯れて夏至る」といわれる珍しい植物。

 「乃東枯(なつくさかれる)」は、易経・陰陽消長卦の「天風姤」初六に中る。次に「天風姤」初六の文章(爻辞と小象伝)を示す。
 「天風姤」初六の言葉は【新暦六月二十一日ころから二十五日ころまで】に当て嵌まる。

天風姤初六(易経・陰陽消長卦)

《爻辞》
初六。繋于金柅。貞吉。有攸往、見凶。羸豕孚蹢蠋。
○初六。金(きん)柅(じ)に繋(つな)ぐ。貞(てい)にして吉。往(ゆ)く攸(ところ)有れば凶を見る。羸(るい)豕(し)孚(まこと)に蹢(てき)蠋(ちよく)たり。
 陰柔不正(陰爻陽位・一陰五陽)の初六は微(び)賤(せん)な位で、君子を誑(たぶら)かす悪しき小人(魅力的な女性に化身した邪心の塊(かたまり)。一見微力に見えるが徐々に君子に浸透して邪心を蔓延(はびこ)らせる)である。それゆえ、金属製の車の止め木に繋いでおくがよい。
 この悪しき小人を止め木に繋いで正しく教え導けば邪心を正して社会は治まり幸福を招き寄せる。止め木に繋がず自由な行動を許せば、君子が誑(たぶら)かされて社会は乱れ、不幸を招き寄せる。初六は騒がしい豚のように飛び跳ねて、君子を誑(たぶら)かそうと企(たくら)んでいる悪しき小人(魅力的な女性に化身した邪心の塊(かたまり)。一見微力に見えるが徐々に君子に浸透して邪心を蔓延(はびこ)らせる)なので警戒することが肝要である。

《小象伝》
象曰、繋于金柅、柔道牽也。
○象に曰く、金(きん)柅(じ)に繋(つな)ぐは、柔(じゆうの)道(みち)牽(ひ)けば也(なり)。
 小象伝は次のように言っている。悪しき小人(魅力的な女性に化身した邪心の塊(かたまり)。一見微力に見えるが徐々に君子に浸透して邪心を蔓延(はびこ)らせる)初六は金属製の車の止め木に繋いでおくがよい。小人の勢いが盛んになり邪心が蔓延(はびこ)るのを未然に防ぐのである。

 「天風姤」初六の之卦は「乾為天」である。次に「乾為天」の全体像を表す言葉(卦辞・彖辞、彖伝、大象伝)と「乾為天」の初六の言葉(爻辞、小象伝)を示す。これらの言葉は「天風姤」の初六と同じく【新暦六月二十一日ころから二十五日ころまで】に当て嵌まる。

乾為天(天風姤初六の之卦)

《卦辞・彖辞》
乾、元亨利貞。
○乾(けん)は元(げん)亨(こう)利(り)貞(てい)。乾(けん)は元(おお)いに亨(とお)りて貞(ただ)しきに利(よろ)し。
 剛健に剛健を重ねた乾の時は、あらゆる物事が最大限に成し遂げられる時である。貴方が何かを成し遂げようとすれば、貴方の実力が最大限に発揮されて、物事が大いに成就する。
 天地の道に基づいて人の道の真ん真ん中を堂々と歩むが宜しい。但し、天地の道に背いて人の道(天地の道が人に発して徳となる→だから人の道を「道德(仁)」と云うのである)から外れた行為は一切認められない。

《彖伝》
彖曰、大哉乾元、萬物資始。乃統天。雲行雨施、品物流形。大明終始、六位時成。時乗六龍、以御天。乾道変化、各正性命、保合大和、乃利貞。首出庶物、萬國咸寧。
○彖に曰く、大いなるかな乾(けん)元(げん)、萬(ばん)物(ぶつ)資(と)りて始(はじ)む。乃(すなわ)ち天を統(す)ぶ。雲行き雨施(ほどこ)して、品(ひん)物(ぶつ)形を流(し)く。大いに終始を明らかにし、六(りく)位(い)時に成る。時に六(りく)龍(りゆう)に乗じ、以(もつ)て天を御(ぎよ)す。乾(けん)道(どう)変化して、各(おの)々(おの)性(せい)命(めい)を正しくし、大(だい)和(わ)を保(ほう)合(ごう)するは、乃(すなわ)ち利(り)貞(てい)なり。庶(しよ)物(ぶつ)に首(しゆ)出(しゆつ)して、萬(ばん)國(こく)咸(ことごと)く寧(やす)し。
 彖伝は次のように言っている。なんと偉大であろうか。乾の大いに成就する(あらゆる物事が最大限に成し遂げられる)時は。宇宙空間に存在する萬(ばん)物(ぶつ)が(乾坤が交わることにより)生成発展を始めたのである。乾の大いに成就する(あらゆる物事が最大限に成し遂げられる)力によって天地宇宙にエネルギーが満ち溢れ、そのエネルギーを受容した坤の働きによって、萬物が生み出される。すなわち、雲がモクモク湧き出て慈雨を施し、萬物が一つ一つ形を成して流通する(何もなかったところから形有る事象が生み出される)のである。
 乾の時は物事の始めと終わりをダイナミックに表現した「時に適切に対処すべく龍が六段階に変化する物語」である。「龍の物語」は、君子としての資質が隠れ潜んでいた潜龍(世に潜んでいる龍)が、確(かつ)乎(こ)不(ふ)抜(ばつ)の志を打ち立てて、見龍(注目される龍)として世の中に現れる。見龍は潜龍の段階で打ち立てた確乎不抜の志を実現するために、己を導いてくれる人生の師匠と巡り逢う。師匠から学んだことを己の血肉とするために努力に努力を重ね自己研鑽(君子終日乾乾)して、世の中の頂点に立つべくチェンスを窺う。終に慈雨を施す飛龍として大空に羽ばたく。以上が「龍の物語」である。乾(天)の道は陰陽消長変化(乾から坤へ、坤から屯へ、屯から蒙へ…)して、六十四種類の時(六十四卦)はその役割を全うし、天地宇宙が生成発展する。常に正しくして宜しきに適っている。龍が時を得て大空に羽ばたけば、世界は調和するのである。

《大象伝》
象曰、天行健。君子以自彊不息。
○象に曰く、天(てん)行(こう)は健(けん)なり。君子以(もつ)て自(じ)彊(きよう)して息(や)まず。
 大象伝は次のように言っている。天地宇宙の営みは、「日に新た、日に日に新た(大學の一節)」に活動を行っている。まるで、萬物を遍(あまね)く照らし続ける太陽の働きのように健やかであり、怠ることがない。
 君子を目指す人々は、萬物を遍く照らし続ける太陽の働きを見習うべきである。太陽のように強く健やかになるために自らを養い続けて、一日たりとも休んではならないのである。

乾為天初九(天風姤初六の之卦・爻辞)

《爻辞》
初九。潜龍。勿用。
○初(しよ)九(きゆう)。潜(せん)龍(りゆう)なり。用(もち)うる勿(なか)れ。
 初九は無限の可能性を秘めているが、その資質が潜み隠れているので、潜龍と称するのである。だから、潜龍を用いてはならない。世(社会、現場、第一線、表舞台等)に出してはならない。

《小象伝》
潜龍勿用、陽在下也。
○潜(せん)龍(りゆう)用(もち)うる勿(なか)れとは、陽にして下に在れば也。
 潜龍を用いてはならない。世(社会、現場、第一線、表舞台等)に出してはならない。今は萬物の根源的なパワー(元氣)を養う時。パワー(元氣)を発揮する時ではない。発揮しようとすれば木っ端みじんに打ち砕かれて、之卦「天風姤」の時に転落してしまう。