毎日連載! 易経を中心に日本の心に関する情報を毎日アップしています。

易経(周易)を読み解く 百十四(火地晋 初二三)

初六 ―‥― ‥‥‥(火地晉)之卦 二一火雷噬嗑
初六。晉如摧如。貞吉。罔孚。裕无咎。
○初六。晉(しん)如(じよ)たり摧(さい)如(じよ)たり。貞(てい)にして吉。孚(まこと)とする罔(な)し。裕(ゆたか)なれば咎(とが)无(な)し。
 初六は晋の最下に在(あ)り、進むことの初めである。陽爻陰位の不心得者九四と応じているが不中正同士なので、九四に抑(おさ)え付けられて退(しりぞ)けられ、挫(くじ)かれ阻(はば)まれて上に進むことができない。このような時は、正しい道(道德)を固く守ればやがては宜しきを得る。今は卑(いや)しい身分なので真心を持って進もうとしても、上の者から信用されない。そこで、泰然としてゆったりと構えていれば咎(とが)を免れる。
象曰、晉如摧如、獨行正也。裕无咎、未受命也。
○象に曰く、晉(しん)如(じよ)たり摧(さい)如(じよ)たりとは、獨(ひと)り正(せい)を行えば也。裕(ゆたか)なれば咎(とが)无(な)しとは、未(いま)だ命(めい)を受けざれば也。
 小象伝は次のように言っている。初六は九四に抑(おさ)え付けられて退(しりぞ)けられ、挫(くじ)かれて阻(はば)まれ進むことができない。正しくても強引に志を貫こうとするからである。泰然としてゆったりと構えていれば咎を免れる。
 今はまだ身分が低く、組織のトップから命令されて役職に就いていないので、泰然としてゆったりと構えていることが求められるのである。

【以下、高島易断から占いとしての見立てを引用】
(占)卑しい身分でありながら、果敢に事を為し遂げようとするが、妨害されて志を実現できない。ゆったりとした心境で時運が到来するのを待つべきである。やがて必ず志を実現できる。忍耐すべし。
○進もうとするが、何者かに抵抗される時である。

六二 ―‥― ‥‥‥(火地晉)之卦 六四・火水未濟
六二。晉如愁如。貞吉。受玆介福于其王母。
○六二。晉(しん)如(じよ)たり愁(しゆう)如(じよ)たり。貞(てい)にして吉。玆(こ)の介(かい)福(ふく)を其(そ)の王(おう)母(ぼ)に受(う)く。
 六二は六五の支援なく(陰爻同士)、容易に上に進むことができないので、憂(うれ)える気持ちを隠すことができない。だが、六二が中正の德を発揮して憂える気持ちに打ち勝って、正しい道(道德)を貫き通せば幸運を招き寄せる。
 孫が祖父母に抱く孝の心が祖母に伝わるように、忠臣六二の真心が六五の天子(トップ)に伝われば大きな幸福を六五から授(さず)かるであろう。
象曰、受玆介福、以中正也。
○象に曰く、玆(こ)の介(かい)福(ふく)を受くとは、中(ちゆう)正(せい)なるを以(もつ)て也。
 小象伝は次のように言っている。忠臣六二の真心が六五の天子(トップ)に伝われば大きな幸福を授(さず)かる。忠臣六二は中正(中庸の德と正位を具えている)ゆえ、やがては六五の天子(トップ)と感応し合うからである。

【以下、高島易断から占いとしての見立てを引用】
(占)最初は、進もうとして邪魔されるので面白くない。しかし最後には、他の手段によって、あっという間に望みを叶えられる。
○思ってもいなかった幸運に巡り逢える。目上の人に真心が通じれば、盛運を招き寄せる。
○何事も急いで進めようとすれば途中で挫折する。慎みの心を持って少しずつ積み上げて行けば吉運を招き寄せる。
○社会的地位の高い人から引き立てられる時である。

六三 ―‥― ‥‥‥(火地晉)之卦 五六火山旅
六三。衆允。悔亡。
○六三。衆(しゆう)允(まこと)とす。悔(くい)亡(ほろ)ぶ。
 六三は陰柔不正でやり過ぎる位に居る。何をやっても後悔しそうであるが、下卦坤(柔順)の極(きよく)に居るので、至誠の心で柔順に六五の天子(トップ)に仕える。
 それゆえ、大衆や部下(初六・六二)からも六五の天子(トップ)からも信用されて、終には不中正の悔(く)いが消滅するのである。
象曰、衆允之。志上行也。
○象に曰く、衆(しゆう)、之(これ)を允(まこと)とす。志上(のぼ)り行く也(なり)。
 小象伝は次のように言っている。大衆や部下(初六・六二)からも六五の天子(トップ)からも信用されて、終には不中正の悔(く)いが消滅する。六三は部下(初六・六二)を率いて上(のぼ)り進み、六五の天子(トップ)に仕える志が堅固だからである。

【以下、高島易断から占いとしての見立てを引用】
(占)時勢をよく観察して無益な抵抗はしない。自分の信念を貫いて、人に諂(へつら)わない。それゆえ、多くの人から慕われる。適切に時に対処するので何も後悔することはない。
○大勢の人から信用される時である。