毎日連載! 易経や易占いに関する情報を毎日アップしています。

4.山水蒙 期間限定 超入門 コインを用いた易経・易占い

四 山(さん)水(すい)蒙(もう) |・・ ・|・ 蒙を啓け
  幼(四)児は蒙昧「山(さん)水(すい)蒙(もう)」 互卦 二四地雷復
※先生に教え導かれてリーダーにふさわしい人物として成長していく時。
 あなたの無(む)知(ち)蒙(もう)昧(まい)を啓(ひら)く時。自分は愚(おろ)かなことを自覚して、自分を導いてくれる先生を探し、素直な気持ちで先生から謙虚に学ぶことが大事である。
 先生を尊敬する心が大切である。先生を疑えば何も教えてくれない。
 先生の教えを素直に取り入れて、リーダーとしての人徳を磨き、リーダーに相応(ふさわ)しい人格者と云われるように努力すべきである。慎みの心を大切にすべきである。
〇智者といえども、この時ばかりは、策略を考えたり、実行したりすることができない。
 しばらくは、心を磨くために、真理に到達する智恵が啓かれるのを待つべきである。
 篤実な心で人と付き合い、コツコツと事を為せば、やがては、必ず栄えることになる。
○智恵が足りないので、困難の中に陥る時だが、必ず免れる道がある。
 智恵のある人に従えば、険阻坎難から抜け出ることができる。
○あらゆることに迷い迷って決断できない時。何事に取り組むにも、初めの段階で慎みの心を大切にすべきである。 ○知識不足で、事業が達成できない。

① 山水蒙初爻 |・・・|・ 之卦山澤損 |・・・||
 あなたは躾がなっていない。②の先生から厳しく教えてもらいなさい。
 あなたは基礎的な教養(道德心)が足りない。先生②から厳しく躾けてもらいなさい。人の道を学び、志を改めて、社会のルールに従いなさい。悪の誘惑に負けてはならない。
〇頑(かたく)なな愚か者が、先生②によく鍛えてもらい、智恵を啓こうとする時。先生の鍛え方が厳しすぎて、教え導くことの限界を超えると、あなたは逆ギレして先生が恥をかく。
○物事の是非や得失の判断ができない。 ○妄想が多くなる。
○畏れることを知らない。誰かに教え導いてもらうべきである。

② 山水蒙二爻 |・・・|・ 之卦山地剝 |・・・・・
 無知蒙昧なトップ⑤の先生。⑤を立派な指導者に育てる使命を担っている。
 ①を躾ける役割も担っているが、①は蒙昧ゆえ厳しすぎると逆ギレして悪の道に進みかねないので注意しなければならない。
〇剛明の德を隠して人を善く導く者。その剛明の德を慕って教えを授かろうとする人が少なくない。高貴な存在ゆえ良縁を結ぶこともある。子どもにまで家運繁栄することが及ぶ。
○大衆を指導・指揮すれば吉運の時。
○社長や議長などリーダー的存在の人が、部下や大衆を指導すれば、吉運が開ける。

③ 山水蒙三爻 |・・・|・ 之卦山風蠱 |・・||・
 あなたは無知蒙昧なのにプライドは高い。反省して学ばなければ救われない。
 無知蒙昧なのに傲慢で無節操な悪女のような存在である。自分の愚かさを自覚して、②の先生から教えを請い、自ら心を改めなければ救われない。
〇女性を娶(めと)るのは宜しくない。自分の意思で行なうことは、宜しい結果とはならない。
 自分の所に向かって来る者は、皆、不正の人物なので、心安んずることができない。
○蒙昧な女性のように、物事を判断できない。

④ 山水蒙四爻 |・・・|・ 之卦火水未済 |・|・|・
 あなたは無知蒙昧な上に孤立無援。何とかして先生を見つけて学ぶべきである。
 無知蒙昧な上に孤立無援で八方塞がり。このままでは必ず行き詰まる。
 自らの努力で先生を探し出して教えを請うことが必要不可欠である。
〇蒙昧無知にして、どうでもよいこと(無益なこと)に心を苦しめる時。
 智恵のある人を先生として学び、これまでのあり方を反省し、蒙を啓くべく発奮すべきである。それができなければ、終に蒙昧無知な人間として一生を終える。
○人の諫めを聞き入れない時。 ○愚鈍なので、何をやってもうまくいかない。

⑤ 山水蒙五爻 |・・・|・ 之卦風水渙 ||・・|・
 あなたは無知蒙昧なリーダーである。②を先生として尊敬して実力をつけなさい。
 あなたは無能なリーダーである。このままでは組織を滅ぼしてしまう。
 格下の②を先生として仰ぎ、指導者としての人徳を磨き、運気を開くべきである。
〇自分を教え導いてくれる賢者が存在する。
 謙虚な姿勢で賢者に学べば、遂に青雲に向かって進み行くようになる。

⑥ 山水蒙上爻 |・・・|・ 之卦地水師 ・・・・|・
 あなたは指導者(リーダー)としての人徳を磨いた⑤の目付役である。
 ⑤が驕り高ぶらないように厳しく指導すべきである。自分を律する姿勢がないと口喧(やかま)しい隠居のように思われるので先ず自分を正すことが求められる。
〇過激な性格なので慕う人がなく、他人の過ちを容赦なく責めるので怨みを買う。その過激な言行を慎むべきである。
○理屈屋で人情に欠ける。先ず自分を正すべきである。
○老父が隠居の身で、後継者にあれこれと口を出して嫌われる。
○他人の言行の是非善悪を厳しく問いかけるので、怨みを買う。