毎日連載! 易経を中心に日本の心に関する情報を毎日アップしています。

易経(周易)を読み解く 八八(山天大畜 初二三)

初九 ―‥‥ ――― (山天大畜)之卦 十八山風蠱
初九。有厲。利已。
○初九。厲(あやう)き有り。已(や)むに利(よろ)し。
 初九は剛健正位だが最下に居て微力。大(だい)畜(ちく)は下卦乾の陽剛が進むのを上卦艮が止めることを大義とするため、応爻六四は初九が進むのを止めようとする。
 それでも進もうとすれば危険に陥る。今は蓄え養う時の最初の段階であるから、進むのを止めてじっとしているのが宜しい。
象曰、有厲、利已、不犯災也。
○象に曰く、厲(あやう)き有り、已(や)むに利(よろ)しとは、災(わざわい)を犯(おか)さざる也。
 小象伝は次のように言っている。今は蓄え養う時の最初の段階であるから、進むのを止めてじっとしているのが宜しい。
 微力なのに危険を犯せば災害を招き寄せることになる。

【以下、高島易断から占いとしての見立てを引用】
(占)「一つの学問を修めれば、成し難い事業はない」と、錯覚している人は、自分を過信している。一つのことを知っただけで、他のことも知っていると思い込んでいる。馬車馬が前方だけを見て、左右を見ていないのと同じである。羊の腸のようにくねくねと曲った険しい道(艱難辛苦)は、山岳にあるのではなく、平地にあることが多い。
剛健の才德がある人は、能く事業を成し遂げる一方で、事業の正否を見誤ることも多い。理屈はよく知っているけれども、経験の裏打ちがない人は、事を誤り、事に敗れる。経験の裏打ちがない時は、決して進んではならない。無理して進めば、必ず人に妨害される。
○下卦乾の三陽が、上卦艮に止められている。初爻は応ずる六四に止められる。進んで行けば危ない目に遭う。止まっているがよい。
○ちょっとした乱れに乗じて、自分が利益を得ようとする。
○家畜を養い、また、家畜を集める時。
○大きな事を企(たくら)んでいる時。
○行くことを止める方が理に適っている時。 ○制止される時。

九二 ―‥‥ ――― (山天大畜)之卦 二二山火賁
九二。輿説輹。
○九二。輿(くるま)、輹(とこしばり)を説(と)く。
 九二は陽爻陰位の不正だが中(ちゆう)庸(よう)の德を具えている。至って大きなものを止(とど)めて貯(たくわ)え養(やしな)う大(だい)畜(ちく)の時なので正応六五は陽剛九二が進むのを制止する。
 九二は中庸の德を具えているので六五が好意で自分を制止していることを知り、自ら車の車軸を外して進むのを止める。
象曰、輿説輹、中无尤也。
○象に曰く、輿(くるま)、輹(とこしばり)を説(と)くとは、中にして尤(とが)无(な)き也。
 小象伝は次のように言っている。陽剛九二が自ら車軸を外して進むのを止めるのは、中(ちゆう)庸(よう)の德で進み行くのを自制したのである。それゆえ、何の問題も起こらない。

【以下、高島易断から占いとしての見立てを引用】
(占)進もうとすれば、相手が抑えようとする時だから、進むことをやめ、立ち止まってゆったりとする時である。
○真ん中に居て(中庸であることに徹して)、自ら立ち止まって、進もうとしない。車のタイヤを外して行動しない。
○博識である。 ○財産が集まる。

九三 ―‥‥ ――― (山天大畜)之卦 四一山澤損
九三。良馬逐。利艱貞。曰〔日々〕閑輿衞。利有攸往。
○九三。良(りよう)馬(ば)逐(お)う。艱(かん)貞(てい)に利(よろ)し。曰(ここ)に〔日々に〕輿(しや)衞(えい)を閑(なら)う。往(ゆ)く攸(ところ)有るに利(よろ)し。
 九三は剛健正位で下卦乾の上位(陽剛を止めて養う時の最終段階)に居(い)るので、駿(しゆん)馬(ば)が疾(しつ)駆(く)するように健やかに前進する。大畜は正応を畜(ちく)止(し)するので、上九は不応の九三を畜止せずに、共に前進して行くので危険も伴う。
 そこで、油断せずに艱(かん)難(なん)辛(しん)苦(く)をも覚悟して、正しい道(滅私奉公)を固く守るが宜しい。日々車馬の御し方と防衛の術を習得したならば、進んで事を為すが宜しい。
象曰、利有攸往、上合志也。
○象に曰く、往(ゆ)く攸(ところ)有るに利(よろ)しとは、上(かみ)、志を合わする也(なり)。
 小象伝は次のように言っている。九三が正しい道(滅私奉公)を固く守れば、進んで事を為して宜しいのは、正応上九と(滅私奉公の)志を同じくするからである。

【以下、高島易断から占いとしての見立てを引用】
(占)剛強の才能を過信して、急いで進み過ぎる。本来なら成功することが失敗に終る。幾多の艱難辛苦を経験して、その後に志や希望が実現することを図るべきである。
○官僚になることを希望して(官を求めて)、国家公務員になる(朝廷に立つ)。或いは、官僚に訴えたいことがあって、官邸の前に立つ。
○任用されて希望が実現する時。
○大きな志を抱き、逃げずに厳しい環境に勉めて立ち向かえば、抜擢任用されて、大きな希望を成就することができる。