毎日連載! 易経や易占いに関する情報を毎日アップしています。

53.風山漸 期間限定 超入門 コインを用いた易経・易占い

五三 風(ふう)山(ざん)漸(ぜん) ||・ |・・ 漸次に良くなる
   意味(五三)はゆったり「風(ふう)山(ざん)漸(ぜん)」 互卦 六四火水未済
※着実に前進していけば幸運を招き寄せる時。道徳的に振る舞うように心がけよう。
 君子(人格者)は自ら道徳的に振る舞って世の中の風俗を善い方向に導く。
 山の上に聳(そび)え立っている木は、漸次かつ着実に成長して、やがて雲を突き抜ける。
 あなたが着実に前進して行けば幸運を招き寄せる。
 あなたは変化する環境に巽順に適応するから着実に前進して幸運を招き寄せる。
 あなたは怠ることなく勤勉に励み続けることが求められている。
 あなたは運気が到来して徐々に立身出世していく時である。
 地位をしっかり固めて軽率な行動をしてはならない。かといって退いてはならない。
 徐々に成果が出るので、志願している事がなかなか叶わなくても迷わず進むべきである。
〇運氣が到来して徐々に立身出世する時である。出世するたびに、その地位をしっかりと固めて、軽率な行動をしてはならない。 ○志願していることがなかなか叶わなくても、絶対に成し遂げられる時である。迷わず進み行くがよい。退いてはならない。怠ることなく勤勉に励み続けて、徐々に時が至るのを待つべし。 ○進み続ければ、徐々に成果が出て、終には成就する時である。 ○小さな事を積み上げて大きな事を成し遂げる時である。
① 風山漸初爻 ||・|・・ 之卦風火家人 ||・|・|
 大きな鳥が水際まで漸次に飛んで来た。あなたが君子(人格者)なら安んじて漸進する。
 周りから色々言われることもあるが気にすることはない。
 あなたが小人(愚鈍な人)か若輩者(経験不足)なら危ない状況に置かれる。
○利益を優先せず、(善い意味で)名誉(利より義)を大切にして、君子たる価値基準で方向を決めれば、結果的に利益を得る。 ○書生(勉強中の人)が小役人に就任できる時。

② 風山漸二爻 ||・|・・ 之卦巽為風 ||・||・
 大きな鳥が水際から大きな岩まで飛んで来た。あなたはゆったり進んで心安らかである。
 あなたはやるべきことをやって和らぎ楽しみ飲食している。
 あなたはやがてトップ⑤に抜擢されて幸運を招き寄せる。
〇これまでは何かと不安だったが、ようやく運氣が戻ってきて安定した心で喜んで物事に取り組むことができる。だが、今の段階では岩の上で起居するように慎重に取り組むべきである。 ○石の上にも三年と云うように、何事にも忍耐強く取り組めば徐々に(漸次に)盛運に向かって行く。 ○時運が到来するのを待っている時である。

③ 風山漸三爻 ||・|・・ 之卦風地観 ||・・・・
 あなたは独断で進み不義に女④と交わって子が生まれるがちゃんと育たない。
 大きな鳥が大岩から小高い原っぱに飛んで来た。あなたは暴走して年上の女④と不義に交わり子どもが生まれるが、ちゃんと育てることができない。
 何事も慎み深くありたいものである。
○賢人だが苦労が多い。凶運ゆえ災難に遭遇して進退ままならない。自分と敵対する人物がいる。その人物を憎むと、さらに苦労することになる。凶運の中に居て、何事にも慎み深く対処すれば、やがては、大きな利益が得られる。

④ 風山漸四爻 ||・|・・ 之卦天山遯 ||||・・
 大きな鳥が小高い原っぱから木の上に進んで来た。あなたは年下の男③から不義の交わりを迫られて、危ない状況に置かれている。トップ⑤に従えば危ない状況から脱出できる。
〇漸は徐々に進み行く時だからすぐには結果が出ない。結果が出ようが出まいが、物事を徐々に進めることが大切である。今は物事を安定させることが大切な時。物事に柔順に対処すれば地位を失わない。やがて希望を叶えることもできる。

⑤ 風山漸五爻 ||・|・・ 之卦艮為山 |・・|・・
 あなたと部下②との関係を④と③に阻まれるが、最後は正が邪に勝つ。あなたが部下②を抜擢すれば世の中は泰平に治まる。
 大きな鳥が木の上から高い丘に進んで来た。トップのあなたは邪魔者に阻まれ忠臣②を抜擢できずに苦しんでいたが、時運が開けて忠臣②を抜擢する。天下泰平が実現する。
〇家業に励み次々と利益を得られる。私財は恵まれるが、家業を継ぐ子宝には恵まれない。陰徳を施すことが求められる。 ○四爻との微妙な関係において、運命を左右される。

⑥ 風山漸上爻 ||・|・・ 之卦水山蹇 ・|・|・・
 鳥が雲を突き抜けて整然と飛ぶように誰もが幸運を掴み取る時である。
 大きな鳥が高い丘から飛びたち雲を突き抜けて行く。あなたは漸次かつ着実に成長して、幸運を掴み取ったのである。今後は質素倹約に努めるべきである。
〇富貴に安んじて、しかも、長生きできる時。自分が満たされていることをよく認識して、質素倹約に努めることが肝要である。そのようであれば、錦の上に花を添えたように、自分が行うことが後世にまで「人間のお手本」として伝わり、その人德は国中に広がり、多くの人々を教え導く役割を全うする。 ○遠くからやって来た人が帰化する時。