毎日連載! 易経や易占いに関する情報を毎日アップしています。

期間限定「現代語訳(超意訳) 呑象高島嘉右衛門著 増補 高島易斷 上下巻 占例篇」 風天小畜

九 風天小畜 ||・ |||

小畜、亨。密雲不雨、自我西郊。
□小畜は亨る。密雲あれど雨ふらず、我が西郊よりす。
 小畜は小(陰)が大(陽)を止める時。上に進む乾を、巽が止めようとする。力で押し止めることはできない。柔順な德で君や父の心を和らげ止めてこそ(柔よく剛を制す)、臣や子の志が行われる。天(下卦乾)は熱エネルギーを発し大氣に水蒸氣を蓄え、水蒸氣は密雲(互卦兌・沢)となるが、風(上卦巽)に遮(さえぎ)られて雨は降らない。
 周(西郊)の文王は、殷(いん)の紂(ちゆう)王(おう)によって羑(ゆう)里(り)に囚(とら)えられて易の卦辞を書いた。その時、わが志は天下泰平にあるが君主の紂王と志が和合せず、少し止められたる時であるなぁと、嘆息した。
彖曰、小畜柔得位而上下應之、曰小畜。健而巽、剛中而志行。乃亨。密雲不雨、尚往也。自我西郊、施未行也。
□小畜は柔(じゆう)位(くらい)を得て、上下之(これ)に應ずるを、小畜と曰う。健にして巽、剛中にして志行わる。乃ち亨る。密雲あれど雨ふらずとは、往くを尚ぶ也。我が西郊よりすとは、施し未だ行われざる也。
 六四(柔)が位を得て上下の陽爻皆応比する。柔が剛を少し止めるから、小畜と名付ける。乾は健やかで驕(おご)ることなく巽順に従う。
 九二と九五が剛健で中庸を得て、終には志を実現する。それゆえ、すらっと通る。
 天は熱エネルギーを発し大氣に水蒸氣を蓄え、水蒸氣は密雲となるが、上卦風に遮られて雨は降らない。次々と密雲が湧き起り、終には雨が降ることを貴しとするのである。
 周の文王が嘆息した。未だ時が至らず慈雨を施すことができないからである。
象曰、風行天上小畜。君子以懿文德。
□風天上を行くは小畜なり。君子以て文德を懿(よ)くす。
 天(乾)上に風(巽)が吹き渡り密雲雨にならないのが小畜の形。
 君子は、己の文德(文武の文)の至らぬ(學問が足りない)ことを弁(わきま)え、聖賢の學問を習い身を修めて密雲雨になる時を静かに待つ。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての原文の一部。
(占)此爻ヲ得ルトキハ、時ヲ救フノ志アリト雖モ因循者ノ爲ニ遮ラレテ進ムコト能ハズ、憂ヒ悶ユルノ時トス、・・・
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての現代語訳。
(占)事態を改善する志があっても、邪魔者が妨害して、進むことができない。心配して悶々とする時。思っていることが実現しないので、夢を諦めがちである。運が開けるのは、先のことではない。よく勉め励んで、志ある夢を実現すべきである。女性が権力を握って、主人の権威が失墜する時。婿に入って他の家を相続する時でもある。
○小畜はあらゆる事が曖昧になって、確乎たる意志を持って事に取り組むことができにくい時である。
○「密雲あれど雨ふらず」。企画した事業を実行できない。
○宰相の意志が実現する時。
○剛(つよ)くて健やかな志を心に抱きながらも、外面にはまったく表わさない時である。
○時は未だ至らないが、今の状態に安んずれば吉運を招く。
○願望はなかなか成し遂げられない。意志が通じない兆しがある。
○女性の存在が行動を思い止まらせて、なかなか行動できないことがある。また妻が夫を嫌うことがある。
○陰的な存在が盛んになり、陽的な存在に対抗しようとしている時は、君子は決して動いてはならない。深く自戒すべきである。
○物事を忌嫌い、人の気を惹き、苦しみを避けようとする。心の中にモヤモヤしたものを抱えて、言葉には出し難い時。
○多くの人の気持ちを迷わせる時。
小畜 初九 ||・ |||

初九。復自道。何其咎。吉。
□初九。復(かえ)ること道に自(よ)る。何ぞ其れ咎あらん。吉。
 正応六四のところへ進もうとするが、六四は止める時(小畜)の主と知って途中で復(かえ)って正位に止まる。どうして咎められようか。幸を得る。
象曰、復自道、其義吉也。
□復(かえ)ること道に自(よ)るとは、其の義吉なるなり。
 途中で復って正位に止まる。道義に適っているから幸を得る。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての原文の一部。
(占)此爻ヲ得ルトキハ、久しく通ゼザルモノ、漸ク通ズルノ時トス、又婦人僥倖ヲ得テ却テ禍ヲ醸スコトアルノ時トス、愼ムベシ、凡ソ望事一タビ達スレバ、堅固ニ之ヲ守ルベシ、勢ニ乗ジテ進ムトキハ、聊カ幸アルモ、亦大ナル損害ヲ醸スベシ、是レ亦愼ムベキナリ・・・
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての現代語訳。
(占)久しく通じなかった事が、ようやく通じるようになる。女性が幸運を招き寄せるが、そのことが反(かえ)って災難を招き寄せる。慎むべきである。一つの希望が叶った時は、それ以上を望んではならない。さらに新たな希望を叶えようとすれば、せっかく招き寄せた幸運が大きな損害に変じてしまう。よくよく慎まなければならない。
○人を疑えば人から信用されない。心の中に希望を抱いても、すぐそれを叶えようとせずに、じっと待っていれば、利益を得る。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の原文の一部。
(占例)某縣ノ學務課長常ニ國事ヲ談論シ、意氣頗ル慷慨、志士ヲ以テ自ヲ任ズ、(中略)其成否如何ヲ占ハンコトヲ請フト、乃チ筮シテ小畜ノ初爻ヲ得タリ、・・・
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の現代語訳。
(占例)ある県の教育関係の部署の課長は、いつも、国家天下の事を心配している氣骨のある人物であり、自ら志士と任じている。
 ある日、建白書を持参してやって来た。近々、貴人に面会して、国家天下のために自らの意見を述べようと思うが、その成否を占ってほしいと頼まれた。
 そこで、占ったところ、小畜の初爻を得た。
 易斷は次のような判断であった。
 小畜の卦は、よく切れる刀で風を切るような時。腕力が強い人でも、腕力を発揮することができない。だから、あなたの意見を貴人に認めてもらうことはできない。よって、今回は意見を述べるべきではない。
 小畜の上卦を政府に当て嵌めれば、維新の時は(よく切れる刀で風を切るように)武力を使用して内乱を平定したが、今は世の中も安定してきており、あなたの大胆な意見を採用するとは思えない。維新の時は軍隊の指揮を執った人物も今では大臣となって要職を務めており、今の職務を全うすることを第一義としている。
 上卦は風で進退容易ならざる性質を有している。剛健の気質を有するあなたが、天下国家に対する志を貫こうとするのは、糠(ぬか)に釘を打つようなものである。あなたが強引に意見を述べようとしても、貴人はあなたに会ってくれない。それどころか貴人のボディーガードと揉め事になって、場合によっては警察に連行・拘束されて、説教されることになる。今は行動してはならないと悟り、思い止まるべきである。
 このことを「復(かえ)ること道に自(よ)る。何ぞ其れ咎あらん。吉。正応六四のところへ進もうとするが、六四は止める時(小畜)の主と知って途中で復(かえ)って正位に止まる。どうして咎められようか。幸を得る」と云う。
 以上のようだから、行動してはならない、と易断した。
 だが、その課長は血気盛んに貴人に逢いに行った。しかし、易断通りの結果となり、自分が間違っていたと謝罪したのである。

小畜 九二 ||・ |||

九二。牽復。吉。
□九二。牽(ひ)きて復(かえ)る。吉。
 勇敢に上(のぼ)り進もうとするが、初九が本位に復(かえ)るのを見て、進めば支障があることを悟り、本位に復って静かに時を待つ。それゆえ、幸を得る。
象曰、牽復在中、亦不自失也。
□牽(ひ)きて復(かえ)る。中に在り。亦(また)自ら失わざる也。
 本位に復って静かに時を待つ。時に中って自分を見失わない。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての原文の一部。
(占)此爻ヲ得ルトキハ、事アリテ進マント欲スルモ、人ニ妨ゲラルルコトアルヲ知テ、半途ニシテ、事を止ルノ時ナリ、蓋シ能ク微ヲ見機ヲ察スルノ明アリテ、・・・
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての現代語訳。
(占)何か事業を進めようとするが、進めれば誰かに妨害されることを知って、途中で事業を進めることを断念する。だが、微妙な兆しを察する明智があるので、自ら事業を止めて、災難を招き寄せることを回避し、吉運を招き寄せる。
自ら事業を止めることができない人は、凶運に陥るしかない。
この爻が出た人は、正直で常に人の道を踏み外さない。それゆえ、今は目上の人から引き立てられなくても、今いるところで信用できる人と連携して、共に成長していくことができる。
○直ぐに進んではならない。目下の初九と連携し、今やっていることを大切にすれば、吉運を招き寄せる。
○物事が滞り、立ち止まることがある。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の原文の一部。
(占例)余ガ知ル所ノ商人某氏、某局ヨリ羅紗ノ注文アルニ當リ横濱ノ外國商館ヨリ見本ヲ取リテ納メシガ、他ノ商人二名モ亦同一ノ見本ヲ取リテ、共ニ同局ニ出シタリ、(中略)前途ノ得失如何ン請フ之ヲ占ヘト、乃チ筮シテ小畜ノ第二爻ヲ得タリ、・・・
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の現代語訳。
(占例)ある商人が、ある役所から羅(ら)紗(しや)の発注を頂いたので、横浜の外国商館から見本を取り寄せて、納品した。
 他の二人の商人も、その役所から依頼され、横浜の外国商館から同じ商品を見本として納品した。ところが、役所の担当者は、一人の商人が納品した見本を良品として、ある商人ともう一人の商人が納品した同じ見本を劣等品と決めつけ、取引を断った。
 そこで、ある商人ともう一人の商人は、不平・不満の気持ちを抱き、わたしの家にやって来て、次のように言った。
「違う商品を納品して、断られたのならば納得できるが、同じ商品を納品して、断られるというのは納得できない。役所の担当者がやったことを上司の長官に告発しようと思うが、その可否を占ってほしい」。
 そこで、占ったところ、小畜の二爻を得た。
 易斷は次のような判断であった。
 小畜は君子が小人に制止されるという卦であり、正しい理屈が通らない時である。今回占って、二爻が出たが、二爻は五爻と陽同士で応じていない。したがって、長官に告発しても長官は聞き入れてくれない。だから、思い止まるべきであると易断した。
 商人は本来、正当で合理的な取引をするものだが、競争が厳しくなってくると、正当で合理的な取引が通じないことがある。不当で非合理的な理屈を言ってくる顧客もあるが、それをじっと堪え忍ぶのもまた商人である。どんなに嫌な顧客でも、顧客と会う時には満面の笑みで対応すべきではないだろうか。商人とはそういうものである。
 もし、あなたがその職員を告発して長官の理解を得たとしても、一時的にはよいかもしれないが、長い目で見れば、商人としてマイナスになることが多いだろう。人と争うことが多い商人は決して成功していないことを見ても、推して知るべきである。相手が悪いとしても、商人としての本分を知って思い止まる。
 このことを「牽(ひ)きて復(かえ)る。中に在り。亦(また)自ら失わざる也。本位に復って静かに時を待つ。時に中って、自分を見失わないのである」と云う。
 自ら失わざるなりとは、後のことを考えて、今は堪え忍ぶことが、自分の商売の利益につながることを云う。
(この易占の結果は書いてない。)

(占例2)明治二十四年、郵船会社の汽船・東京丸は朝霧の深い中を航行していたところ、過って房州沖の浅瀬に乗り上げてしまった。軍艦や汽船を使って、東京丸を浅瀬から引き出そうと、一致協力して尽力したが、少しも動かすことができなかった。ある人がわたしの家にやって来て、東京丸を引き出せるかどうかを占ってほしいと頼まれた。
 そこで、占ったところ、小畜の二爻を得た。
 易斷は次のような判断であった。
 今、東京丸は浅瀬に乗り上げているが、他の汽船に無事に引き出される。その船体には損傷もなく、安全に帰ってくると易断した。「自ら失わざるなり」とは、損傷がないことを云うからである。その後、果たして、易断の通りとなった。

小畜 九三 ||・ |||

九三、輿説輹。夫妻反目。
□九三、輿(くるま)輹(とこしばり)を説(と)く。夫妻反目す。
 強引に前に進もうとして小畜の主六四に止められる。猛スピードで疾走していた車の車輪が外れる。陰陽和合すべき六四と、睨み合って反目する。
象曰、夫妻反目、不能正室也。
□夫妻反目すとは、室を正すこと能はざる也。
 陰陽和合すべき六四と反目するのは、粗野な夫(九三)が妻(六四)から愛想を尽かれ、家庭を正せなかったからである。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての原文の一部。
(占)此爻ヲ得ルトキハ、己レノ剛直ヲ恃ミ、強テ其志ヲ達セント欲スルモ、小人高位ニ居リ柔順ノ態ヲ示シテ我ヲ拒ムコト甚シ、故ニ思ノ所達セズ争ヲ敗ヲ取ルノ時トス・・・
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての現代語訳。
(占)自分が剛毅で真っ直ぐと過信して、強引にその志を実現しようと欲するが、小人が高い地位に居て、やんわりと、かつ、きっちりと、拒まれる。思っていることは実現せずに、争えば敗れてしまう時。
正しい理屈が通じない時だから、よくよく注意して、争い事に巻き込まれてはならない。そうでなければ、愚かな人に妨害されて難渋する。
また、大きな商家の支配人として、その商家を統制や統治するだけの権力がありながら、なかなか妻を娶(めと)ることができずに、どうしたらよいのか悩んでいるような時でもある。慎むべきである。
○妻が強情な性格なので、夫が怒っている。
○長官(上司)の威権に統制されて、不満を抱く時。
○前に進むことができずに、人と争う事がある。
○結婚するのは善くない(不利益な)時。
○思うことが実現できない。憂鬱な気持ちとなり、投げやりになる。
○恥をかいて面目を失う。
○見栄を張って仲違いする。物事を深く考えないから失敗して、不安を感じる時。万事、ボタンの掛け違いのようにギクシャクする。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の原文の一部。
(占例)明治六年、岩倉右大臣及木戸大久保伊藤山口ノ諸君、欧米各邦視察ノ大命ヲ奉ジテ洋行セラル、而シテ諸君ガ派遣セラルルノ初ニ當リ、(中略)遂ニ征韓非征韓ノ二派ニ岐レテ、一大激論ト爲ル、此際貴顕其來リテ、其決議論ノ歸着如何ンヲ占ハンコトヲ請ハル、乃チ筮シテ小畜ノ第三爻ヲ得タリ、・・・
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の現代語訳。
(占例)明治六年、岩倉右大臣及び木戸・大久保・伊藤・山口等要人たちが、欧米諸国を視察するという大命で洋行した。
 出航する前に、視察先において、その時の判断で、各国の政府と条約を結ばないことを約束した。また、留守を守る三条大臣及び西郷・副島・後藤・板垣・大隈・江藤・大木等要人たちは、視察団が戻るまでは、新たに事を起こさないことを約束した。
だが、その後、海軍の軍艦が朝鮮の海岸を測量している時に朝鮮から砲撃された国辱を晴らすため、留守を守る要人たちは、その罪を問うことを決議しようとした。そうこうしているうちに、視察団が帰国して議論に加わったが、議論は決裂し、遂に征韓論と非征韓論の二派に分かれての大議論となった。
 そこで、ある貴人がやって来て、議論の帰結を占ってほしいと頼まれたので、占ったところ、小畜の三爻を得た。
 易斷は次のような判断であった。
 小畜は、下に三つの陽爻が連帯して上に進もうとするけれども、六四の陰爻に止められて、進むことができない。すなわち、大きなものが小さなものに畜止される。それゆえ小畜と云う。
 これを征韓論と非征韓論に当て嵌めると、下の三陽は進もうとしているので、征韓論者である。征韓論者が盛んに進もうとするのは、わが国は三百年に渡って鎖国をしており、欧米諸国に後れをとった。そのことを嘆いて、欧米諸国に追い付け追い越せという勢いに乗って、征韓論を主張している。
 それに対して、非征韓論者は、欧米諸国を視察して、その文明を目の当たりにしており、また陸海軍の軍備がわが国とは比較にならないほど充実していることを痛感しており、今は軽挙妄動する時ではなく、国防を固めることが先決なので、征韓論は不可能であることを主張して、征韓論者に反対している。
 もし、征韓論を採用して勝利したとしても、朝鮮が清国に働きかけて、清国政府の支援を受けて立ち向かってくるかもしれない。あるいは、ロシアに働きかけて、ロシア政府の支援を受けて立ち向かってくるかもしれない。そのような事態になれば、虎視眈々と東洋の有事を待っている英国・フランス・ドイツ各国が口実を設けて攻めてくる。
 そうなったとしたら、各国の軍艦が日本近海に押し寄せて、わが国の軍艦と戦闘することになる。しかし、わが国はまだ海軍に力がなく、軍艦も整備されていないので、勝利することは不可能である。だから、今、愚かな朝鮮を征伐したとしても、それは一時的な喜びに終って、中長期的にはわが国のためにならない。
 以上が、欧米諸国を視察した要人たち(非征韓論者)の主張である。
 小畜の時は、六四の一陰が九五の天子の側近として権力を持っている時であるから、必ず非征韓論者は天子(明治天皇)を味方に付けて征韓論者を論破するだろう。
だが、征韓論者には信念があるから、自分たちの意見が用いられない時には、その職を辞すであろう。このことを「輿(くるま)輹(とこしばり)を説(と)く。強引に前に進もうとして小畜の主六四に止められる」と云う。
 車は重い物を載せて運送する器械であるが、今「輿(くるま)輹(とこしばり)を説(と)く」のは、車輪と車体がバラバラになって使用できないということである。征韓論を説いている要人たち(参議)は、国家の重責を担う者であるが、車輪が車体から外れるように、要人たち(参議)はその職を辞してバラバラになると易断した。
 三陽の剛健な人々が、一陰に妨害されて、自分の意見が通らないのである。例えれば、妻が夫を抑えているが、夫は妻に制御されることを快く思わないので、互いに反目して喧嘩するようなものである。このことを「夫妻反目す。陰陽和合すべき六四と、睨み合って反目する」と云う。
 その後、易断の通り非征韓論が採用され、征韓論を主張した要人たち(参議)は、全員、職を辞したのである。

小畜 六四 ||・ |||

六四。有孚。血去惕出。无咎。
□六四。孚有り。血(いたみ)去り惕(おそ)れ出(い)づ。咎无し。
 至誠の心で三陽を止め、天子を支える。九五に庇(ひ)護(ご)され危険を免れる。それゆえ、過失は犯さない。
象曰、有孚、惕出、上合志也。
□孚有り。血(いたみ)去り惕(おそ)れ出(い)づとは、上、志を合わすればなり。
 九五に庇(ひ)護(ご)され危険を免れる。天子と志を同じくするからである。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての原文の一部。
(占)此爻ヲ得ルトキハ、陰ニシテ陽ヲ制スル時ナレバ、其位地實ニ危シト謂フベシ、然レドモ人爲ニ孚ヲ盡シ己レニ奉ズル薄ク、・・・
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての現代語訳。
(占)陰が陽を制する時。陰は大変に危険な地位に居る。至誠を尽くして自我に囚われず、清明の心を維持すれば、災難を免れる。
また、子どもに恵まれず、頼りとする親族は少ない。家事に関して、心配事が多い。目下の人には慈しみの心で、目上の人には至誠の心で接することができれば、災難を免れ、家庭や家族を維持できる。
○一陰が衆陽を制止・制御する。
○病気の人は、治療法が見つかって危険を脱する。
○至誠の心で人に接する。隣人(身近な人)を助けて、何かを得る。
○血が出たり、血を見るような事に遭遇した場合、潜み隠れて静かにしていることにより、災難を回避することができる。
○志を実現しようとしている人を、結果的に妨害することになる。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の原文の一部。
(占例)明治五年、某貴顕ノ運氣ヲ占ヒ、筮シテ小畜ノ第四爻ヲ得タリ・・・
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の現代語訳。
(占例)明治五年、ある貴人の運氣を占って筮したところ、小畜の四爻を得た。
 易斷は次のような判断であった。
 小畜は、六四の一陰が九五に下に在って、天子の德を戴き奉じる時。一陰は上下の五陽が盛んに進もうとするのを制止して、ただひたすら一身を国家のために尽くし、天子に仕える。このことを「孚有り。至誠の心で三陽を止め、天子を支える」と云う。
 一人孤独な陰的存在でありながら、多数の陽的存在の人々を制止する時である。国家を統治するためには、万全なことを大切にすべきである。容易に事を行なうべきではない。
 大衆から色々な意見が出てくるが、うかつに事を行なうと、思わざる災難を招き寄せることがある。貴人は、災難に遭遇するリスクがあるが、幸いにそれは回避できる。
 それゆえ「血(いたみ)去り惕(おそ)れ出(い)づ。咎无し。九五に庇(ひ)護(ご)され危険を免れる。それゆえ、過失は犯さない。」と云う。
 以上の易断を貴人に説明したところ、ただただ肯いて、感謝された。
 その後、貴人は暴徒による災難に遭遇したが、軽傷で済んだ。
「血(いたみ)去り惕(おそ)れ出(い)づ。庇(ひ)護(ご)され危険を免れる」という言葉が的中したのである。

小畜 九五 ||・ |||

九五。有孚攣如。富以其鄰。
□九五。孚有りて攣(れん)如(じよ)たり。富、其の鄰(となり)を以てす。
 六四の真心に感動し、至誠の心で六四を庇護する。小畜の時を制御する。
 富を六四と共有し、恩沢普く天下に行き渡る。
象曰、有孚攣如、不獨富也。
□孚有りて攣(れん)如(じよ)たりとは、独り富まざる也。
 富を独り占めすることなく六四と共有して、恩沢を普く天下に行き渡らせるのである。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての原文の一部。
(占)此爻ヲ得ルトキハ、見ル所遠キニ及バズ、唯我意ニ違ハザル者ノミヲ愛戀シテ、益友ヲ失フノ時トス、心志ヲ公明ニシテ、天下ノ爲ニ善事ヲ勵ムベシ、・・・
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての現代語訳。
(占)遠くまで見渡すことができず(多くの人の気持ちを見抜くことができず)、自分に従う者だけを愛顧する。本当に自分にとって利益をもたらしてくれるような貴重な友だちを失う。心の中にしっかりした志を抱いて、公明正大な気持ちで、天下のために善き事をすべきである。富有な家に住み、親族や友人も多く、召使いも沢山雇っている。親族が力を合わせて事を行なえば、さらに繁盛する。真心を失わなければ、心配事があっても、お互いに助け合って心配事は解消する。
○財産やお金が集まってくる。
○自分を慕って順う人にモノを恵む。
○六四(側近)を支援して(または六四の助けを得て)、六四と共に下から昇ってくるモノを制止する。
○懐にモノを貯える。
○物事を為し遂げようとする。包容力を身に付ければ成功する。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の原文の一部。
(占例)明治四年三月、友人岡田平藏氏來リ、一事業ヲ企ルアリ、其成否ヲ卜センコトヲ請フ、乃チ筮シテ小畜ノ第五爻ヲ得タリ・・・
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の現代語訳。
(占例)明治四年三月、友人の岡田平蔵氏がやって来た。
 ある事業を企画しているのだが、その成否を占ってほしいと頼まれたので、筮したところ、小畜の五爻を得た。
 易斷は次のような判断であった。
 小畜は、財産を蓄えて積み上げるという象なので、事業を実行すれば、必ず利益を得て満足する。手下(従業員)の中にとても力のある人がいる。その人の力によって成功するので、大きな利益を得たならば、その人に利益を配当するが宜しい。迷うことなく、どんどん進めるべきだと易断した。
 その後、易断の通りになったのである。

小畜 上九 ||・ |||

上九。既雨既處。尚德載。婦貞厲。月幾望。君子征凶。
□上九。既に雨ふり既に処(お)る。德を尚びて載(み)つ。婦は貞なれども厲(あやう)し。月(つき)望(ぼう)に幾(ちか)し。君子も征けば凶。
 上九は小畜の時の終極を説く。彖辞に「密雲雨ふらず」とあったが、六四と九五が陰陽和合して雨が降り、密雲は必要なくなった。至誠の六四を衆陽が貴び、小畜の時が成就した。しかし、陰が陽を制する形となり、六四は微妙な立場に変じた。月(陰)がもうすぐ満月になり太陽(陽)に匹敵する勢力になろうとしているのだ。君子(陽)が不用意に動くと陰と争い、共に傷付くことになる。
象曰、既雨既處、德積載也。君子征凶、有所疑也。
□既に雨ふり既に処るとは、德積載する也。君子も征けば凶とは、疑わしき所有る也。
 陰陽和合して雨が降り、密雲は必要なくなった。六四が至誠の德を積み上げたのである。君子(陽)が不用意に動くと陰と争い、共に傷付くことになる。六四(陰)の勢いが陽かと疑われるほど盛んになったのである。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての原文の一部。
(占)此爻ヲ得ルトキハ、我レ望事アリ又兼テノ知己アリ、我レ其知己ヲ恃ミテ依頼セントスルニ、豈ニ圖ランヤ、知己ナルモノハ却テ我ノ望ヲ妨グルモノニシテ、・・・
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占いの見立ての現代語訳。
(占)自分が望んでいる事を知り合いに依頼しようとする。知り合いは、自分の望んでいる事を妨害する存在である。志を共にする人ではない。そのことを早く察して、知り合いに依頼することを断念することが望ましい。断念すれば、小さな損害で済む。断念できなければ、遂には大損害を被る。早く断念すれば吉を招くことができる。
○志は上に向かって進もうとするが何物かに制止される。正しい道を守れば吉運を招く。
○やりすぎてはならない時である。

 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の原文の一部。
(占例)明治二十二年年、某月貴顕來訪シテ時事ヲ談ジ、試ニ政黨ノ首領某氏ノ運氣ヲ占ンコトヲ請フ、乃チ筮シテ小畜ノ上爻ヲ得タリ、其乞ニ應ジテ小畜ノ卦義を講ス・・・
 以下、高島嘉右衛門著高島易斷の占例の現代語訳。
(占例)明治二十二年のある月に、貴人がやって来て、時事について語り合った後で、ある政党の党首である某氏の運氣を占ってほしいと頼まれたので、筮したところ、小畜の上爻を得た。また、依頼されたので小畜の初爻から上爻までを講ずる。
 易斷は次のような判断であった。
 小畜は、天の上に風が吹いている。天は熱エネルギーを発して大気に水蒸気を蓄えるが、風に遮られて雨を降らせることができない。このことを卦辞・彖辞に「密雲あれど雨ふらず。天(下卦乾)は熱エネルギーを発し大氣に水蒸氣を蓄え、水蒸氣は密雲(互卦兌・沢)となるが、風(上卦巽)に遮られて雨は降らない」と云う。
 これを人間社会に当て嵌めると、四爻の一陰が時を得て、権力を有しているので、上下の五陽は、これに従わなければならない。
陽は大きく、陰は小さいが、小さな陰が大きな陽を制止するのが小畜の時である。このことを卦辞・彖辞に「柔(じゆう)位(くらい)を得て、上下之に應ずるを、小畜と曰う。六四(柔)が位を得て上下の陽爻皆応比する。柔が剛を少し止めるから、小畜と名付ける」と云う。
 今回は、ある政党の党首の運氣を占ったが、以上の物語を当て嵌めて、説明していく。
 明治の初め、ある紳士が大衆から推されて、明治天皇(九五)の側近として仕えた。九五の天子と天子を取り巻く陽の臣下は積極的に動こうとする性質があるが、その側近である陰の六四は無闇に動かず体制を固めようとした。
 維新の立役者が集まって明治政府の要人となったのだから、どんどん前に進めようとするが、六四は国家の基盤を築き上げるべく、近代国家としての法制度を定めることを優先した。どんな賢人でも、国家の要職を任されたら、ちょっとした誤りが国家を傾けることになるので、慎重になる。けれども、下卦三陽は連携して、日本が欧米諸国に遅れていることを嘆いて、近代化を早く進めようとする。
 六四は近代化を急ぐあまり、国家の進路を誤ることを心配して急がず慎重に事を進めようとした。下卦三陽はこの姿を優柔不断と見て不満を感じるが、六四は、それを意に介せず、日本の近代化を少しずつ整えていった。
 彖伝に「健にして巽、剛中にして志行わる。乾は健やかで驕ることなく巽順に従う」と云う。振り返えれば、明治元年三月に万機公論に決するという、天皇陛下のご命令があったが、以上のような事情によって、これを実現するのに一定の期間を要した。
 このことを卦辞・彖辞に「密雲あれど雨ふらず。天(下卦乾)は熱エネルギーを発し大氣に水蒸氣を蓄え、水蒸氣は密雲(互卦兌・沢)となるが、風(上卦巽)に遮られて雨は降らない」と云う。
▽初九の段階
 この爻は陽爻陽位で才能・智恵・気力を具えているが、下卦三陽の最下に在り、経験不足で信頼されていない。
 六四の陰爻と応じる関係にあって、前に進もうとするが、六四に制御される。
▽九二の段階
 この爻も前に進もうとするが、初九が進もうとして引き返してくるのを見て、自分も引き返してくる。その結果として幸を得るのは、九二が中庸の徳を具えているからである。
▽九三の段階
 この爻は六四の大臣の下位に居て、六四と同じく重要な職位に就いている。下卦陽の先頭に立ち、真っ直ぐ進んで行こうとするけれども、六四に制止されて、進むことができない。六四は権力を持っているので、対抗しても勝つ事はできない。そこで、職を辞して役所を去り、大衆を集めて、自分の国家に対する思いを伝える。このことを「輿(くるま)輹(とこしばり)を説(と)く。強引に前に進もうとして小畜の主六四に止められる。猛スピードで疾走していた車の車輪が外れる」と云う。
 また「夫妻反目す。陰陽和合すべき六四と、睨み合って反目する」とあるのは、九三は陽だから夫、六四は陰だから妻である。今、九三が六四に制止されているのは、夫が妻に制止され、憤懣のあまり争っているのである。
 今回占った政党の党首は、この段階では、このような地位にあった。
▽六四の段階
 この爻を全体から眺めれば、一陰の存在が五陽を制止して、一身に権力を集めている人物である。一人の「柔らかい」存在が多数の「剛健」な存在を制御しているのだから、リスクが高い。しかし、六四が衆陽を制止しているのは、自分のために行なっているわけではない。天子の側近として至誠の心でお仕えしているのである。それゆえ、九五の天子は六四を寵愛して、六四に実権を与えて統治を委任する。だから「血(いたみ)去り惕(おそ)れ出(い)づ。咎无し。九五に庇(ひ)護(ご)され危険を免れる。それゆえ、過失は犯さない」と云う。
▽九五の段階
 この爻は天子の位に居て、側近六四と連携して、小畜の世の中を統治している。また、六四は九五から実権を与えられ統治を任されている人物である。九五は陽ゆえ経済的に豊かだが、六四は陰ゆえ経済的には不遇である。そこで、九五は六四に富を譲与する。六四は多忙であり、九五から譲与された富も交際費として支出し、自分のためには使わないという立派な人物なので、多くの恩賜を天皇陛下から賜る。政府から公邸を用意されることが、それに該当する。
▽上九の段階
「既に雨ふり既に処(お)る。彖辞に「密雲雨ふらず」とあったが、六四と九五が陰陽和合して雨が降り、密雲は必要なくなった」とは、小畜の時が終わり、雨を封じていた風が変化して慈雨が降るということである。
 天皇陛下がおっしゃった「万機公論に決する」ことが実行されて、衆議院議員が成立した。そもそも、今回占った政党の党首は、明治維新の時から今日に渡って、日本の近代化に大きく貢献した人物であることは、誰もが知っている。
 その人物が、今の政府には人材が揃っているが、将来人材が枯渇したら、この国は亡んでしまうかもしれない、と心配して、明治十四年に国会を開設しようと試みてから、明治二十三年にようやく衆議院が開設された。それは、この人物の大きな功績である。このことを「德を尚びて載(み)つ。至誠の六四を衆陽が貴び、小畜の時が成就した」と云う。
 妻が夫のために尽くし、臣下が君主のために尽くすのは当然のことである。しかし、自分が夫や君主に尽くしたことを、自分の手柄のように誇って調子に乗ってはならない。
 このことを「婦は貞なれども厲し。陰が陽を制する形となり、六四は微妙な立場に変じた」と云う。
「月(つき)望(ぼう)に幾(ちか)し。月(陰)がもうすぐ満月になり太陽(陽)に匹敵する勢力になろうとしているのだ」とあるのは、月が満ちれば必ず欠けていくように、満月に近くなったのは、また欠けていくことも、近づいたのである。運氣が長ずれば消じていくことを知るべきと戒めているのである。「君子も征けば凶。君子(陽)が不用意に動くと陰と争い、共に傷付くことになる」とは、政党を率いて国家のために動こうとすることは、現段階では不可能であることを云っている。
 それゆえ、戒め慎むべきであると易断した。
(この易占の結果~貴人の対応~については書いてない。)