毎日連載! 易経や易占いに関する情報を毎日アップしています。

コイン占い(易経・易占い)入門 抜粋版 水天需

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: aa3bcfb4d2bec7096eb0b4c2be6e68c1-1024x682.jpg

令和四年三月吉日、コイン占い(易経・易占い)入門(初心者からベテランまで対応)という電子書籍とペーパーバック(紙の書籍)をAmazonで出版した。その内容を抜粋してHPで紹介していく。詳しく読みたい方は、是非、Amazonでお求め頂きたい。上記画像からAmazonにリンクする。

五 水(すい)天(てん)需(じゆ) ・|・ ||| ゆったりと需(ま)つ
  ご(五)馳走おあずけ「水(すい)天(てん)需(じゆ)」 互卦 三八火澤睽
※ゆったりと時が至るのを待てば結果が出る時。
 焦りは禁物。常に心を磨き、人間として成長するように努力すべし。
 目先の利益を求めてはならない。
 ゆったりと時が至るのを待てば慈雨が降ってくる。焦ってはならない。
 強い人々が進み行こうとするが、目の前に困難が立ち塞がって進めない。
 前に進もうとしても、困難が立ち塞がって進めない。
 常に慎みの心を抱いて節操を守り、正しさを保つことが肝要である。
 篤実と謙遜を心がけ調和を重んじて、周りの人から信頼される人間になろう。
 大きな志を抱き、やるべきことをやり、ゆったりと飲み食いして、結果が出るのを待つ。
 冷静沈着で安定した心(自制心)を常に保つことができるように鍛錬すべし。
〇常に心を磨き、人間として成長するように努力して、冷静沈着で落ちついた精神を常に保てるように心がけるべきである。
 ⑤の時に至るのを泰然と待つべきである。常に篤実と謙遜を心がけ、調和を重んじ、人々からの信頼が厚い人は、自然に幸福を得る。事を急いで無理を重ね、目先の利益を求めれば、困ったことが起こる。慎まなければならない。
○進もうとすれば、険阻坎難に遭遇する。今は、直ちに進んではならない。
 何事も時が至るのを待つべきである。
○万事、成功するまでに時間がかかる。時が至るのを待っていれば、⑤の時に至れば、終に成し遂げることができる。
○正しさを忘れ、慎む心を失えば、大きな困難に遭遇する。
○大きな志を抱いて、時が至るのをゆったりと待つ時である。
○競争は不可。 ○節操を守る時。 ○頭痛がする時。

① 水天需初爻 ・|・||| 之卦水風井 ・|・||・
 素直に時が至るのを待つ。進んではならない。本業に専念するがよい。
 前途に困難が待ち受けている。時が至るのを素直に待つ。
 進んではならない。強引に進めば険難に陥る。本業に専念すべし。
〇進もうとするが、前途に妨害が待ち受けていることを知り、時機が到来するのを待っている。よく本業に安んじて、妄りに進んではならない。
 動くことを好んで、静止することを嫌い、利益を求めて、急進すれば、災いを招く。
 動くべき時、静かにすべき時のタイミングをよくよく考えて平常心を保つべし。
○時が至らないのに、強引に事業を企画して実行すれば険難に陥って後悔する。とくに新規事業は大失敗する。