毎日連載! 易経を中心に日本の心に関する情報を毎日アップしています。

易経(周易)を読み解く 九三(澤風大過 全体)

二八 澤(たく)風(ふう)大(たい)過(か) ‥――兌澤 ――‥巽風
互卦 一乾爲天  綜卦 同  錯卦 二七山雷頤
大過、棟橈。利有攸往。亨。
○大(たい)過(か)は、棟(むなぎ)橈(たわ)む。往(ゆ)く攸(ところ)有るに利(よろ)し。亨(とお)る。
 大(たい)過(か)は上下が二陰、真ん中が四陽であるから、上下両端が弱く、真ん中の強さに耐えかねる形なので、棟(むな)木(ぎ)が撓(たわ)んで建物が倒(とう)壊(かい)する危機にある。
 しかし、下卦巽(そん)は巽(そん)順(じゆん)な性質、上卦兌(だ)は和悦する性質であり、陽剛の九二と九五には中庸の德がある。剛中(九二と九五)にして巽順(下卦巽)に謙(へりくだ)り、和悦する美德(上卦兌)を以て倒壊の危機を救うために進み往(ゆ)くが宜しい。
 倒壊の危機を救うべく進み往くことによって、すらっと通るのである。

彖曰、大過、大者過也。棟橈、本末弱也。剛過而中、巽而説行。利有攸往。乃亨。大過之時大矣哉。
○彖に曰く、大過は大なる者過ぐる也。棟(むなぎ)橈(たわ)むとは、本(ほん)末(まつ)弱ければ也。剛過ぎたれども中(ちゆう)し、巽(そん)にして説(よろこ)びて行く。往(ゆ)く攸(ところ)有るに利(よろ)し。乃(すなわ)ち亨(とお)る。大過の時、大なる哉(かな)。
 彖伝は次のように言っている。大過は上下が二陰(小なる者)、真ん中が四陽(大なる者)であるから、大なる者(陽)の力が強過ぎる。倒壊の危機にあるのは、上下両端が弱く、真ん中の強さに耐えかねる(棟(むな)木(ぎ)が撓(たわ)んで建物が倒(とう)壊(かい)する)形だからである。
 四陽(大なる者)は強過ぎるが、九二と九五は中庸の德を備えて、巽順に謙(へりくだ)り、和悦する美德を以て進み往く。倒壊の危機を救うために進み往くが宜しい。倒壊の危機を救うべく進み往くことによって、すらっと通るのである。大過の時は何と偉大であろうか。

象曰、澤滅木大過。君子以獨立不懼、世遯无悶。
○象に曰く、澤(さわ)、木を滅(めつ)するは、大過なり。君子以て獨(どく)立(りつ)して懼(おそ)れず、世を遯(のが)れて悶(もだ)ゆる无(な)し。
 小象伝は次のように言っている。木を潤(うるお)して養うはずの澤(さわ)の水が、木を浸(おか)して木が枯れようとしているのが大過の形である。君子はこの形を参考にして、大地に根を張り毅(き)然(ぜん)と独立している大木のように、揺るぎのない志を貫いて、何事にも懼(おそ)れることなく、隠遁して世を遁(のが)れている時でも、和悦する美徳を貫いて悶(うれ)えることはないのである。

【以下、高島易断から占いとしての見立てを引用】
(占)才能ある人々が集まって、無事を維持することに苦労する。
諺(ことわざ)に云う「船頭多くして船山へ上がる」という時。
また、小(こ)金(がね)しかないのに、大(たい)金(きん)の物品を購入することを約束したが、お金を調達できず、手付け金を損する失策を犯しかねない時。軽はずみに動いてはならない。
○全体を観ると、大洪水の起こりかねない時である。我も彼も大きな困難に遭遇する。
○背中を合わせている象(かたち)。あらゆる事が背き合う。
○心の中で夢が大きく膨らむが、行いは右往左往して定まらない時。
○心身ともに安定せずに、後悔することがある。
○柔らかいものを用いれば無事、強いものを用いれば大事に至る。
○分に過ぎたことを望む。 ○双方(両側)に破れて、分かれる。
○張り裂けて、外に破れ出るという状況。
○証文(契約文書等)を取り交わす時。 ○物価は下がる。