毎日連載! 易経や易占いに関する情報を毎日アップしています。

32.雷風恒 期間限定 超入門 コインを用いた易経・易占い

三二 雷(らい)風(ふう)恒(こう) ・・| ||・ 幾久しい夫婦の道
   三人(三二)いつも「雷(らい)風(ふう)恒(こう)」 互卦 四三澤天夬
※結ばれた男(陽)と女(陰)が幾久しく共に変化しながら成長していく時である。
 恒は男と女が結婚して幾久しく共に変化して通じていく「変通」の時である。
 毎日、本業に務めて新しい事には目もくれてはならない時である。
 至誠を尽くして人徳を磨くべし。自分の身を修めて怠ってはならない。
 自らを強く鍛えて休まずに働き続けると云う精神が大事である。
 天から与えられた「性命(天命に生きること)」を連綿とつないでいく時である。
 天地の道は幾久しく常なきを常として窮まることも止まることもない。
 確乎不抜の志を実現するために絶えざる変化(変通・環境適合)で対処すべきである。
〇各(おの)々(おの)、その本業をよく務め、よく修めて、怠らなければ、家は栄えて盛運となり幸福を得る。だが、務めを怠り、德に背けば、物事は必ず滞って過ちを犯す。それゆえ、至誠を尽くして德を修めることを要する。今、至誠を尽くして徳を修めていれば、人から信頼され、吉運を招き寄せ、貴人としての地位を得る。本業をよく務めて、脇目も振らないようにすれば、思わぬ吉運を招き寄せる。
○自分は相手に背いて従わない。相手は自分を拒んで逃げ去って行く。
○毎日本業を善く務めて、新しい事には目もくれない。
 伝統を大切にして先人の道に順えば、幾久しく繁栄する。
○親しい人に従って、事業を企画すれば吉。願望は叶う、

① 雷風恒初爻 ・・|||・ 之卦火風鼎 |・|||・
 あなたは結婚した(ある関係が成立した)ばかりの相手④を深く知ろうとする。関係が成立したばかりの段階で相手を深く知ろうとすれば相手は不快に思う。
 相手を深く知るためには時間をかけることが必要。性急に知ろうとすれば失敗する。
 欲に目が眩(くら)んで猪突猛進しがちな時である。
〇才能も力量もないのに、目上の人に不相応な望みを依頼して、それが叶うと信じて返事を待っている。だが、目上の人は忙しくて望みは叶わない。何事も慎むべきである。
○計画している事業に障害がある。実現は難しい。
○実情を知らないのに、深く入り込もうとする。
○付き合いが浅いのに、深い所を求めて、猪突猛進する恐れがある。
○生半可な知識で関わるべきではない。順序立てて修養し、己と知識を磨くべきである。

② 雷風恒二爻 ・・|||・ 之卦雷山小過 ・・||・・
 あなたは何事にも適切に対応する人徳で結婚相手⑤を補佐する。常に時に中って(適切に)対応できるので後悔することはない。
 今は小善を積み、本業を守ってよく勉強すべきである。あなたの苦労が報われる時。
〇時に重大な任務を遂行する職責を担う。命をかけて職務を全うすべきである。結果を出すためには、小善を積み上げることが必要である。事を成し遂げるためには、苦労に苦労を重ねることが必要である。 ○功業を成し遂げ、志を実現する時である。
○本業を守るために、よく勉強すべき時である。本業以外の事に心を奪われてはならない。

③ 雷風恒三爻 ・・|||・ 之卦雷水解 ・・|・|・
 あなたは利益を求めて右往左往する。常なきを常とする変通の道を失う。
 あなたは誰にも相手にされない。恥ずかしい。本業に徹して足下を固めるべきである。
〇どんな仕事であっても本業を固守すべきである。私利私欲で慣れない事業に手を出して失敗してはならない。
○自分を過信して妄進すれば、時を失して過ちを犯す。
○君子の働きかけを拒めば悪德を犯すことになる。自戒すべきである。
○色々な願望が錯綜して物事が滞る時。 ○万事混乱して散財することが多い時。

④ 雷風恒四爻 ・・|||・ 之卦地風升 ・・・||・
 結婚相手①とギクシャクしてうまくいかない。絶えざる変化(変通)が足りないので、相手から信頼されていないのである。人徳を磨くことが肝要である。
〇下卦巽の上に乗っていることを自覚していない。自分は上卦震に属しており、さらに上を目指している。勘違いも甚だしい。見通しを完全に誤って、いくら苦労しても、報われない禽獣である。 ○自分の一存で事を決断しようとするが、失敗して後悔する。
○今の体制を一変するか、引退するかの決断を迫られる時である。
○心の中がワサワサとして落ちつかずに、散財する時である。
○部下から信用が薄いのに部下を酷使しようとする。頑張っても成果を上げられない。

⑤ 雷風恒五爻 ・・|||・ 之卦澤風大過 ・||||・
 あなたは結婚相手②の力を借りて、絶えざる変化(変通)を実現する。
 あなたがトップ(君子)なら部下②の力を借りるのは不甲斐ないことである。
 身を修めて君徳(指導者としての人格)を磨き、トップの任務を果たすべきである。
〇身を修めることは、本業を全うして、自分の任務を果たすことである。だが、五爻は自分の任務を放棄して人に頼っている。まるで女の腐ったような男である。勇気を出して本業に励むべきである。それができなければ、凶運を招き寄せる。慎むべきである。
○婦人が自分の意見を持たずに、一人の男の意志に従って人生を全うする時である。

⑥ 雷風恒上爻 ・・|||・ 之卦火風鼎 |・|||・
 あなたは道に窮して妄動し、結婚(仕事)相手③は右往左往する。何事も失敗する。
 このままでは結婚生活(仕事)は破綻する。お互い持ち場を大切にすべきである。
〇本業を疎かにして他の仕事を羨んで、しばしば転職する。他の住居を羨んで、しばしば引っ越しする。樹木をしばしば植え換えれば樹木は枯れて果実は実らない。
 何事も本分を疎かにして他を羨めば、事業は滞って必ず破綻に至る。以上を反面教師として慎むべきである。
○常に忙しくて走り回っているが何の成果も上がらない。骨折り損の草臥(くたび)れ儲(もう)けの時。
○常識を失って災難を招き寄せる。深く妄動を戒めるべきである。
○何のために仕事をしているのか、その理由を知らない。いくら仕事をしても、何の成果も得られない。