毎日連載! 易経を中心に日本の心に関する情報を毎日アップしています。

易経(周易)を読み解く 百五六(澤火革 初二三)

初九 ‥―― ―‥― (澤火革) 之卦 三一澤山咸
初九。鞏用黄牛之革。
○初九。鞏(かた)むるに黄(こう)牛(ぎゆう)の革(かわ)を用(もち)ふ。
 初九は剛健正位で変革を為し遂げる実力はあるが、今は卑(ひ)賤(せん)(最下の位)で、まだ時期も早く、引き上げてくれる応爻がない。動けば危険である。今は、柔順中正の六二(黄牛)に順って、革(かわ)のように固く自分を戒めるべきである。軽挙妄動してはならない。
(公田連太郎述「易経講座四」によると、この爻は、三分の二の領地を有していた周の文王が、暗君である殷の紂王に柔順に仕えていた頃に例えられると云う。)
象曰、鞏用黄牛革、不可以有爲也。
○象に曰く、鞏(かた)むるに黄(こう)牛(ぎゆう)の革を用ふとは、以て爲す有る可からざる也。
 小象伝は次のように言っている。今は、柔順中正の六二(黄牛)に順って、革(かわ)のように固く自分を戒めるべきである。未(いま)だ変革を実行する時を得ていないので、今、動いても変革を為し遂げることはできないからである。

【以下、高島易断から占いとしての見立てを引用】
(占)心は一途だが、大変革の時に応ずるだけの智恵と実力を具えていない。上に居る六二(直属の上司)の命令に順うべきである。
○大変革の意義を理解できない。自分が見識が浅薄なことをよく弁えて、何事にも慎みの心で対処すべきである。
○大変革に中って、最下で卑しく地位もない。時は未だ到来しない。今の持ち場をしっかり守って手を出してはならない時である。
○大変革の初期の段階なので、うかつに動いてはならない。今はまだ、大事業は成し遂げられない時である。

六二 ‥―― ―‥― (澤火革) 之卦 四三澤天夬
六二。己日乃革之。征吉无咎。
○六二。己(つちのと)の日乃(すなわ)ち之を革(あらた)む。征けば吉にして咎(とが)无し。
 六二は柔順中正の賢臣である。九五の天子(トップ)を補佐して変革を成し遂げる役割を担っている。しかし、変革を急いではならぬ。今は己(つちのと)の日。己(つちのと)は十干(甲(こう)乙(おつ)丙(へい)丁(てい)戊(ぼ)己(き)庚(こう)辛(しん)壬(じん)癸(き))の六番目、組織の発展段階の半ばを過ぎている。すなわち、組織を変革する時に近付いているが、まだ、変革を実行する時には至っていない。現体制が綻(ほころ)び、その弊(へい)害(がい)が目につくようになった時に、はじめて変革は成し遂げられるのだ。然るべき時を待って九五の天子と共に進み征けば、見事に変革は成功する。誰からも咎められない。
象曰、己日乃革之、行有嘉也。
○象に曰く、己(つちのと)の日乃(すなわ)ち之を革むとは、行きて嘉(よろこび)有る也。
 小象伝は次のように言っている。変革を急いではならぬ。今は己(つちのと)の日。己(つちのと)は十干(甲(こう)乙(おつ)丙(へい)丁(てい)戊(ぼ)己(き)庚(こう)辛(しん)壬(じん)癸(き))の六番目、組織の発展段階の半ばを過ぎている。すなわち、組織を変革する時に近付いているが、まだ、変革を実行する時には至っていない。現体制が綻(ほころ)び、その弊(へい)害(がい)が目につくようになった時に、はじめて変革は成し遂げられるのだ。
 然(しか)るべき時を待って天子(トップ)と共に進み征けば、変革を見事に為し遂げ、現体制による弊害が刷新されるので、大いに民衆に喜ばれるのである。

【以下、高島易断から占いとしての見立てを引用】
(占)何事も隆盛を過ぎれば、衰退に向かい、やがて変化を余儀なくされる。衰退の行き着くところは変革である。今は変革の時なので、小象伝に「行きて嘉(よろこび)有るなり」と云う。
○変革を急いではならない。時が至るのを待つべきである。
○君子ならば、時が至れば喜びを招き寄せる。

九三 ‥―― ―‥― (澤火革) 之卦 十七澤雷隨
九三。征凶。貞厲。革言三就。有孚。
○九三。征けば凶。貞しけれども厲(あやう)し。革(かく)言(げん)三たび就(な)る。孚有り。
 九三は剛健正位だが剛に過ぎるので、強引に変革を行おうとすれば失敗して、不幸を招き寄せることになる。変革に大義があっても危険である。変革を実行する時が到来して、多くの人々が変革の必要性を認識し、一定の世論が形成され、変革の実行を求める声が何度も上がるようになれば、民衆を味方に付けて変革を成し遂げることができる。このようにして変革を為し遂げることができれば、大いに民衆から信服される。
象曰、革言三就。又何之矣。
○象に曰く、革言三たび就(な)る。又何(いず)くにか之(ゆ)かん。
 小象伝は次のように言っている。一定の世論が形成され、変革の実行を求める声が何度も上がるようになれば、どうして変革を断行しないでいられようか。

【以下、高島易断から占いとしての見立てを引用】
(占)旧来の弊害を一掃して、改革を必要とする時だが、旧来の制度の真っ只中に居て、容易に改革を実行できない。
○(時が到来する)上卦と(時が到来しない)下卦の間に在り、どっち付かずで困窮する。それを打破するには、小手先の策を練っても駄目である。改革が必要な理由を多くの人々に知らしめ、何度も民意に問いかけて改革を断行するべきである。それができれば、多くの人々が改革の必要性を認識して、改革は成功する。
○改革を断行しようとして、大騒ぎになる時である。
○陰謀を図ると逃げ場がなくなり困窮する。