毎日連載! 易経を中心に日本の心に関する情報を毎日アップしています。

易経(周易)を読み解く 二四(山水蒙 四五上)

六四 ―‥‥ ‥―‥ 之卦 六四火水未濟
六四.困蒙。吝。
○六四。蒙に困(くる)しむ。吝(りん)なり。
 六四は才德乏しく応じる爻と比する爻がない(六四以外は応比のいずれかはある)。蒙昧さを啓いてくれる先生は陽爻である九二と上九であるが、包容力のある九二にも、厳格に過ぎる上九とも縁がない。孤立無援の八方塞がりで困窮する。
 このまま、現状に甘んじているとしたら、実に恥ずかしいことである。応比の関係になくても、自分から師を求めて行かなければ蒙を啓くことはできない。
象曰、困蒙之吝、獨遠實也。
○象に曰く、蒙に困(くる)しむの吝(りん)なるは、獨(ひと)り實(じつ)に遠ければ也。
 小象伝は次のように言っている。六四が孤立無援の八方塞がりで困窮するのは、童蒙仲間の四陰の中で、六四だけが、師(九二と上九)と無縁だからである。このままでは誰も助けてくれない。自分で道を切り開いていくしかない。

【以下、高島易断から占いとしての見立てを引用】
(占)蒙昧無知にして、どうでもよいこと(無益なこと)に心を苦しめる時。智恵のある人を先生として学び、これまでのあり方を反省し、蒙を啓くべく発奮すべきである。それができなければ、終に蒙昧無知な人間として一生を終える。
○人の諫めを聞き入れない時。
○愚鈍なので、何をやってもうまくいかない。
○蒙を啓いてくれる先生を捜し求めて学ぶべきである。

六五 ―‥‥ ‥―‥ 之卦 五九風水渙
六五。童蒙、吉。
○六五。童(どう)蒙(もう)、吉(きつ)なり。
 六五は君主としての力量に欠けている。君主の位に在るけれども上卦艮(少男)の一員なので童蒙と名付ける。柔順で中庸の德を具えているので己の力量を辨(わきま)えている。自分より格下の位に在る九二の賢臣を師と崇めて、蒙を啓くべく師に教え導かれる。
象曰、童蒙之吉、順以巽也。
○象に曰く、童蒙の吉(きつ)なるは、順にして以(もつ)て巽(そん)なれば也。
 小象伝は次のように言っている。六五が蒙を啓くのは、柔順で中庸の德を具えており、素直で謙虚だからである。

【以下、高島易断から占いとしての見立てを引用】
(占)自分を教え導いてくれる賢者が存在する。謙虚な姿勢で賢者に学べば、遂に青雲に向かって進み行くようになる。
○誠の心で賢者の教えに従い、違うことがあってはならない。

上九 ―‥‥ ‥―‥ 之卦 七地水師
上九。撃蒙。不利爲寇。利禦寇。
○上九。蒙を撃(う)つ。寇(あだ)を爲(な)すに利しからず。寇(あだ)を禦(ふせ)ぐに利し。
 上九は童蒙である六五の君主を啓蒙するために、六五を叩き撃つように教え導く。闇雲に厳格に過ぎてはならないが、悪の誘惑から六五の君主を守るためには、厳格にすべきである。六五は君主の位に在るから厳格にするのである。また、上九ならば善いところは何一つない無節操な女六三の蒙を啓けるかもしれない。
象曰、利用禦寇、上下順也。
○象に曰く、用て寇を禦ぐに利しとは、上下順なれば也。
 小象伝は次のように言っている。悪の誘惑から童蒙を守るためには、厳格にすべきであるのは、師と弟子の道(上九を六五のお目付役やブレーンに例えている)に適っているからである。

【以下、高島易断から占いとしての見立てを引用】
(占)過激な性格なので、慕う人がなく、他人の過ちを容赦なく責めるので、怨みを買う。その過激な言行を慎むべきである。
○思わぬ時に盗賊に押し入られる。よくよく戒めなければならない。
○理屈屋で人情に欠ける。先ず自分を正すべきである。
○今は自分を省みる時。人を制することはできない。
○老父が隠居の身で、後継者にあれこれと口を出して嫌われる。
○他人の言行の是非善悪を厳しく問いかけるので、怨みを買う。
○無知蒙昧な人物に欺(あざむ)かれる。