毎日連載! 易経や易占いに関する情報を毎日アップしています。

コイン占い(易経・易占い)入門 抜粋版 澤地萃・地風升

四五 澤(たく)地(ち)萃(すい) ・|| ・・・ 人物集まり繁栄する
   仕事(四五)で集まる「澤(たく)地(ち)萃(すい)」 互卦 五三風山漸
※ツートップ体制で繁栄する時である。争いが起こらないように注意すべきである。
 ツートップ体制で人や物が集まって繁栄するので天下国家が治まる時。
 下々が悦ぶ政治をツートップが行う。忠臣二が応じて幸運を招き寄せる。
 ツートップ(④と⑤)体制の下、人や物が集まって来て社会や組織が繁栄する時。天下国家が治まる時である。市場に商品が溢れて物価が下がる時でもある。
 真心を抱いて人に接すれば良好な人間関係を築くことができる。トップが神仏をお祀りして祖先を敬い親孝行すれば吉運は子孫に及ぶ。
 象(かたち)から見ると、大地の上に沢があるので洪水の可能性がある。
 ツートップは下々が悦ぶ政治を行い、忠臣②が応じて幸運を招き寄せる。
 繁栄する社会や組織には争いが生じるものである。
 あなたが君子なら不測の事態に備えて武装(例え)する。
〇国家においては、明智を具えた聖人君子が君主の位に、賢臣が宰相の位に在る。現場で働く臣下たちは君主よりも宰相を頼っているので、権力が君主と宰相に二分する時である。
○大地の上に沢が在るので洪水の可能性もある。だが、物が集まる時なので、豊作を願って、神仏をお祭りすべきである。
○五穀豊穣で人々は富有になり社会は繁栄する。トップが祖先を大切にして、親孝行すれば、吉運を招き寄せる。自分のことより先祖のお祭りを優先して、親孝行を尽くせば、吉運は子孫にまで及ぶ。
○富者と貧者が協力して事に臨むので、吉運を招き寄せる。
○真心を持って人と接すれば、良好な人間関係を結べる時である。
○財産が集まる時。 ○人々が集まる時。
○自分と相手の損益を見れば、相手に利益が集まる時である。
○標高が低い地域は洪水を防ぐ対策を打つべきである。
○市場に商品が溢れて物価が下がる時である。

四六 地(ち)風(ふう)升(しよう) ・・・ ||・ どんどん升る
   しろく(四六)じ升る「地(ち)風(ふう)升(しよう)」 互卦 五三風山漸
※大地に埋めた木の種が立派な大木に成長する時である。何事も成長が期待できる。
 木の種(巽)が大地(坤)の養分を得て大木に成長する時。南へ進みなさい。
 剛健な部下が柔順なリーダー⑤に相見えることが天下万民の慶びとなる。
 君子は人の道に順い小善を積み上げ一歩一歩着実に成長していく。
 大地(上卦坤)に埋めた木の種(下卦巽)が、大地の養分を得て立派な大木に成長する時である。南の方角に向かって進み行けば吉運を招き寄せる。柔順であることを大切にして人の心を裏切らなければ立身出世する時である。あなたの種が成長する時である。
 上司は部下を信任して、部下はバリバリ仕事をする時である。進み行けば勝てる時である。退いてはならない。低い所から高い所に上昇して行く時である。
 剛健な部下(②と③)が柔順なトップ(⑤)を補佐することが天下万民の慶びである。
 あなたが君子ならば、小善を積み上げて一歩一歩着実に成長して行く。
〇巽順であることを大切にして、人の心を裏切らなければ、立身出世する時である。また、進む行けば勝てる時である。事を為すに南方に向かって進み行くが宜しい。行けば返れなくなる時でもある。
○人德を具えた大人に師事して、身を立てるべく努力を積み上げれば、世に用いられて評価される予兆が現れる。
○登る時。 ○進み行く時。 ○待っても来ない時。 ○出発する時。
○小さい事を積み上げて、大きな事を成し遂げる時。
○卑しい(低い)所から高い所に上昇していく時。
○進むのはよいが、退いてはならない。進み行けば、やがて志を遂げられる。どんなことがあっても時を待つが宜しい。 ○物価は高騰する。