毎日連載! 易経や易占いに関する情報を毎日アップしています。

3.水雷屯 期間限定 超入門 コインを用いた易経・易占い

三 水(すい)雷(らい)屯(ちゆん) ・|・ ・・| 産みの苦しみ
  お産(三)は難産「水(すい)雷(らい)屯(ちゆん)」 互卦 二三山地剝
※生まれそうで生まれない苦しみに耐える時。新人や新しい何かを発掘する時。
 苦しみに耐えて物事を前に進める(行動する)時。うかつに動いてはならない。
 ゆったりと構えて時運が到来するのを待ってから行動すべきである。
 泰然と構えて全体を見渡し新しい何か(人・物・事)を取り入れる時である。
 位の低い人や無名の人の中から優秀な人を見つけて抜擢任用する時である。
 時間(過去から現在に至る流れ)と空間(現在の人間のつながり)を結び付ければ、何かが見いだせる。その何かによって運が上向いていく。
〇この卦が出たら、その人は文明人だと思っている。だが、一時的に困難が迫り、動くに動けないので悶々とする。ゆったりと構えて、時運が到来するのを待って、行動することが肝要である。または、知恵と人德を具えた人物を探し、その人物に従い、時運が到来するのを待つ。あるいは、世事に明るく、将来を見通せる人物を探し、その人物の下で働らく。数年後に、自分の氣運が上向いて、志を実現するチャンスが到来する。
○弟が家督を継いで、兄が弟に養われる時。
○地位が低い人は、地位の高い人から引き立てられるのを待っていると出世できる。
○地位が高い人は、優秀な人を抜擢し、仕事を任せればうまく行く。

① 水雷屯初爻 ・|・・・| 之卦水地比 ・|・・・・
 上位者から信用・信頼される時。ゆったりと構えてきちんとしている。
 日頃から人徳を磨いておき、時が至るのを待つ。
 抜擢されたら天命だと心得て己を虚しくして世のため人のために働く。
〇才能と人德を具えているから、大きな任務を任せられる。
 事を為し遂げるためには、世間の人望を得るしかない。
○時が至るのを待って、成長を図るべきである。あらゆる事を長い目で見るべきである。
○険阻艱難に遭遇した場合は、あせって進んではならない。
 正しい事をコツコツと積み上げて、時が至るのを待つべきである。
○時が至らないのに前に進もうとしてはならない。

② 水雷屯二爻 ・|・・・| 之卦水澤節 ・|・・||
 恋人⑤を慕って逢いに行っても逢ってくれない(求めるものは手に入らない)。
 それでも諦めずに慕い続ければ十年後には逢う(手に入れる)ことができる。
 しばらく耐えれば志が実現できる時。後輩①を応援することもできる。
〇この爻が出たら、至誠の心でトップリーダーの⑤に尽くそうとするが、今は屯難の時、トップリーダーの下に走って行こうとしても逢うことすらできない。
 眼中にはない地位の低い①から、強く求められて(熱烈なラブコールがあって)、それを大きな迷惑と感じる。その錯綜した、②にとって実に困難な状態は、言葉では表現できないほど辛い時である。だが、十年という長い年月が経過すれば、時運が大きく変化して、トップリーダー⑤と意気投合し、運氣が盛んになる。
○正しい道を固く守って、困難に耐え、時運が至るのを待つべきである。
○しばらく辛さに耐えれば、やがては志が実現すると信じる時である。

③ 水雷屯三爻 ・|・・・| 之卦水火既済 ・|・|・|
 利益を求めて猪突猛進しかねない。あなたが賢ければ立ち止まる。愚かならば妄進して身を滅ぼす。資産を失い事業は破綻して地獄に堕ちる。
〇商売人が、今は、運氣が傾いている(商運屯難の時)ことを知っていながら、そのことを全く考慮せず、無闇に利益を獲得しようと、暴走・妄動して、リスクの高い事業に取り組み、終には大損害を蒙るような時。
 私利私欲に走って、急速に事を為そうとすれば、絶対に成功しない。

④ 水雷屯四爻 ・|・・・| 之卦澤雷随 ・||・・|
 トップ⑤の側近だが力不足である。優秀な新人①を抜擢任用すべきことをトップに勧めて、共にトップを補佐すれば役割を全うできる。
〇屯難の時に中って、下位に存在する剛健の才德を具えた人物に頼り、困難を脱出する。
 自分が頼るべき人物が二人いる(頼るべき組織が二ヶ所ある)ので、迷っている。
 自分から依頼すれば宜しく事が運ぶが、相手から依頼された場合は、ギクシャクしてうまく事が運ばない。
 ○自分より下位に居る人物に婚姻を求める(何かを求める)場合は吉。

⑤ 水雷屯五爻 ・|・・・| 之卦地雷復 ・・・・・|
 時運が到来するまで待つべし。側近④と忠臣②は力不足なので、新人①を抜擢任用して大役を与えれば、将来を切り開ける。
〇この爻を得たら、知識豊富で、見識高く、才能及び度量が大きな人物でも、無闇に事業を立ち上げたりせず(事を起こしたりせず)、慎む心を大切にし、地道なことを積み上げて、時運が到来するのを待つべきである。
 トップリーダー(君主・大統領・総理大臣)の場合は、国家(組織)の歩みが危険になる時、部下(臣下)の場合は、志が実現しない時。
 万事、節制や節約の心で対処すべきである。日常的なことや常識的なことを行なうのは問題ないが、大事業を企画・実行するのは不可能である。

⑥ 水雷屯上爻 ・|・・・| 之卦風雷益 ||・・・|
 産みの苦しみの終局で涙を流すが、苦しみはもうすぐ終わろうとしている。
 将来は切り開けるものと信じて、自暴自棄になってはならない。
 産みの苦しみのピークは越えたので、凶運転じて吉運に向かっていく。
〇今や困難は極みに達し、進退に窮する時だが、屯難の苦しみは、ピークを越え、福運に向かおうとしている。再び世に出ることを楽しみとして、心配する気持ちを抑え、自らを慰め、自暴自棄になってはならない。