毎日連載! 易経や易占いに関する情報を毎日アップしています。

コイン占い(易経・易占い)入門 抜粋版 山水蒙

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: aa3bcfb4d2bec7096eb0b4c2be6e68c1-1024x682.jpg

令和四年三月吉日、コイン占い(易経・易占い)入門(初心者からベテランまで対応)という電子書籍とペーバーバック(紙の書籍)をAmazonで出版した。その内容を抜粋してHPで紹介していく。詳しく読みたい方は、是非、Amazonでお求め頂きたい。上記画像からAmazonにリンクする。

四 山(さん)水(すい)蒙(もう) |・・ ・|・ 蒙を啓け
  幼(四)児は蒙昧「山(さん)水(すい)蒙(もう)」 互卦 二四地雷復
※先生に教え導かれてリーダーにふさわしい人物に成長する時。
 あなたの無(む)知(ち)蒙(もう)昧(まい)を啓(ひら)く時。自分は愚(おろ)かであることを自覚して、自分を導いてくれる先生を探し、素直な気持ちで学びなさい。
 先生を尊敬する心が大切である。先生を疑えば何も教えてくれない。
 先生の教えを素直に取り入れて、リーダーとしての人徳を磨き、リーダーに相応(ふさわ)しい人格者と云われるように努力すべし。慎みの心を大切にすべきである。
 あなたの知恵が啓かれるのを待つ時。知恵のある人に従えば人間として成長できる。
 篤実な心で人と付き合い、コツコツと事を為せば吉運を招き寄せる。
〇智者といえども、この時ばかりは、策略を考えたり、実行したりすることができない。
 どの方向に進んで行くのか迷って、蒙昧な行いをしてしまう。
 しばらくは、心を磨くために、真理に到達する智恵が啓かれるのを待つべきである。
 智者が愚に返る(智者の愚行)という謗(そし)りを受ける時。小賢しい技巧を用いれば、ますます窮する。自分を益してくれる友だちを捜し求めて、誠信と篤実の心で付き合い、その意見を取り入れるがよい。
 篤実な心で人と付き合い、コツコツと事を為せば、やがては、必ず栄えることになる。
○智恵が足りないので、困難の中に陥る時だが、必ず免れる道がある。
 智恵のある人に従えば、険阻坎難から抜け出ることができる。
○あらゆることに迷い迷って決断できない時。
 何事に取り組むにも、初めの段階で慎みの心を大切にすべきである。
○始めに決断して、あれこれ迷わないように心を安定させ、お付き合いする相手のことを妄りに疑わないように慎むべきである。
○実直だが人から信用されない。配慮しても、やることが稚拙なので、苦労することが多い。疑う心や迷いから離れることができない。
○配慮に欠けるので、直接関係がないことで苦しみ悩む時である。
○心の中に苦しむことや思い悩むことがある。気持ちを整理してすっきりしたいと思うが、自分の他にも苦しみ悩む人がいて、自分の気持ちを整理することができない。
○知識不足で、事業が達成できない。
○手形や契約文書などで騙されることがある。注意すべきである。
○今は物価が安いが、やがて高くなる。

① 山水蒙初爻 |・・・|・ 之卦山澤損 |・・・||
 躾がなっていない。②の先生から厳しく教えてもらいなさい。
 あなたは基礎的な教養(洒掃・応対・進退の節)が足りない。先生②から厳しく躾けてもらいなさい。人の道を学び、志を改めて、社会のルールに従いなさい。悪の誘惑に負けてはならない。
〇頑(かたく)なな愚か者が、先生②によく鍛えてもらい、智恵を啓こうとする時。先生の鍛え方が厳しすぎて、教え導くことの限界を超えると、先生が恥をかく。
 愚かなまま成長すると、人の道の何たるかを知らないので、過ちを犯して罪人となり、刑罰を受けることがある。先生②が早くその事に気付き、人の道を教え、志を改めさせて、法律や道德に従うように導くべきである。
○物事の是非や得失の判断ができない。 ○妄想が多くなる。
○畏れることを知らない。誰かに教え導いてもらうべきである。