毎日連載! 易経や易占いに関する情報を毎日アップしています。

22.山火賁 期間限定 超入門 コインを用いた易経・易占い

二二 山(さん)火(か)賁(ひ) |・・ |・| 飾りすぎるな
   夫婦(二二)で飾る「山(さん)火(か)賁(ひ)」 互卦 四十雷水解
※外面を飾ってすらっと通る時である。しかし真心が足りないので大きな事は通らない。
 自分の外面を飾る(見た目を整える)ことはほどほどにすべきである。
 外面だけを飾り立てることの虚しさを知り、内面を充実することの大切さを悟るべき。
 人と親睦するためには、外面を飾る(見た目を整える)ことも必要なことである。
 あなたが相手のために何かを行えば、相手もあなたのために何かをしてくれるギブ&テイクの時である。少しだけ物事を進めるにはよい時である。小さな事を怠ると大事な事を誤ることになる。きめ細かい規則を取り決めることが必要な時である。
〇体裁を飾って(取り繕って)、人と親睦するので、物事が通じる(表面的に通じる)時である。他人のために何かを行えば、他人も自分のために何かを行ってくれるので、自他共に利益を得る。中女が下から少男を仰ぎ見ている。その際、中女は、お化粧で自分を飾り立てて、少男よりも若く見せて、年を誤魔化そうとする。
○白粉(おしろい)や紅(べに)を厚く塗って、飾り立てる時。
○発する言葉はもっともらしいが、心の中は誠実さに欠けており信頼できない。
○物事を飾ることによって、通じるようになる時。
○光をあてることによって、彩りが際立つ時。 ○少しだけ進む(進める)には、よい時である。 ○内面を修めて、その後外面を整えるから何とかなる。
○外面はとても立派だが、内面がカラッポな時。 ○山の下に火がスポットライトのように当たっている。火の周辺は明るいが遠くまで見通せない。小さな事を怠って、大切な事を誤る時。 ○小さな願望は成就するが、大きな願望は成就しない。
○志氣が大きすぎて(大上段に振りかぶって理想を語るので)、人々から誹謗中傷される時。
○分不相応に自分を飾り立てて、心が不安定になる。 ○言葉や文章を飾ったり、人格者を装ったりする。 ○偽りを誤魔化すために飾り立てる(粉飾決算のような)時。
○事を為すべきか、為さざるべきか迷っている時は、事を為さないほうが利益が得られる。
○外面は華美であるが、内面は困窮している時。

① 山火賁初爻 |・・|・| 之卦艮為山
 あなたは位は低いが君子(立派な人)である。位に素して徒歩を好む(自分の社会的な地位に応じた生活を好むので、車には乗らずに歩いて行く)。
 車を好む人は富貴に惹かれて虚飾に向かう(見た目だけ飾り立てる)ことになる。
〇剛健で正しく明るい性格の賢人だが、野に埋もれている。車にも乗れず徒歩で苦労する。名誉を得ることは望まずに、持ち場を大切にすべきである。今はまだ福運は到来しない。
○社会を治める名門の家に仕えているが、その家に権力に、内心不安を感じている。仕事を辞めてしまおうかという気持ちがふつふつと湧いてくるが、それが希望につながる。
○車に乗らずに徒歩で行く。その篤実な行為が世間に知られる。

② 山火賁二爻 |・・|・| 之卦山天大畜 |・・|||
 あなたは自分の力では動けない。上司③に従って自修自得すれば、外面を飾ることはできる。人為的でなく、自然体で人に従い、人脈を築き上げれば事を成し遂げられる。
〇立派なヒゲを飾って体裁を取り繕う。上位の人と交際し知識を身に付けて身を立てよう(出世しよう)とする時。 ○ヒゲを生やして見た目を飾り、人に順う時である。
○頭に髪の毛が生えるのは自然で、人為的に飾っているのではない。このようなことなら、咎められない。知識を身に付け、人脈を築き上げれば、事を成し遂げることができる。

③ 山火賁三爻 |・・|・| 之卦山雷頤 |・・・・|
 あなたが外面を飾ることを完成(卒業)する段階である。
 飾りが虚飾に向かわないように、常に自戒して節度を守れば、幸福を招き寄せることができる。誰にも侮辱されない。
 これからは飾りを省いて人徳を磨き、正しいことを固く守るべきである。
〇剛い性質で不中正の九三が時を得て、上下の陰に飾られる。銅銭が金メッキで飾られているようなもの。長く人徳を守り物事に溺れることがなければ、吉運を招き、その地位を失うようなことはない。この時に中って、賁の虚飾を省略し、正しいことを固く守って、長く人の道を踏み外さなければ、吉運を招くという占いである。
○高尚な言葉を発するが、志はグラグラしている。 ○温和であれば物事が成就する。

④ 山火賁四爻 |・・|・| 之卦離為火 |・||・|
 あなたは外面を飾る段階から質素に復る(内面を充実する)段階に入った。
 あなたは柔順なナンバーツー(⑤の側近)として賢臣①と力を合わせて華美を改める。
 ①は同志である。③に結婚を申し込まれたら、承諾すべきである。
〇陽剛③は、陰柔④が自分よりも高い位に居ることを羨ましく思い、④に結婚を申し込む。③は④を憎んでいるわけではない。④が結婚を承諾すれば、終には咎なきを得る。
○④と応爻である①が、共に飾り合って志を同じくする時である。

⑤ 山火賁五爻 |・・|・| 之卦風火家人 ||・|・|
 あなたは華美を好まないトップとして農業に従事して決して無駄遣いをしない。
 あなたは決して無駄遣いをしないので、吝(りん)嗇(しよく)(ケチ)と謗られることもあるが、そんなことは気にしないでトップとして今やるべきことをやるべきである。
 あなたは天下泰平を実現して人々を教化する。誠実であることが何より大切である。
〇衣食住の全てを節約すべきである。人と交際するに中って自分を飾り立てることなく誠実であることが肝要である。 ○君子は種を蒔いても収穫がが難しいことを知っている。小人は人に依存することを知っている。君子は常に己を修めることが何より肝要である。
○男は男としての正しさを、女は女としての正しさを得る時。
○蒔いておいた種が花を開き、実を結ぶ時である。
○(質素な)庭園を好むような(精神的に豊かな)時である。
○礼節を大切に、奢侈を避けて、倹約するので、終には吉運を得る。

⑥ 山火賁上爻 |・・|・| 之卦地火明夷 ・・・|・|
 あなたは無駄な飾りを完全に取り去り、世捨て人のように天地自然に復る。
 あなたが無駄な飾りを取り去って天地自然に復れば、下々は自然に風化される。
 私心を捨てて善行を積み上げる時である。驕(おご)ってはならない。倹約すべきである。
〇艮の篤実な性質に則り、誘惑に打ち勝ち、私心を捨て、善行を積み上げれば、苦悩せずとも、自然と国は治まり家は斉(ととの)う。
○文明開化の中に在ると、華美に流れやすい。論語に礼を重んじるには「驕(おご)ることなく、倹約せよ」とあるが、才能や智恵を用いるより、徳行を重んじるべき時である。
○車に乗らず徒歩で行くことによって、ともすれば驕り高ぶりかねない気持ちを戒めることが肝要である。