毎日連載! 易経や易占いに関する情報を毎日アップしています。

コイン占い(易経・易占い)入門 抜粋版 雷火豊・火山旅

五五 雷(らい)火(か)豊(ほう) ・・| |・| 盛運が招いた衰運
   午後(五五)の太陽「雷(らい)火(か)豊(ほう)」 互卦 二八澤風大過
※豊は盛大に伸びて豊かになるが、伸びすぎて豊かさに陰りが生じる時である。
 豊は盛大に伸びて豊かになる盛運の時だが、樹木が育ち過ぎれば樹木の下に真っ暗な陰ができるように、暗雲がモクモクと立ち籠める。よくよく注意すべきである。
 盛運はいつまでも続かない。驕り高ぶらずに質素倹約に努めて慎んで自戒すべきである。
 外面は盛んだが内面は硬直化している時でもある。安易に人の力を借りて自分は怠けていれば事を誤り失敗する。大事業を成し遂げられる時である。
 太陽が中天に至れば必ず西方に傾いて、やがて夜が訪れる栄枯盛衰の時である。
 君子は雷が轟き渡るように、是非善悪を明らかにして刑罰を執行する。
〇運氣は盛んである。時機を観察する力は抜群で、よく働き利益を得る時である。だが、運氣はいつまでも盛んな状態が続くわけではない。驕り高ぶらずに質素倹約に努め、慎んで自戒すべきである。
○聡明でなければ自分が理解したことも相手に理解してもらえない。果敢に行動しなければ事を為すことはできない。聡明な人が果敢に行動すれば、何事も大いに成就する。
○知者は内側に在って企画を練り、勇者は外に出て行動する。力を合わせて事を為せば、何事も大いに成就する。
○外面は文明が盛んで盛大だが、内面は官僚主義が蔓延る時である。
○まったりとしていて自分から事を為すことをしない。安易に人の力を借りて自分は怠けている。事を誤り失敗する時である。
○大人(できた人物)は実力があるから大事業を成し遂げる。常人(普通の人)は空虚だから大事業を成し遂げる。
○寛大で豊かだから油断して損することがある。
○自分は聡明に相手を観察して突き放すが、相手は去って行かない。
○大げさな時である。 ○盛んな時である。
○聡明な人が勉強する時。 ○惑わされる時。 ○騙される時。
○富貴にして貧困の心配がない時。 ○大火災が起こる恐れがある。 ○物価は上昇する。

五六 火(か)山(ざん)旅(りよ) |・| |・・ 旅人としての人生
   ごろつき(五六)旅立つ「火(か)山(ざん)旅(りよ)」 互卦 二八澤風大過
※見知らぬ土地を旅する旅人(見知らぬ土地に赴任したサラリーマンなど全く知らない場所や相手と交渉や仕事をすることになった人)が、色々と気遣いしたりして紆余曲折しながら旅(交渉や仕事)をする時である。
 親しい人がいない時。誰も助けてくれない時である。
 苦労が絶えず、身も心も定まらない時である。
 旅人のあなたは止まるべき所に止まり、明智で適切に対応して、正しい道を守るべきである。あなたの実力を養う時。人と争いを避ける時。柔順に徹する時である。
 あなたの人徳が高ければ、旅先でも多くの人々に支持される。
 旅人としての是非善悪を見定めて適切に対応するべきである。
〇役人(サラリーマン)が外交官(貿易担当)として、外国に赴任する時。勤めていない人は愛嬌が無いので、周りの人に愛されない。僧侶の場合は、人德の高い本物の人物である。人德の高い人物は、大衆を教え導く。孔子も旅の人。孔子を旅の時に当て嵌めてみるがよい。
○体は止まろうとするが、心を止めることができない時。相手は去って行き、自分は止まる。親しい人がいない。誰も助けてくれない。苦労が絶えず、身も心も定まらない不安定な時。
○外に出かけて、弁舌で対処する時。
○火が山を焼いて山火事となり、火が旅人のように彷徨う時。
○今の場所から他の場所へ移転する時。
○利害関係を考慮して、今進めている事を取り止める時。
○人德高い賢人に順い、教え導かれる時。
○心が安定しない(不安定な)時である。
○親しい人が少なく、人々に受け容れられない時である。
○何らかの理由で出家することになる。 ○物価は上昇する。